ホアキン フェニックス 死亡。 ホアキンフェニックス父母はどんな人?恋人とリバーの他に兄弟は?

リヴァー・フェニックス

ホアキン フェニックス 死亡

かつてはリーフ・フェニックス( Leaf Phoenix)の芸名で活動していた。 役者一家として知られるフェニックス家の次男で、早世した映画俳優は兄、女優は姉、女優は妹にあたる。 また妹がの実弟であると結婚した事から、アフレック家とも一族関係にある。 26歳の時に出演した『』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、若手の個性派俳優として注目を受けた。 その後も『』『』などの話題作に出演を続け、2006年に『』でとを受賞、俳優としての名声を確立した。 2008年10月27日には歌手への転向を宣言してアメリカの映画界を騒然とさせたが 、後にモキュメンタリー作品の為の芝居であった事が公表された。 2012年、復帰作となる『』で主役のフレディ・クィエル役を演じ、をと共同受賞した。 生い立ち のにて生まれる。 父ジョン・リー・ボトムは出身 の で、その後宗教団体「 Chidren of God 」の宣教師になっていた。 ボトム家はイングランド系、ドイツ系、フランス系の祖先を持っている。 母アイリン・シャローンはブロンクス出身の東欧系(との)で、同じく宣教師として活動していた。 1969年、両親は結婚時に「」に入信し、熱心な信徒として活動した。 ホアキンがという土地で生まれたのも同団体のコミュニティが南米に形成されていたからで、特に祖先の出自などとは関係ない。 後に兄のは幼少時に目撃した同団体の腐敗と異常性を告発しているが、1978年に両親も信仰心を失って団体を離脱した。 一家は新しい生活の為にフェニックスという名字に改名してアメリカに戻り、まだ4歳だったホアキンは生まれ故郷から引き離されている。 俳優一家として アメリカから戻った一家だったが、生活基盤を失った状態では貧困に苦しむより他になかった。 両親は共働きで生活費を工面しようとしたが5人兄妹を育てるのは苦しく、兄妹も街頭に出て歌や演奏を行って金銭を恵んで貰う日々を送った。 そんな折に兄妹の一人が子役を探していたスタジオの社員からエキストラとして雇われ、CMに出演する機会を得た。 これを契機に兄妹はそれぞれ子役から芸能界への道を進むが、ホアキンは子役に進む兄弟達と距離を置いて父と南米を回る旅に出ており、この経験から現在でもを流暢に話す事ができる。 キャリア 1982年、自らも俳優の道に進む決意を固め、兄が出演していたテレビシリーズで初演を果たしている。 当初は リーフ・フェニックスという名義で活動していたが、15歳の時から本名と組み合わせた ホアキン・フェニックスを使用するようになった。 映画出演は1986年の『スペースキャンプ』で、翌年には『』で初主演を務めている。 1980年代後半から1990年代後半にかけ、映画やテレビで子役として出演を重ねていった。 1993年に兄との所有するナイトクラブを訪れたが、そこで兄が麻薬の大量服用で死亡する事件が起きる。 事件現場にも居合わせていたホアキンが平静さを失って救急隊員に電話している通話記録が繰り返しテレビで放映され、マスコミの過剰な取材攻勢に嫌気が差して一時的に映画界から距離を置いた。 翌年に友人の薦めで俳優に復帰し 、監督の『』(1995年)や監督の『』(1997年)などで憂鬱な雰囲気を持った青年を演じた。 また『』(1997年)では再び主演を務めた。 スターへ 2000年公開の『』で 、監督から主役の宿敵であるローマ皇帝役に抜擢され、主演のに一歩も引かない演技を見せた。 同作でやなど名立たる映画賞の助演男優賞にノミネートされ、個性派俳優としての知名度を確立した。 その後も『』(2002年)、『』(2004年)、『』(2004年)などの話題作に出演を続ける. またその間には『』(2003年)で声優にも挑戦している。 そして『』(2006年)で歌手のを、劇中歌も自ら担当して演じきり、とを同時受賞し、二度目のアカデミー賞ノミネートを受けた。 同年、からアカデミー会員に推挙された。 突然の歌手転向 2008年10月、のチャリティーイベントに出席した際、俳優業を引退してミュージシャンの道を進むと発言。 当初はゴールデングローブ獲得に繋がったとの関連が噂されたが、ジャンルがであった事から一層に世間の話題を集める事になった。 歌手転向の動機については「俳優活動は疲れた」という趣旨の発言を行った。 義弟が撮影しているドキュメンタリー映画の為の演技ではないかとする説も囁かれたが、本人は一貫して否定した。 2009年3月13日に多くの噂が飛び交う中でラッパーとして最初のコンサートを開催、以前からは想像できない髭だらけの風貌で即興のラップを披露した。 しかし途中で野次馬の罵声に激怒してステージをおり、観客につかみ掛かる騒動となった。 