香典 袋 お金 入れ 方。 香典袋。お金(お札)の入れ方と渡し方

【香典の金額の書き方】相場やお金の入れ方を解説 | 葬式のマナー.com

香典 袋 お金 入れ 方

ほとんどの場合に使える「白黒結び切り」「御霊前」 急なご不幸のために普段から備えておきたいのが、宗教や宗派を越えて広く使える「白黒結び切り」の水引がついた不祝儀袋。 表書きを「御霊前」とすれば、ほとんどの場合で使えます。 浄土真宗とプロテスタント(キリスト教)では使えない ほとんどの場合で使える「御霊前」「白黒結び切り」の組合せですが、浄土真宗では、故人は亡くなったその時から「霊」ではなく「仏」になるため、「御霊前」ではなく「御仏前」とします。 プロテスタントの場合も、故人の霊は息を引き取った時に天に召されるため、「お花料」とします。 仏式は「白黒結び切り」「御香典」 仏式では、「白黒結び切り」の水引がついた不祝儀袋に、表書きは「御香典」とします。 お焼香のためのお香に代えてお供えするという意味です。 この「御香典」は浄土真宗であっても使って構いません。 神式は「双銀」か「双白」の結び切り、「御玉串料」か「御榊料」 神式では、双銀(全体が銀色)か双白(全体が白)で結び切りの水引がついた不祝儀袋に、表書きは「御玉串料」か「御榊料」とします。 これも、玉串や榊に代えてお供えするという意味です。 キリスト教式は「十字架」か「花模様」、「お花料」か「御ミサ料」 キリスト教式では、できれば水引のついていない不祝儀袋を用意しましょう。 十字架や花模様のものが一般的ですが、白封筒でも構いません。 表書きは「お花料」、カトリックであれば「御ミサ料」でもよいでしょう。 表には名前、中包みには住所も添えて どの不祝儀袋の場合も共通ですが、表書きにはフルネームを、中包みの裏には住所と名前を書き添えておきましょう。 ご祝儀とは逆に、中身のお金は新札でない方がよいとされます。 新札しか用意できない場合は、自分で一度折り目を付けてから入れるようにしましょう。

次の

香典の包み方・入れ方・書き方を【写真付き】で解説|礼装のたしなみ

香典 袋 お金 入れ 方

香典(お金の入れ方) 1. ) お札の向きをどうするのかについて気にしないという場合でも、二枚以上のお札を入れる時には、 お金の向きを揃えて入れるようにしてください。 【香典 お金の入れ方 向き】 地域差もありますが、もし慣習を気にする地域にお住まいの場合には、お札の裏側の面が香典袋の表側に来るようにします。 また、3枚の紙幣を入れる場合には3枚のお札の向きや面が揃うようにします。 新札は用いない 新札を用いると、まるでご不幸を見越して用意していたようだということから、新札は用いない方が良いとされています(地域によってマナーが異なりますがやはり新札は用いない方が無難です。 どうしても新札しか手持ちがない場合には、一旦二つに折ってから袋に入れてください)。 逆に汚れたお札、破れたお札、シワだらけのお札も失礼にあたりますので注意して下さい。 お金を中袋に入れたら、外包みで包む 中袋に現金を入れたら、外包みで包みます。 手順は下記のとおりです。 (1)外包みを開きます。 内面が表にでている状態で、中央に中包みを置きます。 このとき、背面が表にでている状態にします。 (2)左、右の順で外包みをかぶせ、下、上の順で包み終えます。 最終的には上側が、右の画像のように被いかぶさっている形となります。 水引きの中に元通りになるように入れて完成です。 香典袋と中袋とお札の向き 香典袋+中袋の場合 香典袋のみの場合 上包み,正式包み+中包みの場合 香典袋に入れるお札の向きには厳密な決まりはないとされますが、一般的には香典袋と中包み(または中袋)に対して、お札は、裏=うらの面が来るように入れるのが慣例となっています。 香典袋は、お悔やみ用の熨斗袋のことで不祝儀袋とも言います。 このイラスト見本をご覧下さい。 正式な包み方として上包みを使う場合もあります。 [ポイント] 上記の上包み・正式包みで包むやり方として紹介している「中包み」の包み方については、このページの下の方[「2. 中包みの包み方(お金の入れ方包み方)でイラスト入りで解説しています。 奉書紙や半紙などで包むやり方です。 香典袋の中袋の金額の書き方 ・市販の香典袋の中には、中袋(中包み、内袋)がついているものもあります。 ・ 中袋に金額や住所を書く欄があるものは、その中に記入します。 ・下記は、中袋に書く漢数字の表記のしかたの例です。 上に金という文字を書くのが通例ですが、「金参萬圓也」のような也はつけなくて良いとされています。 もしアラビア数字で書く場合、5,000円、10,000円、30,000円などは横書きで書きます。 薄墨を使うのは、悲しみの涙で墨がにじんでいますという意味だとされます。

