ひめゆり の 塔 合唱。 ひめゆりの塔|ひめゆり学徒隊の慰霊塔

ひめゆりの塔|ひめゆり学徒隊の慰霊塔

ひめゆり の 塔 合唱

ひめゆり学徒隊の慰霊塔 看護要員として戦場に動員され、亡くなっていった「ひめゆり学徒隊」の慰霊塔。 ひめゆり平和祈念資料館には、ひめゆり学徒隊の犠牲者の遺品や、ガス弾によって多くの犠牲者がでた伊原第三外科壕が実物大で再現されており、ひめゆり学徒隊について学べる場となっています。 ひめゆりの名の由来 平和祈念資料館によると、沖縄県立第一高等女学校を「乙姫」沖縄模範学校女子部を「白百合」と名付けられていたそうです。 その両方の名前を合わせて「姫百合」と名付けられ、戦後からひらがなで「ひめゆり」と使うようになったそうです。 ひめゆり学徒隊と沖縄戦 沖縄陸軍病院第三外科壕跡 慰霊塔の前に穴があいている洞窟が沖縄陸軍病院第三外科壕跡。 洞窟や壕のことを沖縄の方言で「ガマ」と呼ばれています。 ひめゆりの塔がある「ガマ」 写真中央の穴 には当時、ひめゆり学徒を含む病院関係者や住人などおよそ100名がおり、解散命令後の6月19日に米軍のガス弾攻撃を受けて80人余りが亡くなられたそうです。 当時、薄暗い狭い壕の中で大勢の負傷した兵隊のうめき声が響く中、必死に看病するひめゆり学徒、そして必死に生き延びようとする住人がこの壕の中で共存していたのです。 ひめゆりの塔入口。 ひめゆり平和祈念資料館 悲惨な沖縄戦を後生に伝えるために、元ひめゆり学徒隊の同窓会と募金等により設立しました。 悲しい気持ちになりますが、当時の悲惨さを学ぶことができる場となっています。 ひめゆり学徒散華の碑 ひめゆりの塔から車で15分程走ったところに本島最南端の荒崎という場所があります。 そこには沖縄陸軍病院第三外科壕の解散命令後、ひめゆり学徒隊が米軍からの攻撃から逃げるためこの地にたどり着いたそうです。 しかし、自害や米軍の攻撃で亡くなったり、怪我をしたそうです。 ひめゆり学徒散華の碑への行き方 糸豊環境美化センター 糸満市字束里74-1 を目指していくと、門の横に写真のような道が海側にあります。 しばらく進むと案内看板が見えてきます。 道は舗装されておらず、車も一台分しか通れない幅です。 この写真の手前に広場がありますのでそこに車を止めて歩いて行ったほうがいいです。 一人しか通れない道を歩いて行くと海に出ます。 海に出てすぐに、海に向かって左側へ行きます。 写真中央左のちょっと盛り上がった岩にコンクリートの階段があります。 階段を登ります。 細い道を歩いて行くと突きあたりにあります。 ひめゆり学徒散華の碑の周辺は180度海が見えます。 当時この海の沖合から軍艦が艦砲射撃を行ったそうです。 このあたりの岩は尖っていて裸足で歩くと怪我をするほどです。 当時は靴もはかず裸足で必死に逃げたのでしょうか。 行くときはスニーカーなどの歩きやすい靴で行くといいです。

