イエロー ジャンガリアン。 プディングジャンガリアンってどんなハムスター?性格・値段・寿命をご紹介

ハムスターの値段は何で違う?種類別の値段まとめ!

イエロー ジャンガリアン

[ ] は [ ] で見ることができます。 分類 齧 歯 目 ネ ズ ミ 亜 目 ネ ズ ミ 科 キ ヌ ゲ ネ ズ ミ 亜 科 ゴールデンハムスター属 ゴールデンハムスター ヒメキヌゲネズミ属 ヒメキヌゲネズミ キャンベルキヌゲネズミ ロボロフスキーキヌゲネズミ キヌゲネズミ属 モンゴルキヌゲネズミ 海外では、ジャンガリアンハムスター(Djungarian Hamster)の他に、ウインターホワイトハムスター(Winter White Hamster)、ロシアンドワーフハムスター(Russian Dwarf Hamster)、ロシアンハムスター(Russian Hamster)など、いろいろ呼ばれます。 また、キャンベルハムスターのことを、ジャンガリアンハムスターと言ったり、キャンベルロシアンハムスター(Campbells Russian hamster)ということもあり、さらにややこしいです。 学名は世界共通なので、海外から情報を探す場合は、必ず学名を見て判断してください。 モンゴルの西にあるジュンガル盆地から、ジャンガリアンと名前が付いています。 キャンベルハムスターと同じようなハムスターですが、別の種類のハムスターです。 特徴 一言で言うと「わがまま」で、噛むハムスターはコイツです。 人間的な感覚で見ると気性が荒いので、直ぐに怒ります。 イヤな事をされると、仰向けになってジッジッという声で鳴いたり、何かを噛みだしたりします。 要求が現れやすいのは、メリットでもありデメリットでもあるので、飼い主がうまく対処できなければ、トラブルが多いハムスターになってしまいます。 怖い事を覚えてしまうと、急激に性格が変わることがあります。 怖い事を体験しないように、自分で何らかの対応方法を考えた証拠で、頭がいいということなのですが、それが飼い主のデメリットになろうとも、おかまいなしです。 餌を食べる場所を決めていたり、ヒマワリの種の殻を同じところにまとめていたりと、習性なの飼育環境が悪いのか分からない行動をするので、注意しましょう。 長所 なつきやすい 何も考えていないような、ぼ〜っとしたジャンガリアンや、飼い主が扱い方をよく知っている場合は、なつきやすいハムスターです。 覚えない場合は、飼育環境が悪いのです。 飼っている人が多い 日本では、最も飼っている人の多いハムスターです。 しかし、ゴールデンハムスターに比べ、長期間飼い続ける人が少なく、病院連れて行く飼い主も少ないので、有益な情報は少ないです。 飼育用品が多い 頻繁に売れるハムスターなので、ペットショップで売られているハムスターの飼育用品は、ジャンガリアン用の物が多いですが、実際にはジャンガリアンにも不向きだったりします。 また、飼育用品が多いということは、それだけ飽きっぽい人が飼っているハムスターでもあります。 入手しやすい ハムスターを扱っている店なら、ジャンガリアンは最も手に入りやすいハムスターです。 飼育スペースが小さい ゴールデンハムスターに比べて、ジャンガリアンハムスターは体が小さいので、少ないスペースで飼うことができます。 好奇心が強い いろいろな物に興味を示します。 それゆえに飼い主にもなつきやすい場合もありますが、電線や他の動物に興味を示すと、トラブルになる可能性もあります。 短所 人をよく噛む 人間をあまり怖がらないため、気の荒いジャンガリアンや、飼い主の扱い方が悪い場合は、よく飼い主を噛むハムスターになってしまいます。 私もいろいろハムスターを飼ってますが、ジャンガリアン以外のハムスターに、本気で噛まれたことがありません。 餌の好き嫌いをしてしまう 甘やかして育てると、好きな餌しか食べなくなり、肥満になるだけでなく、病気になりやすくなります。 ジャンガリアンは太りやすいハムスターなので、自分に対して甘い飼い主が、飼うときには注意が必要です。 すぐ怒る 我慢を知らないので、気に入らないことがあると、怒る個体はすぐに怒ります。 何をしても、怒らない個体もいますが。 繁殖後、オスとメスを分けると、オスが凶暴になる オスとメスの絆が強く、繁殖後に増やしてしまわないように、オスを別のケージに入れたり、妊娠のストレスでメスが凶暴になってしまい、仕方なくオスとメスのケージを分けてしまうと、オスが凶暴になってしまう可能性があります。 病院で診てもらいにくい ハムスターの診療は、基本的にゴールデンハムスターなので、難しい病気の場合は、断られる可能性があります。 飼い主の生活の影響を受ける 飼い主が不規則な生活をしていると、それにつられて不規則な生活になることがあります。 誰からでも餌をもらう 人を怖がらないジャンガリアンだと、誰からでも餌をもらうとします。 メリットのようですが、人が前に通るたびに餌をもらうとしたり、もらえないと次からの要求が強くなり、ストレスをためやすくなります。 そのときに、誰かがおやつを与えてしまうと、体調管理できないだけでなく、急になつかなくなったりします。 親や兄弟など、誰かと一緒に住んでいるときは注意です。

次の

【美しさ No,1!】キャンベルハムスターとは?