次の

職場の人に包む香典とは?有志の集め方や袋の書き方・渡し方を解説!|終活ねっと

香典 袋 お金 入れ 方

香典にまつわるマナーの中でもあまり注目されないお金の入れ方ですが、いったいどのような作法があるのでしょうか? ここでは、香典のお金を入れるマナーについて、正しいお札の向きから見ていきましょう。 お札の表裏・上下 日常生活の中でお世話になっているお札ですが、どちらが表または裏であるかについては、意外と正しく知られていません。 実は1万円札の福沢諭吉や5000円札の樋口一葉のような 肖像が印字されている方が表面、肖像が印字されていない方が裏面です。 もう1つ、香典袋に入れる際のお札の向きには上下もありますので見ていきましょう。 ここで1万円札の表面を見てみると、右側に福沢諭吉の肖像画、左側に「壱万円」という金額が書かれています。 そして肖像が印字されている右側が下、金額が書かれている左側が上です。 そしてお札の表裏と上下を区別できることは、実際に香典袋に正しい向きでお札を入れる際に重要になってきます。 お札の入れ方 お札の表裏と上下についてご理解いただいたところで、正しいお札の入れ方について見ていきましょう。 なお、お金の入れ方については、中袋がある場合と中袋がない場合とに分けて見ていきます。 中袋ありの場合 香典袋には中袋と呼ばれる、香典を包む際に実際にお金を入れるための袋が付いています。 コンビニやスーパーなどで市販されている香典袋であれば、中袋が付いているのが一般的です。 中袋に入れる場合は、まず 肖像が印字されている表面を中袋の裏面に向けます。 さらに お札の肖像が袋の底側に来るように入れましょう。 中袋なしの場合 香典袋の中には、中袋が付いていない場合もあります。 中袋が付いていない場合は、お金をそのまま香典袋に包むのが作法です。 香典袋にお金を入れる場合も、お札の向きは中袋に包む場合と同じく 肖像が印字されている表面を香典袋の裏面の方に向け、肖像が底側に来るように包むのがマナーです。 なお香典袋に中袋が付いていない理由としては、 故人のご遺族に不幸が度重ならないようにという願いがあるためです。 地域によっては中袋に包んでよい場合と香典袋に直接包むべきと考える場合とがありますので、この点は親戚の方やご近所の方などに事前に聞いておくとよいでしょう。 香典のお金に関するその他のマナー 香典については多くの方が悩みがちな点として、金額をいくら包めばよいかというものが挙げられます。 ここでは、香典の金額相場について見ていきましょう。 さらに、香典を包む際に心がけるべきお札の枚数や注意点についてもご紹介していきます。 金額相場 香典として包むお金の金額相場は、ある程度の相場は決まっています。 一般的には故人とどのような関係にあったのかによって決まり、特に故人と血縁関係にあった場合は、やや高くなる傾向といえるでしょう。 以下では立場別に香典をいくら包めばよいかについて見ていきます。 親族の場合は一万円~三万円 まず、 故人がご自身の親族である場合は1万円から3万円が相場とされています。 ただし、ご自身と血縁で比較的近いという方の場合は、この相場以上の金額を包むのが一般的です。 具体的には、 故人が親の場合は5万円から10万円、兄弟姉妹の場合は1万円から5万円を包みます。 故人と親しい関係の場合は一万円~三万円 次に、故人とは血縁関係にないものの、 比較的親しい付き合いをしていたという場合は1万円から3万円の相場で包みましょう。 ご近所づきあいで仲のよかった方や古くからの親友の方、日ごろから何かとお世話になっていた方が故人である場合がこの相場に該当すると考えてよいです。 