スープ パスタ 簡単。 カップスープの素&パスタクッカーで作る絶品本格パスタ5選 [一人暮らし] All About

茹で鍋不要!フライパン1つで作れる美味しいパスタレシピ

スープ パスタ 簡単

別茹でなし!フライパンパスタの作り方• フライパンに水を入れて 強火で加熱する• 沸騰したら半分に折ったスパゲティを入れて ふたをする• フライパンから泡がふきこぼれそうになったら焦げ付かないよう 中火にする• そこからパッケージに書かれたゆで時間加熱する• 加熱が終わった際に水気が多く残った場合は 弱火で水分を飛ばす ソース別:フライパンだけで作れる美味しいパスタレシピ ソース別のおすすめレシピを紹介するので、気になったソースを是非作ってみてください。 トマトソースパスタのレシピ エビのトマトソーススパゲティ 出典:• パスタ:80g• 冷凍むきエビ:7尾• ニンニク:1片• 料理酒:少々• 小麦粉:少々• 料理酒:大1• 粉チーズ:小1• 塩:小1• レシピもわかりやすく、料理が苦手な人でも簡単に作ることが出来ます。 エビをプリッとさせるために料理酒と小麦粉をまぶしておくのがポイントです。 レシピ: 超簡単ペスカトーレ 出典:• パスタ:100g• 白ワイン:大さじ1. コンソメ:小さじ1• 砂糖:大さじ0. 塩:小さじ0. オレガノ:適量• にんにく(チューブ):1~2㎝ ポイント:白ワインがなかったら、料理酒大さじ2弱に、レモン汁を小さじ1弱加えれば代用できます。 お好みでイカや貝類など好きなシーフードを入れてみてもいいでしょう。 パスタ:100g• ウィンナー:お好みで• オリーブオイル:適量• 卵:1個• ケチャップ:適量 ポイント:ケチャップだけでなく、トマト水煮を使うことで 甘くなりすぎず、 さっぱりとしたナポリタンが出来上がります。 お好みでピーマンを入れても美味しいです。 パスタ:80g• 春キャベツ:80g• ソーセージ:4~5本• 鷹の爪(輪切り):適量• オリーブオイル:大さじ2• 白ワイン:大さじ1• 顆粒コンソメ:小さじ1 ポイント:春キャベツを使うことで 季節感を感じるパスタが出来上がります。 塩コショウ、パルメザンチーズをお好みでどうぞ。 レシピ: ボンゴレビアンコ 出典:• パスタ:100g• あさり:適量• ニンニク(チューブ):少々• 鷹の爪:1本• オリーブオイル:大さじ1• みりん(もしくは料理酒):大さじ1 ポイント:下準備としてあさりの 塩抜き、 砂抜きをパスタが茹であがる前にやっておく必要があります。 少し手間ですが、このひと手間で美味しいボンゴレビアンコができます。 レシピ: ズッキーニのアーリオオーリオ 出典:• パスタ:100g• ズッキーニ:1本• にんにく:1片• 赤唐辛子:お好みで• オリーブオイル:大さじ1. 塩腰用:お好みで• パルメザンチーズ:大さじ3~4 ポイント:食感の柔らかいズッキーニをせん切りにして炒めるとパスタに良く合います。 クセのない野菜なので食べやすいです。 さっぱりしすぎないよう、パルメザンチーズでコクを出します。 レシピ; クリームソースパスタのレシピ ローマ風カルボナーラ 出典:• パスタ:100g• パンチェッタ(またはベーコン):30g• オリーブオイル:大さじ0. 白ワイン:大さじ1• 塩コショウ:少々• 卵:1個• 卵黄:1個分• パルメザンチーズ:大さじ1 ポイント:卵と卵黄とチーズはあらかじめよく混ぜ合わせておき、パスタが茹であがったら 手早く絡めるのがとろりと仕上げるポイントです。 