地響きの影女。 【ペルソナ5ロイヤル】ニイジマ・パレス(新島)【10月29日 潜入】の攻略情報【P5R】

スカディ

地響きの影女

解説 独軍占領下のフランスで、第二次大戦中、悲劇的な抵抗運動に命をかけたレジスタンス闘士たちのエピソードをつづった作品。 製作はジャック・ドルフマン。 ジョゼフ・ケッセルの原作を、「ギャング」のジャン・ピエール・メルヴィルが脚色し、自ら監督した。 撮影はピエール・ロム、美術はテオバール・ムーリッス、音楽はエリック・ド・マルサンがそれぞれ担当。 出演は「ベラクルスの男」のリノ・ヴァンチュラ、「ギャング」のポール・ムーリッス、ほかに、シモーヌ・シニョレ、ジャン・ピエール・カッセル、クリスチャン・バルビエ、ポール・クローシェ、クロード・マン、アラン・リボールなど。 1969年製作/140分/フランス 原題:L'Armee des Ombres 配給:東和 ストーリー フィリップ・ジェルビエ(L・バンチュラ)は、ある日、独軍に逮捕され、キャンプに入れられてしまった。 そして数ヵ月後、突然、ゲシュタポ本部へ連行されることになった。 だが、一瞬のすきをみて、そこを脱出した彼は、その後、抵抗運動に身を投じることとなった。 そうしたある日、彼はマルセイユに行き、フェリックス(P・クローシェ)、ル・ビゾン(C・バルビエ)、ルマスク(C・マン)等と一緒に裏切り者の同志ドゥナ(A・リボール)の処刑に立ちあった。 その後に、彼は、ジャン・フランソワ(J・P・カッセル)に会った。 ジャンの仕事は、名高いパリの女闘士マチルド(S・シニョレ)に、通信機をとどけることだった。 彼はそのついでに、学者である兄のリュック・ジャルディ(F・ムーリッス)を訪ねたが、芸術家肌の兄を心よくは思わなかった。 一方、新任務のためリヨンに潜入したジェルビエのところへやって来たのは、意外にもジャンの兄のジャルディだった。 やがて無事、その任務を果したジェルビエのところへフェリックス逮捕さる、の報が伝えられた。 さっそく、救出作戦を展開したが、ジャンの犠牲も空しく、失敗に終ってしまった。 ジェルビエが再び逮捕されたのは、それから間もなくであった。 独軍の残虐な処刑に、もはや最後と思っていた彼を救ったのは、知略にすぐれたマチルドであった。 それからしばらくたった頃、隠れ家で休養をとっていたジェルビエを、ジャルディが訪ねて来た。 彼の来訪の目的はマチルドの逮捕されたことを告げるためと、口を割りそうな彼女を、射殺するということだった。 現在、仮出所中の彼女も、それを望んでいる、と彼は伝えた。 ある日、エトワール広場を一人歩く彼女に、弾丸をあびせたのは、彼女を尊敬するジャルディ、ジェルビエ、ル・ビゾン、ルマスク等仲間たちだった。 しかし、遅かれ早かれ、彼等の上にも、同じような運命が待ち受けているのだった。 メルヴィル作品の中でも、最もリアリステイックな視線が貫かれ、地響きするほどの凄みに震える一作だ。 「サムライ」や「仁義」などで知られるメルヴィルは、ナチス占領時代、この映画と全く同じ立場でレジスタンス活動に身を投じていたという。 彼は自らの体験を決してそのまま描くような真似はしない。 それゆえストーリーは全くの別物ではあるが、そうであってもあらゆる細部に、彼自身が実際に見たり、触れたりした記憶が直接的ではない形で刻印されているのは確かだ。 あからさまな感情を挟まず、ストイックに淡々と重ねていく描写が特徴的だ。 それゆえ登場人物の「行動」が個性を規定する要となる。 あのメガネ姿の中年男に自ずと魅了され、それにも増して、組織を束ねる小太りのおばちゃんの、あの力強い統率力に惚れ惚れしてしまうのも、きっと「行動」のなせるワザだ。 公開から50周年が経つが、古臭さなど微塵も感じない、心底しびれる作品であった。 ネタバレ! クリックして本文を読む 1942年から1943年にかけてドイツ軍占領下にあったフランスのレジスタンス運動に生死を賭けた者たちの壮絶な悲劇。 フィルムノワールの後継者メリヴィル監督の抑制された静寂な演出タッチが全編を覆い、その暗鬱さが当時の時代の空気感とフランス人の息苦しさを表現する。 兵士同士の戦闘だけが戦争の悲惨さではないことを、改めて強く認識しないではいられない。 抵抗運動の固い絆の根源は祖国愛でも、裏切り者に対する躊躇ない制裁には、人間の追い詰められた極限状態の残虐性が露になる。 主人公ジェルビエが体験する、ゲシュタポのゲーム感覚の処刑のやり方にも驚嘆するが、人間の尊厳を凌辱する意味では共通するのかも知れない。 物語は、イギリスの潜水艦でロンドンに密航、同志がゲシュタポに拘束された知らせを受けて飛行機からパラシュート降下で帰国するところや、ドイツ兵に変装して監禁された仲間の救出を試みるところなど、緊迫した場面が続く。 そして、女闘志マチルダを射殺したレジスタンス仲間4人の男たちもそれぞれ道半ばで殺される結末が、何ともやるせない。 ネタバレ! クリックして本文を読む タイトルから巴里を守ったレジスタンスの活躍ぶりを描く戦争映画かと勝手に想像していたがまるで真逆、レジスタンスの内側を赤裸々に描いて、レジスタンスへの賞賛や美化を真っ向から覆している。 正規軍であれ陰であれ戦いは綺麗ごとでは済まされないというのは分かるが見方によってはナチスもレジスタンスも非道さにおいてはどっちもどっちもの感さえ覚える。 連合赤軍の事件が頭をよぎる。 主人公は仏レジスタンスの裏切り者粛清役だから仲間と言えど情け容赦なく殺す、それだけの話を延々2時間20分も見せられては病気になりそうだ。 歴史とはそういうものだと言われれば善いも悪いもなく、醜悪なだけだ。