一般的な間柄だった場合は五千円~一万円 故人と付き合いはあるものの あまり親しくない場合は5千円から1万円が相場です。 具体的には、普通の付き合いの知人や友人、会社の同僚が故人であるという場合がこの相場に当てはまります。 以下の記事で香典の金額相場について故人との関係や法要ごとに解説をしていますので合わせてお読みください。 お札の枚数 意外と意識されないことですが、香典でお札を包む際にはお札の枚数にも気を付ける必要があります。 香典で包むお札の枚数は、 1枚・3枚・10枚が理想的です。 逆に 避けるべき枚数が4枚や9枚とされています。 4は「死」を、9は「苦」を連想させる縁起の悪い数字であるためです。 また、地域によっては、偶数枚も2で割り切れる数字であり故人とご遺族の縁が切れてしまうことを連想させるため、避けるべきと考える場合があります。 新札は避ける 香典を包む際、せっかくご遺族にお渡しするのだから刷りたてのきれいな新札を包みたいと考える方もいるでしょう。 しかし、香典関係のマナーでは、 新札は避けるべきとされています。 新札は本来、前から時期が決まっていたおめでたいことに持参する場合で使われるものです。 しかし葬儀などの弔事では新札を使うことは、故人のご不幸を予想して用意していたとみなされます。 ご遺族に不快な思いをさせないためにも、 新札ではなく古いお札を使うようにしましょう。 もし新札しかない場合は、折り目を入れてから包むようにします。 香典袋の書き方 香典にまつわるマナーは、お金の入れ方や相場に関係するものだけではありません。 香典袋への正しい書き方も、覚えておくべき重要なマナーといえるでしょう。 香典袋に書いてあるものは周りから見てわかりやすいため、不適切な書き方をしてあると恥ずかしい思いをすることになるでしょう。 恥ずかしい思いをしないようにするためにも、正しい書き方を知ることが大切です。 表書き 香典袋の書き方の中で一番しておくべきものとして、表書きの種類が挙げられます。 表書きは香典袋の中でも最も目立つ部分であるうえ、宗教や宗派によって使うべきものが異なるためです。 以下では、宗教や宗派ごとに適切な表書きの種類をご紹介します。 仏式の場合 日本で行われている葬儀の9割以上が、仏教の考え方に基づく仏式葬儀です。 このため仏式で適切な表書きを知っておけば、ほとんどの葬儀に参列しても大丈夫でしょう。 さて仏式葬儀の場合、最も一般的に使われるのが 御霊前で、仏教のほとんどの宗派で使われます。 仏教のほとんどの宗派では、亡くなった方は閻魔大王の審判で49日に新しい生まれ変わり先が決まるまでの間、霊の状態でいると考えるためです。 なお仏式でも宗派がわからない場合は、 御香典と記しましょう。 「御香典」は仏教であればどの宗派でも使うことができ、トラブルを避けられるという意味で無難なためです。 浄土真宗の場合 同じ仏式葬儀でも、浄土真宗の場合は少し注意が必要です。 実は浄土真宗の葬儀では、ほとんどの仏教宗派で使える「御霊前」ではなく、 御仏前と書くのが作法とされています。 浄土真宗では亡くなった方は仏様のお力によって霊の状態を経ることなく、すぐさま仏様の状態で極楽浄土に生まれ変わると考えるためです。 言い換えれば浄土真宗で葬儀を行う時点で、故人はすでに成仏したものと考えればよいでしょう。 神式の場合 日本に古くからある神道の葬儀では、ほとんどの仏教宗派の葬儀と同じように 御霊前の表書きを使うことができます。 神道でも亡くなった方は、50日間霊の状態であった後でその家の守護神として生まれ変わると考えるためです。 