よっ し の ブログ。 ヨット 人気ブログランキングとブログ検索

よっちのブログ

よっ し の ブログ

今日、親のことを、青木さやかがいってました。 わが身を振り返り、自分を責めてます。 亡くなる、2年くらい前から、いつもにない体調不良を訴えてきました。 母親の体調不良は、ほとんどが、メンタルが原因でした。 障がい者の手帳をもってるのに、自分はおかしくないのに、医者が特別扱いしてくれてる、というような認識でした。 どう考えても、問題があり、私に全部のことをさせようとするので、実家には帰りませんでした。 どうしても、帰ってきてほしいなら、精神障碍者のディサービスにいくことを、条件にしました。 親は意地でも行きませんでした。 そのうち、倒れて、亡くなりました。 少し、厳しくしすぎたかなーとか思います。 精神障害を受け入れるのは、嫌ですが、できないと、生活は開けません。 私も10年かかりました。 精神障害への偏見が原因です。 時間はかかるけど、... 精神障害を受け入れずに亡くなった親 「メンタルヘルスブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順• 精神病について、「心の病」、「心が弱い」、果ては「怠けである」というのが残念ながら世間の一般的な理解であると思います。 また、精神病の捉え方について、患者の立場から集約的に情報を発信したメディアがほとんど無いことも事実です。 こうした問題を克服し、精神病はあくまでも脳の病気、脳内の神経伝達物質の多寡という極めて物質的な病気であるということを広く社会に啓蒙すべく、ポップでスタイリッシュな雑誌の刊行を目指して、クリエイターの方々と打ち合わせを行っております。 つきましては、本プロジェクトの趣旨にご賛同いただけます方々からのご連絡をお待ちいたします。 コンテンツについてはご賛同いただけます皆様との今後の対話を通じて煮詰めて行きたいと思いますが、先ずは下記のような項目の記載を念頭においております。 「心の病」という偏見に対して? エピソード(こんなことやっちゃいました、こんなふうになっちゃいました、みたいな)? 夢、希望、期待 もちろん匿名のご連絡で構いませんので、ご賛同いただけます方は、下記アドレスまでメールをいただきたくお願い申し上げます。 なるべく多くのデータを必要としております。 Takahiro-t docomo. blackberry. com 皆様と一緒に社会の認識を変えて行きましょう!• こんにちは、私はADHD 注意欠陥・多動性障害 と診断診断されてもうすぐ半年になる成人当事者です。 seesaa. それは、人の仕事だから。 神様は偽善者から人を守る、だから、辛すぎると判断したら、その人を神の世界に招待する。 これが、死。 仲がよいと思われている二人なのに、片方だけが重い病にかかったなら、助かるかどうかは、もう片方が偽善を直すかどうかだ。 直さなければ、神様は連れていくだろう。 偽善者は、更にそれを利用して、お金持ちや社長になるかもしれない。 ひとは愚かなもの。 神様は、偽善者を殺しはしない。 Quia id quod est. Protege ab populus hypocritae si determinatur etiam CONDITUS vocat ad verbum Dei, Deus hominem. Hoc autem est mors. Necessitudinem quidem putantur duo bona, si ad gravem valetudinem sumeret, an non manent vera sive hypocrisi est amplius. Si sanatus fuerit, auferet Deus. Usura is etiam hypocritis praesidem ut et divites. Homines stulti. Deus non occidere hypocrita. Because that's what people. Protect the people from the hypocrite, so, If it is determined too spicy, invite God to the world of God that person. This is death. Even though two people are thought relationship is good, only if one took to heavy illness, whether or not survive, one is whether the correct hypocrisy anymore. If it is not healed, God will take. Using it further, hypocrites, may become president and get rich. People foolish. God, do not kill hypocrite.

