フェザー 級 体重。 【ボクシング】現役限定!スーパーフェザー級最強王者は誰だ?

MMAにおける新体重階級

フェザー 級 体重

雑記 2017. 16 2019. 15 格闘プリンス UFCの階級 体重は何キロ? 各階級の歴代チャンピオン一覧 UFCの階級別の体重一覧表 階級 体重 ヘビー級 -120. 2kg ライトヘビー級 -93. 0kg ミドル級 -83. 9kg ウェルター級 -77. 1kg ライト級 -70. 3kg フェザー級 -65. 8kg バンタム級 -61. 2kg フライ級 -56. 7kg 女子リーグ 階級 体重 女子フェザー級 -65. 8kg 女子バンタム級 -61. 2kg 女子ストロー級 -52. 2kg 各階級の歴代チャンピオン ヘビー級 -120. 2kg 何代目 選手名 防衛回数 初タイトル獲得日 初代 マーク・コールマン 0 1997年2月7日 2 モーリス・スミス 1 1997年7月27日 3 ランディ・クートゥア 0 1997年12月21日 4 バス・ルッテン 0 1999年5月7日 5 ケビン・ランデルマン 1 1999年11月14日 6 ランディ・クートゥア 2 2000年11月17日 7 ジョシュ・バーネット 0 2002年3月22日 8 リコ・ロドリゲス 0 2002年9月27日 9 ティム・シルビア 1 2003年2月28日 10 フランク・ミア 0 2004年6月19日 11 アンドレイ・アルロフスキー 1 2005年8月14日 12 ティム・シルビア 2 2006年4月15日 13 ランディ・クートゥア 1 2007年3月3日 14 ブロック・レスナー 2 2008年11月15日 15 ケイン・ヴェラスケス 0 2010年10月23日 16 ティム・シルビア 1 2003年2月28日 17 ジュニオール・ドス・サントス 1 2011年11月12日 18 ファブリシオ・ヴェウドゥム 0 2015年6月13日 19 スティーペ・ミオシッチ 3 2016年5月14日 20 ダニエル・コーミエ 1 2018年7月7日 19 スティーペ・ミオシッチ 王座復活 2019年8月18日 ライトヘビー級 -93kg 何代目 選手名 防衛回数 初タイトル獲得日 初代 フランク・シャムロック 4 1997年12月21日 2 ティト・オーティズ 5 2000年4月14日 3 ランディ・クートゥア 0 2003年9月26日 4 ビクトー・ベウフォート 0 2004年1月31日 5 ランディ・クートゥア 0 2004年8月21日 6 チャック・リデル 4 2005年4月16日 7 ランペイジ・ジャクソン 1 2007年5月26日 8 フォレスト・グリフィン 0 2008年7月5日 9 ラシャド・エヴァンス 0 2008年12月27日 10 リョート・マチダ 1 2009年5月23日 11 マウリシオ・ショーグン 0 2010年5月8日 12 ジョン・ジョーンズ 8 2011年3月19日 13 ダニエル・コーミエ 2 2015年5月23日 14 ジョン・ジョーンズ 剥奪 コーミエに勝利するも試合後に禁止薬物の使用が発覚し剥奪 ミドル級 -83. 9kg 何代目 選手名 防衛回数 初タイトル獲得日 初代 デイブ・メネー 0 2001年9月28日 2 ムリーロ・ブスタマンチ 1 2002年1月11日 3 エヴァン・タナー 0 2005年2月5日 4 リッチ・フランクリン 2 2005年6月4日 5 アンデウソン・シウバ 10 2006年10月14日 6 クリス・ワイドマン 3 2013年7月6日 7 ルーク・ロックホールド 0 2015年12月12日 8 マイケル・ビスピン 1 2016年6月4日 9 ジョルジュ・サンピエール 0 王座獲得後に即返上 2017年11月5日 10 ロバート・ウィテカー 0 GSPが返上後に王者へ昇格 2017年12月 ウェルター級(-77. 