次の

【P5R(ロイヤル)】ニイジマパレスの攻略方法とイシの入手場所【ペルソナ5R】

地響きの影女

「なんだ、こいつ!」 「分かりません! 巨影の知識では『女型の巨人』とだけ!」 「女型、女……!?」 確かに、肩まであるブロンドの髪に始まり、胸部には乳房のような器官、プロポーションも見るからに女性的だ。 それが威圧感を緩和するわけでは全くないが。 女型の巨人は流麗なフォームで木漏れ日の下を駆け、着実に俺たちと距離を縮めつつある。 一歩一歩、伝わる振動が背後に迫り来る。 「部隊の人が!」 ユーコの声に振り返る。 二人の部隊員が白煙をなびかせ、女型の背後へと迫っていた。 彼らがブレードを構えアンカーを発射する。 しかし女型は伸ばされたワイヤーを掴み、一方を大樹に叩き付け、もう一方はぐいと引き寄せて叩き落した。 全ては一瞬の出来事だった。 「ワイヤーを……!? あいつ、やっぱり知性がある!」 「しかも、標的は完全に……!」 揺れる前髪の間から女型の目が覗く。 不気味な光を湛える碧眼は、走りながらでもこちらをじっと見下ろしていた。 「立体機動に移りますか!」 「せめてもう少し、引き寄せてから!」 俺の技量では逃れるどころか、この森でまともに飛べるかも怪しい。 しかしそれ以上の機動力など無いのだから、最後には覚悟を決めなければならないだろう。 「あと二十メートル!」 振動が徐々に近づく。 背中の産毛が焼けこげるような、強烈な意思を感じる。 その瞬間、横合いのビルのガラスに無数の亀裂が走った。 咆哮と共にビルの壁面を砕き、一体の巨人が女型へと飛び掛かった。 二体の巨人はもつれ合い、激しく土煙を巻き上げて転がる。 「あれ、前に街で見た!」 ユーコの言葉に思い出す。 巨人の出現した地方都市で、ビルから落下し動けなくなった俺の前に現れ、次々に巨人を屠っていったあの謎の巨人。 馬の歩調を緩め二体に振り返る。 引き倒された女型は男型を押しやるように蹴り飛ばし、二体は距離をとって立ち上がった。 男型の巨人が咆哮を上げながら駆け寄り、大きく振りかぶるアッパーカットを繰り出す。 女型の巨人は素早い足さばきでそれを難なく躱し、強烈な前蹴りを腹部に突き入れた。 男型はそれに押され、二体の巨影がこちらへと迫り来る。 カメラを構えようとしていた俺は、焦って手綱を握り直した。 「うおっ!」 馬が避けた後を二体が横切っていった。 凄まじいまでの地響きが馬体を通し伝わってくる。 男型が踏みとどまり拳を振るうと、女型は最小限のスウェーでそれを避け、大きく距離をとった。 「カメさん、どうします! このまま撮影するんですか!?」 ユーコに問われ一瞬の逡巡が生まれる。 逃げた方がいいとは分かる。 しかし推定ではあるが、味方と言える男型が負けるとは限らないし、本心を言えば二体の知性ある巨人の戦闘を撮り逃したくない。 「続行! 木の上に行こう!」 「はい!」 分かっていた、とばかりにユーコが返す。 「お前も逃げろよ、ありがとうな」 栗毛の馬の首を撫でれば、まるで返事するように彼はいなないた。 「よし、頼む!」 鞍の上に一瞬立ち上がると、ユーコが立体機動装置のアンカーを射出させる。 そして俺たちは巨大樹の幹を昇って、枝……と言うにはあまりに太い、その枝の上に降り立ち、二体の巨人へ向けカメラを構える。 二体のつむじまで窺えそうなアングルだった。 睨み合いを続けていた女型と男型。 張りつめた空気の中、先に動いたのはやはり男型だった。 しかし今度は勢い任せの突進ではなく、ガードを上げた上でのインファイトを仕掛けた。 次々に繰り出されるジャブ、フック、ストレートといった拳打。 対する女型も腕を大きく上げる構えを取り、その拳を受け止め、いなし、躱し続ける。 「すごい……」 ユーコが誰にともなく呟く。 彼らの巨体からは見合わない目まぐるしい攻防、高度な格闘術の応酬。 