やる夫 と 学ぶ 野村 克也。 野村克也

【全員必読】ノムさんこそが野球界のレジェンドだ!「やる夫と学ぶ野村克也」のススメ

やる夫 と 学ぶ 野村 克也

___. 作者は。 2012年3月23日から連載されている。 コンテンツ [] 概要 プロ野球史上最高の捕手にして、プロ野球史上最も天国と地獄を味わった野村克也の野球人生を、プロ野球観戦歴50年以上の大ベテランファンというが、(野村に否定的)と(野村ファンで楽天ファン)に解説していくスレ。 本作はやる夫・やらない夫・雄山による解説部と、ドラえもんたちAAキャラがドラマを繰り広げる本編が同時進行で進んでいる。 この作品は学ぶ系を名乗ってはいるが、手法としては歴史系のそれにかなり近い。 本作においては「男性キャラAAには男性役を、女性キャラAAには女性役を演じさせる」「やる夫たちの出番は解説部にとどめ、本編にはやる夫派生AAは(せいぜい端役でしか)出さない」というセオリーが存在する。 その結果取り上げている題材の性質上、女性キャラクター(あるいは女性のAA)が超少数派となり、やる夫スレとしては珍しい雰囲気を放っている(作者もこの辺りには自覚的で、やる夫たちのボヤキがネタとして織り込まれている)。 主な登場人物 主人公• 野村克也() - 貧乏な母子家庭の出身で、高校時代は無名の選手だったが、たくさんの人に支えられてプロ野球の世界に飛び込み、数々の苦難に見舞われながらも、球史に残る大打者・名捕手へと成長する。 南海ホークス 前期登場キャラ• 鶴岡一人() - 南海ホークス監督。 プロ野球史上最も厳格にして、最も野村に影響を与えた男。 「親分」の異名で知られる、史上屈指の名監督。 その統率力は、野村とホークスに対し後々まで強い影響を与える事となる。 蔭山和夫() - 内野手、後にヘッドコーチ。 プロ野球史上最も柔軟にして、野村を理解した男。 野村の成長・活躍を陰ながら支えた。 杉浦忠() - 南海のエース。 長嶋茂雄の大学時代の同期。 独特のサイドスローから繰り出される快速球を誇る投手で、プロ野球史上最も鮮烈にして、最も野村を驚嘆させた男。 広瀬叔功() - 内野手。 天才的な打撃センスと俊足で南海打線の「核弾頭」と呼ばれた。 ジョー・スタンカ() - 「青い目の日本人」と言われた外国人エース。 速球でねじふせる杉浦とは逆に、変化球とコントロールで打者を打ち取るタイプ。 皆川睦雄() - 杉浦・スタンカと同世代の主力投手のひとり。 野村と親しい。 後期登場キャラ• 川勝傳() - 球団オーナー。 野村を高く評価する。 ドン・ブレイザー() - 外国人ヘッドコーチ。 シンキング・ベースボールを標榜する優秀なブレイン。 プロ野球史上最も緻密にして、最も野村が師事した男。 