ホジュン 41 話。 ホジュン~伝説の心医~第43話のあらすじネタバレ!感想つきで徹底解説! | 韓国ドラマ情報局

朝ドラW1部「ホジュン~伝説の心医~」

ホジュン 41 話

C MBC 2013 All Rights Reserved. 新しい品階の発表日!ジュンとドジは…故キム・ジュヒョク主演で贈る「心医」と呼ばれ敬われたホ・ジュンの波瀾万丈の生涯を描く韓国ドラマ「ホジュン~伝説の心医~」 全67話 、愛知テレビで明日6月25日(木)放送の第41話~第45話まで放送、本作はDVDも好評発売中で作品公式サイトにて予告動画が視聴できる。 で確認してみよう。 その言葉を自分への当てつけと感じたドジは、慰めるセヒに「あの晩のことは酔った上の過ち。 顔も見たくない」と言い放つ。 その頃、恵民署ではソヒョンが鍼で患者を救ったものの、医女の刺鍼が問題になるが、イェジンが恭嬪に訴えて事なきを得る。 ドジとセヒの仲は噂になり、イェスの耳にも入る。 新しい品階の発表日。 ジュンは昇進し、ドジは苦行とされる明の随行医員を命じられる。 抗議するドジにイェスは「クビにならないだけまし」と一喝。 ソクはセヒを拉致し「噂はでっちあげと言え」と脅すが、セヒはイェスの前で「情を通じた」と言う。 何も知らないドジの母は喜んでいた。 やがて、月日が過ぎてジュンには男児が誕生し、ギョムと名付けられる。 それは昔、父が「ジュンに子供が生まれたら」と考えた名だった。 師匠の命日、ドジの家を訪ねたジュンはオ氏夫人から追い返されるが、夫人が重病と知って再び訪問する。 頑としてジュンの診察を拒んでいたオ氏夫人。 気を失った間に脈をとったジュンは3~4日が峠と告げる。 ドジの妻は助けてほしいと懇願。 だが、オ氏夫人がジュンの治療を嫌がることから、ホンチュンが診察を引き受け看護を始める。 その頃、明からの使臣団が宮廷を訪れる日が決まり、恵民署の医女たちが使臣をもてなすことになる。 「おまえに診せるくらいなら死ぬ」と言うが「師匠のために治療させてほしい」と訴えるジュンに折れる。 間もなく回復した夫人は謝礼のためにジュンの家を訪ねる。 宮廷では使臣の相手にイェジンとソヒョンが選ばれる。 それに抗議するジュンだが、なすすべはない。 2人が選ばれたのは内医女ソビの計略だというホンチュンの訴えも虚しく、使臣をもてなす日が近づき、避けられないと悟ったイェジンは自殺を図る。 一命は取り留めたものの、ジュンに宛てた手紙を発見され、彼に危害が及ぶと脅されて、泣く泣く受け入れる。 その夜、使臣のいる館に赴いた2人は飲み物に薬を入れようとする…。 使臣の容態が落ち着き、2人は何事もなく帰された。 ジュンはある日、猟に出る王に随行し、落馬した王を診る。 その様子を見た従事官チョンスがジュンに声をかける。 彼は龍川でジュンを捕まえた役人だった。 マンギョンと旧知の間柄だったチョンス。 2人の酒の席に同席させられたジュンが帰った後で、チョンスはジュンが何者かを思い出す。 そして、後日マンギョンに「密貿易をした上に両班と結婚した罪で極刑は免れない」と話して聞かせる。 ジュンは家族に、自分の過去を知る人物が現れたことを話し、罪を償うしかないと覚悟する。 マンギョンはチョンスに目をつぶってほしいと頼み込むが拒否される。 チョンスはジュンを捕えるため恵民署に向かう。 しかし、ジュンはちょうど疫病が発生した黄海道に派遣されたところだった。 疫病に倒れる人を見て、治療法を究明しようと懸命になるジュン。 そこにチョンス、そしてソクもやって来る。 ジュンはチョンスに自首すると話した上で、疫病の治療法を見つけるまで待ってほしいと頼む。 チョンスはその頼みを聞いてやり、ジュンは治療に専念する。 その頃、ヤンテはドジの母から使用人のユウォルとの結婚を許されて喜ぶ。 都では混乱を避けるため疫病のことは伏せられていたが、偶然知ったイルソは商機到来と喜び噂を流そうと考える。