イエロー ジャンガリアン

【目次】ハムスターの値段は何で違う?種類別の値段まとめ! 飼いやすい定番ペット!ハムスターの値段・価格は何で違う? 子供から大人まで、ペットとして高い人気を誇るのが です。 背景には、 や などのペットは不可のお部屋でも、ケージで飼えるハムスターなら飼えるといった条件面でのお手頃さ。 で体も小さいので、ケージのスペースが手狭で済む、ご飯の量も多くなくて良いなど飼育面の容易さ。 そして、他のペットと比較しても値段が安いというところが大きな理由に挙げられるでしょう。 今回は、お迎えしやすいハムスターの値段や価格について掘り下げてご紹介します。 ハムスターの値段が変わる要因 1. ハムスターの種類 ハムスターといっても、たくさんの種類のハムスターがいます。 実は、そこが値段が決まる一番大きなところでもあります。 有名なところでいうと 、 、 などは、皆さん名前を聞いたことがあるかもしれません。 実は、これらのハムスターの他にもまだまだたくさんのハムスターがいます。 まだ種類は決めていないと言う方、可愛くてどの子がいいか迷ってしまっている方は、値段も参考にしてみてもいいかもしれません。 ハムスターの種類に関してもっと知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。 ハムスターの毛色 様々な種類のいるハムスターですが、そのカラーによっても値段は変わります。 例えば、ジャンガリアンハムスターの中だけでもスノーホワイト、パイド、ブルーサファイア、コバルト、イエローライン、リアルブラックなど、多くのカラーがあります。 ジャンガリアンハムスターといえば、グレーのカラーを皆さん一番よく見慣れていると思いますが、今挙げただけでもこれだけ多くのカラーがあるのです。 カラーが珍しければ珍しいほど、値段も上がっていきます。 ハムスターの年齢 ハムスターは種類にもよりますが、長くても3年~5年と が短い動物です。 ペットショップでまだ小さいうちから引き取り飼育をしている場合は、寿命のほとんどを一緒に過ごせることになりますが、ペットショップで既に生後1年くらい経ってしまっている子は、その分一緒に過ごせる時間が短くなってしまいます。 そういうことも考慮されてか、大きくなるにつれ、値段も落ちていく傾向にあります。 ハムスターの負っている病気・怪我 ハムスターをペットショップで販売する時、多くの場合が一つのケージに多頭飼育されています。 そうなると、縄張り争いや喧嘩などで指や耳を怪我する子も出てきます。 そういったハムスターは他の子よりも値段が安いことがあります。 しかし、怪我をしているハムスターはその傷口から感染症を患ったり、病気にかかりやすくなったりするので、安価だからといってあまりオススメはしません。 もしお気に入りのハムスターが怪我をしている子でしたら、ハムスターを診てもらえる動物病院をあらかじめ探してから購入するようにしましょう。 ハムスターの病気に関してもっと知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。 これよりもあまりに安すぎたり高すぎたりする場合には、何か理由があるかもしれないので、お店の人に確認してみてください。 ジャンガリアンハムスター:1,000円~1,300円ほど ハムスターの中でも定番で一番人気の高いハムスターです。 体は小さいですが、とても賢く、名前を憶えて呼ぶと来てくれたり、活発なのでちょこちょこと動き回る可愛らしい仕草が見られたりします。 人懐っこいので、初めてペットを飼う方も比較的飼いやすいと思います。 スノーホワイトジャンガリアンハムスター:1,300円~1,500円ほど ジャンガリアンハムスターの中でも白い毛を持つハムスターです。 丸くなって寝ている姿は大福みたいと、SNSでも人気の種類となっています。 イエローラインジャンガリアンハムスター:1,500円~1,700円ほど 文字通り、背中にイエローのラインが入ったハムスター。 比較的希少なので、お値段はややお高めです。 ブルーサファイアジャンガリアンハムスター:1,300円~1,500円ほど スタンダードなジャンガリアンハムスターよりも色が薄く、青みがかったグレーの色をしていて人気のある種類です。 イエロージャンガリアンハムスター:980円~1,200円 こちらは全身の毛がイエローのハムスター。 個体によってムラのないイエローのものもいれば、濃淡があるものもいます。 パールドワーフハムスター1,400円~1,600円 毛色が白いジャンガリアンハムスターですが、背中にグレーの筋のあるものや、うっすらと濃淡がついたものまで様々です。 中でも完全に真っ白なものが、前述のスノーホワイトジャンガリアンハムスターと呼ばれています。 その他のジャンガリアンハムスターの相場はこちらです。 コバルトジャンガリアンハムスター:1,900円~2,300円ほど• コバルトパイドジャンガリアハムスター:1,900円~2,000円ほど• パイドジャンガリアンハムスター 1,700円~2,000円ほど• プディングジャンガリアンハムスター :1,900円~2,200円ほど• リアルブラックジャンガリアンハムスター:2,300円~2,500円ほど コバルトは青みがかった濃いめのグレー一色のハムスター。 パイドはブチ模様のことを言います。 プディングジャンガリアンハムスターは薄いイエローの、まるでプリンのような体毛が特徴です。 リアルブラックは真っ黒なジャンガリアンハムスターですが、希少価値が高いためお値段もその分高めです。 ゴールデンハムスター:1,200円~1,400円 ハムスターの中では体が大きく、1匹で掌が埋まってしまうくらいになるほど。 茶色と白の2色の柄が特徴で、テレビなどでハムスターと言われて紹介されることも多いので、1番最初に思いつくようなオーソドックスなハムスターです。 元気で運動が大好きなハムスターですが、縄張り意識が強いのと食欲旺盛なので、飼い主でも慣れるまでは食べ物と間違って噛まれたりしてしまうことがあるため、子供が飼い主になる場合は特に注意が必要です。 ロングヘアーハムスター:1,400円~1,500円ほど ハムスターというと、毛が短くシュッとしているイメージがあるかもしれませんが、ハムスターの中でも毛が長くフサフサした種類もいます。 それがロングヘアーハムスターです。 ロングヘアーハムスターも、ゴールデンハムスターの種類のうちのひとつ。 手に乗せたり、触ったりして可愛がりたい人は、そのフサフサの触り心地が病みつきになること間違いなしです。 毛が長い分、砂浴びをさせたり、ブラッシングを行うなどして、毛並みを清潔に綺麗に保つようにしてあげましょう。 その他ゴールデンハムスターの種類は、以下のようなものがいます。 シロクマハムスター:1,400円~1,600円ほど• クロクマハムスター:1,400円~1,500円ほど シロクマハムスターは白一色、クロクマハムスターは黒一色。 いずれもあまりペットショップで見かけることのない毛色なので、出会えたらラッキーと言えるでしょう。 ロボロフスキーハムスター:1,400円~1,700円ほど ロボロフスキーハムスターは、ハムスターの中でも最小の部類に入る、とても小さなハムスターです。 その小ささゆえ、臆病で警戒心が強いため、 に手を入れても逃げたり避けたりすることも多いです。 その分、ストレスを感じやすいので、そっと見守るように飼育するのが好ましいでしょう。 慣れてくると、ロボロフスキーハムスターの方から寄ってきてくれるようになります。 それまでは、見て癒されるといった育て方になるので、手の上に乗せたり触ったりして可愛がりたい人にはあまり向きません。 多くの種類がいるハムスターですが、まだまだ珍しい種類のハムスターもいます。 なかなかお目にかかれる機会は少ないかもしれませんが、珍しいハムスターを飼いたい方にはオススメです。 種類やカラーが豊富なだけに、そのお値段も様々なハムスターですが、毛色の希少価値意外にも理由があり値段が相場と違うこともあります。 その個体が健康か、問題がないかということも見極める材料となるので、それぞれの種類がおおよそいくらぐらいなのか、相場を知っておくことは元気なハムスターを迎え入れる上で重要と言えるでしょう。 また、挙げた以外の種類やカラーのハムスターもまだまだたくさんいますので、ぜひお気に入りのハムスターを見つけてください。