門田博光() - ドラフト加入の外野手、後に指名打者。 プロ野球史上最も偏屈にして、最も野村を悩ませた男だが、その実力も高い。 プロ野球史上最も贅言にして、最も野村を困らせた男。 パ・リーグ• 稲尾和久() - 西鉄に黄金時代をもたらしたエースピッチャー。 野村の野球選手人生前半期最大のライバル。 「鉄腕」「神様、仏様、稲尾様」など数々の異名をとった、プロ野球史上最も賢哲にして、最も野村を成長させた男。 前衛的な選手起用は「三原マジック」と呼ばれた。 かつて巨人監督だったが、水原茂の復帰によって巨人を放逐され、水原との因縁が深い。 西本幸雄() - 阪急ブレーブス監督。 その指導は情熱に溢れ、「闘将」と呼ばれた。 プロ野球史上最も熱血にして、最も野村と激突した男。 福本豊() - 阪急の一番打者で、野村の野球選手人生後半期最大のライバル。 プロ野球史上最も快速にして、最も野村を恐れさせた男。 セ・リーグ• 7年間に及ぶ兵役とシベリア抑留生活を経て、球界に復帰した。 三原脩とは学生時代からのライバル同士。 川上哲治() - 読売ジャイアンツ監督。 水原の後任として就任した。 プロ野球史上最高の名将にして、最も野村が目標とした男。 長嶋茂雄() - ON砲のN。 プロ野球史上最も有名にして、最もプロ野球の価値を変え、最も野村が嫉妬した男。 王貞治() - ON砲のO。 世界のホームラン王。 プロ野球史上最高の打者にして、最も野村の価値を下げた男。 森祇晶() - 読売ジャイアンツ捕手。 プロ野球史上最も堅忍にして最も野村と認め合った男。 野球選手以外• 野村嘉明() - 野村の兄。 野村家を支え、野村の高校進学とプロ野球入りを後押しした。 清水義一() - 野村の通っていた高校の生活指導主任。 高校時代の野村によって大の野球ファンになり、後に野村が南海に入団する切欠を作った。 野村沙知代() - 旧姓及び旧名、伊東芳枝。 野村が兼任監督就任した一年目のシーズン中にひょんなことから出会い、野村の心のオアシス的存在となった女性。 やるやらパート• - 聞き手。 プロ野球については詳しくなく、野村についても懐疑的。 - 聞き手。 楽天ファンで、野村の熱狂的ファン。 楽天設立以降にプロ野球ファンとなったため、過去の出来事については詳しくない。 - 過去のプロ野球事情にも詳しい野村ファンで、本作の解説者。 本編パートでは 張本勲役も兼任している。 外部リンク• まとめ():• ():• まとめエター(): 関連項目• - 作者は元々こちらの常連投稿者で、独立する形で本作品を開始している。 ちなみに、「野村克也=ドラえもん」の配役の初出は『プロ野球~』の方であり、その他の配役もほぼ両作品で共通している(ただし、本作作者の手がけたものに限る)。

