タカラ スタンダード キッチン。 タカラスタンダードのキッチン123

【キッチン@タマホーム】タカラスタンダードのホーローキッチン「グランディア」。標準で付くもの、付かないもの。

タカラ スタンダード キッチン

ホーローは油性ペンも水拭きで消える! 油などで汚れやすいキッチンにピッタリの素材ですね。 タカラのキッチンはキャビネットの内部もホーローでできているので、例えば油や調味料などを収納していると付く「シミ汚れ」も拭けばカンタンにキレイになります。 外側だけでなく、内部もキレイに保てるのはうれしいですよね。 ただ、 ホーローキッチンは掃除がラクな反面、木製のような高級感がなくデザイン面でダサいと感じる人が多いようです。 実際にタカラスタンダードの口コミを調べると 「デザインがダサい」という声をよく見かけますよね。 その点、オフェリアは表面の扉はホーローではありません。 オフェリアの扉には木製の高級素材「メラミン化粧板」を使っているので、ホーロー独特のダサい感じはなく、デザイン面は他社のシステムキッチンに劣らない と思います。 2年使った感想/唯一の不満な点はこれ! タカラのオフェリアを2年使ってみた感想ですが、総じて満足。 不満な点は1つだけです。 ただ1つの不満(というか後悔)は 「蛇口を伸びるタイプにすればよかった」ということ。 キッチン選びをしている時から迷っていたのですが、 伸びるやつにすると浄水器がつけられないと言われたのでやめたのです。 でも、結局、今のところ浄水器はつけてない・・・。 それならハンドシャワーにすればよかった。。。 シンクを掃除するたびに後悔してます。 まぁ今後使い続けて「どうしてもハンドシャワーにしたい!」となったらここだけ交換するのも可能なのでしばらく様子見です。 で、それを除けば、不満な点はありません。 使い勝手はいいし、壊れたり、汚れたりも全くありません!!! ちなみに我が家のオフェリアは人大ワークトップ&ステンレスシンクの組み合わせです。 「継ぎ目が掃除しづらい?!」「人大ワークトップが黄ばむ?!」という不安もありましたが、そんなことありませんでした。 いまのところノープロブレムです。 オフェリアに対するネット上の口コミ評判について ネット上でよく見かけるオフェリアの口コミ評判について、分かったことを書きます。 「デザインがださい」は別シリーズのキッチンの話 「タカラスタンダードはデザインがダサい」という口コミ評判をよく見かけますよね。 あの口コミ評判は恐らくオフェリア以外の、扉なども含めて全部がホーローでできているキッチンのことだと思います。 実際、ショールームで見たオールホーロー製のキッチンは昭和な感じがしてダサかったです(笑) 上でも書きましたが、オフェリアは表に見える扉などは木製の高級素材「メラミン化粧板」を使っているので、 見た目は他社のシステムキッチンと大差ないと感じました。 また下の方で詳しく書きますが、引き出しをレールではなく取っ手にするとオシャレな見た目になりますよ。 「ホーローはお手入れしやすい」は本当 上でも書きましたが、オフェリアは表に見えるところ(扉など)はメラミン化粧板でホーローではありません。 では、 どこがホーローなのかというと、引き出しの中です。 評判通り、ホーローでできているところはすごくお手入れしやすいです。 汚れてもサッと吹けば綺麗になるので わざわざ引き出しの中に汚れ防止シートを引いたりすることなく、引き出しに直接ものを収納しています。 引き出しの中についた油汚れや、鍋ジミなどもカンタンに落ちますよ! 一方、扉などメラミン化粧板のところはホーローの部分に比べたら汚れは落ちにくいですね・・・。 でも、そもそも扉などはそこまで汚れないので、そこは特に不都合を感じていません。 ちなみに、なぜかガスコンロ横の細長い収納だけホーロー製ではありません。 他の収納は全て内部がホーローなのに、なぜここだけ?という感じです。 ここには塩やスパイスなどの調味料を入れてますが、どうしても調味料の汚れがつきやすいんですよね。 ここもホーロー製にして欲しかったなぁと思います。 我が家のキッチン!タカラスタンダードのオフェリア それでは、我が家のオフェリアキッチンを詳しく紹介していきます。 色 色は「 TYU2261C」です。 家全体が「ナチュラルブラウン」と「ホワイト」の北欧風なので、それに合うようにキッチンも「ナチュラル北欧風」をイメージして色などを決めました。 オフェリアの標準仕様だと引き出しは「レール」になります。 ちなみに、取っ手の色が「シルバー」「黒」の2色あり、色によってまた印象が変わります。 ガスコンロは掃除しやすい「ガラストップ」 ガスコンロは標準だとホーロートップでしたが、アップグレードしてガラストップに変更しました。 色はクリアパールグレー。 明るい色で清潔感があり、ツルツルしているのでお掃除もカンタン! さっと拭けばキレイになるので2年経ったいまでもピカピカです。 ワークトップ(天板)は人大、シンクはステンレスに ワークトップ(天板)は人造大理石のシャイングレー、シンクはステンレスにしました。 ワークトップとステンレスシンクの継ぎ目が掃除しづらくならないか心配でしたが、隙間もなく掃除面も問題ないです。 ちなみに、ワークトップもステンレスにしようかと悩んだのですが、建築士の友人が タカラスタンダードオフェリアに付けた食洗機(パナソニックの深型) パナソニックの深型タイプの食器洗浄機をつけました。 浅型だとキッチンのどこに食洗機をつけるか選べるのですが、 深型だとシンク下には取り付けられずシンクの隣につけることになります。 また、浅型の食洗機だと食洗機の下に引き出し収納がつきますが、 深型の場合はその収納は無くなります。 10cm長くなると収納力がかなりアップするので、これはつけた方がいいと思います! 下の写真が「たっぷり収納キャビネットオプション」にしたガスコンロ側(奥)の収納と、通常サイズ(手前)の収納の比較です。 10cm長くなるだけどものすごく収納力がアップするのでこのオプションはおすすめ。 ちなみに、シンク下の収納は仕様上たっぷり収納オプションを付けることができません。 水切りかご 写真はありませんが、シンクに合う水切りかごもつけました。 食洗機もありますがフライパンや鍋などの大きなものはやはり手洗いなので必須ですよね。 まとめ:お手入れしやすく使いやすいオフェリア! キッチン選びって大変ですよね。 タカラスタンダードのショールームには2回足を運んで色やオプションを決めていきました。 これからショールームに行くかたは、家でイメージをふくらませ色の方向性を決めておき、オプションもどんなものがあるか下調べしてから行くといいと思います。 なんのイメージも持たず、オプションも調べずに行くと、かなり時間がかかってしまいますからね。 この記事が、あなたのキッチン選びのお役に立てたらうれしいです。 引っ越し業者、もう決めてますか? ところで、引っ越し業者はもう決めましたか? 「まだまだ先だし・・・」と思っている方。 ご存知ですか? 実は、早めに業者を決めれば 「希望の日時をおさえられる」「価格交渉を優位に進められる」「早期割引がある」とおトクがいっぱいなんです。 我が家も早くから業者選定を始めた結果 「家族4人で10万円以下」という破格の値段で引っ越しました(笑) まだ何もしていない方。 いますぐ で見積もりをとってみましょう。 時期が確定していなくても大丈夫です。