2010年9月8日、ドキュメンタリー映画の主演として監督のケイシー・アフレックとベネチア国際映画祭に出席する。 映画祭でアフレックは作品の真偽について曖昧な返答を行っていたが、帰国後の9月17日にで作品がであり、歌手転向も演出であったと語った。 俳優復帰を受けて監督の『』への出演など、複数のオファーや憶測が飛び交った。 復帰 2011年、監督の次回作『』への出演を発表、翌年に公開された。 が題材の同作で戦争後遺症に苦しむを演じ、2012年に三大国際映画祭の一つであるで(ヴォルピ杯)を授与された。 2013年、とにされた。 映画界への完全なカムバックを果たし、同年には『』『』『』に続いて四回目となる監督とのタッグで制作された映画『』がで上映された。 両作品ではそれぞれ2013年・2014年の主演男優賞にされた。 2017年、監督の『』に出演し、過去にトラウマを持つ元軍人の冷酷な殺し屋を演じた。 本作の演技でのを受賞した。 2019年、監督の『』において、を演じ、でドラマ映画部門の、でを受賞した。 エピソード 2016年から、『』で共演したと交際している。 兄同様、厳格なベジタリアン()で 、撮影にどうしても必要だと納得しない限り、毛皮や皮も身につけないという。 また、をサポートする など、環境問題などのチャリティにも積極的に関わっている。 を描いたの映画『』()に、、、らと出演している。 自分の出演した映画は見ないと語っている。 での演技が話題を集めたが、元々変わり者としての部分はあったことも真実味を増す理由となった。 菜食主義の一方でアルコール中毒を患っており、2005年には病院で中毒克服の治療を受けている. 2006年に運転中に横転事故を起こして、たまたま通りかかった映画監督のに助けられている。 この時、車からはガソリンが漏れるなどかなり危険な状態にあったが、ホアキンは車中で煙草を吸おうとした。 ホアキンが動転していると思ったヴェルナーは「落ち着け(Just relax)」と叫んでライターを奪ったが、ホアキンは平然と「ええ、落ち着いてますよ(I'm fine. I am relaxed. )」と答えたという。 2013年、『』でアカデミー賞主演男優賞ノミネートが確実視された際、賞レースを嫌うホアキンは「アカデミー賞なんかただの出鱈目(bullshit)だよ」と発言して話題になった。 賞を否定する発言にも関わらず、は同年の主演男優賞にホアキンをノミネートした。 役者だけでなく、の監督やテレビ番組の企画編集など多様な活動をしている。 復帰作となった『』への出演は、共演したの推薦によるもの。 『』で役を演じたは、同役を『』における帝に影響を受けながら演じたと述べている。 Contemporary theatre, film, and television, Gale Research Co. , 2002, p. 213• 2008年11月4日閲覧。 2008年11月4日閲覧。 Cieply, Michael 2010年9月16日. The New York Times. Waxman, Sharon 2012年9月8日. The Wrap. 2012年9月9日閲覧。 Contemporary theatre, film, and television, Gale Research Co. , 2002 , p. 213,• Naomi Pfefferman 2002年4月12日. Jewish Journal. 2007年9月1日閲覧。 Roberta and David Ritz October1995. Us Magazine. 2007年9月1日閲覧。 Mary Rourke 2008年. LA Times. 2008年4月14日時点のよりアーカイブ。 2008年4月11日閲覧。 Paul Fischer 2000年. Dark Horizons. 2007年8月22日閲覧。 [ ]• John Clark 2007年9月6日. Variety Magazine. 2007年9月7日閲覧。 - (英語)• (2006年7月6日時点の)• シネマトゥデイ. 2008年10月30日閲覧。 Mohr, Ian 2017年1月10日. 2017年4月23日閲覧。 Guglielmi, Jody 2017年5月29日. ' '. 2017年5月29日閲覧。 Look To The Stars. 2007年8月22日閲覧。 Amnesty International. 2007年8月22日閲覧。 Serena Kappes 2004 -September 29. People Magazine. 2007年8月25日閲覧。 CBS News. 2005年4月13日. 2009年1月2日閲覧。 GQマガジン 2012年. 2014年8月20日閲覧。 シネマトゥデイ 2017年5月29日. 2018年3月23日閲覧。

