ガンダム バウンサー。 HGGサイフォス

ガンプラ「機動戦士ガンダム サンダーボルト」シリーズ

ガンダム バウンサー

以前のAGE-2同様ほぼ素組みで、合わせ目を消したぐらいのものですが シャープなイメージになるよう色々削り込んだりしています。 バストアップ。 襟は薄くして、顔のチンガードも削り込み小型化。 胸やお腹の下段、足の甲部分なんかはグレーを混ぜた白にしています。 目はいつものように偏光フィニッシュグリーンを貼付け。 よく光りますし角度によっては青く光ったりするので面白く使えます。 胸部はエッチングメッシュ(六角形)をカットして組み込んでみました。 肩やシールドのEFFマークはMG AGE-1より流用。 スラスターはメタリック塗装。 コーションマークはHIQパーツさんのNCデカールブルーを使用。 ライフル&シールド。 シグルブレイドは削って薄くしてから磨いてます。 武器を装備させて。 相変わらず肘パーツがタイトなんで塗る方はクリアランス調整必須です。 今回はつや消し仕上げですけど白部分はパール仕上げ。 ガイアカラーのガラスパール使ってみましたが透明感があって下色がほとんど変わらないのでスッキリした仕上がりになりますね。 膝ニードルガン。 腰アーマーやつま先を削って角を立てておくとシャープなイメージになるので結構オススメです。 スミイレが楽になるようモールドは一通り彫り直しています。 脚や頭部、それにバインダーをやっておくと特に楽かも マスキング必要な箇所は腿のダクトと足首ぐらいなので塗るのも楽ですね。 シグルブレイドはクリスタルカラーのトルマリンを使いました。 ビームサーベルは蛍光ピンク&ホワイトでグラデ塗装。 軽く曲げて表情付けています。 ウルフファング 一応色レシピを C =クレオス G =ガイアカラー F =フィニッシャーズです。 最後に G プレミアムガラスパールでコートしています。 以上でした。 AGEの中でも屈指のカッコ良さがあるキットだと思います。 武装やバインダー等、ギミックも豊富で言う事ナシのキットですね。 色も含めサクッと出来るキットなんでストレス無く楽しめる物でした。 HG AGEシリーズにGバウンサーが登場。 価格は1575円です。 付属のシールは目やセンサー、胸部分を補うものです。 付属品はライフル&シールドの他にサーベル刃2本と左の握り手が付属。 パチ組んだ状態。 Gエグゼスの後継機っぽいですが、説明書によるとガンダムをベースにしたのでGエグゼスとは別系統なんだとか。 色はもちろん真っ白です。 色分けは今回もほぼ完璧。 足やシールドなどの一部や細かいスラスターの黒やグレーをちょいちょいと塗り足すぐらいで良さそうです。 今回もいつものようにABSレスキットになっています。 巨大なバインダーが取り付けられたバックパックが特徴的。 足はまんまスパローですね。 スパロー足と肩の尖ったデザインのせいかかなりヒロイックなスタイルです。 バストアップ。 色は少ないですが細かいパーツ割りで立体感あります。 前腕の合わせ目はディテールに組み込まれていますが肩には合わせ目が出ますね。 頭部アップ。 マスクが面長になりより精悍な顔つきになっています。 目とセンサーは別パーツ化されているので塗り分けも楽です。 胸の形が面白いですね。 腰にはビームサーベル。 スパローまんまの足なんですけど細かいディテールは微妙に違います。 膝にはニードルガン。 こちらも展開できます。 他のAGEモノと同様腕にはシールドジョイントが。 バックパック中央のバーニアはBJで若干可動します。 バックパックの両サイドは画像のように展開。 四角いスラスターが出てきます。 可動範囲など。 基本的にAGE-1と同じ構造しているので可動範囲も似ています。 襟が高いので首を回す時ちょっと干渉するかな。 下半身。 腰アーマーは全て可動します。 太腿が太いので干渉しがちですが十分な可動範囲が確保されています。 ドッズライフル シールド 形状はウルフマークを模しているそうです。 先端のクリアパーツはシグルブレイド。 武器を装備させて 武器はどれもしっかり固定できて良い感じ。 バックパックのバインダーはBJ接続なので動きが付けられます。 シールドは前腕のパーツを回転させる事によって正面に構える事も出来るようになっています。 股関節にはいつも通り3mmスタンド対応の穴が開いてます。 パチでも緩い所はなく作りはしっかりしていました。 ですが相変わらず肘周りはタイトなので塗装する方はしっかり削ってクリアランスを広げておいたほうが良いと思います。 膝ニードルガン。 各パーツはモールドもシャープで合いも良いんですが結構ヒケが目につきました。 シールドのシグルブレイドは取り外し可能です。 クリアパーツなので見た目も良いですね。 ドッズライフルは腰に装着可能。 ビームサーベル サーベルや背中のバーニアなどもAGE-1っぽいですね。 ジェノカスやGエグゼスに付いているパーソナルマークの余りを貼ったりすると良いかも。 真っ白部隊。 以前の2機と比べるとボリュームあります。 以上HG Gバウンサー レビューでした。 ヒロイックなスタイルでなんとも主役機っぽいカッコ良さがあります。 キットの出来はHGAGEシリーズだけあって申し分ない出来。 可動範囲も十分ですしサクサク組める組みやすさも魅力ですね。 ただ肘関節だけは余裕ない作りなんで、塗る場合はしっかり干渉部分を削っておくと後々リタッチする事もないと思います。 AGE-2と同じように合わせ目を消すぐらいでさっと塗っちゃいたいですけど、どんな感じにしようか迷うなあ。

