ボブ ヘアカタログ。 【2020年夏】ボブの髪型・ヘアアレンジ|人気順|2ページ目|ホットペッパービューティー ヘアスタイル・ヘアカタログ

≪ 2020 夏 : 新着順 ≫ ショートヘアスタイル髪型

ボブ ヘアカタログ

2020年最新!【髪型別・人気のヘアスタイルまとめ】 簡単スタイリングでおしゃれにキマる、小顔効果があるetc. 最新のおすすめヘアスタイルは? ショート、ボブ、ロングなど髪型別に人気のヘアスタイルをまとめました。 [目次]• 横顔に柔らかさが出るよう、毛先にワンカールのパーマをかけて丸みをメイク。 さらに前髪の両サイドを少し長めにして、耳かけした時にキレイな毛流れが出るようにデザインしています。 細部までこだわり抜いたショートは、簡単スタイリングで小顔効果もバッチリ! 重めのアウターにも映える、今冬おすすめのスタイルです。 ベースはサイドが耳にかかるレングスのグラデーションショート。 毛先が先細りになるように質感調整を施して、柔らかい毛流れに仕上げます。 前髪は眉ラインに設定し、サイドを長めに残して小顔を演出。 パーマは太めのロッドで毛先を1回転巻き、デジタルパーマをオン。 ナチュラルな丸みを加えることで、ショートヘアに女の子らしさをプラスして。 カラーは11トーンのシナモンベージュをセレクト。 たっぷりのツヤ感で大人上品な仕上がりが楽しめます。 根元を立ち上げるように前から後ろへ向かってドライ。 根元が乾いたら、ふんわり感をつぶさないように前へ向けて毛先を整えていきます。 ツヤ感が愛らしさのカギになるから、スタイリング剤はヘアオイルをセレクト。 少量をよく手にのばし、内側から全体へとなじませて。 全体が均一な質感になったら、お好みでサイドを耳にかけてできあがり。 パーマをかけずにアイロンでスタイリングするなら、ストレートアイロンがおすすめ。 中間〜毛先をワンカール巻いて、ごく自然な内巻きに仕上げてみて。 もったりするのを防ぐため、内側の髪は巻かないことがコツ。 サイドを耳にかけてコンパクトに仕上げつつ、表面で動く毛束を作ってキメすぎずナチュラルに。 自然な抜け感のある仕上がりで、抜群の好感度を約束します。 毛先にワンカールのパーマをかけると、スタイリングのしやすさがUP! シルエットをひし形にすることで小顔効果も楽しめます。 ベースはリップラインレングスのショートボブ。 グラデーションカットでまとまりを与え、トップにレイヤーを少々入れて動きをプラス。 襟足は首に沿うようにレザーでカットして、キュッと引き締めます。 パーマは22〜26㎜ロッドを使い、毛先のみワンカール巻いて低温デジタルパーマをオン。 ふんわりとした大きめのカールで、ナチュラルな丸みのあるシルエットを手に入れて。 カラーは10トーンのオレンジベージュをメインに使い、全体へ細かくハイライトをイン。 ヘルシーなオレンジカラーに透明感と陰影が備わり、立体感のあるスタイルに仕上がります。 根元から温風を当ててドライ。 とくにトップはふんわりとするよう、左右からドライヤーを当てて根元を振りながら乾かします。 スタイリング剤は、硬毛や多毛の人はオイルクリームなど油分多めのアイテム、軟毛やつぶれやすい人は軽めのヘアクリームをセレクト。 手と指の間によくのばしてから髪全体にしっかりとなじませて。 サイドを軽く耳にかけ、手に残ったスタイリング剤で前髪を整えてできあがり。 ペタンとしがちな時は最後にキープスプレーを吹きかけます。 気分や着こなしに合わせて前髪をかき上げ、前髪ナシのスタイリングにしてもgood。 かき上げた前髪が顔まわりで後れ毛のように動き、大人っぽくニュアンシーなスタイルに変身します。 トップにレイヤーを入れて抜け感を出しつつ、スッキリとした襟足でシルエットをミニマルに。 ストレート質感でサラリとスタイリングして、楽ちん仕上げのおしゃれスタイルを満喫して。 柔らかい風合いのハイトーンカラーならモードに転びすぎず、女性らしく優しげな雰囲気が楽しめます。 ベースは襟足をタイトにカットしたマッシュショート。 トップにレイヤーを入れてふんわり感を出し、前髪は目元ギリギリからサイドへ丸いラインでつなげて、モードな雰囲気を演出します。 カラーは9トーンのラベンダーベージュをセレクト。 ベージュ系にラベンダーをブレンドすることで柔らかさが生まれ、透明感とツヤがUP! 髪がキレイに見える上、肌までワントーン明るく見えるおすすめのカラーです。 地肌中心に温風を当て、根元をよくこすりながら乾かして自然なボリュームを出します。 襟足はつぶすイメージで乾かし、頭のカタチを丸く仕上げるとより美人な印象に。 スタイリング剤は柔らかめのワックスか軽めのシアバターを選び、少量をよく手にのばしてから全体になじませて。 最後に手ぐしで整え、顔まわりに束感を与えてできあがり。 気分転換したい日は、前髪をパートチェンジすると一味違った雰囲気に。 サイドパート&ウェットなスタイリングなら、ぐっとクールな表情に変身できます。 頭の形がキレイに見えるシルエットを意識することで、近くで見ても遠くから見ても美人なバランスに。 さらに顔まわりのカットで輪郭を引き締めて、最高の小顔に仕上げています。 ポイントでセミウェット質感にすると、今っぽさがUP! 簡単スタイリングでおしゃれにキマる、魅惑のショートにトライして。 ベースは丸みのあるシルエットで仕上げたショートスタイル。 襟足は浮かないようタイトにカットし、前髪は目元でカットします。 ポイントはサイドを耳たぶが見える長さでカットすること。 適度な女らしさを感じさせつつ、ほおをカバーしてぐっと小顔に。 耳かけにしてマニッシュに仕上げるのもおすすめです。 カラーは9トーンのフォギーブラウンをワンメイク。 肌なじみのいいブラウンは、美肌効果も上々。 ピンクやブラウン、ボルドー系のメイクとも好相性です。 地肌中心に温風を当ててドライ。 ほぼ乾いたら上からドライヤーを当てて、タイトなフォルムに仕上げます。 スタイリング剤はワックスまたはバームをセレクト。 少量をよく手にのばし、襟足と顔まわり中心につけて膨らみをオフ。 トップをつぶすとやぼったく見えるので、頭頂部はふんわり感をキープします。 最後に顔まわりにコームを通し、毛流れを整えてできあがり。 全体的にボリュームを控えて、タイトにスタイリングするのがおしゃれ感のカギ。 前髪はサラリと下ろすほか、センターパートやかき上げ風にしても可愛いですよ。 長めの前髪で目元に色気を与えつつ、スッキリとした襟足で少しハンサムに。 媚びないムードで心をつかむジェンダーレスな雰囲気が新鮮です。 パーマをかけるスタイルだから、朝のスタイリングも楽々。 忙しい女子の時短ヘアとしてもおすすめです。 気負いなく自然にキマる、おしゃれショートにぜひトライ。 ベースはサイドをグラデーション状にカットしたショートスタイル。 トップにレイヤーを入れて動きを出し、襟足はタイトにカットします。 パーマは太めロッドで全体を平巻きにし、エアウェーブをオン。 