韓国崩壊 youtube。 韓国の経済が崩壊したら日本の「みずほ銀行」はどうなりますか??みず...

韓国経済の生命線であるサムスン電子、米中対立に伴う圧力とファーウェイなど中国・台湾企業との競争で崩壊間近?【世界情勢】

韓国崩壊 youtube

『韓国経済の生命線であるサムスン電子米中対立に圧力などで崩壊間近?』 米中対立の中で板挟みになり苦しむ韓国ですが、その影響を一番受けているのは他でもない、韓国経済の生命線であるサムスンではないでしょうか?外需依存、中国依存を皮切りに、他にも様々な悪材料がサムスンの歩みを阻害しています。 韓国の景気停滞感は強い。 そうした状況下、サムスン電子の半導体事業が韓国の経済を支えている状況が鮮明化している。 しかし、サムスン電子の先行きがどうなるかは見通しづらい。 1つには、米中対立が先鋭化し、米国が韓国に中国向けの半導体供給を見直すよう圧力をかけていることがある。 7月8日に米国のスティーブン・ビーガン国務副長官が訪韓した背景には韓国の対中政策を見直すよう圧力をかける目的などがあるのだろう。 それに加えて、中長期的な将来像を考えると、サムスン電子は重要顧客であるファーウェイなどの中国企業といずれライバル関係になる可能性が高い。 圧倒的な国からの支援を背景にする中国の先端企業との競争は口で言うほど容易ではない。 サムスン電子が自力で、中国企業との半導体分野での競争に対応できるかは不透明だ。 それは、サムスン電子の業績拡大に依存してきた、韓国経済の不安定性が高まる可能性があることを示唆する。 現在の韓国経済の状況を一言で表現するならば、サムスン電子の半導体事業によって、経済全体が支えられているというべきだ。 それは、サムスン電子と他の企業の業績動向を確認するとよくわかる。 また、地域別に見た収益状況の詳細は公表されていないものの、中国からの需要がサムスン電子の半導体事業の業績拡大を支えた可能性は高い。 米中対立が先鋭化する中で中国は半導体の在庫確保を急いでいる。 他方、半導体以外のサムスン電子の事業は苦戦したようだ。 スマートフォン事業は世界各国での都市封鎖や移動制限の影響から出荷台数が減少したとみられる。 サムスン電子以外の韓国企業の業況を確認すると、かなり厳しい。 韓国の輸出動向を見ると、半導体以外の品目は総崩れというべき状況だ。 感染症の影響によって世界全体で貿易取引が減少した影響は非常に大きい。 現在の韓国経済でサムスン電子以外に、高額の付加価値を創出し、景気の低迷を食い止められる企業はほとんど見当たらない。 今後の世界経済をけん引するIT先端分野を中心に、米中は覇権国の座を争っている。 5月、米国は中国のIT覇権を阻止するために、ファーウェイへの禁輸措置を強化した。 台湾の半導体受託製造大手TSMCは、ファーウェイからの新規受注を止めた。 TSMCは収益の22%を占める中国から距離をとり、56%の収益を生み出している米国の需要獲得に注力することを選択した。 韓国も台湾と同様に安全保障を米国に依存している。 冷静に考えると、韓国は安全保障を固めるために米国との同盟関係を維持・強化しなければならない。 米国から韓国への圧力が強まる中、サムスン電子が中国への半導体輸出を続け、業績拡大を目指すことができるか否かはわからなくなっている。 半導体の設計と開発に関して、中国の実力は高い。 ファーウェイ傘下のハイシリコンの半導体開発力は世界トップレベルにある。 その一方で、中国の半導体生産能力は発展途上にある。 中国の量産体制の弱さを補完する形でサムスン電子は中国の半導体需要を取り込み、それが韓国経済を支えた。 長めの目線で考えると、遠くない将来、ファーウェイ傘下のハイシリコンや中国の半導体受託生産企業であるSMICが韓国などに比肩する生産技術を確立する可能性がある。 サムスン電子は半導体の開発や生産技術、人材を日本などに依存してきた。 中長期的に考えると、サムスン電子の半導体分野での競争力には陰りが見え始める可能性がある。 それは、韓国経済の低迷リスクを一段と高める要因と考えられる。 【この記事に対する私の見解】 現在韓国にとって、サムスンの行く末が一番気がかりなのではないでしょうか?記事にもあるように、サムスンは現状一人で韓国経済を引っ張っているといえます。 そんな中で、今まではコウモリ外交でどっちつかずを決め込んでいましたが、今回は明確な結論を出せと、釘を刺されてしまった形になります。 米国の中国との関係破棄を迫る態度は今までとは違い、つい先日も、レーダー部品を中国に横流ししたという事で韓国企業が摘発されており、今後米国はこういった動きを見逃さないという、取り締まり強化の警告ではないでしょうか?サムスンも、表面上では米国側と歩調を合わせようという動きも見られますが、やはり、そう簡単には中国から脱却させてもらう事は出来なさそうです。 この度の米国からの半導体輸出規制によって、ファーウェイは手足を捥がれつつあります。 台湾TSMCも完全に米国側に立ったという事で、ファーウェイ向けの新規半導体の出荷を停止、高品質のメモリー半導体の供給先が、サムスンしかないという状況になってしまい、大きな供給元を失った中国が、サムスンを引き留めようと圧力を掛けています。 これについて、韓国側の対応がどうなるのか、その動きに注目が集まっていますが、サムスンとしても中国は大口の顧客でもありますし、ここを捨てるというには、国のバックアップも必要となってくるのですが、ここでネックになってくるのが、中国に頭の上がらない文政権ですね…中国から距離を取りたいから支援してくれと言っても、間違いなく二の足を踏むことになるでしょう、また、自国の外需に限りなく依存している経済構造も選択を難しくしています。 輸出額1位の中国から離れる事は出来ないのではないかと思われます。 まだ中国とは完全に手を切れないというのは、サムスン電子が昨年12月、中国のシーアン工場に80億ドルを追加投資すると発表したことからも見て取れます。 この工場は中国の首相が視察に訪れたこともあり中国政府との関係も伺えます。 米国の手を取ってアリゾナに工場建設を発表したTSMCとは対照的ですね。 では、中国と歩調を合わせていけるのかというとそうでもありません。 記事でも言われていますが、中国企業はサムスンにとっては警戒するべきライバルなのです。 何とか今は、技術がある分野が分れているため協力しているように映りますが、中国政府からの莫大な支援を受けた中国企業が一気に成長した場合、サムスンはそれに抵抗できるのかというと、ここでまた文政権が壁となってしまいます。 中国政府ほどの支援もできないのは仕方ないとして、この政権は大企業にとっては疫病神のような存在になっています。 でたらめな経済政策、労組支援に力を注ぐ、経営陣の拘束など、皆さんも認識しているように、支援をすることよりも足を引っ張っているといえます。 このままでは中国と韓国の技術格差が年々縮まっていき、待っているのは中国からは用済みとされ、米国とは離反しているという最悪の状況です。 既に、4月には中国のYMTCは3D NANDを開発し、生産を開始すると発表しました。 この製品は昨年サムスン電子が開発したばかりの新商品ですが、わずか1年も経たず中国に追いつかれてしまったのです。 そのような状況を懸念して、サムスンも独自の動きを見せています。 そもそもサムスンは、日本との関係を断絶するのはまだ無理だと考えており、国産化に沸く韓国を横目に、日本との連携を進めているようです。 米中どちらを失っても大丈夫な独自路線の開拓といったところでしょうか、韓国政府はともかく韓国国民はサムスンが最後のよりどころと考えています。 周りは不安材料だらけのこの大荒れの状況をサムスンは乗り越えられるのでしょうか?それでは、この話題に対する反響をポッチー君に教えてもらいましょう。