次の

バンダイ HG Gバウンサー (機動戦士ガンダムAGE) レビュー

ガンダム バウンサー

ステータス合計値は6900。 を速烈含め、順当にM相応にした感じのステータス構成で全能力が順当に下がった結果、 2弾PのGエグゼスが完全上位互換となった。 ただし、2弾Pエグゼスを手に入れていない人や3弾以降から参入した人にはエグゼスの特徴は完備しているので手軽に入手できるという点ではお勧め出来るカード。 現時点でにというカードの状況が似た(レアリティや入手のしやすさの点で)同業者がいるのでどれを使うかはプレイヤー次第である。 明確な違いは、成長タイプ・必殺技のコスト程度になったので機体Lvや好みで決めて問題ないだろう。 またそのままだと宇宙で地形アクシデントによってスピードダウンを食らってしまうので速烈の仕様上対策は必須か。 専用パイロットのウルフはカードが排出されなくなって久しいがそれでもスピードバーストの1弾M・4弾C、火力の2弾M、攻防バランスの3弾Mと一通り揃っているので使い分けしたい所。 それ以外のパイロットなら3弾Pアセム・5弾Mアッシュや6弾Pアムロ・3弾Rジョニーなど火力を引き出すのに長けたパイロットを乗せる事で活躍が期待出来る。 なお、裏面の証言はの続きの模様。 Gエグゼスがそうであったように、本機もいきなり高レアに飛んだ。 能力はと必殺技以外全く同じ。 必殺技の威力が上がった分コストも上がったので注意。 3弾から始めた人にはちょうどいいか。 アタッカー故仕方ないが、低めのスピードをどうするかが鍵となる。 幸い本弾のウルフはスピードバーストなので生かしきれるだろう。 なお、カード右側には ハイパードッズライフルらしきものが見える。 実は本カードは 繋ぎ絵イラストであり、、と合わせると一つのイラストになることが公式ブログで明らかになった。 本カードは 左側に置く事になる。 アビリティは排出カードでは初の回避である。 必殺威力は低いがコストが初期状態最低値の3であるため、必殺は撃ちやすいものの、アビリティは烈破。 ステータスはフラット気味と結構使いにくい。 アシストをメインに据えて、カットされたら返り討ちの実装当初の黄金パターンで行くのが望ましいか。 また、当のウルフはB2弾で第2世代編が排出されて以来、音沙汰なし(VS3弾で第2世代編が出るが、スピードバーストのため組ませられない)なので別のパイロットを使おう。 そのウルフとの組み合わせは、3弾MかB2弾Cあたりしか使えるカードが無く、スピードが高くなりすぎるという欠点を持つ。 その他のパイロットではやはり鉄血6弾Rマフティーなどのディフェンスバースト持ちや、B8弾Mザビーネのような耐久出来るアタックバーストなどがいいだろう。 その他、ネタの域を出ないが、上記の鉄血3弾Rの項で触れている、ジオンの興亡弾のSPパックプロモであるを使えば、後攻スキルと烈破がかみ合うし、スキル名的に雰囲気が出るなどテーマ性に優れているが、耐久性能が微妙なのがネックでマツナガ側のHP補正が+800しかないためいささか扱いにくい。 今回は無印弾以来の先攻発動系アビ・闘気で登場。 スピードを大きく取った闘気に適した速攻型配分で使いやすいが、アタックが一番低い配分なので、まずはアタックを補強してやるのがいいだろうか。 また、適正が量産機の標準で汎用性に欠ける為、可能なら適正+パーツで補強してやるとまた使い勝手が違うだろう。 パイロットのウルフは同弾内で相性のいいスピバのカードが収録されているが、火力が足りないと気になり始めたら別のパイロットを発掘したいか。 なお、ウルフのバーストLv3のカードは無印弾時代のものしかないので、こだわるなら入手したいところだが、アセム編の高レアはディフェバで、スピバとアタバはフリット編と、世代を合わせて活躍させたい場合チグハグになってしまうのがネック。 登場作品 機動戦士ガンダムAGE 第2世代(アセム編) 開発系統 (成長傾向:クリティカル重視型) 連邦系 格闘武器 ビームサーベル 打撃 射撃武器 ドッズライフル ビーム ディフェンダー 通常武器: 射撃武器 ビルドMS 特記事項 の駆る純白のMS。 25年前における愛機・と同様のカスタマイズMSであり、マッドーナ工房製。 とはいえ、名称・機体色以外にGエグゼスとのつながりは存在せず、むしろに近い。 ベース機とされている機体(名称不明)からさらなるカスタマイズが施され、ウェア換装機構をオミットした分高い機動力を持つ(脚部はのレッグウェアとほぼ同様)。 特に背中の大型スラスター(スーパーバーニア)は高い推進力を持っており、先行して活路を開く事や僚機の援護に回ることの多いウルフの特性に見合ったカスタマイズと言えるだろう。 武装も ドッズライフル、 ビームサーベルに加え、 シグルブレイドを内蔵したシールドが追加されている。 シグルブレイドはビーム系兵器ではない事もあり、突撃とともにシールドを敵に突き刺して破壊…という事も可能(22話)。 上位演出技: ホワイトウルフ・レジェンド ビームサーベルで切り掛かって相手を怯ませた後、 シールドに装備されていたシグルブレイドに持ち替え、敵を刺突する。 ビームサーベルを使った部分は一瞬何をしているかわかり難いが、やを見た後にこの技を見るとイメージ補完がしやすいと思われる。