次の

リシェルSI vs タカラスタンダード「トレーシア」!新築キッチンにおすすめなのは…?

タカラ スタンダード キッチン

スタッフメモ タカラスタンダードといえば、なんといっても「高品位ホーロー」を採用した商品。 高品位ホーローの特長であるキズが付きにくいので美しさが長持ち、丈夫、掃除がラクなどの理由から 一度タカラ商品のユーザーになると、次もタカラを指名してお求めになる方が多いようです。 ホーローは丈夫で水まわりに最適な素材のひとつですが、ベースが鉄で丈夫な分 一般的な木製キャビネットに比べ開け閉めする際、若干重く感じます。 ご検討の際はそのあたりも踏まえて必ずショールームでご確認いただきたいです。 あと面白いのは他メーカーと違い値引き前提の定価設定をしていないところ。 その為、他メーカーに比べ割引率が低くお得感が少なく感じますが、仕様内容をみて他メーカーの同ランク商品と 比較していただければ「なるほど」。 とご納得いただける価格になっています。 スタッフメモ 意外に重要なコンセント場所に配慮したキッチンプランがあったりと、家電を使いやすくする工夫が充実しているパナソニック。 大手家電メーカーの強みとしてキッチンやインテリアに合わせて好みのカラーを選べる「コーディネートドア冷蔵庫」のラインナップも他メーカーにはできない商品。 あと背面収納にカビを抑制する「ナノイー」や、湿度調整する機能が付いた食品庫「根菜キーパー」なんかも、パナソニックらしいキッチン収納です。 また、他メーカーにない特長としては、キャビネット内に虫が侵入しにくくなる忌避材を「ムシスルーキャビネット」( )を採用しているところ。 アース製薬とのコラボで実現したこのキャビネットは、虫が寄り付きにくい効果が約10年続く上、高い安全性が実証されています。 虫嫌いの方には はオススメですよ。 スタッフメモ クリナップといえば"ステンレス"。 プロ仕様のキッチンを思わせる が実用性・デザインともに素晴らしいですが、その分価格もかなりお高め。 人気なのはステンレスをキャビネット内に採用したミドルクラスのキッチン。 システムキッチンの生みの親である老舗メーカーということもあり「まちがいない」。 そんな安定感のあるキッチンが多い印象。 より下のクラスになるスタンダードクラスキッチン はステンレス躯体ではないもののオプションでキャビネットをステンレスの底板にすることができます。 個人的にはカフェっぽい木目の色合いが充実している を選んでステンレス底板や使い勝手のいいオプションでカスタマイズするプランがオススメです。 スタッフメモ ステンレスといえばクリナップでしたが、人造大理石といえばトクラスです。 どのメーカーにもワークトップに人造大理石はありますが、是非ショールームで比べてみてください。 そう、トクラスの人造大理石は他メーカーに比べてずっしり厚みがあるんです。 そして厚みだけでなくその丈夫さも特長です。 (ちなみにわたくしの実家も20年ほどトクラスの人大ワークトップキッチンを使っていましたので、その丈夫さは実感しています。 ) また、ダントツの色の豊富さや独自のデザイン性からかオシャレなキッチンとして「ベリー」を採用したプランを住宅雑誌で見かけます。 機能性以外にインテリア性も重視したい方はトクラスのキッチンはご満足いただけると思います。