次の

ひめゆりの塔|ひめゆり学徒隊の慰霊塔

ひめゆり の 塔 合唱

概要 [ ] 慰霊碑の名称は、当時第三外科壕にとして従軍していたにちなんでいる。 「ひめゆり」は学徒隊員の母校、の校誌名「乙姫」と女子部の校誌名「白百合」とを組み合わせた言葉で、元来は「姫百合」であったが、戦後ひらがなで記載されるようになった。 なお、植物のとは関係がない。 「塔」と名はついているが、実物は高さ数十センチメートルでそれほど高くはない。 これは、終戦直後の物資難な時代に建立された事と、統治下に建立されたという事情によるものである。 また、この種の慰霊碑は、沖縄県(特に)には非常に多くあり、ひめゆりの塔はそれらのうちで一番古いものではない(最古のものは、ひめゆりの塔と同じく金城夫妻らがに建てた「魂魄の塔」(こんぱくのとう)であるとされている)。 しかし、にによって碑に関する逸話が化されると、直後に戯曲化され、さらに同名のが作られ有名となった。 の過酷さ、悲惨さを象徴するものとして、現在でも参拝する人が絶えない。 ひめゆりの塔から外科壕跡を挟んだ奥には慰霊碑(納骨堂)が建てられており、さらに、その奥には生存者の手記や従軍の様子などを展示した「」がある。 また、敷地内や隣地には沖縄戦殉職医療人の碑など複数の慰霊碑や塔が建てられている。 歴史 [ ] 、沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等女学校の女子生徒及び職員総計240名(教師18名・生徒222名)は、南風原にある沖縄陸軍病院にとして従軍した。 しかしその後激しい戦闘が続き、日本軍の防衛戦が前田高地附近に撤退した頃には山容が変わるほどの激しい砲撃にさらされるようになったため、には陸軍病院そのものが回復の見込みのない負傷兵・学徒を置き去りにして南部の伊原・山城周辺に撤退し、分散して地下壕に潜んだ。 この際患者を収容する壕が確保できなかったために負傷兵は原隊への復帰が命じられ、病院としての機能は失われていたという。 戦局が絶望的になると、、学徒隊は解散を命じられる(看護婦採用試験合格者を除く)。 しかし、既に沖縄のほぼ全域をが支配しており、また周辺も既に激しい砲撃にさらされていたため、地下壕から出ることはほとんど死を意味した。 最も被害を受けたのは第三外科壕の学徒隊である。 第三外科壕は19日朝、などの攻撃を受け、壕にいた96名(うち教師5名・生徒46名)のうち、87名が死亡した。 さらに壕の生存者8名のうち教師1名 玉代勢秀文 と生徒2名 仲田ヨシ、又吉キヨ は壕脱出後に銃撃され死亡したとみられる。 従って、第三外科壕にいた人々のうち沖縄戦終結まで生き残ったのはわずかに5名(ひめゆり学徒隊の生徒が4名、軍医が1名)のみである。 文学作品などでは、である黄燐手榴弾の攻撃をによるものと誤認しているが 、毒ガス手榴弾は米軍では使用していなかった。 なお、化学兵器になると現地司令官の裁量で使用出来るものではなく、使用には少なくとも方面軍司令官の命令が必要になる。 第一外科壕、第二外科壕は、アメリカ軍の攻撃を事前に察知し、19日未明までに地下壕から脱出した(そのうちの一部は第三へ避難)。 しかしこれらの学徒隊もその後の激しい戦闘で多くが死亡した。 戦後、戦死した生徒の親である金城和信らによって壕が発見される。 その後、アメリカ軍によってこの地に住むことを命じられて住んでいたの人らによってが集められ、4月に慰霊碑が建てられた。 という名称は動員当時から存在したが(ただしひらがな書きが用いられるようになったのは上述の通り戦後になってから)、兵士らにとっては所属校がどこであるかはほとんど問題にならなかったので、実際にはこの呼称はほとんど用いられず、学生さん、学徒、などと呼ばれていたという。 なお、以外にも他の学校の生徒を集めて作られた学徒隊は別にあり、それぞれ所属校にちなんだ名称がついていた(県立首里高等女学校のなどが有名)。 これらの学徒隊もほぼ同様の運命をたどり、それぞれの名にちなんだが建てられている。 なお、併設されている開館20周年を記念して(平成21年)6月23日()に全面改修され、これまで記載漏れがあった生徒の名前が新たに記された。 ひめゆり平和祈念資料館 [ ] 、ひめゆりの塔の隣接地に建てられた。 