パスタ:100g• バター:30g• クリームチーズ:60g• ガーリックパウダー:小さじ0. 牛乳:100cc• パルメザンチーズ:40g• 胡椒:少々 ポイント:パルメザンチーズは粉だと溶けるまで時間がかかってしまうので、できたら削るタイプの方がいいです。 ソースが出来たらチーズが固まらないうちに 素早くパスタにからめましょう。 レシピ: 秋鮭のトマトクリームパスタ 出典:• パスタ:100g• 鮭:1切れ• トマト:1個• 白ワイン:50cc• 生クリーム:130cc• オリーブオイル:大さじ1• 塩コショウ:適量 ポイント:白ワインとトマトの酸味が生クリームがくどくなるのを抑えてくれます。 白ワインは なるべく辛口のものを選びましょう。 レシピ: バジルソースパスタのレシピ 青じそのジェノベーゼパスタ 出典:• パスタ:100g• 青じそ:15枚• オリーブオイル:大さじ2. にんにく:1片• 松の実:大さじ1• パルメザンチーズ:大さじ1. 塩コショウ:少々 ポイント:バジルの代わりに和ハーブである青シソを使っています。 残ったソースは 2週間程度保存がきくので便利です。 レシピ: 梅干しとバジルのスパゲッティ 出典:• パスタ:100g• 梅干し:1~2個• オリーブオイル:大さじ1• ちりめんじゃこ:大さじ1• バジル:5枚• 塩コショウ:少々 ポイント:オリーブオイルやバジルと、じゃこや梅干しなどの和素材は、 以外な組み合わせにみえますが、 相性は抜群です。 レシピ: パスタ・アッラ・ジェノベーゼ 出典:• パスタ:100g• スイートバジル:7g• 松の実:10g• オリーブオイル:25cc• 塩コショウ:少々 ポイント:ミキサーで簡単にジェノベーゼソースが出来上がります。 いつもは買ってしまうソースも 手作りで簡単に出来てしまいます。 レシピ: ミートソースパスタのレシピ ミートソース 出典:• パスタ:100g• 合挽き肉:100g• セロリ:4cm• マッシュルーム:2個• 赤ワイン:50cc• ケチャップ:小さじ1• 砂糖:少々• 顆粒コンソメ:小さじ1• ローリエ:1枚 ポイント: 王道のミートソースです。 パスタにはもちろんラザニアやグラタンにも使えるので作りすぎて残ってしまっても大丈夫です。 レシピ: 鶏ひき肉の白いミートソース 出典:• パスタ:100g• 鶏ひき肉:75g• アンチョビ:1枚• 白ワイン:50cc• オリーブオイル:小さじ2• 粉チーズ:大さじ1• 粗引き黒こしょう:少々• ニンニク:0. 5片 ポイント:トマトで煮込まず、白ワインで煮込むため 珍しい白いミートソースが出来上がります。 いわしを塩漬けにしたアンチョビは肉にもよく合います。 レシピ: 簡単パスタ!きのこのボロネーゼ 出典:• パスタ:100g• 挽き肉:100g• 塩コショウ:少々• 粗引きにんにく:1片• しめじ:適量• ケチャップ:大さじ2• ウスターソース:大さじ2• 顆粒コンソメ:大さじ0. 5 ポイント:粗引きにんにくを使うことで 時間が短縮できます。 生のにんにくを使う場合は、細かく刻んで入れます。 材料は少ないですが、 本格的なボロネーゼが出来上がります。 