なお神道ではほかにも 御玉串料・玉串料・御神饌料といった独特の表書きを使うこともできます。 キリスト教の場合 キリスト教の葬儀では、宗派に関係なく使うことのできる表書きに 御花代・御花料があります。 このためキリスト教の葬儀でカトリックかプロテスタントかがわからない場合は、以上のどちらかを使うと無難です。 仏式や神式でよく使われる「御霊前」はカトリックで使うことができます。 このほかカトリックのみで使える「御ミサ料」や、プロテスタントのみで使えるものである「弔慰金」も覚えておくとよいでしょう。 名前 香典袋には表書きとともに名前を書くことも大切です。 名前は表書きの真下に書くのが一般的で、 包んだ個人のフルネームを書くのが作法とされています。 もし、夫婦で一緒に包んだ場合は、夫のフルネームを書いたうえで、左下に妻の下の名前を書きましょう。 さらに、複数人の連名で書いた場合は、3人までであれば立場順に右からフルネームで書きます。 4人以上の場合は部署名などを書いて、詳しい内訳を書いた紙を同封するのが作法です。 金額 香典袋の書き方では、他にも金額も重要です。 この際に 縦書きの場合は漢数字の旧字体を、横書きの場合は算用数字を使う点がポイントです。 書く場所については、中袋の表面か香典袋の裏面左下に書きます。 注意点 香典袋に表書きを書く場合は、いくつか注意すべき点があります。 まず葬儀で持参する場合は、普通の墨ではなく 薄墨を使って書くのがマナーです。 これは、墨に涙が混じって薄くなった様子を想像させることから、故人のご不幸に対する悲しみを示すために使われます。 また、書く際に使うペンも、 サインペンやボールペンは避けましょう。 サインペンやボールペンは冠婚葬祭では略式で使うものとみなされ、使うことでご遺族への誠意が疑われる可能性があるためです。 香典袋の包み方• お札には表面と裏面があり、肖像が印字されている面が表面である。 また、上下もあり、香典関係では肖像が印字されている側が下側となる。 お札を入れるときは中袋や香典袋の裏面側にお札の表側を向け、さらに肖像が底側に来るようにする。 香典の金額相場は、故人との関係によってさまざまだが、特に血縁関係にある場合は多めに包む。 故人が親族の場合や親しい付き合いのあった方の場合は1万円から3万円、普通の知人や友人の場合は5千円から1万円が相場である。 お札の枚数は1枚・3枚・10枚がおすすめである一方、4枚や9枚は縁起が悪いとされるため避けるべきである。 また、新札の使用は故人のご不幸を予期していたと思われかねないため、古いお札を使うか新札に折り目を入れて使う。 香典袋の表書きは、葬儀を行う宗教や宗派に合わせて適切なものを使う。 「御霊前」は宗教や宗派に関係なく広く使われる。 名前は包んだ個人のフルネームで書くのが基本だが、複数人が一緒に包んだ場合は作法に基づいて連名で記す。 葬儀の場合は薄墨を使って書き、また書く際にはサインペンやボールペンは使わないようにする。 香典袋を包む際には、広げた袱紗の真ん中より右寄りに香典袋を置き、右・下・上・左の順に包んでいく。 香典のお金を入れるときは、お札の表面を中袋や香典袋の裏側に向け、肖像が底側に来るように入れましょう。 やや細かいことですが、故人にきちんと弔意を示すうえで大切なことですので、覚えておいて損はありません。 「終活ねっと」では、葬儀に関する記事を多数記載しています。 以下の記事では、一周忌の香典の相場について詳しく紹介しています。 こちらもあわせてご覧ください。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の