髪がゴワつかないダメージレスな施術で、短めヘアにしなやかなカールを与えてみて。 カラーは8トーンのアッシュグレーをセレクト。 そこへマット系のカラーを足して髪の赤みを消し、透明感をUP! 髪だけでなく肌のくすみもカバーして美肌に見せる、今季おすすめのカラーです。 地肌中心に温風を当て、根元を起こしながらドライ。 襟足は上からドライヤーを当ててタイトにし、トップは髪をほどよくもみ込んで、カール感を出しながら乾かします。 スタイリング剤はヘアバームとヘアミルクをセレクト。 2つをよく混ぜて手にのばし、根元から毛先まで均一にもみ込んで。 前髪は根元から軽く手ぐしを通し、指先で束感をつけてフィニッシュ。 さらに動きが欲しい時は、26㎜アイロンで毛先を巻いてカールを足してもOKです。 巻きすぎると質感が硬くなるから、熱を当てすぎないように手早く巻くこと。 イメージを変えたい時は、オイルでウェット質感にしてクールな表情を狙っても素敵。 パートチェンジでも雰囲気が変わるから、着こなしに合わせてお気に入りのスタイリングを見つけてみて。 【秋冬におすすめのヘアスタイル】シャープな魅力に色気がチラリ。 目元で遊ぶ前髪と艶やかなカラーリングで女っぽく。 相反するエッセンスを組み合わせたヘアは、凛とした美しさに満ちた仕上がり。 ふんわりとしたトップとタイトな襟足でメリハリを加えたら、上質な色気が漂う大人ショートが完成します。 スタイリングが簡単な上に小顔効果もバッチリ。 横顔までも美人に見せる、抜かりのなさもさすがの一言。 ベースはノーズラインの前下がりショートボブ。 内側からしっかりとレイヤーを入れ、ボブのラインを残しながら軽さをプラス。 顔まわりはレイヤーを控えめにして、シャープなラインに仕上げます。 シルエットがモタつかないよう、耳上の毛量を減らすこともポイントに。 基本的にストレートのスタイルですが、柔らかさが欲しい人は毛先のみデジタルパーマをかけてもgood。 カラーは透け感とくすみ感を両方取りできる、9トーンのフォギーベージュをセレクト。 たっぷりのツヤとラフな質感を楽しめる秋のおすすめカラーです。 トップは根元中心に温風を当て、分け目を消すようにふんわりとドライ。 襟足部分は押さえるように乾かし、メリハリのある美しいシルエットを作ります。 スタイリング剤は軽めでもセット力のある、スフレタイプのアイテムをセレクト。 今回はミルボン ジェミールフランのオイルスフレを使っています。 もみあげ部分にも根元からなじませると、ふくらみにくくタイトな仕上がりが楽しめます。 短いほどにピュアな色気が漂う、そんなベリーショートがこちら。 前髪を立ち上げるとマニッシュに転びがちですが、丸みとボリュームをキープすることで女性らしさをアピール。 さらに額に落ちる前髪で、目元を愛らしく彩ります。 ハンサムで可愛くて色っぽい…異なるテイストが詰まった大人ショートで、多面的な魅力を放ってみて。 ベースはもみあげから襟足にかけてセイムレイヤーでカットしたショートヘア。 ボーイッシュにならないよう表面〜中間は長さを残し、丸みと髪のツヤ感をキープ。 軽さと重さのメリハリをつけることで、女性らしいシルエットに仕上がります。 基本はノンパーマのスタイルですが、直毛の人や柔らかさが欲しい人は、毛先にパーマをかけてもOK。 カラーは10トーンのモカグレージュをワンメイク。 深みと温かみのある発色は秋のムードにぴったり。 明るめでも落ち着きがあり、ショートに大人の気品を与えます。 根元中心に温風を当て、トップと前髪をしっかりと立ち上げながら乾かします。 その後26㎜のアイロンを使い、毛先に丸みをつけるイメージでカールをオン。 巻きすぎず、ナチュラルな質感に仕上げることがポイントです。 スタイリング剤はやや固めのシアバターを選び、手によくなじませてから全体の毛先と前髪にもみ込んで。 手に残ったバターをもみ上げと襟足につけ、シルエットを引き締めてできあがり。 コツはスタイリング時にトップのボリュームをつぶさないようにすること。 ドライ時に前髪をオールバックにするように乾かすと、時短できてシルエットも整います。 ファッションに合わせて前髪をおろし、少し甘口に仕上げても可愛いですよ。 毛束を顔まわりでシャープに沿わせたボブは、パツンとしたラインと束感がおしゃれムード満点。 シルエットをタイトに抑えてセミウェットな質感で仕上げると、トレンド先取りの最新ボブができあがり。 誰よりスタイリッシュで小顔効果も楽しめる、贅沢なスタイルに挑戦しては? 前下がりのボブベースで、前髪は眉ラインでカット。 襟足の髪が見えないように内側を短めに切り込み、コンパクトなシルエットに仕上げます。 カラーは9トーンのショコラベージュにほんの少しパープルをブレンド。 イエローと反対色のパープルを入れることで、髪の黄みがオフされて透明感のあるカラーがお目見え。 ストレートヘアにマッチする、艶やかな髪色を体験して。 根元中心に温風を当ててラフに乾かします。 美しいストレートが自慢のスタイルですが、ペタンとすると古っぽいのでトップをつぶさないように注意して。 潤いと束感重視で仕上げたいから、スタイリング剤はヘアオイル一択。 少量を手によくのばしたら、内側から全体へとなじませて。 手に残ったオイルを前髪にもなじませ、全体をセミウェット質感にしてできあがり。 前下がりのカットラインを輪郭に沿わせると、小顔効果がさらにUP! 着こなしに合わせて内側の髪を耳にかけ、よりコンパクトなシルエットに仕上げるのもオススメです。 トップに入れたレイヤーの効果で、短めレングスでもふんわり女っぽいのが自慢。 顔まわりの長さを残しているから、スタイリングで簡単にイメチェンも可能です。 オトナ女子が取り入れやすい、控えめな外ハネヘアにぜひトライ。 リップラインでカットした短めのボブベースで、表面にレイヤーで動きをプラス。 裾は切りっぱなし風にして、パツンとした質感をキープします。 前髪は目に被る位置でごく薄めにカット。 シースルーな質感で女っぽさを引き上げて。 カラーは7トーンのベリーショコラをメインに使い、表面中心に細かくハイライトをイン。 秋らしい深みのある髪色を楽しみつつ、旬な透明感も手に入るおすすめのデザインです。 根元中心に温風を当ててドライ。 乾いたら26㎜アイロンを使い、全体の毛先を軽く外ハネに巻きます。 表面は毛束を持ち上げてワンカール内巻きに。 この一手間でふっくら立体的な仕上がりになるから、ぜひ試して。 前髪はアイロンで少し強めにカールをつけて、目元に奥行きをプラス。 マジックカーラーで巻いてもOKです。 スタイリング剤は軽めのオイルを使い、手によくのばしてから手ぐしでなじませて。 コツはまず内側からなじませ、だんだん外側に広げていくこと。 これでつけ過ぎをセーブでき、お好みの質感に仕上がります。 最後に手に残ったオイルで前髪に束感をつけてできあがり。 気分を変えたい日は、前髪をピタッと分けてグリースやシアバターでタイトにしても素敵。 