みたまうつし。 神式の葬儀で唱えられる祝詞とは?意味や天理教でも唱えるのか解説!|終活ねっと

みたまうつしの儀とは?市川海老蔵と小林麻央の宗教は仏教ではなく神道!

みたまうつし

服装について 基本的にはほかの形式のお通夜の服装で問題ないと思います。 着物 天理教の方は着物(喪服)の方が多いです。 男性は羽織袴。 扇子はいりません。 羽織房のカン(S字のフックは黒、又は銀)です。 女性は落ち着いた色の着物(喪服)です。 髪飾りや帯留めはいりません。 喪服にも詳しい区分がありますが、ここでは触れません。 スーツ(ブラックフォーマル) 最近ではスーツの方も多いです。 男性は黒のスーツでネクタイは黒色。 女性は黒のワンピースやアンサンブル、スーツが多いです。 子供の服装は基本的には学生服で良いでしょう。 または黒基調とした格好が望ましいです。 装飾物等 数珠は不要です。 アクセサリーやバッグは基本的に黒色が良いでしょう。 香典・ 香典袋(御供え金封)について 天理教では、市販の香典袋や封筒でも問題ないでしょう。 ただし、蓮の花の掛かれている香典袋は仏教の考え方なので使用しないでおきましょう。 表書きは、「御玉串料」「御榊料」「御霊前」など神道で使われるものが一般的です。 仏教で良く使われる「御仏前」は、使用しない方がよいでしょう。 また、薄墨で書く事もあります。 金額ですが、あくまでも気持ちの面ですのでいくらでも大丈夫でしょうし、一般的な金額でも問題はありません。 大体の金額として、知人の場合は3千円から5万円(年齢が上がるにつれ金額が上がります。 )親族の場合は3万円から10万円程でしょう。 水引きに関しては地域にもよりますが、黄と白、あるいは黒と白、もしくは銀色のものを使います。 水引のかたちは結びきりです。 なお、玉串料のお返し(香典返し)の際には「偲草」表記が用いられます。 参拝の作法について 天理教葬儀での参拝作法は次の通りです。 自分の前の人の参拝作法を真似してください。 また、参列者からはよく見えませんので、さほど気にしなくても大丈夫です。 高さは「胸の前」辺りに上げる。 時計の針と同じ周りで右に回し、枝先を「祭壇」へ向け、葉先を「自分」に向け玉串台へと献じます。 (神式では、「しのび手」と言って音は立てませんが、天理教では音を立てても大丈夫です。 ) 一拝します。 顔を上げ、もう一度、四回拍手を打ちます。 一礼します。 動画では玉串奉奠(たまくしほうてん)となっていますが、天理教式では玉串奉献(たまくしほうけん)とアナウンスされます。 式について みたまうつしつについて 天理教でいう「お通夜」の事です。 「みたまうつしの儀」「みたましずめの儀」を一つにしてつとめます。 遺骸(なきがら)から御霊(みたま)を霊璽(れいじ)にうつし、霊床(みたまどこ)に沈める儀式。 簡単に言えば、亡骸から魂を位牌にあたるものにうつして、神棚にあたるところに置く儀式ですね。 霊床とかいて「たまどこ」と呼ぶことが多いですが、天理教では「みたまどこ」と呼ぶことが多いです。 時間はおおよそ1時間程度です。 みたまうつし式次第(お通夜の流れ) 他のサイトにも簡単な式次第が掲載されていたりしますが、ここでは少し詳しく紹介していきます。 天理教の多くの教会は畳で行いますので、正座で行うことが多いです。 葬儀社で行う場合は基本椅子席で行いますので、多少変わってくるかと思います。 この際に「おうつし」「おしずめ」が行われ、点燈します。 喪主もこのタイミングで行います。 玉串奉献を「たまくしほうてん」と読んだりします。 告別式について 天理教は「発葬の儀」「葬場の儀」を併せて告別式とする場合が多いです。 告別式は「みたまうつし」の翌日に行われます。 告別式語に、葬後霊祭という毎十日祭にあたる式をします。 発葬の儀とは 葬場を別の場所に設けて葬儀を進める場合は、発葬の儀(自宅より葬場へお送りする式)を執り行い、葬列を組んで、遺骸を葬場へ出棺し遷す時の式のこと。 葬場の儀とは 親神様よりのかりものを、故人の生前中の姿を偲びながら、丁重に葬り、お返しするための式のこと。 「葬場詞」にあたります。 喪主もこのタイミングで行います。 葬後祓について 出棺後、祓師が大麻を持って各室を祓い清めます。 また、葬場(火葬場)から帰ってきた人を門前にて祓います。 葬後霊祭について 火葬場から戻って着次第執り行います。 十日祭と呼ばれるものに当たります。 葬祭が済んだ後に、霊に葬儀が滞りなく終えたことを報告し、これより合祀迄の五十日の間は仮霊舎に鎮まり頂き、生前の面影を偲びつつお仕え申し上げますので、御心安らかにお受け下さり、教えの栄えと家内・子孫の繁栄を守り幸え給えと告げる式の事です。 喪主もこのタイミングで行います。 教会にもよりますが、五十日祭、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、…五十年祭までつとめることも有ります。 土地柄にもよりますが、十年祭、二十年祭で区切ることが多いです。 御霊様(みたまさま)とは 仏教でいう仏様の事です。 出直しとは 天理教では一般に死と言われていることを出直しといいます。 出直しには最初から新しくやり直すという意味が含まれています。 