気付けば俺も熱い息を吐きながらその戦局を撮り続けていた。 状況が動かしたのは女型の繰り出した鋭いローキックだった。 一瞬ではあったが、脛の辺りにダイヤのようなコーティングが出現し、それによって男型の片足首を切断したのだ。 男型はたたらを踏んで後退し、片足だけでかろうじてバランスを保つ。 「今一瞬、脛の辺りが」 「あれは硬質化という能力です。 ああして攻撃にも防御にも応用できます」 ユーコの解説する通り、殴打が斬撃に変じる程の効果を生むようだ。 「あの格闘術にそんな能力なんて、反則だろ。 男型にも何かないのか」 「男型は……まだ何も読み取れません」 その時、男型が片足だけで大きく跳躍した。 覆い被さるように迫る男型に対し、女型は件の構えから大上段のハイキックを繰り出した。 凄まじい衝撃に木々の葉が揺れる。 そんなものをモロに顔面に喰らった男型は吹き飛ばされ、大樹に背中を強く打ち付けて座り込んだ。 舌をだらりと垂らし、ピクリとも動かない。 「あ、これ……まずいか?」 そんなもの言わずとも分かるだろうに、思わず口に出た。 残心を解いた女型がこちらに歩み寄る。 「ま、待てよ、登れないだろきっと……」 そんな一縷の望みを持ってみるが、女型の巨人は俺たちの立つ大樹に、硬質化させた指を突き刺し登り始めた。 激しい揺れにしゃがみ込む。 「ま、まあ正直分かってた!」 「どうしましょう!?」 「どうするって、逃げるしかないだろ立体機動で……!」 自らの技量に多大な不安は残るが、そうするしかない。 覚悟を決めた時だった。 ぞくりと、体を貫く熱気と悪寒。 それはあまりにも明確で、強烈な……殺意。 「変わっ、た」 ユーコが強張った声でつぶやく。 真下まで迫り来る女型のことも忘れ、俺はその方向を見やる。 しかしそれは女型も同様で、木の幹にしがみついたまま、顔だけ振り返っていた。 男型の巨人が 燃 ・ え ・ て ・ い ・ た ・。 体表に走ったヒビのような亀裂からは炎と煙が漏れ出し、全身に火の粉をまぶしたような、それは焔の化身と言って差し支えない姿だった。 片足も無いままに獣の如く駆け出し、大樹を登る女型に飛び掛かる。 背中から抱き着くような形になると、肩口に深く喰らいついて血を噴き出させた。 ここにきて初めて、女型の巨人が叫び声を上げる。 それは驚愕か痛み、あるいは双方か。 「この熱っ!」 大樹が激しく揺さぶられる中、凄まじい熱気が男型から吹き上げてくる。 男型が更に深く噛み込むと、女型の指がとうとう大樹から離れ、二体は数十メートルを落下して激しく土煙を立てた。 「なんだよ、あれ」 「私にも……」 女型が素早く立ち上がり、大樹を背にして構える。 森全体に響き渡るような、衝撃的でおぞましい叫びと共に、砂煙の中から男型が現れる。 既に拳を振りかざした状態で。 女型の腹部に全力の拳が叩き込まれる。 一瞬視界がぶれるほどの激しい衝撃が吹き荒れ、女型の体は巨大樹をへし折って高々と舞い上がった。 「うおあぁぁっ!」 「カメさん!」 その衝撃で中空へと放り出され、浮遊感に襲われる中、立体機動装置によって体勢を立て直し、俺たちは別の大樹の枝へと移る。 見下ろせば、男型が女型に馬乗りになり、拳を振り下ろす場面だった。 抵抗も無い女型に撃ち下ろされた鉄槌は、女型の肩から首にかけてを完全に粉砕した。 血しぶきを上げて腕が吹き飛び、首が宙に舞う。 そのあまりに凄惨な光景を、震える指で写真に収める。 繰り広げられる圧倒的な暴力は、暴走したエヴァ初号機を彷彿とさせた。 「なんなんだよ、こいつは、こいつらは」 「に、逃げましょう、今のうちに。 「木が倒されたおかげで、枝葉に隙間ができました。 今なら」 「ああ。 これ以上は……」 ドローンに搭乗し、枝葉の合間から上空へと抜け出す。 その最中、眼下の男型の巨人が咆哮した。 その声は怒り、憎悪、復讐……あらゆる負の激情を表しているようで、俺はぶるりと身震いした。