モード&レトロなおしゃれルックが楽しめます。 さらに外ハネとハイトーンカラーで旬のエッセンスを加えたら、感度抜群の今っぽヘアが完成します。 カットラインをキレイに残しているから、のばす途中も美しいシルエットがキープ可能。 オイルでウェットにスタイリングすれば、幼くならず大人カジュアルに仕上がります。 ベースはあごラインのワンレンボブ。 外ハネにした時に中の髪が見えないよう、内側を少しだけ短めにカット。 前髪は眉上に設定し、パッツン&薄めにカットします。 カラーは12トーンのフォギーベージュをセレクトし、アクセントとしてグレーをMIX。 柔らかなグレーが加わることで落ち着きが加わり、まろやかさがUP。 ハイトーンでも奇抜じゃない、透明感たっぷりの髪色が楽しめます。 根元中心に温風を当ててラフドライ。 乾いたら26㎜アイロンを使い、全体を外ハネにワンカール巻きます。 前髪は巻かずにストレートのままでOK。 スタイリング剤は軽めのヘアオイルを選び、手によくのばして髪の内側からなじませて。 自然な外ハネができたら全体と前髪にもオイルをつけ、ツヤと束感を与えてできあがり。 サイドを耳にかけてシルエットをタイトにすると、よりカジュアルな表情に。 大きめのピアスやスカーフと合わせてもおしゃれ感が高まります。 目元に落ちる毛束を計算したショートボブは、それだけでメイク並みの美人効果を発揮。 さらに顔型に合わせてフェイスラインをデザインすることで、最高の小顔を約束します。 ひとりひとりにフィットするオーダーメイドのカットテクで、あざといまでの美しさを今すぐ体験して。 ベースはあごラインの短めボブで、内側のボリュームをしっかりとオフ。 さらに表面にスライドカットで隙間を作り、抜け感をプラスします。 目元で遊ぶ毛束を作るため、顔まわりに長さを残すこともポイント。 基本はノンパーマのスタイルですが、直毛の人は23ミリの円すいロッドで毛先をランダムに巻くと、ほどよい柔らかさが生まれます。 カラーは8トーンのカーキアッシュをメインに使い、デザインに同系色のローライトをイン。 顔まわりに細めのローライトをたっぷり入れることで輪郭が引き締まり、小顔効果が高まります。 軽く下を向き、手ぐしでラフにほぐしながらドライします。 スタイリング剤は軽い質感が作れるパウダーワックスをセレクト。 今回はナプラのモレット パウダーケアクリーム スウィートを使用しています。 つけ方は少量をよく手にのばし、乾かし方と同様にラフに全体になじませればOK。 トップを8:2くらいでパート分けして高さを出し、毛先にウェットな束感を与えると大人っぽさがUP! コーデに合わせてウェット感を強め、タイトにスタイリングするのもオススメです。 ゴールド系のピアスで引き締めを与えて、誰もが振り返るようなおしゃれオーラを放ってみて。 髪色は透け感たっぷりのシアベージュを選び、ツヤを与えたスタイリングでワンランク上の透明感ヘアを手に入れて! 大人っぽさとヘルシー感あふれるヘアは、丸みを抑えたタイトなシルエットがカギ。 クールな印象に転ばないよう前髪は少し短めにカットして、フレッシュな印象も両方取りに。 ベースはあごレングスの前下がりボブ。 インナーグラデーションを入れて、毛先のパッツン感を残しながら毛量を調整。 前髪は眉ラインでカットします。 カラーは10トーンのシアベージュをセレクト。 ベージュ系にパープルをブレンドすることで髪の黄ばみが消え、スタイルの透明感がUP! 重さを残したスタイルに軽さが生まれて、バランスの良い仕上がりに。 元々の髪の黄色みに合わせてパープルの量を調節することが、ほどよい透け感を出すコツです。 根元から髪を立ち上げるように乾かして、トップにふんわり感をメイク。 あまり内巻きにならないよう、手ぐしを通してサラリとした質感に仕上げます。 スタイリング剤はツヤとウェット感が出るヘアオイルを使用。 手によくのばしたら、まず内側の中間〜毛先になじませて。 次に表面につけ、手に残ったオイルで前髪に束感をメイク。 最後に手ぐしを通し、質感を均一にしてできあがり。 デイリーはこれでOKですが、お出かけの時はヘアアイロンでバーションアップ! 全体の中間〜毛先にスッと通すと、さらに艶やかな仕上がりに。 ポイントはカール感を出しすぎず、手早くアイロンを通すこと。 タイトなシルエットとサラツヤの質感で、極上のストレートボブを完成させて。 フォギーベージュの髪色なら、髪と肌をキレイに見せる効果抜群。 キメすぎず雰囲気がある、こなれ顔のカジュアルヘアに今すぐトライ。 ベースは前髪を長めに残したショートボブ。 骨格に合わせてレイヤーを入れ、ほどよい動きと束感で顔まわりにニュアンスを与えます。 パーマは22〜26㎜ロッドを使い、毛先のみ平巻きにして低温デジタルパーマをオン。 成分の90%以上にトリートメントを配合したオリジナルの薬剤を使うことで、ダメージを抑えて柔らかさに満ちた仕上がりに。 パーマで毛先が硬くなったり、髪がパサつく心配もありません。 カラーは9トーンのフォギーベージュを選び、細かくハイライトをイン。 柔らかさと立体感のコラボで、洗練度をさらに高めて。 根元中心に温風を当て、手ぐしを通しながらラフドライ。 トップは根元を立ち上げるように左右からドライヤーを当てて、ふんわりとしたベースを作ります。 スタイリング剤はシアバターを使い、手によくのばして髪の内側からなじませて。 髪のボリュームを出したい人は軽めのクリーム、ボリュームを抑えたい人はヘアオイルを使ってもOK。 どのスタイリング剤も最初は少量を使い、全体の質感を見ながらつけ足すとバランスよく仕上がります。 片サイドを耳にかけて大きめのピアスをつけたり、すっきりとした首まわりにスカーフを巻いても素敵。 柔らかな直毛を叶える『プレミアムストレートパーマ』の効果で、乾かすだけでふわサラの仕上がりに。 さらにレイヤーで骨格を補正することで、美人度もグッと高まります。 忙しい日のために、結べる長さをキープするのもおすすめのテク。 ストレス知らずのおしゃれヘアで、余裕たっぷりの知的レディに。 重めのノーバングボブベースで、ひとつに結べる長さにレングスを設定。 レイヤーは顔まわりと表面を中心に施して、骨格が美しく見えるようにデザイン。 耳かけした時のシルエットも計算するのがポイントです。 柔らかな質感が自慢の『プレミアムストレートパーマ』は、乾かすだけで自然な内巻きにまとまる人気メニュー。 毎朝のスタイリングが時短できるから、クセ毛の人だけでなく直毛の人にもおすすめです。 カラーは6トーンのシアーショコラに、ナチュラルブラウンとモノトーンをブレンド。 髪の柔らかさを引き立てつつ、地毛風の落ち着いた印象を演出します。 地肌中心にドライヤーを当て、髪の根元を起こすように乾かします。 基本はこれだけでスタイリング完了ですが、ファッションや湿度に応じて、少量のヘアワックスなどを使ってもOK。 