次の

Gバウンサー

ガンダム バウンサー

HGAGE 「Gサイフォス」 レビュー HGAGEから「Gサイフォス」のレビューです。 『機動戦士ガンダムAGE 〜追憶のシド〜』に登場するモビルスーツ。 主人公ウィービック・ランブロの搭乗機。 地球連邦軍においても指揮官機として使用されるMS、Gバウンサーの改造機。 その製造はマッドーナ工房の手によって行われたといわれている。 基本的な仕様として左マニピュレーターがオミットされ、鍵爪のようなフックの付いたドッズバスターHが装備されているが、 これは汎用性を犠牲にしても攻撃力を向上させようとする海賊らしい思想が反映されたものだと思われる。 しかし一定の手間はかかるものの装備の変更については比較的柔軟な設計になっており、 ビームサーベルと同等の破壊力を持つといわれる高出力ヒートソードの他、 左腕部は接近戦用の特殊武器に換装したり、状況によってはマニピュレーターの機能自体を復活させることもあったようである。 ではレビューは下からどうぞ。 パケ横。 付属品一覧。 ・高出力ヒートソード ・持ち手A(右1) ・持ち手B(左1) ・握り手(左1) プロポーションをグルリと。 海賊版Gバウンサー。 海賊帽のような頭部や左腕のフックと、デザインにも海賊感が色々。 各所アップ。 キットの大半はGバウンサーからの流用です。 新規造形は頭部、肩、腰部アーマー、各武装。 ドッズバスターHのフック部分はメタリック成型になっています。 シールの使用箇所もGバウンサーと同様ですが、新規造形の肩アーマーの色分けはシールになっています。 目のシールは頬部分のグレーまでカバー。 Gバウンサーと。 白一色のGバウンサーと違い、Gサイフォスはただ黒くなったわけではなく、装甲に使っている色の種類も増えてますね。 可動範囲はのレビューを参考にして下さい。 以下、武装の紹介。 バックパックはボールジョイント接続。 スラスターがそれぞれ展開。 ドッズバスターHに付いているフックはスイング可能。 ドッズバスターH自体は手首関節にボールジョイント接続で、普通の手に交換出来ます。 高出力ヒートソード。 刃はドッズバスターHと同じでメタリック成型。 持ち手は角度の付いた右手が新規で付属しています。 以下、適当にポージング。 宇宙海賊ビシディアン(A. 151) ウィービックとアセム。 まぁ時期的にAGE2は特務隊仕様の真っ白でしたが。 コミック1巻の表紙はこのカラーになってましたね。 以上、HGAGEのGサイフォスのレビューでした。 HGAGEシリーズ初の外伝機体。 ジャックエッジは本編にも出ていたので。 基本的な部分は優秀なGバウンサーなので、相変わらず良い出来です。 新規造形部分もメタリック成型な刃やバリエーション手首と、満足のキットでした。

次の