レシピ: チーズソースパスタのレシピ ほうれん草のチーズソースパスタ 出典:• パスタ:100g• ゴルゴンゾーラチーズ:30g• 粉チーズ:大さじ3• 白ワイン:50cc• 生クリーム:150cc• 塩コショウ:少々 ポイント:ゴルゴンゾーラチーズは 個性的な風味がしますが、粉チーズと合わせることで マイルドな風味になります。 白ワインを加えることでクリームもあっさりとした味わいになります。 パスタ:120g• アボガド:1個• クリームチーズ:50g• ヨーグルト:大さじ3• 胡椒:少々• バジル:お好みで ポイント:味つけはクリームチーズと胡椒だけでシンプルですが、 ヨーグルトのおかげで さっぱりとした味わいになります。 アボガドは半分ずつ潰しながらの方がよく混ざります。 レシピ: チーズクリームのワンポットパスタ 出典:• パスタ:80g• ベーコン:1~2枚• アスパラガス:1~2本• とろけるスライスチーズ:1枚• あらびき黒こしょう:少々• バター:7g• 牛乳:75ml• 水:200ml• 顆粒コンソメ:小さじ0. 塩:少々 ポイント: 牛乳はふきこぼれやすいので注意が必要です。 牛乳を直茹でして作るのでとろりとした 濃厚なチーズソースが出来上がります。 レシピ: 和風ソースパスタのレシピ 大葉としらすの和風パスタ 出典:• パスタ:100g• しらす:適量• 大葉:7枚ほど• めんつゆ:大さじ2• 砂糖:小さじ1• みりん:小さじ1• 醤油:小さじ1• 胡椒:お好みで ポイント:大葉の香りが食欲をそそる簡単和風パスタです。 大葉はクセがあるのでざっくり切るより 細かく刻んだほうがいいです。 レシピ: シンプルたらこスパゲッティ 出典:• パスタ:100g• たらこ:1腹• オリーブオイル:大さじ1. 塩こしょう:少々 ポイント:炒めたたらこをパスタにからめるだけの、 シンプルな定番パスタです。 辛いのが好みなら明太子を使ってもいいでしょう。 淡いピンクの色合いも、食卓を明るくしてくれます。 レシピ: きのこのわさびじょうゆスパゲッティ 出典:• パスタ:100g• しいたけ:2個• しめじ:1パック• 酒:大さじ0. 塩、こしょう:少々• しょうゆ:小さじ1• 練りわさび:小さじ1• バター:大さじ0. オリーブオイル:大さじ0. 万能ねぎ:1本 ポイント:しいたけとしめじの香りが広がる和風パスタです。 辛みで味を引き締めてくれるわさびは、 仕上げの段階で加えることで風味や香りを残してくれます。 レシピ: フライパンで作るパスタの特徴と注意点 フライパンひとつで作るパスタは 手間いらずで 光熱費の節約にもなるのですが、それだけではありません、フライパンで作るパスタは普通に茹でて作るパスタとどのように違うのでしょうか。 普通にパスタを茹でた場合、糊化したデンプンが水の中に流れ出るため 表面がつるつるになります。 一方、蒸して作るフライパンパスタのデンプンは、いったんは流れ出ますが最終的にパスタの表面に戻ります。 デンプンが残っている ざらざらした表面は、ソースとより 絡みやすくなります。 フライパンパスタの注意点 フライパンパスタを作るときに注意するべきことが2つあります。 茹であがったパスタをソースと炒める(もしくは煮る)場合、茹で時間を調節しないとパスタに火を通す時間が長くなってしまい、 柔らかくなりすぎてしまうことです。 茹であがったパスタを具材と炒める場合は その分茹でる時間を短くしなければいけません。 大量のお湯で茹でる普通のパスタと違って 少量のお湯で茹でるため、 焦げやすくなっています。 茹でている間は目を離さないなどの 注意が必要です。