顔まわりにレイヤーが入っているから、サッと束ねた時も美人な小顔に仕上がります。 イメチェンしたい日は毛先をアイロンでワンカール巻くと、より動きのあるスタイルに変身! 時短もおしゃれも思い通りに叶う、デキる女のボブスタイルにぜひトライして。 ほどよいくびれフォルムで抜け感が生まれ、スタイルの鮮度がUP! 顔を小さく見せるとともに、イキイキとした表情を演出します。 艶やかなブラウン系カラーとのコラボなら、美肌効果も上々。 好感度バッチリの透明感ヘアで秋のおしゃれを楽しんで。 ベースは前上がりラインのミディアムスタイル。 毛束に厚みが出るように毛量をキープしつつ、表面にレイヤーを入れて動きをプラス。 前髪は眉下ラインで軽めにカットします。 カラーは9トーンのココアブラウンをワンメイク。 ほんのり赤みを感じるブラウンは、大人に似合う上品なツヤが自慢。 髪や肌をキレイに見せて、美人度をUPさせます。 地肌中心に温風を当て、髪を立ち上げながらドライ。 手ぐしを通しながら毛先まで乾かし、ツヤたっぷりに仕上げます。 乾いたら32㎜アイロンを使い、中間〜毛先を縦巻きにして波状のカールをオン。 コツはできるだけ毛束を細かく分け取り、短時間でサッと巻くこと。 熱を当てすぎるとゴロッとしたカールになるので注意して。 さらにポイントで毛束を取り、持ち上げながら巻いてふんわりと動くカールをメイク。 全体を巻いたら毛束をよくほぐし、軽いテクスチャーのオイルまたはワックスをなじませてできあがり。 お好みでこめかみ部分の髪をサイドへハネさせてもgood。 顔を包み込むレイヤーで軽くくびれを作り、メリハリのあるスタイルに仕上げてみて。 計算ずくのダブルバングで最高の小顔ヘアがお目見え。 さらにレイヤーで首元にくびれを作れば、セクシーさがぐんとUP。 セミウェットな質感で仕上げて、ミステリアスなムードが漂う女っぽミディを完成させて。 ぽっちゃり感や丸顔をカバーしたい人はもちろん、アレンジ好きの人も要チェック。 のばしかけヘアの気分転換にもぴったりです。 胸上レングスのミディアムベースで、首元にレイヤーを入れてくびれシルエットをメイク。 前髪の両サイドはほおにかかるようにカットし、中央部分は目元ギリギリの位置に設定。 質感軽めのシースルーバングにして、女っぽさと小顔効果を引き上げます。 カラーは9. 5トーンのオリーブベージュをセレクト。 柔らかな風合いのベージュ系にオリーブのくすみをプラスすることで深みが加わり、エキゾチックなムードを演出できます。 根元から髪を立ち上げるように乾かし、ふんわりとしたベースを作ります。 乾いたら26㎜アイロンを使い、全体の毛先をランダムに巻いて。 巻いたらすぐにほぐすとナチュラルな質感に仕上がります。 スタイリング剤はヘアバームまたはオイルを選び、手に薄くのばして毛先からオン。 表面につけると重くなるので、内側からもみ込むことがポイントです。 手に残ったスタイリング剤を顔まわりにもなじませ、軽く束感をつけてできあがり。 アレンジをするなら髪を後ろに集めてルーズな三つ編みにしたり、低めのポニーテールにするのがおすすめ。 顔まわりの毛束を残して結ぶと、ウワテな雰囲気の大人アレンジに仕上がります。 表面部分にレイヤーをたっぷり入れているから、軽く巻くだけで浮遊感のあるスタイルがお目見え。 シースルーバングとの相乗効果で、フッと力が抜けたようなこなれ感を発揮します。 全体にレイヤーを入れて動きを出し、顔まわりにも短いレイヤーを加えて輪郭をカバー。 この時、顔まわりに後れ毛を作ることも忘れずに。 前髪は眉ラインに設定して軽めの質感に仕上げます。 今回はアイロンで巻くスタイルですが、全体にゆるめのパーマをかけてもOK。 カラーは9トーンのシナモンベージュをメインに使い、ブリーチで細かくハイライトをイン。 表面や顔まわりへ細かく入れることで、全体を明るく見せつつ奥行き感も演出。 ナチュラルに仕上がるよう、細い毛束でなじむようにデザインすることがポイントです。 ドライヤーを色々な方向から当て、髪を根元から起こすように乾かします。 乾いたら32㎜アイロンを使い、まず内側の髪を外ハネ巻きに。 次に全体をざっくりとリバース&フォワードのミックス巻きにし、ランダムなカールをメイク。 最後に表面のレイヤー部分をミックス巻きにして、より空気感のあるスタイルに。 顔まわりの後れ毛部分は外ハネにして、抜け感を与えることがポイントです。 スタイリング剤はクリーム系や柔らかめのワックスなど、ほどよい保湿効果とキープ力があるものをセレクト。 小指の爪大を手のひらでよくのばし、毛束を後ろへねじりながらオン。 全体になじんだら軽くほぐし、シルエットを整えてできあがり。 スタイリング剤をつけすぎると質感が重くなるから注意して。 ダウンスタイルはもちろん、顔まわりのレイヤーや後れ毛を残し、ラフなポニーテールやおだんごにしてもおしゃれです。 【秋冬におすすめのヘアスタイル】サイドバングでおしゃれに、小顔に。 異なる魅力がキュッと詰まったミディアムは、働く女子におすすめの上質な仕上がり。 シースルーバングで抜け感を出しつつ、スタイリングで束感を与えることで、軽さとまとまりを両方取りに。 さらに顔まわりの髪を長めに残した『サイドバング』の効果で、文句ナシの小顔をメイク。 扱いやすくて可愛くキマる、優秀ヘアにぜひトライして。 肩につくレングスのミディアムベースで、表面にのみレイヤーをプラス。 バックシルエットをラウンド状にカットし、顔まわりは少しだけ前上がりにします。 さらに顔まわりにサイドバングを作ることで、巻いても流してもハネさせても可愛い、小顔スタイルを完成させて。 パーマは20〜24㎜ロッドを使い、全体を平巻きにして低温デジタルパーマをオン。 ダメージレスな施術で仕上げる、柔らかさに満ちたカールをお楽しみに。 カラーは9トーンのこっくりブラウンをセレクト。 どんなファッションとも相性がよく、肌色も明るく見えるカラーは、オフィスでも好感度バツグン! ほどよく華やかで柔らかい、オトナの魅力を演出します。 根元中心に温風を当て、毛束を左右に振りながらドライ。 トップは少しジグザグにパート分けすると、時間が経ってもつぶれにくくなるからお試しを。 スタイリング剤はミルクワックスや軽めのシアバターなど、ウェットすぎないアイテムをセレクト。 少量をよく手にのばしてから、全体の毛先中心にもみ込んで。 次に前髪とサイドバングの毛先になじませ、軽く束感を与えてできあがり。 もっと動きが欲しい時は26㎜アイロンを使い、内側の髪を外ハネ巻きに。 さらに表面の髪を5〜6束取ってリバース&フォワードに巻くと、立体感がUPします。 不自然にならないよう、どの場所も巻きすぎにご注意を。 忙しい日はスタイリング剤をつけてからサッとひとつに束ねるだけで、知的な小顔スタイルが楽しめます。 全体に低めのレイヤーを入れてパーマをかけているから、簡単スタイリングでふんわりヘアのできあがり。 セミウェット仕上げで潤いを与えて、艶やかな女っぽヘアを手に入れて。 