次の

Chevron

ホアキン フェニックス 死亡

ホアキン・フェニックスの最狂の名演… - c 2010 Flemmy Productions, LLC 映画『』の大ヒットを受け、が主演を務めた超問題作『』のDVDが2020年1月17日に緊急再リリースされることが決まった。 VOD(ビデオ・オン・デマンド)でも同年1月1日より各プラットフォームで順次配信開始となる。 ホアキンが突然の「俳優引退とラッパー転向」を宣言し、突如として表舞台から姿を消したのは2008年のこと。 以来ホアキンは見る影もなく激太りし、挙動不審で会話すらままならない状態に。 実際に2年間の仕事をキャンセルし、巨額の自費を注ぎこんで作り上げた一世一代の大イタズラにアメリカ中はすっかりダマされ大激怒、ホアキンとケイシーは一瞬にして全国民を敵に回してしまった。 [PR] ファンの怒りを買った本作は興行的にも鳴かず飛ばずで、日本でも2012年に限定上映されたが成功を収めることもなく数年前に配給権は消失、DVDも絶版状態となっていた。 しかし今回『ジョーカー』の大ヒットでホアキンへの注目度が高まり、ファンや報道関係者から本作への問い合わせが殺到したため、日本の配給元は急きょ権利元と再契約交渉を行い、手頃になった新たな価格設定でDVDが再発売されることに決まった。 このフェイクドキュメンタリーの中で「常軌を逸した自分」を演じるホアキンの怪演はリアルそのもので、相棒ケイシーの回すカメラの前で、ドラッグ、買春パーティーまでしてしまう始末……。 や、といったセレブたちが次々とダマされていく様子も克明に記録されており、『ジョーカー』でアカデミー賞主演男優賞の本命とみられているホアキンの最狂の名演は必見だ。 (編集部・市川遥).