1kg) 何代目 選手名 防衛回数 初タイトル獲得日 初代 パット・ミレティッチ 4 1998年10月16日 2 カーロス・ニュートン 0 2001年5月4日 3 マット・ヒューズ 5 2001年11月2日 4 BJペン 0 2004年1月31日 5 マット・ヒューズ 2 2004年10月22日 6 ジョルジュ・サンピエール 0 2006年11月18日 7 マット・セラ 0 2007年4月7日 8 ジョルジュ・サンピエール 9 2008年4月19日 9 ジョニー・ヘンドリックス 0 2014年3月16日 10 ロビー・ローラー 2 2014年12月6日 11 タイロン・ウッドリー 3 2016年7月30日 ライト級(-70. 3kg) 何代目 選手名 防衛回数 初タイトル獲得日 初代 ジェンス・パルヴァー 2 2001年2月23日 2 ショーン・シャーク 1 2006年10月14日 3 BJペン 3 2008年1月19日 4 フランク・エドガー 3 2010年4月10日 5 ベン・ヘンダーソン 3 2012年2月26日 6 アンソニー・ペティス 1 2013年8月31日 7 ハファエル・ドス・アンジョス 1 2015年3月14日 8 エディ・アルバレス 0 2016年7月7日 9 コナー・マクレガー 0 2016年11月12日 10 ハビブ・ヌルマゴメドフ 2 2018年4月8日 フェザー級(-65. 8kg) 何代目 選手名 防衛回数 初タイトル獲得日 初代 ジョゼ・アルド 7 2010年11月20日 2 コナー・マクレガー 0 2015年12月12日 3 ジョゼ・アルド 0 2016年11月26日 4 マックス・ホロウェイ 1 2017年6月4日 バンタム級(-61. 2kg) 何代目 選手名 防衛回数 初タイトル獲得日 初代 ドミニク・クルーズ 2 2010年12月16日 2 ヘナン・バラオン 2 2013年1月6日 3 TJ・ディラショー 2 2014年5月24日 4 ドミニク・クルーズ 1 2016年1月17日 5 コーディ・ガーブランド 0 2016年12月30日 6 TJ・ディラショー 1 2017年11月5日 フライ級(-56. 7kg) 何代目 選手名 防衛回数 初タイトル獲得日 初代 デメトリアス・ジョンソン 11 2012年9月22日 2 ヘンリー・セフード 1 2018年8月4日 デメトリアス・ジョンソンはUFCからONEFCへ移籍した。 メモ 2017年11月 UFC217 GSPが4年ぶりにUFCに復帰してミドル級王者になるも、体調不良や適正階級ではない等の理由ですぐにベルトを返上する。 2018年8月 UFC227 TJ・ディラショーが因縁の相手コーディ・ガーブラントを返り討ちにして初防衛成功。 フライ級の絶対王者として君臨していたデメトリアス・ジョンソン(DJ)が王座陥落。 フライ級は初めてDJ以外の選手がベルトを手に入れた。 DJの防衛記録は11回でUFCの歴代防衛記録となっている。 ヘビー級王座の最多防衛記録を持つミオシッチが王座陥落。 コーミエが歴代5人目となる2階級制覇を達成した。 ベルトを2階級同時に保持した王者はマクレガーに次いで2人目。 2018年10月 UFC229 マクレガーVSヌルマゴメドフ マクレガーの約2年ぶりとなるUFC復帰戦。 因縁の相手ヌルマゴメドフとのライト級王者決定戦。 試合はヌルマゴの圧勝だったが、試合後に大乱闘に発展する前代未聞の事件となった。 また、この大会はUFC史上最大の売上数となるPPV200万件オーバーを達成している。 2019年1月 ファイトナイト・ブルックリン バンタム級王者TJ・ディラショーとフライ級王者ヘンリー・セフードがフライ級のタイトルマッチで激突。 試合はあくまでフライ級のタイトルマッチということでTJは負けてもバンタムのベルトを奪わるということではなかったが、結果は1R秒殺でセフードが勝利した。 TJは減量苦があったように思えた結果となったが、試合後のマイクでは今度はセフードがバンタム級の体重でTJとバンタム級タイトルマッチをやりたいと発言した。