一般的な死が、この世での制の終結を意味するのに対して、出直しは、この世で再び生命をえるために新しく再出発するという意味を持ちます。 天理教葬儀のお礼(お布施、ご神饌料、献金)の書き方、相場、渡し方 天理教式の葬儀は、神道に習っていますので、基本的には神式と一緒です。 ですのでのし袋には、「御礼」や「御祭祀料」(おんさいしりょう)、「寸志」(すんし)、「志」(こころざし)などですね。 相場などもあくまでも参考ですので親族の方や、近くの教会関係者に尋ねてみましょう。 ここでは簡単な使い分けを紹介します。 のしの書き方 最初に注意が必要ですが、「蓮の花」が描かれているのし袋は使いません。 蓮の花はお釈迦様を表しているので、仏式で使われますね。 水引きは主に「双銀」・「双白」と書いていますが、「黒白」でも構いません。 神式では「黒白」は使いませんが、天理教では問題ないでしょう。 「双銀」は特に金額が多いときに用います。 金額が少ないときは「双白」又は「黒白」を使いましょう。 「御礼」 とてもメジャーですね。 どんな場合にでも使える便利な文言です。 葬儀などでの斎官へのお礼として使われます。 金銭以外でも使える便利な文言です。 「熨斗」(のし袋右上にある飾りのようなもの)はなし、水引は「双銀」・又は「双白」「黒白」で、「結び切り」のもの。 白封筒でも問題ありません。 「御祭祀料」(おんさいしりょう) あまり見かけませんが、これでも問題ないでしょう。 葬儀などでの斎官への祭祀料として使われます。 これも御礼と一緒で、 「熨斗」(のし袋右上にある飾りのようなもの)はなし、水引は「双銀」・又は「双白」「黒白」で、「結び切り」のもの。 白封筒でも問題ありません。 「寸志」(すんし) これも良く見かけますね。 葬儀の手伝いや会場関係者などへのお礼として送ることが多いです。 ただ、「寸志」の意味合いとして、目上の人から目下の人に贈る場合に用いることが多いです。 寸には「少しの」、志には「気持ち」の意味がありますので、 少しばかりの気持ちですという気持ちを込めたものです。 「熨斗」(のし袋右上にある飾りのようなもの)はなし、水引は「双銀」・又は「双白」「黒白」で、「結び切り」のもの。 白封筒でも問題ありません。 「志」(こころざし) 「寸志」とは少し違い、感謝の気持ちや、好意などを表すために送る金品などに使います。 葬儀の手伝いや会場関係者などへのお礼として送ることが多いです。 「寸志」のように、目上から目下へといった意味合いはありません。 「熨斗」(のし袋右上にある飾りのようなもの)はなし、水引は「双銀」・又は「双白」「黒白」で、「結び切り」のもの。 白封筒でも問題ありません。 相場・渡し方について 地域や、教会によって変わってくるかと思います。 特に手伝っていただいた内容によって大きく変わりますね。 斎主になりと、一番高額ですし、斎員に関してもそれなりの金額になると思います。 が、あくまでも御礼ですので、経済的に無理のない額を用意するのが良いでしょう。 以下はあくまでも例です。 斎員について• 斎主:10~5万• 副斎主:8~3万• 伶人:5~1万円• 楽人:5~1万円 渡し方ですが、式後に直接相手へ手渡すのが良いでしょう。 場合によっては葬儀社の担当者に代わりに渡してもらうこともあります。 運転手・その他手伝い人(受付など) 寝台車・霊柩車の運転手への「心付け」も必要になってきますね。 渡すタイミングは「火葬場へ向けて出発する前、または火葬場から戻った時など」です。 封筒は無地の白封筒を使います。 寝台車の運転手 5000円から2000円。 他にもハイヤーや、マイクロバスの運転手にもすることも有ります。 3000円から2000円ほどです。 その他の手伝い人(受付)など 高くても数千円から1万円ほどでしょう。 渡さないこともありますので、親族や、お近くの教会関係者の方などに聞いてみましょう。 ポイント あくまでもここで取り上げたのは例です。 その地域や、教会によって、変わってくるかと思いますが、これらは全て感謝の気持ちとして渡すものです。 決まった額などは本来ありえませんので、上記の額を参考に決めて頂ければと思います。 また、金銭の代わりに品物でお返しすることもあります。 天理教式:末期の水・死に水をとる・作法など お悔やみに行く前に 末期の水(まつごのみず)は仏教での風習ですが、天理教でも行うことがります。 天理教の葬式は神式(神道)ですので、 それに準じて行われます。 神道では末期の水の儀式は行いますが、死の穢れを清めるためという考えのもとに行われ、箸ではなく榊の葉を用いるのが正式な作法とされています。 天理教は神式で行いますが、意味合いなども当てはまるかどうかは定かではありませんが、作法等は同じでしょう。 天理教の教理的におかしいところもあるように感じますので、そのうち神式ではなく、天理教式と呼ばれるものが出来るかもしれませんね。 末期の水・死に水をとる・作法・マナー• 榊(さかき)の葉を使用します。 桶やお椀に入った水に榊(さかき)の葉 をつけて湿らせます。 水は、生前故人が使用していた茶碗などに入れることもあります。 榊(さかき)の葉 を故人の唇に当てます。 上唇から下唇の順番で、唇の左から右へなぞるように当てましょう。