次の

簡単で美味しい!スープパスタのおすすめレシピ20選

スープ パスタ 簡単

電子レンジ調理器具のパスタクッカーとカップスープの素があれば、鍋もフライパンもなしで絶品スパゲティが作れます! 一人暮らしのご飯によく登場するのがスパゲティ。 茹でてソースをからめればできあがりという手軽さが魅力です。 そんなスパゲティをより簡単に美味しく作るために、おすすめなのが100円ショップでも購入できる電子レンジ調理器具・パスタクッカー。 これを使えば、大きな鍋がなくても、キッチンが狭くても、無理なく簡単にスパゲティを用意することができます。 さらに、一人暮らしに常備されていることが多いカップスープの素を使って、超手軽に絶品スパゲティを作ってしまいましょう。 パスタクッカーとカップスープの素があれば、鍋も使わず、火も使わず、パスタソースも要りません。 パスタクッカーと様々なカップスープを使って、スパゲティを調理、試食しました。 その中でも特に美味しかったものを5つピックアップしてみました。 鍋いらずでパスタが茹でられる優れものです 一人暮らしのキッチンは狭かったり、コンロが一口だったりと、料理に制限があることが多いです。 パスタを茹でていたら、コンロが埋まってしまって、ソースを作ることもできないなんてことも。 そんなときに便利なのが電子レンジ調理器具・パスタクッカーです。 鍋でお湯を沸かす時間を考えれば、時短になることも。 茹で上がったら、湯きりをして、お好みのソースに和えるだけ。 鍋で茹でたときと遜色のない美味しさです。 茹で上がったら、お湯を底から5mm程度残して切り、『味の素 クノール トマトのポタージュ』とオリーブオイル、おろしにんにく(チューブ1cm程度)を加えて、よく混ぜ合わせます。 (あれば)パセリを散らして、できあがりです。 スープの素で作るパスタその2:松茸のお吸い物で和風キノコスパゲティ 和風スパゲティが食べたいなら『永谷園 松茸の味お吸いもの』がおすすめです。 炊き込みご飯(『』)などにも活用されるお吸い物の素。 ご飯だけでなく、スパゲティにもよく合います。 お湯をしっかり切ったら、『永谷園 松茸の味お吸いもの』とバター(4g)と醤油(ひとたらし)を入れて混ぜます。 (あれば)青じその千切りを乗せて、できあがりです。 スープの素で作るパスタその3: 海老のビスクスープで海老のトマトクリームスパゲティ 『クノール カップスーププレミアム 海老のビスククリーミー仕立て』はスパゲティにからめると、それだけでも絶品です。 ただ、具材がほとんど入っていないので、ブロッコリーで彩りと栄養をアップさせました。 海老のエキスがスパゲティにしみこんで、本格的なイタリアンでご馳走をいただいている気分になれます。 茹で上がったら、お湯を底から5mm程度残して切り、『味の素 クノール 海老のビスク』とオリーブオイルを加えて、よく混ぜ合わせます。 (あれば)パセリを散らして、できあがりです。 スープの素で作るパスタその4:コーンクリームスープでカルボナーラ カルボナーラを作るのは大変なイメージがありますが、電子レンジを使うと加熱しすぎないので、卵がぼそぼそせずにしっとり美味しく仕上がります。 味つけは『味の素 クノール カップスープ コーンクリーム』におまかせ。 甘みのあるコーン風味の濃厚カルボナーラができあがります。 お好みでポタージュスープで作ってみてもOK。 茹で上がったら、お湯を底から5mm程度残して切り、『味の素 クノール コーンクリーム』とバター(4g)、溶き卵を加えてよく混ぜ合わせます。 卵を半熟状にしたいので、熱いうちに手早く混ぜてください。 (あれば)パセリを散らして、できあがりです。 スープの素でつくるパスタその5:あさりの味噌汁で味噌ボンゴレ 最後は、味噌汁とパスタという意外にも思える組み合わせのスパゲティを紹介します。 『ハナマルキ 即席あさり汁』を使って、あさりのスパゲティ・ボンゴレビアンコを作ります。 味噌汁にはあさりの旨みがたっぷり。 スパゲティにからまって予想外の美味しさです。 ただし、インスタント味噌汁のため、あさりの姿がほとんど見られないのは残念なところではありますが。

次の

【保存版】パスタの人気レシピランキング20選!簡単なのに本格おすすめ!クックパッド一位は!?