次の

ザ・おやじファイト

フェザー 級 体重

- 2019年 1月月1日午前12時32分PST この時はメイウェザーさんのパンチを受けた那須川天心さんが、3度に渡りダウンしてしまいTKOで試合ストップとなりました。 ボクシング界のレジェンドと言われるメイウェザーさんには、敵わなかったんです。 ただし、那須川天心さんが全くいいところがなかったと言うわけではありません。 そもそも、メイウェザーさんと那須川天心さんは体重や身長の差が大きかったからです。 どれくらいの体格差があったのでしょうか。 メイウェザーの身長・体重差 試合前の計測では、メイウェザーさんの身長と体重は身長173cm・体重66. 7kgでした。 体重66. 7kgは契約体重ギリギリでしたがクリアしています。 既にこの時点で那須川天心さんにはハンディがありました。 身長、体重ともにメイウェザーさんの方が上回っていたからです。 身長・体重差は メイウェザーさんの身長と体重は身長173cm・体重66. 7kgです。 対する那須川天心さんの計測結果は、身長165cmで体重は62. 1kgでした。 計算すると 身長では8cm、体重では4. 6kgの差があります。 これは一階級異なるほどの差です。 これで、那須川天心さんに勝てと言うのは酷と言えます。 亀田興毅戦での身長・体重差はどれくらいあった? 那須川天心さんと亀田興毅さんは、AbemaTVの名物企画「勝ったら1000万円」シリーズで対戦しました。 - 2019年 6月月22日午前9時46分PDT ルールはボクシングルールで3分3ラウンド戦いました。 亀田興毅さんが那須川天心さんをKOで倒せば1000万円獲得できたのですが、那須川天心さんは1000万円を守り抜きました。 亀田興毅さんとはどれくらいの身長・体重差があったのでしょうか。 亀田興毅の身長・体重 公表されている亀田興毅さんの身長と体重は、身長が165. 9cmで体重は現役時代は約53. 5kgのバンタム級でした。 今回の企画では「減量はしない」と語っていることから、50kg代の後半と見られています。 身長・体重差は 那須川天心さんの身長と体重は、身長165cmで体重は58~62. 1kgです。 亀田興毅さんは身長が165. 9cmで体重は50kg代の後半ですから、 2人の体格差はほぼ無視しても良い数値であると言えます。 ですから互角の勝負となっても良かったのですが、亀田興毅さんは既に現役を引退しています。 那須川天心さんが終始試合をリードしていたのは致し方のないことでしょう。 メイウェザーとの勝負は不利だった? 先程も述べた通り那須川天心さんとメイウェザーさんの身長と体重の差は、身長では8cm体重では4. 6kgもありました。 この差は一階級異なるほどの差です。 身長はともかく体重でこれだけ違いがあるとまず勝負になりません。 相手が素人ならともかく、ボクシング界のレジェンドと称されているメイウェザーさんですから、この勝負は最初から勝敗が付いていたようなものです。 亀田興毅との勝負は有利だった? 那須川天心さんと亀田興毅さんの体格差はほとんどありません。 そして那須川天心さんは現役で20歳です。 一方、亀田興毅さんは引退していて年齢も32歳です。 ですから 不利なのは亀田興毅さんの方と言えます。 実際、試合は3ラウンドとも那須川天心さんがリードしていました。 この試合で亀田興毅さんが那須川天心さんをKOで破るというのは無理難題な話なんです。 まとめ• 那須川天心さんはキックボクサーで格闘家。 神童、キックボクシング史上最高の天才と称されている。 那須川天心さんの階級はRISEではフェザー級とバンタム級、ムエタイではフェザー級とスーパーバンタム級、総合格闘技ではフライ級となっている。 那須川天心さんとメイウェザーさんの身長・体重差は身長では8cm体重では4. 6kgもあった。 那須川天心さんと亀田興毅さんの体格差はほとんど無かった。 那須川天心さんとメイウェザーさんの体格差は一階級異なるほどの差。 那須川天心さんが圧倒的に不利だった。 那須川天心さんと亀田興毅さんは体格差は無いが、現役で20歳と若い那須川天心さんの方が有利だった。 以上、那須川天心さんとメイウェザーさん、亀田興毅さんの体格の差などについて見てきました。 那須川天心さんとメイウェザーさんは本来は戦うリングが異なります。 那須川天心さんに勝てというのは無茶な話でしょう。 一方、亀田興毅さんは既に引退していて年齢も32歳です。 那須川天心さんをKOで倒せというのは酷な話です。 エキシビジョンマッチや番組の企画に目くじらを立てるわけではありませんが、もう少しイーブンな試合を見せて欲しいと思います。