次の

韓国経済の生命線であるサムスン電子、米中対立に伴う圧力とファーウェイなど中国・台湾企業との競争で崩壊間近?【世界情勢】

韓国崩壊 youtube

シーパンドン副首相は、このうち4750億キップ(約5260万ドル)は 犠牲者と財産被害に対する補償金として支給され、 3530億キップ(約3910万ドル)は交通施設などのインフラ復旧費用に使われる予定だと述べた。 ビエンチャンタイムズは、補償金として被災者のための 住宅700軒を建設する作業が始まったと伝えた。 SK建設側は「今回の合意はPNPCが事故原因と関係なく 先制的に被害を補償することにしたことによるものだ」とし 「被害補償と復旧が迅速に行われるよう積極的に支援する」と明らかにした。 事故原因についてラオス国家調査委員会は昨年5月、独立専門家委員会(IEP)の調査結果を言及し、 「ダム崩壊を不可抗力的な事故と見ることはできない」という結論が出たと明らかにした。 また、IEPが「適切な措置で防げた崩壊事故」と明らかにしたとし、 事実上、人災であったことを示唆した。 これに対し、SK建設側は 「IEPの調査結果は事故前後に実施した精密地盤調査の結果と一致しないなど、 科学的、工学的根拠が欠けている」として、異議を申し立てている。 しかし、18年7月23日、水力発電所の補助ダムが決壊し、5億トンの水が一気に流れ込んだため、下流にあるアタフ州サナムサイ地域の村々が水没した。 これによって住民数十人が死亡または行方不明になり、被災者6千人余りが発生した。 SK建設は事故直後から救助および救護、復旧支援活動を推進し、 韓国政府も緊急救護隊を3度派遣するなど被害復旧支援を続けてきた。 ではこの記事による韓国人の声を見てみるで~ 【韓国の反応】 ようやく補償額に合意し動き出したラオスでのダム決壊事故やけどあの規模の事故の割には補償額が少額過ぎるのではないやろか? しかも企業の責任転嫁の姿勢には今後の課題になるでしょうなぁ 韓国企業は一貫として降り続いた大雨が原因とし自然災害であるという態度を変えず事故当時に降った雨は1週間に1000mmの雨が降ったそうやけどダムが決壊するレベルかというと そうではないそうですわ そこで一部の韓国メディアではこのダムに日本企業が部分的に出資していた事から日本にも責任があるという韓国らしい理論が出てる様であくまでも韓国企業は責任は負いませんと言うてるんと同じ事を言うてますわ 当時を振り返ってみると被害は水害によって周辺の村が水没した事により少なくとも42人が死亡し行方不明者は1100人以上となり3000人以上が家を失った事が確認されてるみたいですわ ラオスでは目立った産業を持たず内陸国である事で豊富な水を使った水力発電に目を付けた韓国企業が現地で農業を営み穏やかに暮らしてきた人々の生活を一変させてしもて今では中国が再生の希望を奪おうとしてるみたいですなぁ 人権派弁護士として大統領まで上りつめた文大統領はこのような強者が代わる代わる弱者を搾取する様子に、知らぬ存ぜぬを決め込むんやろか? 今の韓国政府ならこっちには関係ない!と言い切りそうでんなぁ 韓国では海外で起きた韓国人による事故に対しては感心が低い様ですなぁ 文政権がこの件に関して知らぬ存ぜぬというのは人権派弁護士という肩書があった以上許される事ではないと思いますわ~.

