丹波 竜 の 里 公園。 丹波市山南町「丹波竜の里公園」が完成!おっさんが大喜びすること間違いなし!

【キャンプ場】川代公園キャンプ場~兵庫県丹波市~

丹波 竜 の 里 公園

恐竜好きの私は「一番好きな恐竜は?」と聞かれたら、昔から即答で「カマラサウルス」と答えます。 アメリカ生まれなのに福井県立恐竜博物館に行けば会えるし、ほぼ全身の骨が見つかっているなんて、竜脚類好きの私にとっては夢と希望と妄想の塊。 と同時に、日本の恐竜ならもっと嬉しかったのに……そう思っていたからこそ、2006年8月7日に兵庫県丹波市で発見された「丹波竜」は衝撃的でした。 だって、カマラサウルスと同じ竜脚類(大きくて四脚歩行で植物食)で、見た目もすごく似てる! しかも、この丹波竜を展示している「丹波竜化石工房 ちーたんの館」っていう施設と、発掘体験ができる「元気村かみくげ」がまた恐竜マニアにはたまらない空間なんです。 「丹波竜」は どこがすごいの? ポイントはまず、 日本の陸上生物史上最大級の大きさってこと。 全長15m、総重量10〜15トンほどだったと言われていて、首だけでも5m。 お腹のなかには成人男性が6人も入れるほど大きかったとされています。 もうひとつは、 肉食恐竜を吹っ飛ばすほどの圧倒的強 さ。 彼らはあまり動かず、スローライフを送っていたと言われています。 でもその生活を確保するためには、イラストの左にいるような肉食恐竜を黙らせる必要があって、長い尻尾と首の力で一目置かれる存在だったに違いありません。 まだわかっていないことも多いけれど、彼らは日本で初めて見つかった竜脚類で、恐竜時代の謎を紐解く大きな鍵なんです! 興奮が止まらないので、一旦このへんで。 マニアじゃなくても楽しい 「ちーたんの館」 元気村で、丹波竜化石第一発見者の村上茂さんにお会いできました。 実は村上さん、化石の専門家ではなく、趣味の一環で篠山層群の調査をしていたそう。 すでにこの辺りは専門家が調査済みで「こんな赤褐色の地層のところに恐竜はいない」と言われていたんです。 「固定観念のない素人って、時々すごいお宝を見つけるんです。 こんな赤みがかった地層の場所、専門家だったら歩かなかっただろうね」 しかも、調査の1日目で泥岩層の壁面から突き出ていた1本の肋骨の化石を発見。 ここからすべてが始まったんです。 村上さんを中心にした化石調査のボランティアチームは、2019年1〜2月の間に丹波竜発見地のそばで調査を再開予定とのこと。 狙うは、別の恐竜の化石!? すぐに情報をキャッチできるように、とりあえず「丹波新聞社」のをフォローしました(笑)。

次の

丹波竜の里公園は、日本の「ジュラシック・パーク」や。恐竜骨格スライダーも

丹波 竜 の 里 公園

index 目次• 丹波の地で発見された恐竜がいる!? 意外と知らない人も多いかもしれませんが、兵庫県丹波市で2006年に恐竜の化石が発見され、「丹波竜」と名付けられました。 日本では5例目となる、新属・新種の恐竜。 そんな丹波竜発見の歴史を感じながら、楽しめる場所が丹波市山南町上滝にあります。 「丹波竜の里公園」には丹波竜の実物大モニュメントがあります。 体長15m、体高7mの実物大模型は、大人が見ても圧倒される迫力! まるで、映画「ジュラシック・パーク」の世界に飛び込んだよう!? 恐竜好きの2歳の娘も、初めて見る大きな恐竜に大興奮。 このモニュメントを見るだけでも、1時間弱かけて来た甲斐があったと思えました! しっぽも長い! ここにも恐竜!アスレチックすべり台「恐竜骨格スライダー」 丹波竜のモニュメントの他にも、子どもが大喜びしそうなものがありますよ!恐竜の骨格をモチーフにしたすべり台、その名も「恐竜骨格スライダー」! 頭やお腹の部分は、アスレチックになっています。 2歳には結構難しかったようで、登るまで少し時間がかかっていました。 がんばって頂上までたどり着くと、しっぽの部分は長めのすべり台になっています。 がんばって登った後の、ひとすべりは最高! フォトスポットもリアル恐竜 公園内にあるベンチには、小さな恐竜がちょこんと座っています。 なかなかのリアルなその姿に娘は怖がってしまい、近づいて写真を撮ることができませんでした。 (笑) 眠っている恐竜?は虫類のような生き物もいます。 実際の丹波竜発見の地も見に行こう! 丹波竜の里公園から徒歩約10分のところに、実際に丹波竜の化石が発見された場所があります。 遊歩道もあり、美しい篠山川を見下ろしながら散歩できるので、公園と併せて足を運んでみてください! この遊歩道沿いに歩いていきます 遊歩道の横は篠山川 景色を楽しみながら、休憩できるスポットも 丹波竜発見の地! 実際に、化石の発掘作業や調査が行われた現場を見ることができるのは、日本でここだけなんだそう。 子どもと一緒に、丹波竜の生きた1億1千万年前の様子を想像しながら歩いてみると、なんだかロマンがあって、子どもたちの夢も広がりそう! 「元気村かみくげ」に立ち寄り休憩 化石発見地には駐車場がないので、交流施設「元気村かみくげ」の駐車場を利用することができます。 土・日曜、祝日の10:00~15:00(丹波竜グッズは16:00まで)に営業しています。 丹波竜の恐竜VRや実物大全身骨格模型などがある、(車で10分)に立ち寄るなど、とことん恐竜づくしのプランのほか、道の駅に寄って丹波グルメを堪能するプランも交えて、訪れるもの楽しそう! 子どもやママ・パパの興味に合わせてお出かけを楽しんでくださいね。

次の

丹波竜化石工房 ちーたんの館

丹波 竜 の 里 公園

世界の恐竜化石産地の多くは、人里離れた山奥や砂漠の中にありますが、「篠山層群」は公園の中や河川敷、神社の境内などにひょっこりと顔を出しています。 今回はそんな「篠山層群」を見ることができる丹波市のスポットを紹介します。 【川代公園】 丹波市山南町(駐車場あります) 桜で有名な川代渓谷ですが、四季折々の背景が楽しめ、紅葉もとてもきれいです。 [川代渓谷の紅葉] 公園入口には、篠山川に架かる全長約90m、水面からの高さ9. 1mの歩行者専用の大きなつり橋があります。 吊り橋からは篠山層群の地層と篠山川の水流、川代渓谷の紅葉などいろいろな風景を見ることができます。 [川代公園のつり橋] [篠山層群] 吊り橋には「岩石探偵」になるためのレッスンを受けていただくための仕掛けがあります。 QRコードを探して読み込むだけですので吊り橋をゆっくり渡って情報収集してみてください。 川代公園で、はらはら・どきどきの吊り橋を渡ってみたり、紅葉を楽しんでみたり、篠山層群の地層を探してみてはいかがでしょうか。 近くには丹波竜の発見地や丹波竜の里公園もあります。

次の