次の

ペルソナ5 潜入道具の材料の入手方法データ

地響きの影女

【宝箱・サーチオブジェクト】 節制奪われし路のサーチオブジェクト 【敵撃破】 ・ラクシャーサ(無類の戦闘狂) カネシロ・パレス、美徳奪われし路のエリア5~9 ・イシス(生死を巡る女神) フタバ・パレス、慈悲奪われし路のエリア5~11 ・アラハバキ(墓から目覚めた祖神) オクムラ・パレス、感動奪われし路のエリア1~10 ・ヴァルキリー(葬送の女騎士) ニイジマ・パレス、寛容奪われし路のエリア2~4 ・バロン(熱病に踊る獅子) シドウ・パレス、寛容奪われし路のエリア11・12 ・キングフロスト(氷雪の覇者) シドウ・パレス、寛容奪われし路のエリア8・11・12 アルミ板 入手方法 【宝箱・サーチオブジェクト】 美徳奪われし路のサーチオブジェクト 慈悲奪われし路のサーチオブジェクト 感動奪われし路のサーチオブジェクト 寛容奪われし路のサーチオブジェクト 【敵撃破】 ・ナーガ(洞穴のヘビ男) フタバ・パレス、慈悲奪われし路のエリア2~9 ・ブラックウーズ(汚泥の脈動) オクムラ・パレス、感動奪われし路のエリア1~6 ・スカアハ(影を統べる呪術師) オクムラ・パレス、感動奪われし路のエリア10~12 ・クヴァンダ(精気すする隣人) ニイジマ・パレス、寛容奪われし路のエリア4・5 ・バフォメット(邪宗のヤギ導師) シドウ・パレス、寛容奪われし路のエリア13 ・フォルネウス(奇弁の海の怪魚) シドウ・パレス、寛容奪われし路のエリア12・13 水銀• 攻略のポイント• 学生ライフ• 怪盗ライフ• 学生ライフ攻略チャート• トロフィー収集(1周目)• トロフィー含む全要素回収(2周目以降)• パレス&メメントス攻略• 強敵攻略• ペルソナ作成• リクエスト攻略• イベントデータ• 種類別• 月別詳細データ• コープデータ• アルカナ(キャラ)別• スポットデータ• パレス&メメントスデータ• パレスデータ• メメントスデータ• ペルソナ合体• ペルソナデータ• 主人公のペルソナ• スキルデータ• アイテムデータ• トロフィーデータ•

次の