次の

韓国経済危機&崩壊特集

韓国崩壊 youtube

シーパンドン副首相は、このうち4750億キップ(約5260万ドル)は 犠牲者と財産被害に対する補償金として支給され、 3530億キップ(約3910万ドル)は交通施設などのインフラ復旧費用に使われる予定だと述べた。 ビエンチャンタイムズは、補償金として被災者のための 住宅700軒を建設する作業が始まったと伝えた。 SK建設側は「今回の合意はPNPCが事故原因と関係なく 先制的に被害を補償することにしたことによるものだ」とし 「被害補償と復旧が迅速に行われるよう積極的に支援する」と明らかにした。 事故原因についてラオス国家調査委員会は昨年5月、独立専門家委員会(IEP)の調査結果を言及し、 「ダム崩壊を不可抗力的な事故と見ることはできない」という結論が出たと明らかにした。 また、IEPが「適切な措置で防げた崩壊事故」と明らかにしたとし、 事実上、人災であったことを示唆した。 これに対し、SK建設側は 「IEPの調査結果は事故前後に実施した精密地盤調査の結果と一致しないなど、 科学的、工学的根拠が欠けている」として、異議を申し立てている。 しかし、18年7月23日、水力発電所の補助ダムが決壊し、5億トンの水が一気に流れ込んだため、下流にあるアタフ州サナムサイ地域の村々が水没した。 これによって住民数十人が死亡または行方不明になり、被災者6千人余りが発生した。 SK建設は事故直後から救助および救護、復旧支援活動を推進し、 韓国政府も緊急救護隊を3度派遣するなど被害復旧支援を続けてきた。 ではこの記事による韓国人の声を見てみるで~ 【韓国の反応】 ようやく補償額に合意し動き出したラオスでのダム決壊事故やけどあの規模の事故の割には補償額が少額過ぎるのではないやろか? しかも企業の責任転嫁の姿勢には今後の課題になるでしょうなぁ 韓国企業は一貫として降り続いた大雨が原因とし自然災害であるという態度を変えず事故当時に降った雨は1週間に1000mmの雨が降ったそうやけどダムが決壊するレベルかというと そうではないそうですわ そこで一部の韓国メディアではこのダムに日本企業が部分的に出資していた事から日本にも責任があるという韓国らしい理論が出てる様であくまでも韓国企業は責任は負いませんと言うてるんと同じ事を言うてますわ 当時を振り返ってみると被害は水害によって周辺の村が水没した事により少なくとも42人が死亡し行方不明者は1100人以上となり3000人以上が家を失った事が確認されてるみたいですわ ラオスでは目立った産業を持たず内陸国である事で豊富な水を使った水力発電に目を付けた韓国企業が現地で農業を営み穏やかに暮らしてきた人々の生活を一変させてしもて今では中国が再生の希望を奪おうとしてるみたいですなぁ 人権派弁護士として大統領まで上りつめた文大統領はこのような強者が代わる代わる弱者を搾取する様子に、知らぬ存ぜぬを決め込むんやろか? 今の韓国政府ならこっちには関係ない!と言い切りそうでんなぁ 韓国では海外で起きた韓国人による事故に対しては感心が低い様ですなぁ 文政権がこの件に関して知らぬ存ぜぬというのは人権派弁護士という肩書があった以上許される事ではないと思いますわ~.

次の