仕上がりを鎖骨レングスにすることで、ボリュームを出しても軽やかさたっぷり。 サッと束ねてもおしゃれにキマります。 ベースは鎖骨レングスのミディアムスタイル。 全体に低めのレイヤーを入れて動きを出し、毛先は重さを残しながらスライドカットでボリューム調整。 前髪は眉下でやや厚めにカットします。 パーマは20〜24㎜ロッドを使い、内側を平巻き、中間はリバース&フォワード方向へ平巻き、表面はリバース&フォワード方向へ中間巻きにして低温デジタルパーマをオン。 トリートメント成分たっぷりの薬剤を使うことで、柔らかくダメージレスな仕上がりに。 カラーは10トーンのウォームベージュをセレクト。 ほんのりラベンダーを加えるテクで、ツヤ感と色の深みがUP! 潤いに満ちた美髪スタイルが楽しめます。 毛先が乾燥しないよう、まず根元からドライ開始。 毛先が少し湿った状態まで乾いたら、顔まわりの髪をリバース方向へ流しながら温風を当てて、ふんわりとした毛流れに仕上げます。 スタイリング剤はオイルワックスまたは柔らかめのムースをセレクト。 手によくのばしたら、まず毛先〜中間になじませて。 シルエットのバランスを見ながら全体を整え、手に余ったスタイリング剤を前髪の毛先につけてフィニッシュ。 さらに毛束を指で裂きながらほぐすと、より浮遊感のあるスタイルに仕上がります。 アレンジをするなら、ラフなカールを生かしたハーフアップや低めのポニーテールがおすすめ。 厚めの前髪との相乗効果で、大人可愛いスタイルができあがります。 毛束をよくほぐすことで外ハネでもこどもっぽくならず、大人おしゃれな印象が楽しめます。 もちろん、小顔効果もバッチリです。 胸上レングスの重めセミロングベースで、トップと顔まわりにレイヤーを入れて動きをプラス。 前髪は眉ラインで軽めにカットし、こめかみ部分は長めにして小顔に仕上げます。 カラーは9トーンのシアーブラウンをセレクト。 グレーとシナモンベージュを1:1でMIXすることで、まろやかさと透明感がUP! 肌までキレイに見える、ツヤたっぷりの美髪が楽しめます。 トップがつぶれないよう、根元を起こしながらふんわりとドライ。 乾いたら32㎜アイロンを使い、全体の毛先をワンカール外巻きにして。 顔まわりのみ毛束を引き上げ、内巻きに1回転巻いてエアリー感をプラス。 巻きおわったら全体をよくほぐして、柔らかい質感に仕上げます。 スタイリング剤は髪が広がりやすい人はシアバター、つぶれやすい人はスプレータイプをセレクト。 髪の内側からなじませ、サッと手ぐしを通して仕上げます。 その後ドライヤーで前から後ろに風を当てると、質感がほぐれてよりナチュラルな毛流れに。 最後に鎖骨まわりで毛束をハネさせて、くびれシルエットを作るのがポイントです。 軽やかさあふれるスウィングヘアは、のばしかけヘアの気分転換にも最適。 今すぐ大人キュートな印象になれる、旬スタイルにトライして。 トップにレイヤーを入れて動きを出すデザインは、髪がつぶれやすい人やボリュームが出にくい人にもおすすめ。 サイドにもふんわりとした動きが出るから、面長顔の補正や頰の丸みのカバーにもお役立ちです。 少し長めの前髪と合わせれば、簡単スタイリングでキュッと小顔に仕上がります。 ベースは鎖骨レングスのミディアムスタイル。 重さを残しつつ、トップにのみレイヤーを入れて軽さをプラス。 前髪は目上ギリギリでカットします。 カラーは8トーンのフォギーベージュをワンメイク。 透明感たっぷりの発色は、髪を柔らかく見せる効果抜群! ノンパーマでもふんわり感が生まれ、明るい表情を演出します。 フロントが割れないよう、まず前髪からドライ開始。 根元を指の腹でこするように乾かしたら、その後全体を同じ要領で乾かします。 次に32㎜アイロンを使い、全体をワンカール外ハネ巻きに。 トップだけ内巻きに1回転巻くと、ふんわり感とまとまりがUPします。 コツはできるだけ毛束を細く取って巻くこと。 これで外ハネでも大人っぽく、ナチュラルに仕上がります。 スタイリング剤は髪がつぶれやすい人は洗い流さないトリートメント、広がりすい人はヘアバームやオイルをセレクト。 少量を手によくのばし、毛先中心になじませて。 最後に手に余ったスタイリング剤を前髪につけ、束感を与えてできあがり。 イメチェンしたい日はトップのレイヤー部分をツイスト巻きにすると、パーマをかけたようなウェービースタイルが楽しめます。 そんな気分にマッチするこのヘアは、少し冒険したハイトーンカラーが決め手。 透け感たっぷりのベージュにほんのりオレンジを加えたカラーで、プラチナのような上質な輝きを体験して。 セミウェットな質感で仕上げたら、より艶やかでオトナな雰囲気に。 肌色までワントーン明るく見える、最強の透明感スタイルです。 ベースはレングスを胸上に設定した前上がりのロングスタイル。 全体の重さをキープしつつ、表面に軽くレイヤーを入れて動きをプラス。 前髪は眉上でカットします。 今回はアイロンで巻くスタイルですが、髪質やコンディションに合わせてパーマをかけてもOKなので、まずはサロンで相談を。 カラーはベージュ系に淡めのオレンジをミックスした16トーンのペールベージュ。 オレンジの効果でハイトーンでも色がくすまず、透明感に満ちた仕上がりが楽しめます。 根元中心に温風を当てて乾かします。 その後32㎜アイロンを使い、ランダムに内巻きと外巻きをミックスしてパーマ風の動きをメイク。 仕上げに表面の髪を薄く取って縦巻きにすると、ふんわりウェービーな仕上がりが楽しめます。 コツは熱が冷めないうちに手ぐしを通して、カールをよくほぐすこと。 これで質感が硬くならず、よりナチュラルに仕上がります。 スタイリング剤はオイルかヘアミルクをセレクト。 スタイリング剤はまず少量を使い、徐々に量を増やすことがポイントです。 ハットやスカーフと合わせてもおしゃれ。 ラフに束ねて、ゆるっとしたポニーテールにしても可愛いですよ。 潤いを感じるカラーリングとシースルーな顔まわりのコラボで、上質なヘルシースタイルを手に入れて。 アイロンで毛先を巻くと、抜け感が生まれて可愛さUP! カールが強いと硬さが出るので、巻きすぎずサラリと仕上げましょう。 ベースは前上がりラインのセミロングスタイル。 毛先に厚みを残しつつ、毛量調整でほんのり透け感を与えます。 前髪は眉ラインに設定し、丸みをつけたカットで美人な小顔を手に入れて。 カラーはシナモンベージュをセレクト。 そこへ20%ほどブルーアッシュを加えて、髪の赤みをキレイにオフ。 ほんのりグレーを感じる色みで、外国人風のヌーディーなカラーリングが楽しめます。 地肌中心にドライヤーを当て、根元を起こすように乾かします。 その後32㎜アイロンを使い、全体の毛先をワンカール巻いて。 ポイントは髪を上下にブロッキングしてから巻き、最後に手ぐしでよくほぐすこと。 これで自由に毛先が動く、ナチュラルな質感に仕上がります。 スタイリング剤はオイル系のアイテムをセレクト。 