次の

【タカラスタンダード】システムキッチンの人気ランキングを発表!

タカラ スタンダード キッチン

ご訪問ありがとうございます。 タマホームの「長野エリア限定 木麗な家」に住んでいるじゅりいです。 今回はキッチンの話。 我が家のキッチンは「タカラスタンダード」です。 タカラスタンダードのショールームへも行きました。 どんな仕様になっているのか、詳細をご紹介していきます。 タマホームで選べるキッチン タマホームでは、標準で「LIXIL」「タカラスタンダード」「EIDAI」の3社から選択することができます。 通常販売はされていません。 ショールームへ行った時も、予約しないと入れないというビルダー用の別室で見学しました。 タカラスタンダードの特徴としては、以下のものがあります。 「EIDAIは吊り棚ありません」という説明は受けていませんので・・ 自信はないけど多分・・ EIDAIの特徴としては、以下のものがあります。 ・シンク・ワークトップ共にステンレス ・キャビネット内に仕切りが多く使いやすい「シキリータ」搭載 ・フィルターレスのレンジフード ・ホルムアルデヒド発散0. うーーん、どのキッチンも良くて迷いますね💦 我が家は汚れや傷に強い「ホーローキッチン」のタカラスタンダードを選ぶことにしました。 タカラスタンダードのキッチン 我が家のキッチンは、このようになっています。 パネルの色はホワイトです。 ワークトップは人造大理石です。 いただいた資料にはオプションと書かれていた食洗器も標準で付きました。 水栓 ハンドシャワー付き水栓はTAKAGIのものです。 カタログには、水栓:KVK、ビルトイン浄水器:メイスイ、と書かれていましたが、この場合水栓が2ヶ所になるんですよね。 実際に選ぶ時はTAKAGIも選択することができ、TAKAGIの場合は水栓1ヶ所となりましたのでこちらを選択しました。 ハンドシャワー内に浄水カートリッジを内蔵するタイプなので、1ヶ所で済むようです。 食器棚(カップボード) カップボードはオプション扱いでした。 打ち合わせで「カップボードはオプション」と聞いて、旦那さんが「自分たちで買えばいいんじゃない?」と言い出しました。 調べると、ネットショップにもあるんですよね。 LIXILのですが、80000円台から出ています。 残念ながら、ネットショップにタカラスタンダードのカップボードはありませんでした。 こんな話を打ち合わせで営業さんにしたところ、 「・・できればこちら(タマホーム)で購入していただけるとありがたいです~💦」 と言いづらそうに話していました。 あまり押しの強い営業さんではないんですが、ここは「お願いしますよ~」という感じでした。 仕入れ値に響く、とかそんな感じなんでしょうかね? レンジフード レンジフードは、周りも整流板もホーロー製で、お手入れがしやすくなっています。 整流板があることで、煙を素早く吸い込んでくれるんだそうです。 フィルターは残念ながらホーロー製ではありません。 (タカラスタンダードには、フィルター内もホーローでできたものがあります) IHクッキングヒーター 我が家はオール電化住宅なので、IHクッキングヒーターです。 標準でついてきました。 引っ越してきた当初は食洗器対応の食器が少なく、満足に使えていませんでしたが、最近は箸やお皿など少し新調して、食洗器で洗っています。 ・浄水器内蔵水栓 ・IHクッキングヒーター(ガスコンロも選択できます) ・食器洗い乾燥機 オプションとなるものは以下のとおりです。 ・カップボード(食器棚) ・シンク内人造大理石へ変更 ・パネルの色 おわりに。 タカラスタンダード一番の特色である「ホーロー」。 引き出しの中までホーローで仕上げてあるので、本当に汚れが付きにくく落ちやすいです。

次の