スープ パスタ 簡単

別茹でなし!フライパンパスタの作り方• フライパンに水を入れて 強火で加熱する• 沸騰したら半分に折ったスパゲティを入れて ふたをする• フライパンから泡がふきこぼれそうになったら焦げ付かないよう 中火にする• そこからパッケージに書かれたゆで時間加熱する• 加熱が終わった際に水気が多く残った場合は 弱火で水分を飛ばす ソース別:フライパンだけで作れる美味しいパスタレシピ ソース別のおすすめレシピを紹介するので、気になったソースを是非作ってみてください。 トマトソースパスタのレシピ エビのトマトソーススパゲティ 出典:• パスタ:80g• 冷凍むきエビ:7尾• ニンニク:1片• 料理酒:少々• 小麦粉:少々• 料理酒:大1• 粉チーズ:小1• 塩:小1• レシピもわかりやすく、料理が苦手な人でも簡単に作ることが出来ます。 エビをプリッとさせるために料理酒と小麦粉をまぶしておくのがポイントです。 レシピ: 超簡単ペスカトーレ 出典:• パスタ:100g• 白ワイン:大さじ1. コンソメ:小さじ1• 砂糖:大さじ0. 塩:小さじ0. オレガノ:適量• にんにく(チューブ):1~2㎝ ポイント:白ワインがなかったら、料理酒大さじ2弱に、レモン汁を小さじ1弱加えれば代用できます。 お好みでイカや貝類など好きなシーフードを入れてみてもいいでしょう。 パスタ:100g• ウィンナー:お好みで• オリーブオイル:適量• 卵:1個• ケチャップ:適量 ポイント:ケチャップだけでなく、トマト水煮を使うことで 甘くなりすぎず、 さっぱりとしたナポリタンが出来上がります。 お好みでピーマンを入れても美味しいです。 パスタ:80g• 春キャベツ:80g• ソーセージ:4~5本• 鷹の爪(輪切り):適量• オリーブオイル:大さじ2• 白ワイン:大さじ1• 顆粒コンソメ:小さじ1 ポイント:春キャベツを使うことで 季節感を感じるパスタが出来上がります。 塩コショウ、パルメザンチーズをお好みでどうぞ。 レシピ: ボンゴレビアンコ 出典:• パスタ:100g• あさり:適量• ニンニク(チューブ):少々• 鷹の爪:1本• オリーブオイル:大さじ1• みりん(もしくは料理酒):大さじ1 ポイント:下準備としてあさりの 塩抜き、 砂抜きをパスタが茹であがる前にやっておく必要があります。 少し手間ですが、このひと手間で美味しいボンゴレビアンコができます。 レシピ: ズッキーニのアーリオオーリオ 出典:• パスタ:100g• ズッキーニ:1本• にんにく:1片• 赤唐辛子:お好みで• オリーブオイル:大さじ1. 塩腰用:お好みで• パルメザンチーズ:大さじ3~4 ポイント:食感の柔らかいズッキーニをせん切りにして炒めるとパスタに良く合います。 クセのない野菜なので食べやすいです。 さっぱりしすぎないよう、パルメザンチーズでコクを出します。 レシピ; クリームソースパスタのレシピ ローマ風カルボナーラ 出典:• パスタ:100g• パンチェッタ(またはベーコン):30g• オリーブオイル:大さじ0. 白ワイン:大さじ1• 塩コショウ:少々• 卵:1個• 卵黄:1個分• パルメザンチーズ:大さじ1 ポイント:卵と卵黄とチーズはあらかじめよく混ぜ合わせておき、パスタが茹であがったら 手早く絡めるのがとろりと仕上げるポイントです。 パスタ:100g• バター:30g• クリームチーズ:60g• ガーリックパウダー:小さじ0. 牛乳:100cc• パルメザンチーズ:40g• 胡椒:少々 ポイント:パルメザンチーズは粉だと溶けるまで時間がかかってしまうので、できたら削るタイプの方がいいです。 ソースが出来たらチーズが固まらないうちに 素早くパスタにからめましょう。 レシピ: 秋鮭のトマトクリームパスタ 出典:• パスタ:100g• 鮭:1切れ• トマト:1個• 白ワイン:50cc• 生クリーム:130cc• オリーブオイル:大さじ1• 塩コショウ:適量 ポイント:白ワインとトマトの酸味が生クリームがくどくなるのを抑えてくれます。 白ワインは なるべく辛口のものを選びましょう。 レシピ: バジルソースパスタのレシピ 青じそのジェノベーゼパスタ 出典:• パスタ:100g• 青じそ:15枚• オリーブオイル:大さじ2. にんにく:1片• 松の実:大さじ1• パルメザンチーズ:大さじ1. 塩コショウ:少々 ポイント:バジルの代わりに和ハーブである青シソを使っています。 残ったソースは 2週間程度保存がきくので便利です。 レシピ: 梅干しとバジルのスパゲッティ 出典:• パスタ:100g• 梅干し:1~2個• オリーブオイル:大さじ1• ちりめんじゃこ:大さじ1• バジル:5枚• 塩コショウ:少々 ポイント:オリーブオイルやバジルと、じゃこや梅干しなどの和素材は、 以外な組み合わせにみえますが、 相性は抜群です。 レシピ: パスタ・アッラ・ジェノベーゼ 出典:• パスタ:100g• スイートバジル:7g• 松の実:10g• オリーブオイル:25cc• 塩コショウ:少々 ポイント:ミキサーで簡単にジェノベーゼソースが出来上がります。 