今回はイデアルシリーズのミエル ハーブバターを使用しています。 つけ方は少量をよく手にのばし、毛先へラフになじませるだけ。 最後に前髪の毛先にも軽くなじませ、質感を揃えてできあがり。 気分転換したい時は、髪をすべてサイドに寄せてバレッタで留めるアレンジがおすすめ。 タイトにまとめず、ふんわりボリュームを出して仕上げるとおしゃれムードが高まります。 ユルンとした縦巻きパーマとフッと脱力した毛先が都会的な魅力を演出します。 前髪はワイド&シースルーに設定し、目にかかる長さで表情にニュアンスをプラス。 スタイリングはオイルとバームを混ぜて、ヌーディな質感に仕上げてみて。 ラフなのに色気を感じるヘアで、この夏は憧れられる存在に。 ベースは鎖骨下レングスのセミロングヘア。 毛先を重めに残しつつ、中間部に前上がりのレイヤーをオン。 さらに顔まわりに独立したレイヤーを入れて、スタイルに動きを与えます。 パーマは内側を24㎜ロッドで毛先巻き、その他は26㎜のロングロッドで中間からミックス巻きにしてクリームデジタルパーマをオン。 リラックスしたうねりを与えつつ、毛先までダメージレスに仕上がるおすすめの施術です。 カラーは10トーンのペールアッシュをメインに使い、13トーンのハイライトをプラス。 中間から毛先にかけて明るい毛束がチラ見えするデザインで、立体感と柔らかなニュアンスを生み出します。 ドライヤーの温風を前から後ろ方向に当ててドライ。 毛束はねじらず、軽く持ち上げるようにして乾かします。 スタイリング剤はオイルとヘアバームを1:1で混ぜて使用。 手のひらによくのばしてから、手ぐしでパーマをほぐすようになじませて。 前髪はペタンとしないよう、アイロンを使うのがオススメ。 32㎜アイロンを使い、160度で根元から3回ほどスルーさせると完璧! シルエットは広げずにストンとしたIラインを意識して、落ち着きのあるムードに仕上げます。 ほどけるようなパーマの質感を生かしてアレンジをしても素敵。 顔まわりの髪を両サイドからねじって後頭部で留めれば、ちょっぴりルーズな今っぽスタイルが楽しめますよ。 顔がキュッと小さく見える上にニュアンシーな魅力が加わって、こなれ感が急上昇! 顔型カバーはもちろん、レングスキープで気分転換したい人にもおすすめです。 アイロンで巻く時はボリュームを出しすぎず、スッとしたIラインに仕上げるのが今季風。 ウェットすぎない質感で、ふわツヤな春髪を楽しんで! ベースは鎖骨下レングスのセミロング。 どこで分けても左右対称になるようにカットし、バックスタイルはキレイなU字ラインにデザインします。 前髪は目尻から柔らかくラウンドさせ、ほおが軽く隠れる長さで後れ毛をメイク。 個性的になりすぎないよう、後れ毛部分は約1cm幅にすることがポイントです。 カラーは10トーンのラベンダーベージュをワンメイク。 ほんのり混ぜた青紫色の効果で髪のツヤ感がUP! 寒色系に寄りすぎない色みは、どんな肌色とも相性バッチリです。 最初に前髪とトップの分け目部分からドライ開始。 頭皮を指で軽くこするように乾かしたら、全体も根元中心にドライして。 毛先まで乾いたら、仕上げに冷風を当てるとよりツヤ感が引き出せます。 次に32mmアイロンを使い、全体をリバース&フォワードのミックス巻きにして。 フェイスラインの髪は内巻きにして、顔を包むような毛流れに。 ボリュームUPさせたい人は軽めのスプレーワックスやファイバーワックス、抑えたい人はシアバターやオイルワックスを選び、髪の内側からなじませてできあがり。 髪が広がりやすい人はハチまわりにもスタイリング剤をつけると、より収まりやすくなります。 【最新・秋冬に人気のヘアスタイル】ユニクロ・GUのアイテムに似合うヘアアレンジ編 【教えてくれたのは】drive for garden 一番合戦 彩さん 時代の空気感を取り入れた、こなれヘアアレンジに支持多数。 サロンワークのほか、撮影のヘア&メイクでも活躍中。 ブルゾンのフードにボリュームがあるので、低すぎず、高すぎない位置でまとめた、ゆるお団子でバランスをとったスタイルをご紹介。 モックネックセーター¥2990、フーデッドブルゾン¥5990/ともにユニクロ パールイヤリング¥590/GU 着用したのはこれ! 短めの丈なので、キレイめなファッションにあわせて可愛らしく着こなせる。 フーデッドブルゾン¥5990/ユニクロ アレンジのサイドやバックもチェック! 耳よりやや高い位置でまとめたお団子ヘア。 お団子はシンプル。 けれどトップと襟足の毛束を引き出し、シルエットを丸く作ることで洒落感も兼ね備えた、大人のお団子に。 コンパアクトにまとめたことで、ボリュームのあるフードともバランスがとれる。 また毛先を外ハネにすることで、ヘアスタイルに動きがでて軽やかな印象に。 秋冬のデートシーンにもマッチするロマンティックな装いを楽しんで。 Vネックロングシャツワンピース¥3990、ケーブルカーディガン¥3990/ともにユニクロ カラー&メタルフープイヤリング¥590/GU 着用したのはこれ! ほんのり赤みニュアンスのあるベージュブラウンのワンピース。 ゆるやかなシルエットで可愛らしく着こなして。 Vネックロングシャツワンピース¥3990/ユニクロ アレンジのサイドやバックもチェック! サイドの毛束をくるくるとねじって留めるだけのお手軽ハーフアップも、毛先を外ハネにしたヌケ感のある仕上がりなら、オフィスなどのきちんとした場でも甘くなりすぎずに軽やかで上品。 前髪はゆるい外巻きでサイドに流すことでスタイルにぐっとまとまりがでて、女っぽさと軽やかさの絶妙なバランスに。 程よい開きのVネックには、ヘアはサイドに盛り感をだし、ふんわりとまとめることで、男女ともに好感度の高いリラックス感のあるスタイルが完成。 Vネックチュニック¥2990/ユニクロ メタルレンジボールイヤリング¥590/GU 着用したのはこれ! ショルダーとサイドにある切り替えしによって、すっきりシャープに着こなせるチェニックニット。 Vの襟元が肌をちらっとのぞかせ、色っぽさも。 Vネックチュニック¥2990/ユニクロ アレンジのサイドやバックもチェック! ルーズにねじるだけの簡単サイドアレンジ。 ポイントはサイドのボリューム感。 耳が隠れるくらいに左右の毛束をひきだし、ゆるっとしたシルエットに仕上げることで頑張りすぎていない、オフの日にもぴったりのフェミニンタイルに。 前髪は横に流すことで、さらに大人っぽい可愛らしさがプラス。 インパクトのある大きな襟元とゆったりとしたコートのシルエットにあわせ、顔周りははらりとゆれる毛流れを残し、襟足でまとめるだけで色気のある表情に。 カジュアルな装いには女子度高めなヘアでまとめてバランスをとるのが美女コーデの鉄則。 ウールビッグラペルコート ¥4990 一部店舗のみ販売 、クルーネックセーター ¥990、メタルツイストスクエアイヤリング ¥590/すべてGU 着用したのはこれ! ゆったりとしたシルエットの大きな襟元が目を引くハーフコート。 