次の

ジャンガリアンハムスターを飼育しよう!必要なケージや値段、飼育の注意点は?

イエロー ジャンガリアン

よく慣れていたこともあり、当時、4000円という高値にも関わらず、ハムスターのマニアだという方に買われていきましたよ。 ジャンガリアンハムスターにブラックは存在しない、というのが今でも定説だからです。 キャンベルハムスターのブラックも当時一緒に店舗にいましたが、このリアルブラックは見た目も性格もジャンガリアンハムスターそのもの、色もキャンベルハムスターのブラックと少し違っており、ジャンガリアンハムスターをそのまま黒に塗り替えたようなカラーでした。 写真があれば好みのカラーのコも探せますね。 リスクとしては 顔の見えない相手と連絡を取り合い、直接出向かなくてはならないという点があります。 そこで、ペットショップの店員に、キャンベルハムスターが入荷することは無いか、聞いてみる、もしくは必ず買うので取り寄せてもらえないかお願いするのです。 売れるのであれば、値段の高いキャンベルハムスターでも仕入れてくれるかもしれません。 この方法のリスクとしては、 どんなキャンベルハムスターが来るのか分からないということです。 カラーの希望はある程度伝えられますが、ペットショップの店員でもどんなコが問屋から送られてくるかは分かりません。 本当に手に入れたい場合はどんなコであっても良いという意思をしっかり伝えましょう。

次の