いつもは買ってしまうソースも 手作りで簡単に出来てしまいます。 レシピ: ミートソースパスタのレシピ ミートソース 出典:• パスタ:100g• 合挽き肉:100g• セロリ:4cm• マッシュルーム:2個• 赤ワイン:50cc• ケチャップ:小さじ1• 砂糖:少々• 顆粒コンソメ:小さじ1• ローリエ:1枚 ポイント: 王道のミートソースです。 パスタにはもちろんラザニアやグラタンにも使えるので作りすぎて残ってしまっても大丈夫です。 レシピ: 鶏ひき肉の白いミートソース 出典:• パスタ:100g• 鶏ひき肉:75g• アンチョビ:1枚• 白ワイン:50cc• オリーブオイル:小さじ2• 粉チーズ:大さじ1• 粗引き黒こしょう:少々• ニンニク:0. 5片 ポイント:トマトで煮込まず、白ワインで煮込むため 珍しい白いミートソースが出来上がります。 いわしを塩漬けにしたアンチョビは肉にもよく合います。 レシピ: 簡単パスタ!きのこのボロネーゼ 出典:• パスタ:100g• 挽き肉:100g• 塩コショウ:少々• 粗引きにんにく:1片• しめじ:適量• ケチャップ:大さじ2• ウスターソース:大さじ2• 顆粒コンソメ:大さじ0. 5 ポイント:粗引きにんにくを使うことで 時間が短縮できます。 生のにんにくを使う場合は、細かく刻んで入れます。 材料は少ないですが、 本格的なボロネーゼが出来上がります。 レシピ: チーズソースパスタのレシピ ほうれん草のチーズソースパスタ 出典:• パスタ:100g• ゴルゴンゾーラチーズ:30g• 粉チーズ:大さじ3• 白ワイン:50cc• 生クリーム:150cc• 塩コショウ:少々 ポイント:ゴルゴンゾーラチーズは 個性的な風味がしますが、粉チーズと合わせることで マイルドな風味になります。 白ワインを加えることでクリームもあっさりとした味わいになります。 パスタ:120g• アボガド:1個• クリームチーズ:50g• ヨーグルト:大さじ3• 胡椒:少々• バジル:お好みで ポイント:味つけはクリームチーズと胡椒だけでシンプルですが、 ヨーグルトのおかげで さっぱりとした味わいになります。 アボガドは半分ずつ潰しながらの方がよく混ざります。 レシピ: チーズクリームのワンポットパスタ 出典:• パスタ:80g• ベーコン:1~2枚• アスパラガス:1~2本• とろけるスライスチーズ:1枚• あらびき黒こしょう:少々• バター:7g• 牛乳:75ml• 水:200ml• 顆粒コンソメ:小さじ0. 塩:少々 ポイント: 牛乳はふきこぼれやすいので注意が必要です。 牛乳を直茹でして作るのでとろりとした 濃厚なチーズソースが出来上がります。 レシピ: 和風ソースパスタのレシピ 大葉としらすの和風パスタ 出典:• パスタ:100g• しらす:適量• 大葉:7枚ほど• めんつゆ:大さじ2• 砂糖:小さじ1• みりん:小さじ1• 醤油:小さじ1• 胡椒:お好みで ポイント:大葉の香りが食欲をそそる簡単和風パスタです。 大葉はクセがあるのでざっくり切るより 細かく刻んだほうがいいです。 レシピ: シンプルたらこスパゲッティ 出典:• パスタ:100g• たらこ:1腹• オリーブオイル:大さじ1. 塩こしょう:少々 ポイント:炒めたたらこをパスタにからめるだけの、 シンプルな定番パスタです。 辛いのが好みなら明太子を使ってもいいでしょう。 淡いピンクの色合いも、食卓を明るくしてくれます。 レシピ: きのこのわさびじょうゆスパゲッティ 出典:• パスタ:100g• しいたけ:2個• しめじ:1パック• 酒:大さじ0. 塩、こしょう:少々• しょうゆ:小さじ1• 練りわさび:小さじ1• バター:大さじ0. オリーブオイル:大さじ0. 万能ねぎ:1本 ポイント:しいたけとしめじの香りが広がる和風パスタです。 辛みで味を引き締めてくれるわさびは、 仕上げの段階で加えることで風味や香りを残してくれます。 レシピ: フライパンで作るパスタの特徴と注意点 フライパンひとつで作るパスタは 手間いらずで 光熱費の節約にもなるのですが、それだけではありません、フライパンで作るパスタは普通に茹でて作るパスタとどのように違うのでしょうか。 普通にパスタを茹でた場合、糊化したデンプンが水の中に流れ出るため 表面がつるつるになります。 一方、蒸して作るフライパンパスタのデンプンは、いったんは流れ出ますが最終的にパスタの表面に戻ります。 デンプンが残っている ざらざらした表面は、ソースとより 絡みやすくなります。 フライパンパスタの注意点 フライパンパスタを作るときに注意するべきことが2つあります。 茹であがったパスタをソースと炒める(もしくは煮る)場合、茹で時間を調節しないとパスタに火を通す時間が長くなってしまい、 柔らかくなりすぎてしまうことです。 茹であがったパスタを具材と炒める場合は その分茹でる時間を短くしなければいけません。 大量のお湯で茹でる普通のパスタと違って 少量のお湯で茹でるため、 焦げやすくなっています。 茹でている間は目を離さないなどの 注意が必要です。

次の