次の

やる夫と学ぶ野村克也 作品一覧 : やる夫電脳インデックス

やる夫 と 学ぶ 野村 克也

___. 作者は。 2012年3月23日から連載されている。 コンテンツ [] 概要 プロ野球史上最高の捕手にして、プロ野球史上最も天国と地獄を味わった野村克也の野球人生を、プロ野球観戦歴50年以上の大ベテランファンというが、(野村に否定的)と(野村ファンで楽天ファン)に解説していくスレ。 本作はやる夫・やらない夫・雄山による解説部と、ドラえもんたちAAキャラがドラマを繰り広げる本編が同時進行で進んでいる。 この作品は学ぶ系を名乗ってはいるが、手法としては歴史系のそれにかなり近い。 本作においては「男性キャラAAには男性役を、女性キャラAAには女性役を演じさせる」「やる夫たちの出番は解説部にとどめ、本編にはやる夫派生AAは(せいぜい端役でしか)出さない」というセオリーが存在する。 その結果取り上げている題材の性質上、女性キャラクター(あるいは女性のAA)が超少数派となり、やる夫スレとしては珍しい雰囲気を放っている(作者もこの辺りには自覚的で、やる夫たちのボヤキがネタとして織り込まれている)。 主な登場人物 主人公• 野村克也() - 貧乏な母子家庭の出身で、高校時代は無名の選手だったが、たくさんの人に支えられてプロ野球の世界に飛び込み、数々の苦難に見舞われながらも、球史に残る大打者・名捕手へと成長する。 南海ホークス 前期登場キャラ• 鶴岡一人() - 南海ホークス監督。 プロ野球史上最も厳格にして、最も野村に影響を与えた男。 「親分」の異名で知られる、史上屈指の名監督。 その統率力は、野村とホークスに対し後々まで強い影響を与える事となる。 蔭山和夫() - 内野手、後にヘッドコーチ。 プロ野球史上最も柔軟にして、野村を理解した男。 野村の成長・活躍を陰ながら支えた。 杉浦忠() - 南海のエース。 長嶋茂雄の大学時代の同期。 独特のサイドスローから繰り出される快速球を誇る投手で、プロ野球史上最も鮮烈にして、最も野村を驚嘆させた男。 広瀬叔功() - 内野手。 天才的な打撃センスと俊足で南海打線の「核弾頭」と呼ばれた。 ジョー・スタンカ() - 「青い目の日本人」と言われた外国人エース。 速球でねじふせる杉浦とは逆に、変化球とコントロールで打者を打ち取るタイプ。 皆川睦雄() - 杉浦・スタンカと同世代の主力投手のひとり。 野村と親しい。 後期登場キャラ• 川勝傳() - 球団オーナー。 野村を高く評価する。 ドン・ブレイザー() - 外国人ヘッドコーチ。 シンキング・ベースボールを標榜する優秀なブレイン。 プロ野球史上最も緻密にして、最も野村が師事した男。 門田博光() - ドラフト加入の外野手、後に指名打者。 プロ野球史上最も偏屈にして、最も野村を悩ませた男だが、その実力も高い。 プロ野球史上最も贅言にして、最も野村を困らせた男。 パ・リーグ• 稲尾和久() - 西鉄に黄金時代をもたらしたエースピッチャー。 野村の野球選手人生前半期最大のライバル。 「鉄腕」「神様、仏様、稲尾様」など数々の異名をとった、プロ野球史上最も賢哲にして、最も野村を成長させた男。 前衛的な選手起用は「三原マジック」と呼ばれた。 かつて巨人監督だったが、水原茂の復帰によって巨人を放逐され、水原との因縁が深い。 西本幸雄() - 阪急ブレーブス監督。 その指導は情熱に溢れ、「闘将」と呼ばれた。 プロ野球史上最も熱血にして、最も野村と激突した男。 福本豊() - 阪急の一番打者で、野村の野球選手人生後半期最大のライバル。 プロ野球史上最も快速にして、最も野村を恐れさせた男。 セ・リーグ• 7年間に及ぶ兵役とシベリア抑留生活を経て、球界に復帰した。 三原脩とは学生時代からのライバル同士。 川上哲治() - 読売ジャイアンツ監督。 水原の後任として就任した。 プロ野球史上最高の名将にして、最も野村が目標とした男。 長嶋茂雄() - ON砲のN。 プロ野球史上最も有名にして、最もプロ野球の価値を変え、最も野村が嫉妬した男。 王貞治() - ON砲のO。 世界のホームラン王。 プロ野球史上最高の打者にして、最も野村の価値を下げた男。 森祇晶() - 読売ジャイアンツ捕手。 プロ野球史上最も堅忍にして最も野村と認め合った男。 野球選手以外• 野村嘉明() - 野村の兄。 野村家を支え、野村の高校進学とプロ野球入りを後押しした。 清水義一() - 野村の通っていた高校の生活指導主任。 高校時代の野村によって大の野球ファンになり、後に野村が南海に入団する切欠を作った。 野村沙知代() - 旧姓及び旧名、伊東芳枝。 野村が兼任監督就任した一年目のシーズン中にひょんなことから出会い、野村の心のオアシス的存在となった女性。 やるやらパート• - 聞き手。 プロ野球については詳しくなく、野村についても懐疑的。 - 聞き手。 楽天ファンで、野村の熱狂的ファン。 楽天設立以降にプロ野球ファンとなったため、過去の出来事については詳しくない。 - 過去のプロ野球事情にも詳しい野村ファンで、本作の解説者。 本編パートでは 張本勲役も兼任している。 外部リンク• まとめ():• ():• まとめエター(): 関連項目• - 作者は元々こちらの常連投稿者で、独立する形で本作品を開始している。 ちなみに、「野村克也=ドラえもん」の配役の初出は『プロ野球~』の方であり、その他の配役もほぼ両作品で共通している(ただし、本作作者の手がけたものに限る)。