次の

スーパーフェザー級

フェザー 級 体重

ボクシングはもともと体重無差別だった 近代ボクシングの発祥はイギリスです。 当時のボクシングは時間無制限の一本勝負で、どちらかが立てなくなるまで闘うというルールが主流でした。 そして、「階級制」という概念はなく、体重無差別で試合をおこなっていました。 階級制設置への流れ 体重60キロの選手がどんなにすぐれたボクサーであっても、相手が100キロを超えるボクサーでは勝てるわけがありません。 そのため、体重の重い選手と軽い選手を公平にする目的で、1746年にヘビー・ウェイト(重量級)とライト・ウエイト(軽量級)が設置されました。 これが階級制のはじまりです。 その後、その中間のミドル・ウエイト(中量級)が設置され、ウェルター、フェザー、バンタム、フライという順番で階級が増えていきました。 現在、プロボクシングでは17階級が存在しています。 なぜ体重で分けるの? 体重が重いと本当に有利なの? ボクシングなどの打撃格闘技では、「重さ」が勝敗やダメージに大きな影響をおよぼします。 より重いものが、より勢いよくぶつかるほど、強い力が生みだされるわけです。 ですので、体重でまさっている選手は「重さ」がすでにあるので、パンチ力がでやすくなります。 また、衝突現象においては、重い物体と軽い物体がぶつかった場合、重い物体のほうが当たり勝ちします。 これらの物理法則により、体重の重い選手と軽い選手が対戦した場合、 「重い選手のパンチはハード」 「軽い選手のパンチは当たっても効かない」 という現象が起こります。 これはもう、有利不利というレベルではなく、選手の安全面にかかわる問題です。 そのため、打撃格闘技では重さ(体重)を基準にするのが、もっとも公平なクラス分けになるのです。 ボクシングの階級、どの時点の体重なの? 体重の基準と名前の不思議 かつては、試合開始が夜の場合は、その日の午前中に計量をしていました。 このやり方は「当日計量」と言われています。 ですが、1990年代から試合の1日前に計量をおこなう「前日計量」がおこなわれるようになり、現在ではほぼすべての試合が前日計量です。 前日計量がおこなわれるようになったのは、減量が原因のリング禍(選手が深刻な負傷をすること)を防ぐためだと言われています。 計量をしてから試合まで1日あるので、選手はそのあいだに水分と栄養を補給し、体力を回復させることができます。 各階級の名称と体重規定一覧 各階級の名称と体重規定・リミットは以下のとおりです。 719キロ(200ポンド)超 キロとポンドの両方の単位で表記していますが、プロボクシングではポンドのほうが公式の単位です。 これは、近代ボクシングがイギリスを発祥としている名残りです。 階級の別名について 階級によっては( )で別の階級名が記されていますが、これは団体によって使用している名称が異なっているからです。 特に中間階級の「スーパー」と「ジュニア」の違いが目立つと思います。 もともとは「ジュニア」のほうが主流で、日本のボクシングでもそちらのほうを使っていました。 1998年にWBA(世界ボクシング協会)とWBC(世界ボクシング評議会)でルールが統合されたことにともない、「スーパー」の名称が多く用いられるようになり、日本でも「スーパー」に変更しました。 ですが、IBF(国際ボクシング連盟)やWBO(世界ボクシング機構)では現在も「ジュニア」の名称を使用しています。 まぎらわしいので、できれば統一してほしいです。 階級名称の由来・語源 階級の名称には、いろいろとユニークな言葉が当てられています。 クルーザー = 巡洋艦 ウェルター = うねり フェザー = 羽毛 バンタム = 小型種のニワトリ フライ = ハエ ミニマム = 最小 ……正直、言葉の意味を知ってしまうと、あまりかっこいいものではありません。 特に、フェザー級以下を見ると「軽量級に悪意があるんじゃないのか」と疑いたくなるようなものばかりです。 なんでこんな単語を当てたんでしょうね……欧米では軽量級は人気がないとはいえ、さすがに謎です。 ボクシング 階級ごとの日本人チャンピオンとは? 世界を獲得した日本のボクサーを階級別に記載いたします。 日本人でなくても、日本ボクシング界に属している状態でタイトルを獲ったボクサーは名前を記載しています。 また、チャンピオンになっても「他階級制覇」を名目にすぐに階級を変え、防衛戦の義務をさける王者もいます。 階級がたくさんあることによるデメリットは確かにあるのですが、しかし、階級制によって得られるメリットはそれ以上だと言えます。 体の小さい選手にも「世界一」になるチャンスが与えられているからです。 そしてこれからも、それぞれの階級から新しいヒーローが誕生し、私たちの胸を躍らせてくれるに違いありません。

次の