次の

よっちのメンズ全身脱毛体験談ブログ

よっ し の ブログ

今日、親のことを、青木さやかがいってました。 わが身を振り返り、自分を責めてます。 亡くなる、2年くらい前から、いつもにない体調不良を訴えてきました。 母親の体調不良は、ほとんどが、メンタルが原因でした。 障がい者の手帳をもってるのに、自分はおかしくないのに、医者が特別扱いしてくれてる、というような認識でした。 どう考えても、問題があり、私に全部のことをさせようとするので、実家には帰りませんでした。 どうしても、帰ってきてほしいなら、精神障碍者のディサービスにいくことを、条件にしました。 親は意地でも行きませんでした。 そのうち、倒れて、亡くなりました。 少し、厳しくしすぎたかなーとか思います。 精神障害を受け入れるのは、嫌ですが、できないと、生活は開けません。 私も10年かかりました。 精神障害への偏見が原因です。 時間はかかるけど、... 精神障害を受け入れずに亡くなった親 「メンタルヘルスブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順• 精神病について、「心の病」、「心が弱い」、果ては「怠けである」というのが残念ながら世間の一般的な理解であると思います。 また、精神病の捉え方について、患者の立場から集約的に情報を発信したメディアがほとんど無いことも事実です。 こうした問題を克服し、精神病はあくまでも脳の病気、脳内の神経伝達物質の多寡という極めて物質的な病気であるということを広く社会に啓蒙すべく、ポップでスタイリッシュな雑誌の刊行を目指して、クリエイターの方々と打ち合わせを行っております。 つきましては、本プロジェクトの趣旨にご賛同いただけます方々からのご連絡をお待ちいたします。 コンテンツについてはご賛同いただけます皆様との今後の対話を通じて煮詰めて行きたいと思いますが、先ずは下記のような項目の記載を念頭においております。 「心の病」という偏見に対して? エピソード(こんなことやっちゃいました、こんなふうになっちゃいました、みたいな)? 夢、希望、期待 もちろん匿名のご連絡で構いませんので、ご賛同いただけます方は、下記アドレスまでメールをいただきたくお願い申し上げます。 なるべく多くのデータを必要としております。 Takahiro-t docomo. blackberry. com 皆様と一緒に社会の認識を変えて行きましょう!• こんにちは、私はADHD 注意欠陥・多動性障害 と診断診断されてもうすぐ半年になる成人当事者です。 seesaa. それは、人の仕事だから。 神様は偽善者から人を守る、だから、辛すぎると判断したら、その人を神の世界に招待する。 これが、死。 仲がよいと思われている二人なのに、片方だけが重い病にかかったなら、助かるかどうかは、もう片方が偽善を直すかどうかだ。 直さなければ、神様は連れていくだろう。 偽善者は、更にそれを利用して、お金持ちや社長になるかもしれない。 ひとは愚かなもの。 神様は、偽善者を殺しはしない。 Quia id quod est. Protege ab populus hypocritae si determinatur etiam CONDITUS vocat ad verbum Dei, Deus hominem. Hoc autem est mors. Necessitudinem quidem putantur duo bona, si ad gravem valetudinem sumeret, an non manent vera sive hypocrisi est amplius. Si sanatus fuerit, auferet Deus. Usura is etiam hypocritis praesidem ut et divites. Homines stulti. Deus non occidere hypocrita. Because that's what people. Protect the people from the hypocrite, so, If it is determined too spicy, invite God to the world of God that person. This is death. Even though two people are thought relationship is good, only if one took to heavy illness, whether or not survive, one is whether the correct hypocrisy anymore. If it is not healed, God will take. Using it further, hypocrites, may become president and get rich. People foolish. God, do not kill hypocrite.

次の

お菓子祭り!コンビニは店舗によって新商品の種類は違うんだな。

よっ し の ブログ

どうも、だらだらです。 昨日実家に帰ってきました。 その時、親父が来年から嘱託になる話を聞きました。 親父はちょうど60歳でメーカーの管理職をしています。 親父の会社は役定がなく、65歳まで管理職でいられるのですが、来年から嘱託社員になって自分の時間を大切にしたいと言う話でした。 理由を聞くとコロナ禍によって週3勤務になった結果、家族や趣味の時間が増えて生活の満足度が上がったからと言う事でした。 親父は元々仕事大好き人間なので、 この話にはびっくりしました。 そんな事もあり色々考える事があったので、今回それを記事にします。 コロナ禍によって働き方を価値観が変わる人が増える 人間は自分の習慣化された事を正しいと思う傾向があります。 それは合理的でなく、自分が苦痛に感じている事でも同様です。 コロナ以前、多くの現役世代は満員電車での通勤やなどストレスを溜める働き方が習慣化しており、それを多くの人が正しいと思ってきました。 しかし、コロナ禍によって休業やテレワークになり、ストレスが少ない働き方をするようになると習慣が変わり、働く事への考えを変えた人が増えたのではないかと思っています。 特に人間は楽な方へはすぐ習慣化する傾向があるので、ストレスが少ないコロナ禍での働き方はすぐに習慣化するでしょう。 コロナ禍以前の働き方に嫌悪感を示す人が増える コロナもいずれは終息するので、徐々にコロナ以前の社会に戻っていきます。 働き方も例外ではなく、コロナ禍以前のストレスフルな的働き方に戻っていくと思います。 しかし、一度身に付いた習慣をなかなか変える事は難しいです。 ストレスのない働き方が習慣化してしまった多くの人は元の的な働き方に苦痛を感じる様になるでしょう。 そうすると働く事自体が嫌になってしまい、リタイアやアーリーリタイアを目指す人が増えるのではないかと思います。 もちろん現役世代の大多数は働く事が好きなので、リタイアを目指す人が増えると言っても少数派である事には変わりないですが、それでも確実に働かない生き方を目指す人が増えると思っています。 まとめ 今回はコロナ禍後の働き方について考察してみました。 適度な負荷であれば、労働は人生の幸せに大きく貢献するでしょう。 しかし、変化が速く競争が激しいこの時代では適度に働けるような仕事はほとんどないのが現実です。 よって労働をしたくない層は確実に増えてくると思います。 新型コロナは既存の社会に大きな傷跡を残していきましたが、社会が変わるきっかけをくれたと言う点では大きな恩恵をくれたのかもしれません。 参加中 読んで頂けたら、クリックお願いします。 daradaraikiru.

次の