次の

容疑者、ホアキン・フェニックス

ホアキン フェニックス 死亡

すでにゴールデン・グローブ賞、SAG(全米映画俳優組合賞)の主演男優賞を受賞、今もっともオスカー主演男優賞の近くにいる男、。 彼はどんな道のりを歩んできた人物なのか。 今や映画賞常連の演技派というイメージのホアキンだが、かなりユニークな側面も!? 幼少時代はかなりドラマチック 左からサマー、ホアキン、レイン。 4歳年上の兄は『』『』『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』などで知られる故。 姉レイン、妹リバティとサマーも女優という芸能一家。 ホアキンたちの両親は「神の子供たち」という宗教団体に所属して南アメリカで宗教活動をしており、子供たちが歌や踊りをするのを推奨したそう。 また、1977年に両親がその団体を離脱してアメリカに帰国し、ロサンゼルスに住むようになった際には収入がなく、子供たちが路上で歌や踊りをして生活費を稼いだとも言われているのだ。 幼い兄姉弟妹5人が人前で歌う姿は『』にもチラッと出てくる。 そして、母がテレビ局NBCで秘書になったことから、子供たちはテレビのエキストラなどをするようになり、長男リヴァーは1980年に10歳でCMやテレビに出演し、1985年に『』で映画デビュー。 4歳下のホアキンも、8歳で兄出演のテレビシリーズ「掠奪された七人の花嫁」にゲスト出演、その後『スペースキャンプ』で映画デビューする。 ちなみに、兄弟がみな川、雨、自由、夏を意味するという名前なので、ホアキン は4歳の時に自分でリーフ(葉)と名乗るようになり、俳優デビュー時は、リーフ・フェニックスと名乗っていた。 しかし1989年の『』以降、ホアキンは俳優業から離れ、父と2人で南米への旅に出る。 そして自分をリーフではなく、本名のホアキンと名乗るようになる。 [PR] 兄リヴァーのあまりにも突然の死 今なおカリスマ的存在のリヴァー。 Nancy R. それは1993年10月31日、ホアキンの19歳の誕生日の3日後のこと。 兄リヴァーが、ロサンゼルスのナイトクラブでドラッグの過剰摂取により死亡する事件が起こる。 その時一緒にいたのが、当時のリヴァーのガールフレンド、女優と、ホアキンだった。 ホアキンにとってリヴァーは愛する兄であり、同じ道を行く尊敬する先輩だった。 その兄が23歳の若さで逝ってしまったのだ。 しかも彼の目の前で。 兄リヴァーの死の衝撃は大きく、後に映画界に復帰してからも、ホアキンが兄について語ることはなかった。 しかし、『』出演で異変が起きる。 ホアキンが、兄リヴァーとの思い出を語ったのだ。 それは2019年のトロント国際映画祭で、『ジョーカー』による功労賞受賞スピーチでのことだった。 「私が15歳か16歳の時、リヴァーが仕事から帰ってくると『レイジング・ブル』のビデオテープを持っていて、私を座らせて一緒に見ました。 翌朝、私を起こして、もう一度、一緒に見ました。 そして言ったんです、『お前はまた演技をするんだ。 これがお前のすることだ』と。 彼は私の気持ちを尋ねたのではありません、ただ言ったのです。 私は彼がそうしてくれたことを感謝しています。 演技は私に素晴らしい人生を与えてくれましたから」 俳優から離れていたホアキンをこの道に復帰させたのは、兄リヴァーだった。 そして、ジョーカーのおかげで、ホアキンは兄への感謝を口にすることが出来たのだ。 [PR] 復帰後は名優への道を歩みつつお騒がせ俳優に 圧倒的な存在感を見せつけた『グラディエーター』場面写真より。 Getty Images 兄の死後、ホアキンは映画から遠ざかっていたが、兄リヴァーの『マイ・プライベート・アイダホ』を撮った監督の『』で映画復帰。 その後は映画賞の常連になっていくが、同時にお騒がせ俳優にもなる。 アカデミー賞では『』の悪役コモデゥス皇帝役で助演男優賞にノミネート、『』で主演男優賞にノミネート、『』でも同賞ノミネート。 ゴールデン・グローブ賞では『グラディエーター』でノミネート、『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』で受賞、『ザ・マスター』『』『』と3年連続でノミネートされた。 だが、その間もホアキンにはお騒がせ事件が続々と起こる。 2005年の『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』撮影後にアルコール依存症になり、リハビリ施設への入院を公表。 その翌年には自分が運転していた自動車が横転したところを、偶然通りがかった「アギーレ/神の怒り」などで知られるドイツ人監督に助けられる。 その後の全米俳優組合賞授賞式では、式場からそのまま食肉加工工場へ直行して動物愛護団体による抗議活動に参加して、タキシード姿のまま、運び込まれたブタたちに水を与える姿も報じられた。 すんなり名優のワクに収まる俳優ではないようだ。 そうかと思えば、自身が製作・主演し、妹サマーの夫だったが監督を務め、『容疑者、ホアキン・フェニックス』を作った。 ホアキンが「本当の自分を表現したいんだ」と言いつつ、スタッフに当たり散らしたり愚痴を言ったりする日々がつづられていて、2010年のベネチア国際映画祭でもドキュメンタリー映画として上映されたが、その直後に引退宣言も映画の内容もすべてがジョークだったと発表されたという曰く付きの作品だ。 そして『ジョーカー』公開後も、ホアキンは似たようなことをやっている。 ホアキンが米人気トーク番組「ジミー・キンメル・ライブ! 」に出演した際、彼が『ジョーカー』撮影現場で演技に悩んでスタッフに暴言を吐く舞台裏映像が公開され、彼も「あんなことをするべきじゃなかった」などとうつむき、誰もがありそうな話だと思った直後、米エンターテインメント・ウィークリー誌がその映像がジョークだったと報じたのだ。 ファンはこう思ったのではないか、「えっ、また? セルフパロディーだろうけど、笑えない……」と。 ジョークのセンスがホアキン自身にしか分からないところは、『ジョーカー』のアーサーに似ているような? そして、ジョークのふりをして実は本音なのではないかと思わせるところも、ジョーカーの冗談か本気か分からないところとそっくりなのかも? [PR] プライベートのこだわりと女性関係 私生活では、子供の頃から徹底したヴィーガン。 ヴィーガンは動物から搾取しないので、肉や乳製品を食べないだけでなく、衣類や靴などの素材にも動物性のものを使わない。 そして、アメリカの動物の権利を守る動物擁護団体の熱心な活動家。 これは兄リヴァーもそうだった。 ほかにもアムネスティや、環境問題関連のチャリティーにも参加している。 リヴ・タイラーと。 その後は、、らと少々噂になったくらい。 ルーニー・マーラといちゃいちゃ。 ゴールデン・グローブ賞のレッドカーペットにも一緒に登場し、ホアキンが主演男優賞の受賞スピーチの途中で、「ルーニー……」と言ってからしばし言葉に詰まった姿からも幸せぶりが伝わってきた。 [PR] アカデミー賞主演男優賞はどうなる? 今は亡き、ヒース・レジャーとのツーショット。 これまでゴールデン・グローブ賞、SAG賞を制覇しており、受賞はほぼ確実と見られている。 ホアキン自身もオスカー候補の常連で、先述のようにノミネート歴は助演が1回、主演が今回で3度目。 そろそろ受賞してもおかしくない。 ちなみにジョーカー役がアカデミー賞候補になるのは2度目。 が『』のジョーカー役で助演男優賞にノミネートされ、見事受賞している。 果たして、ジョーカーの2度目の受賞はなるのか。 それも気になる。 (文・平沢薫).

次の