軽さと暖かさを両立するウールブレンド仕立てなのもうれしい。 ウールビッグラペルコート¥4990 一部店舗のみ販売 /GU アレンジのサイドやバックもチェック! 顔周りに後れ毛を残しつつ、低めにお団子を作るだけ。 ポイントは耳後ろの毛束を引き出し、たっぷりとゆるませること。 ほんのりと色っぽさを演出できます。 また顔周りの後れ毛は、うねるような動きをだしてヌケ感をイン。 女性らしさをたっぷり盛り込んだボトルネックのニットワンピは、これからのイベントシーズンにピッタリの一枚。 そんな華やかなワンピには、くるりんぱをアレンジしたダウンスタイルでドレスアップを。 トップに高さを出し、おでこを出すことでいつもとは違う自分を演出。 ニットワンピース¥2990 、パールトップメタルチェーンネックレス¥590 一部店舗のみ販売 /ともにGU 着用したのはこれ! ラベンダーの柔らかい色使いが印象的な高見映えワンピ。 ウエストベルトをはずして、ゆるっと着てもキュート。 ニットワンピース¥2990/GU アレンジのサイドやバックもチェック! 髪全体をミックス巻きにしたエレガントで華やかなダウンスタイル。 またトップはくるりんぱをアレンジすることで高さをだし、前髪をあげることでいつもとは違う雰囲気にチェンジ。 簡単なのにデートにもおすすめの愛らしさいっぱいのスタイルに。 タートルネックの首元を邪魔しないよう低めの位置でまとめ、さらに毛束感を引き出すことでボアのボリュームに負けないベストバランスに。 ボアフリースプルオーバー¥1990、タートルネックセーター¥2990/ともにUNIQLO パールイヤリング¥590/GU 着用したのはこれ! 今シーズン大注目のオリーブグリーンのボアトップス。 こなれた雰囲気で、大人っぽく着こなせる。 ボアフリースプルオーバー¥1990/UNIQLO アレンジのサイドやバックもチェック! ゆるやかでボリューム感のあるツイストヘア。 ルーズにねじり、ねじった部分の外側を横にひっぱるようにつまみ出すことで、丸みのある立体的な美シルエットが叶う。 またトレンドの透けバングとも相性抜群なのも嬉しいポイント。 イマドキっぽいヌケのあるスタイルに。 1枚でさらりと着ても、レイヤーしても今年顔になれる便利なアイテムです。 そんなシャツジャケットの持つハンサムな印象に合わせて、ヘアもシンプルにまとめるのが正解! 「いい女感」あふれるシンプル一つ結びの作り方をご紹介します。 シャツジャケット¥3990、サークルメタルイヤリング¥590/ともにGU 着用したのはこれ! 1枚で今年らしいスタイリングを叶えてくれる、トレンドど真ん中のシャツジャケット。 オーバーサイズシルエット、肉感のある厚手の生地感など、プチプラに思えない高見えポイントもうれしい。 シャツジャケット¥3990/GU アレンジのサイドやバックもチェック! 潔い一つ結びですが、センター分けした前髪、後頭部がキレイに見えるうえ、こなれた印象をアップさせる引き出しテクなど、随所にハンサム感を高めるための工夫が光ります。

次の

≪ 2020 夏 : 新着順 ≫ ショートヘアスタイル髪型

ボブ ヘアカタログ

もしくは縮毛矯正をかけ続ける方。。 一般的にくせ毛のボブは敬遠されがちかもしれません。 カットに自信がなければできませんし、他にもいろんな点に気を配りながらカットしていく必要があります。 くせ毛の種類にもよりますが、その辺りを踏まえてカットすることでボブにすることは可能です! くせ毛を活かしたボブにするカット法 カットのやり方には色々なやり方があります。 (流派のようなもの) それぞれのプロセスは違えど目指すゴールは同じです。 ただ、その中でも気をつけたいのは くせ毛と生えグセをしっかりと見極めることです。 くせがちょうど収まるのはどの長さなのか??そして毛流れはどちらへ向いているのか?? そのあたりに気をつけてカットすることが重要です。 くせ毛の人がボブにする際の注意点 注意したいポイントの一つとして、まず 縮毛矯正がかかっているのかどうかという点が挙げられます。 地毛のくせが強ければ強いほど縮毛矯正がかかっている部分とかかっていない部分との差が激しくなり、ボブにカットした際毛先の馴染みが悪くなる場合が多いです。 なので、縮毛矯正をそれまでされている方はある程度地毛を伸ばしてからカットするのが望ましいです。 重要なのはタイミングです! 次に注意したいのは、これは美容師さんとのお話になってきますが 活かすことのできるくせなのかというところです。 くせ毛のカットがいくらうまいと言っても、いわゆる縮毛(細かくチリチリと縮れるようなくせ毛)系のくせになってくると、やはり縮毛矯正をかけたほうがいいでしょう。 atama-bijin. ほんっとうに基本的なことなのですが、髪は乾くと持ち上がります。 ですので、当然のことながらくせ毛の強い方ほど濡れている状態よりも乾いている状態の方がより短く仕上がるということです。 バッサリとカットする場合はなおさら気をつけてカットしないといけません。 くせ毛をカットするときは、仕上がりのイメージよりも長めにカットすることが大事です。 そしてこれも割と多いケースなのですが、 髪の毛の梳きすぎ(量の減らしすぎ)です。 くせが強かったり、毛量が多いからと言って減らしすぎはいけません。 毛量の減らしすぎは、ツヤがなくなる まとまりがなくなる パサつきが目立つ…などなどお手入れがしづらくなったり、質感の低下へと繋がってきます。 これはくせ毛じゃない方にも同じことが言えますので、注意した方がいいでしょう。 くせ毛カットで大切なのはカウンセリング! 何においてもカウンセリングはとっても重要ですが、くせ毛の方については特に重要になってきます。 仕上がりのイメージの共有もとても大事です。 くせ毛を生かした感じするのか?? それとも抑えた感じにするのか?? そもそもちゃんと生かしたり抑えた感じにできるのか?? その辺りのイメージ共有、そしてどのようなお手入れが必要になってくるのかなども大事ですね。 何もしないで思い通りになってくれたら本当にいいですが、そうもいかないこともあります。 美容師がカットしてお客様がきちんとセットできる。 そうでないと意味がありませんから。 くせを活かす場合、この場合はパーマの乾かし方と同じです。 まずは乾かす前に一度クシでとかし、余計な水分をさらにタオルで取り除きます。 乾かす前には洗い流さないトリートメントをつけて保湿してあげるとツヤも出やすくなるのでオススメです。 乾かし始めて半分くらいまではそこまでこだわることもありませんが、一つだけ気をつけたいのはあまり手ぐしを通しすぎないことです。 これをやりすぎてしまうと生かそうと思っていたくせが中途半端に伸びてしまうので注意してください。 ある程度乾いてきたら、したから髪を持ち上げてくしゅくしゅ握りこむようにしてドライヤーを当てていきます。 