次の

天理教の葬儀|流れや作法

みたまうつし

Contents• 海老蔵さんが、自身のブログで、麻央さんの通夜が無事に終了したと25日の15時頃に報告している。 みたまうつしの儀をおえ NEW! 2017-06-25 17:16:14 帰宅。 娘も倅もみたまうつしの儀に参列しました。 引用: 喪主だった海老蔵さんは、25日まで歌舞伎の公演が続いていたので、この日になったと考えられる。 みたまうつしの儀とは、どういった意味があり、儀式なのか調べてみると・・・ 仏式でいう通夜にあたる 「通夜祭」と同時に行われるという。 漢字で 「御霊遷し(みたまうつし)」と書く。 夜に行われ、部屋を真っ暗にするそうだが、ろうそくなどの明かりは灯すという。 亡くなった方の御霊(みたま)を神様にお返しするといった儀式のようだ。 そうすることで、小林麻央さんのを魂が神様にお返しされるのだろう。 別名で 「遷霊祭」と呼ばれる。 みたまうつしの儀では、祭主が 遷霊詞を述べた後に掛け声をあげるという。 遷霊詞とは、お経と違い、祭主が「このような者がそちらへ向かう」といった内容で生前の経歴などを伝えるため、一般の参列者でも内容が理解しやすいのだとか。 みたまうつし、神葬祭です。 前に参列したことがあるけど、このような人間がそちらに行きますって人生歴を神職が奏上するから、お経と違って内容がよくわかって興味深かった。 [関連記事] みたまうつしの儀って場所はどこで行われた? 海老蔵、麻央さんの「みたまうつしの儀」を執り行ったことを報告 — スポーツ報知 SportsHochi みたまうつしの儀は、いつどこの場所で行われたのだろうか。 どうやら、日にちは26日で、場所は小林麻央さんの自宅だという。 自宅は東京・渋谷区代々木の代々木公園近くにある高級マンションである。 報道陣も殺到したようだ。 みたまうつしの儀が終わると次は? みたまうつしの儀が終わると、次に行われるのが、 「葬場祭(そうじょうさい)」。 仏式で言うと 「葬儀や告別式」にあたる。 通夜祭や遷霊祭は、親族のみで行われ、葬場祭は一般の方も参列できるという。 葬場祭のあとは出棺、火葬が行われることになる。 その際の神式葬儀をまとめてみると・・・ 2月5日 通夜祭 2月6日 葬場祭と葬儀 2月27日 本葬(青山葬儀所) 2月6日は目黒区にある自宅で、親族により密葬で行われた。 「瑞垣珠照彦命(みずがきたま・てるひこのみこと)」の諡号。 葬場祭は、海老蔵さんが喪主として行われた。 尾上菊五郎さんなどの歌舞伎関係者や、 小泉純一郎元首相などが参列されている。 諡号とは? 諡号(しごう)は、神道では「おくりな」と言われ、 仏教でいう「戒名」や「法名」のこと。 麻央さんに贈られた諡号は何なのかと注目が集まっている。 きっと立派な名前なのだろう。 みたまうつしの儀が行われた際に、贈られているので、すでに決まっているはず。 小林麻央は天理教なのか検証してみた! みたまうつしの儀とは、調べてみると「天理教」の儀式らしい。 じゃあ、小林麻央さんは天理教の信者だったのか? なんて思ったのだが、どうやら違うようだ。 初代・團十郎さんから、市川宗家は成田山新勝寺での御披露目を行っていたため、仏教徒と思われている。 でも、神習教になったのは、 9代目・團十郎さんが神道教師となってから。 海老蔵さんも神習教のはず。 市川家が前々から神習教だと思っていたのだが、違うということが分かった。 また、みたまうつしの儀は天理教の儀式とは関係がないようだ。 麻央さんも神道の儀式として、魂 みたま を祀り「みたまうつしの儀」が行われた。 まとめ 本記事では、小林麻央さんの「みたまうつしの儀」とは一体どういったものなのか? 場所はどこで行われるのか? 麻央さんは天理教の信者なのか検証してみた。 みたまうつしとは、漢字で「御霊遷し」と書き、仏式でいう通夜にあたる「通夜祭」と同時に行われるようだ。 麻央さんの「みたまうつしの儀」の場所はどこで行われたのか、気になる方が多かった。 場所については、麻央さんの自宅で6月26日に行われたという。 みたまうつしの儀とは、「天理教」の儀式らしいが、麻央さんは天理教の信者ではないようだ。 みたまうつしの儀などについて、分かっていただいただろうか。 少しでも分かっていただけると嬉しい。