次の

「ホジュン~宮廷医官への道~」第41

ホジュン 41 話

\今すぐ!見たい方はこちら/ ストーリー 軍官の父に憧れて育ったジュンは聡明な少年だったが、やがて身分の低い側室の母から生まれた庶子の自分が望み通りに生きるのは難しいと悟る。 成長後、自暴自棄な生活をするジュンは密貿易に手を出して捕まり、父の配慮で遥か南の地・山陰(サヌム)へと逃げることに。 同じ頃、ジュンは、父が謀反の疑いをかけられて追われた両班の娘ダヒと運命的な出会いをしていた。 ダヒと生きる決心をして共に旅立つが、途中彼女の身分回復を知らされ、身分違いの結婚はできないと彼女を置いて母と二人山陰にやってくる。 そこで名医と名高いユ・ウィテを知り、彼に弟子入りを志願。 厳しい師の下で懸命に学ぶジュンは、ウィテの養女で医術を学んだイェジンになにかと助けられる。 イェジンに想いを寄せるウィテの息子ドジは、ウィテに目をかけられ腕を上げていくジュンを疎ましく思う。 ウィテはドジに「心医」になってほしいと願うが、ドジは内医院に入って御医になるという出世欲を抱いていた。 間もなく山陰まで追ってきたダヒと再会し結婚したジュンは、妻や母に支えられながら「心医」を目指して邁進していく。 その道は険しく、様々な苦難に満ちていた…。 キャスト ホ・ジュン(チョン・グァンリョル ) イ・ダヒ(ホン・チュンミン) イェジン(ファン・スジョン) ユ・ウィテ(イ・スンジェ) ユ・ドジ(キム・ビョンセ) イム・オグン(イム・ヒョンシク) ク・イルソ(イ・ヒド).

次の

ホジュン~伝説の心医~・あらすじ41~42話

ホジュン 41 話

\今すぐ!見たい方はこちら/ ストーリー 軍官の父に憧れて育ったジュンは聡明な少年だったが、やがて身分の低い側室の母から生まれた庶子の自分が望み通りに生きるのは難しいと悟る。 成長後、自暴自棄な生活をするジュンは密貿易に手を出して捕まり、父の配慮で遥か南の地・山陰(サヌム)へと逃げることに。 同じ頃、ジュンは、父が謀反の疑いをかけられて追われた両班の娘ダヒと運命的な出会いをしていた。 ダヒと生きる決心をして共に旅立つが、途中彼女の身分回復を知らされ、身分違いの結婚はできないと彼女を置いて母と二人山陰にやってくる。 そこで名医と名高いユ・ウィテを知り、彼に弟子入りを志願。 厳しい師の下で懸命に学ぶジュンは、ウィテの養女で医術を学んだイェジンになにかと助けられる。 イェジンに想いを寄せるウィテの息子ドジは、ウィテに目をかけられ腕を上げていくジュンを疎ましく思う。 ウィテはドジに「心医」になってほしいと願うが、ドジは内医院に入って御医になるという出世欲を抱いていた。 間もなく山陰まで追ってきたダヒと再会し結婚したジュンは、妻や母に支えられながら「心医」を目指して邁進していく。 その道は険しく、様々な苦難に満ちていた…。 キャスト ホ・ジュン(チョン・グァンリョル ) イ・ダヒ(ホン・チュンミン) イェジン(ファン・スジョン) ユ・ウィテ(イ・スンジェ) ユ・ドジ(キム・ビョンセ) イム・オグン(イム・ヒョンシク) ク・イルソ(イ・ヒド).

次の