詳細は「」を参照 文献 [ ]• 石野径一郎『ひめゆりの塔』()、1988年、• 伊波園子『ひめゆりの沖縄戦 一少女は嵐のなかを生きた』(岩波ジュニア新書)、1992年6月、• 小林照幸『21世紀のひめゆり』、2002年11月、• 仲宗根政善編著『ひめゆりの塔をめぐる人々の手記』(改版、角川文庫)、1995年3月、• 宮城喜久子『ひめゆりの少女 十六歳の戦場』高文研、1995年6月、• 宮良ルリ『私のひめゆり戦記』ニライ社、1995年、• 吉田司『ひめゆり忠臣蔵』(増補新版)、太田出版、2000年7月、• 和歌森太郎ほか『語りつごうアジア・太平洋戦争 8 ひめゆり学徒隊』岩崎書店、1995年1月、• 『ひめゆり平和祈念資料館ガイドブック』(新版)、2004年8月• 『ひめゆり平和祈念資料館 資料集3 ひめゆり学徒隊』、2004年12月• 財団法人沖縄県女師・一高女ひめゆり同窓会『続ひめゆり -女師・一高女沿革誌続編-』、2004年6月 アクセス [ ] バス路線 梯梧の塔入口: 白い看板は最近立てられたもの 敷地内に複数の慰霊碑などがある他、東側の隣地(土産物販売店の奥)には「梯梧の塔」(でいごのとう)が建てられている(読谷村にある同名の塔とは別のもの)。 また、敷地の前の道路を西に1〜2分歩いたところに第一外科壕跡への入口があり(壕へはそこから南に徒歩で1〜2分)、南西に車で5分ほどのところには山城陸軍病院本部壕跡がある(敷地前の道路を西に行くと案内標識が立っているが、その先の道はわかりにくい)。 敷地前の道を西へ車で5〜10分ほど行った糸洲地区には第二外科壕跡が残っている。 やへは車で約5〜10分。 米須霊域への分岐点(車で1〜2分)附近には、「ずゐせんの塔」や「ひむかいの塔」など複数の慰霊塔がある。 この他、周辺には数多くの慰霊塔や慰霊碑が散在している。 本島南端の荒崎海岸には「ひめゆり散華の跡」碑がある。 2006年6月に案内標識が設置された(平和創造の杜公園西方の糸豊環境美化センター附近から)。 なお、「ひめゆりの塔」の敷地に入ってすぐ左手にもがあるが、これは避難壕の跡ではない。 生存者の証言に「附近の掃討戦が落ち着いたあと(8月頃)第三外科壕に行ったら、近くのガマが米兵のゴミ捨て場になっており、食べ残し(half-eaten や未開封の缶詰、菓子 sweets などが捨てられたため、食糧調達にもってこいであった」というようなものがあるが、これがそのガマである。 備考 [ ]• 内には第三外科壕を底から見上げた形で原寸大のジオラマが作られている。 また、同じく館内には南風原陸軍病院壕の一部を再現した原寸大模型があり、そこで以前は語り部の証言を直接聴くことができたが、語り部の高齢化により、2004年4月のリニューアル以後は証言映像の上映に切り替えられた。 「ひめゆりの塔の記」に記されている人数には、沖縄陸軍病院動員以外の人数が含まれている。 詳しくはの項を参照のこと。 金城夫妻らが建てたものとしてさらに「健児の塔」(平和祈念公園内)があり、これが「魂魄の塔」「ひめゆりの塔」に続く3番目の塔であるとされている。 ひめゆりの塔が建つ伊原第三外科壕や、附近の陸軍病院関係の壕(第一・第二外科壕、大田壕、山城本部壕など)は避難していた民間人を追い出して軍用壕としたもの(いわゆる「追い出し壕」)だといい、その住民の犠牲を悼む「赤心の塔」がひめゆり平和祈念資料館入口左奥に建てられている。 この事実は、有名となった哀話の裏に潜むもう一つの悲劇の存在を今に伝えている。 戯曲化や映画化などによって「沖縄戦の悲劇」の存在を世に知らしめたことは一定の評価がなされているが、その一方で「ひめゆり」にのみ世論の関心が集中したことでその他の学徒隊や慰霊碑などの存在を霞ませてしまったという指摘もある。 実際、他の学徒隊については、詳しい状況がほとんど明らかになっていない。 (昭和50年)、ひめゆりの塔を訪問中の皇太子・・夫妻に対し、沖縄解放同盟との活動家が火炎瓶を投擲した()。 脚注 [ ].

次の

ぷかぷか。:山の市場〜山形県東根より天然山菜と里の幸をお届けします|株式会社ネクスト・レボリューション

ひめゆり の 塔 合唱

NHK番組表・トップページ 東京の番組表 トップページ このサイトはラジオとテレビの1週間先までの番組表と、過去8日分の番組表をご覧になることができます。 このページでは、お知らせ情報、おすすめ情報、番組表を見るためのナビゲーション(チャンネルの選択、ジャンルの選択、地域の選択)を提供しています。 お知らせ: このインターネット番組表は各チャンネルの1週間先までの番組表がご覧になれます。 内容が表示されてないものは、まだ詳細が決定されていない番組です。 もう少しお待ちください。 NHK番組表の使い方については[]をご覧ください。 ラジオまたはテレビを対象として、番組をジャンルで検索することができます。 総合と、Eテレで放送している番組の内容は、地域によって異なる場合があります。 このサイトで提供している機能、各ページの説明、ブックマークの付け方、以上3つについての説明が記載されています。 番組は緊急ニュースなどにより、放送時間や内容が変更になることがありますのでご注意ください。 この番組表の私的な利用以外は、NHKの許諾が必要です。

次の