8〜9割ほど乾いたらオーケーです。 スタイリング方法 こちらもくせを活かすのか、抑えるのかのによって変わってきます。 くせを活かす場合は、ソフトワックスなどを髪を下から持ち上げるようにして揉み込みます。 髪の毛をの内側にもしっかりなじませるようにするのがポイント。 その後に余計なボリュームをおさえつつ整えていきます。 左右対称にこだわりすぎると終わりが見えなくなるので注意してください。 笑 くせを抑える場合は、オイルやクリームタイプのワックスなどがオススメです。 この場合も髪の毛の内側からしっかりスタイリング剤をつけるようにしましょう。 全体にしっかりなじませたら、手ぐしでとかすようにしてボリュームをおさえるようにしてあげると決まります。 ポリッシュオイルオイル マンダリンオレンジ&ベルガモットの香り シアバター配合の配合のオイル。 ボリュームををしっかりおさえながらウェットな束感をしっかり出してくれる。 ボディオイルとしても使える。 ナチュラルバーム マンダリンオレンジ&ベルガモットの香り シアバターベースのヘアバーム。 程よい束感と軽い動きを出してくれる。 ハンドクリームとしても使用可能。 スタイリングセラム ホワイトジャスミン&ミュゲの香り シアバター配合のクリーム。 軽い質感で程よいまとまり感を出すのに最適。 ナカノスタイリングワックス3cライトハード クリームタイプで伸びがよく、髪になじませやすい。 程よい動きと束感が出る。 くせ毛を生かした髪型画像集【ボブ編】 くせ毛でもボブにできるかもしれないと思い始めた方! くせ毛は活かすことができれば世界にひとつだけのオリジナルのパーマになります。 が、動きがうまく出るように所々に隙間を作ってカットしてあります。 生かしつつおさえたスタイル 髪の内側を切り込んで収まりを作り、表面は少し動きが出るように段を入れてあります。

次の

50代のボブヘアスタイル・髪型:前髪あり・前髪なし・パーマ|LALA MAGAZINE [ララマガジン]

ボブ ヘアカタログ

最寄駅• 西川口• 東川口• ふじみ野• 北浦和• 北大宮• 北与野• 戸田公園• 南浦和• さいたま新都心• 本川越• 川越市• 市川真間• 京成船橋• 京成八幡• 新津田沼• 津田沼• 東船橋• 本八幡• 東海神• 新松戸• 豊四季• 天王台• 我孫子• 新千葉• 千葉中央• 本千葉• 京成千葉• 県庁前• 青山一丁目• 表参道• 外苑前• 明治神宮前• 代々木公園• 代々木八幡• 赤坂見附• 溜池山王• 赤羽岩淵• 秋葉原• 小伝馬町• 馬喰町• 馬喰横山• 阿佐ケ谷• 高円寺• 新中野• 中野坂上• 西荻窪• 東中野• 方南町• 南阿佐ケ谷• 飯田橋• 神楽坂• 池尻大橋• 駒沢大学• 桜新町• 三軒茶屋• 二子玉川• 雑司ケ谷• 東池袋• 東長崎• 下板橋• 新板橋• 巣鴨新田• 上野広小路• 京成上野• 末広町• 千駄木• 日暮里• 西日暮里• 上野御徒町• 内幸町• 赤羽橋• 恵比寿• 白金高輪• 白金台• 大泉学園• 大岡山• 尾山台• 学芸大学• 九品仏• 自由が丘• 田園調布• 都立大学• 緑が丘• 大崎広小路• 五反田• 大手町• 新日本橋• 水天宮前• 二重橋前• 日本橋• 三越前• 小田急多摩センター• 多摩センター• 西葛西• 後楽園• 水道橋• 京急蒲田• 泉岳寺• 高輪ゲートウェイ• 北千住• 竹ノ塚• 錦糸町• 新小岩• 西大島• 成城学園前• 千歳船橋• 吉祥寺• 三鷹台• 銀座一丁目• 東銀座• 日比谷• 有楽町• 久我山• 下高井戸• 千歳烏山• 立川北• 立川南• 京王八王子• 八王子• 国分寺• 東小金井• 新宿御苑前• 新宿三丁目• 西武新宿• 幡ケ谷• 南新宿• 代々木• 西新宿五丁目• 新宿西口• 下北沢• 東北沢• 新富町• 門前仲町• 清澄白河• 築地市場• 高田馬場• 代官山• 中目黒• 西小山• 武蔵小山• 乃木坂• 六本木• 六本木一丁目• 麻布十番• 四ツ谷• 四谷三丁目• 牛込神楽坂• 石川町• 伊勢佐木長者町• 上大岡• 日本大通り• 元町・中華街• 馬車道• 港南台• 大倉山• 神奈川• 桜木町• 高島町• 西横浜• 東戸塚• 日ノ出町• 平沼橋• みなとみらい• 茅ケ崎• 逗子・葉山• 湘南台• 京急川崎• 新丸子• 新横浜• 武蔵小杉• 新百合ケ丘• 百合ケ丘• 向ケ丘遊園• 南林間• 桜ケ丘• センター北• センター南• たまプラーザ• 二子新地• 溝の口• 武蔵溝ノ口• 青葉台• 市役所前• 獨協大学前• 越谷レイクタウン• 南越谷• 新越谷 カラーベース• 茶髪(ブラウン)• ベージュ• アッシュ• マット• レッド・赤• ピンク・バイオレット• イエロー• オレンジ• 黒髪(ブラック)• その他 カラーの特徴• グラデーションカラー• インナーカラー• グレイカラー・白髪染め• グレージュ• マーメイドアッシュ• イノセントカラー• ハイトーンカラー• マーメイドカラー• ブリーチ・金髪• 3Dカラー• ブルージュ イメージ• モテ・愛され• 外国人風• ビジネス・オフィス• クール• エレガント• カジュアル• フェミニン• モード• キュート・ガーリー• エアリー• マニッシュ• ゆるふわ• 爽やか• 韓国風 メニュー• カット• カラー• パーマ• ストレート 前髪• なし 前髪の特徴• センターパート• ぱっつん前髪• 斜め前髪・流し前髪• 眉上・ショートバング• シースルーバング• かきあげ前髪• うざバング• アシメ前髪• ヴェールバング• 重めバング• ストレートバング• フリンジ前髪• 羽根バング・フェザーバング• ザク切りバング• シースルーうざバング• ミディバングス シーン• 成人式• 結婚式・披露宴、パーティ・二次会• 浴衣・着物(和装)• フォーマル アレンジ• アップ• ハーフアップ• ダウンスタイル• 編みこみ• フィッシュボーン• ギブソンタック• シニヨン• おだんごヘア• ねじり 髪型• アシメ• 三つ編み• 巻き髪• マッシュ• ワンレン• Aライン• セミディ• ワンカールパーマ• くるりんぱ• 外ハネ• 伸ばしかけ• ローレイヤー• ショートボブ• ミディアムボブ• 前下りボブ• マッシュボブ• 切りっぱなしボブ• マチルダボブ• シースルーボブ• ワンレングスボブ• フレンチボブ• 重ためボブ• Aラインボブ• リップラインボブ• かきあげボブ• ミディボブ• ホイップボブ• マーメイドボブ• ワンサイドボブ• マッシュラインボブ• セミロング• ウルフ• ツーブロック(刈り上げ)• ボウズ 髪量• 少ない• 多い 硬さ• 柔らかい• 硬い 太さ• 太い クセ• なし 顔型• ベース• 逆三角 年代• 20代におすすめ• 30代におすすめ• 40代におすすめ• 50代におすすめ• 60代におすすめ• 社会人• 子供 注目キーワード• センターパート• オン眉• かきあげヘア• ナチュラルストレート•

次の