次の

神道や天理教「みたまうつしの儀」を行う意味と儀式の進行|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

みたまうつし

みたまうつしの儀とは 「みたまうつしの儀」とはどのような儀式なのでしょうか。 ひらがなで書かれることが多いのですが、漢字では「御霊移し」もしくは「御霊写し」と書き、文字通り、魂を移す写す(写す)儀式です。 儀式は必ず夜に執り行われ、神様から借りていた身体をお返しするために、古い身体から魂(みたま)を移して、新しい身体が見つかるまで神様に魂を預かってもらうための儀式となります。 魂は、「御魂代(みたましろ)」と呼ばれる鏡や故人が大切にしていた愛用品もしくは霊璽(れいじ)と呼ばれる白木に乗り移されます。 みたまうつしの儀が必要な由来 「みたまうつしの儀」を行う意味をご存知でしょうか? それは、神道や天理教の死に対しての考え方からきているもので、人は亡くなったら神様となり現世にとどまり、残された家族をご先祖様と一緒に守るとされているためです。 身体はなくなりますが、魂はいつも家族の側にいることができるよう、魂を乗り移すした御魂代や霊璽をお祀りすることになります。 仏教で言うお位牌のようなものです。 みたまうつしの儀を行う宗教は? みたまうつしの儀を執り行うのは、神道(しんとう)および天理教(てんりきょう)や金光教(こんこうきょう)となります。 神道と天理教や金光教との関係を不思議に思われるがいらっしゃるかもしれませんが、実は、天理教や金光教は教派神道の一種のため、神道と近い儀式が執り行われても不思議ではないのです。 みたまうつしの儀の特徴・流れ・作法 それでは、儀式の流れについて説明していきます。 天理教は、神道の一派ではありますが、儀式の流れは神道とは異なります。 宗教儀礼なので一つ一つ意味のあることとなります。 なお、儀式の最中の会話は良しとされていませんので、もし、手順が分からず困ってしまった場合は、周りの方々の動きを見て、合わせると良いでしょう。 天理教での「みたまうつしの義」流れ・式次第 神道と同じく儀式は夜に執り行います。 仏式におけるお通夜に当たる儀式で、自宅もしくは葬祭場等で執り行われます。 神道と似ていますが、実際には異なりますので、気をつけましょう。 また、儀式中の会話は控えましょう。 1.「消灯」の掛け声で、室内の灯りが一斉に消灯されます。 2.「祓詞奏上」と呼ばれる、お祓いの言葉が述べられ、みたまうつしの儀が始まります。 3.献饌(けんせん)を行います。 献饌とは、神様にお供え物をする儀式です。 4.玉串奉献(たまぐしほうのう)を行います。 これは、仏式のお焼香にあたります。 玉串を一人一本ずつ持ち、玉串を献上し、まず一礼を行い、その後に「二礼四拍手一拝四拍手一礼」で拝礼します。 拝礼は、神道と異なり、音を立ててもマナー違反にはなりません。 なお、礼と拝ではお辞儀の仕方に違いがありますので気をつけましょう。 礼は軽く30度くらいお辞儀、拝は90度の深いお辞儀となります。 5.「しずめの詞」が唱えられたら、儀式の終わりとなります。 「点灯」の掛け声で、室内の灯りが一斉に点灯されます 6.「斎員列拝」と言い、葬儀関係者が揃って礼をします 7.