次の

【全員必読】ノムさんこそが野球界のレジェンドだ!「やる夫と学ぶ野村克也」のススメ

やる夫 と 学ぶ 野村 克也

ヤクルト時代の「ID野球」に象徴されるように、常に頭を使って「勝つ」ことや「成長させる」ことを考え続け、実践してきました。 また、「野村再生工場」という異名を持つように、適材適所によって人材のポテンシャルを最大限に引き出す名人でもあります。 そしてそれらの方法論は、そのままビジネスリーダーに必要な仕事論へと置き換えられるのではないか。 さらに言えば、国際競争力の重要性が叫ばれる今の時代こそ、そのような「人」を活かし、育て、勝つ組織を作ることが、リーダーに求められるのではないかということで、野村氏から学ぶ通信教育が立ち上げられました。 選手としても監督としても、常に頭を使い、己や部下を成長させることによって、プロの現場で戦い続けてきた野村克也氏。 データ野球に象徴されるように、「勝つ」ための準備を全て行い、知恵を絞るという野村克也のスタイルは、そのままビジネスでも活かせる方法論といえます。 そこで本コースでは、野村克也がプロの現場で培ってきた仕事哲学をビジネスに置き換え、リーダーが身に付けるべきことについて、学んでいきます。 1970 年には選手 兼監督に就任。 チームを黄金期に導く。 その後、ロッテ、西武を経て引退。 通算657 本塁打(歴代2位)、戦後初の三冠王に輝くなどの記録を持つ。 現役引退後、野球評論家を経てヤクルトスワローズ、阪神タイガース、楽天イーグルスの監督を歴任。 データを駆使する「ID野球」、他球団で挫折した選手を復活させる「野村再生工場」などで知られる。 Pazz(パズ)とは、仕事に大切な24のチカラを見える化する自己発見テストです。 Web上に用意された75の質問に答えることによって、自分が現在、どのような特性があるのかを確認することができます。 そこで、人を育てるときに大切なことについて、野村さんの考えを教えて下さい 私はね、自分が育てた選手なんて一人もいないと思っています。 「育てた」のではなくて、「育った」んです。 環境さえ整えれば育つわけですね、選手は。 育成が上手いとか言われるかもしれないけど、私が育てたのではなくて、選手が勝手に育ったんだと思っています。 その意味で言うと、環境を整えるということが、すなわち人を育てることにつながるということになるかもしれません。 あと、私が選手にいつも口癖のように言ってきたのは、「プロとはなにか考えろ。 プロフェッショナルであるということをいつも忘れるな」ということですね。 例えば、少年野球とかシーズンオフに野球教室に行くじゃないですか。 そういう時に、教えられる側は、プロの選手のことを教科書のように見ているわけです。 プロフェッショナルとは、つまり専門家ということだから、野球のことに関しては、子どもたちやアマチュアの人たちから質問されたら、的確な答えを言えるような準備を日頃からしておかなければならない。 それがプロだと思う。 その自覚だけは持って日々過ごせと、そういうふうに選手たちには言ってきましたね。 私は「とは教育」と、勝手に名づけているんだけど、自分の中で「野球とは」「プロとは」ということを内に秘めていることが大切だと思っています。 今回の講座で学んだことをこれからの仕事、人生に活かして成長していけるようにがんばりたいです。 ありがとうございました。 明日への希望ができ、意識が明らかに変わった。 この気持ちを忘れず、道場に再入門し、苦しい時、迷った時、立場が変わった時もまた原点に戻ってきたい。 大事なことはノートにメモをとり、仕事中もいつも見ています。 いきなりの成長は難しいと思うので少しずつ成長していきたいと思います。 5年後にこの野村道場を学んだおかげで今の自分がいるといえるように明日からも様々なことを実践していきたいです。 また、部下を預かる身として、どのように部下に接していくべきかがわかった。 悩みぬいて生み出された言葉は、私だけでなく多くの人の心に響くと思いました。 (サービス・30代・男性) 担当者からのひと言 野村さんといえば、監督としての実績はもちろんのこと、選手時代は4番でキャッチャーで三冠王、おまけに選手兼監督までこなしていた、プロ野球の世界における一流の中の一流の人です。 しかし、ご本人もおっしゃっているように、入団当初は決してとびぬけた「天才」ではありませんでした。 その分、とにかく頭を使い、努力することによって成果を残してきたという野村さんの成功への方法論は、私たちビジネスパーソンにとっても、大いに通じるものがあります。 野村さんご自身は、「野村-野球=ゼロ」とおっしゃっているように、ビジネスについて直接語ることはしません。 しかし、プロの現場で培われてきた勝負の哲学・仕事の哲学は、非常に純度が高いものがあります。 そのため、野球に詳しい・詳しくないに関わらず、私たちの心に深く染み込むのです。 「一流の人」による「本物の言葉」を学びたい方に、ぜひおススメしたいコースです。

次の