遺族、参列者が揃って礼をします 【合わせて読みたい】 神道での「みたまうつしの義」流れ・式次第 儀式は真夜中に執り行います。 御神霊は夜動くとされているのと同様に御霊も夜に動くとされているためです。 なお、神道では死を穢れ けがれ ととらえているため、聖域である神社では執り行わす、儀式を執り行う場所は、自宅もしくは葬祭場等になります。 また、儀式は、神道の葬儀にあたる神葬祭の1日目に執り行われる通夜祭の後に行われます。 以前は、別日に執り行われていましたが、近年、通夜祭と一緒に行われるのが一般的となっています。 1.室内の灯りを消して、真っ暗にします。 2.斎主(さいしゅ)が遷霊詞(せんれいし)を誦しながら、御霊代を故人の顔にかざし、魂を移します。 このときに、御霊(みたま)が遷られる際に回りの人々に注意を促すために、警蹕(けいひつ)と呼ばれる龍の声のような「を-」という小さな声が発せられます「警蹕」とは、神様のお出ましを告げる神事のしきたりですので、警蹕の間は、神職も参列者も頭を下げて拝礼し続けます。 ちなみに「斎主」とは、神式の儀式を執り行う最高位の神官のことです。 3.御霊が霊璽(れいじ)に遷された瞬間から故人は神様となります。 神様となった故人には「諡号(おくりな)」が贈られます。 諡号は、仏式の戒名(法名)にあたル者で、生前の名前の後に、男性の場合は「大人(うし)」や「命(みこと)」、女性の場合は「刀自(とじ)」や「姫命(ひめみこと)」等を付けます。 4.「御霊遷し(みたまうつし)」が終わると、室内が明るくなります。 5.斎主を含む一同が御霊代(みたましろ)の前に集まります。 6.斎主の祭詞奏上に続いて、順番に玉串を奉奠(ほうてん)し、二拝二拍手一拝で拝礼します。 拝礼の際の拍手は音を立てない「忍び手」で行います。 通常、神社にお参りする時に音を立てて行う柏手(かしわで)と異なりますので、気をつけましょう。 【合わせて読みたい】 市川海老蔵さんが小林麻央さん葬儀で行った事でも有名に 近しいところでは、小林麻央さんが亡くなられた際、市川海老蔵さんがブログに書かれたことで、「みたまうつしの儀」と言う言葉を耳にされた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 市川海老蔵さんのお家である堀越家が神道であるため、神道にのっとった儀式を執り行ったということになります。 まとめ 「みたまうつしの儀」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 現代の日本では、葬儀は多くが仏式で執り行われると言われていますので、神式の儀式に参列する機会はあまり身近ではないかもしれません。 一方で日本の宗教信者数の割合は、文化庁『宗教年鑑』平成30年版によると、神道系が47. 6%、仏教系が47. 1%、キリスト教系が1. 1%、諸教(神道系・仏教系・キリスト教系以外であるもの)が4. 3%と報告されています。 いざと言う時のために、知識として入れておくことで、慌てることなく参列することができます。 何よりも、仏式の場合は、お通夜よりもご葬儀へ重きが置かれていますが、神道や天理教の場合は仏式のお通夜にあたる「みたまうつしの儀」の方が重要とされているということを理解しておくことで、参列する者としの心構えになるかと思います。

次の