にゃんこ大戦争レアキャラ進化優先。 【にゃんこ大戦争のEXキャラ最強ランキング24選】進化&育成すべき”おすすめEXキャラ”

第三形態で強くなるランキングBEST5【各レアでまとめ】

にゃんこ大戦争レアキャラ進化優先

インドでも有名なシェフのようなので、 一度、香辛料の効いたカレーを食べてみたいです。 ネコバレーの進化形態 第1形態 第2形態 第3形態 ネコカレー ノックバック 準備中 攻撃モーション 準備中 ネコカレーの評価 遠方攻撃のクリティカル 後方にメタルな敵がいる場合に、 ピンポイントで攻撃できます。 遠方でのクリティカル持ちのキャラは、 全体を通してもめずらしいです。 単体攻撃 単体攻撃なので、 敵が多いステージでは使いにくいです。 動きを遅くできる 敵の動きを遅くすることができます。 ネコカレーの使用方法 敵の少ないステージで 後方のメタルな敵を倒すために 使用します。 動きを遅くすることができるので、 妨害としても使用できます。 動きを遅くすることができたの、 強化はされていますが、 それだけであれば、ほかのキャラで、 代用できるので、 そこまで優先度は高くありません。 入手方法 絶・絶望新次元 進撃のワープホール 超極ムズを クリアすることで進化することができます。 必要進化素材 なし にゃんコンボ なし 類似キャラの紹介 遠方のクリティカル持ちはほとんどいないので、 クリティカル持ちのキャラを紹介します。 駆動戦士ネコ ネコ蕎麦屋 ネコ島.

次の

にゃんこ大戦争【攻略】:第3形態へ早めに進化させたいレア・激レアキャラクターまとめ

にゃんこ大戦争レアキャラ進化優先

しかし、通常はキャラのレベルは20までしか上げることができません。 (初期は最大Lv10。 基本キャラはにゃんこチケットで進化 基本キャラはログインボーナスでもらえる「にゃんこチケット」を使うことで進化することができます。 というのも、にゃんこチケットで引くことができる「にゃんこガチャ」からは基本キャラが排出されるので、 基本キャラを10体被らせることで第3形態へ進化させることができるのです。 EXキャラは開眼ステージクリアで進化 EXキャラの進化は、基本キャラと同じようにレベルを30まで上げる必要があります。 しかし、EXキャラは30レベルにしただけでは第3形態に進化することはできません。 EXキャラの進化は、 開眼ステージと呼ばれるステージをクリアすることで対象のキャラを進化させることができます。 開眼ステージ攻略一覧 超激レアキャラはマタタビで進化 超激レアキャラはマタタビを使用して第3形態へ進化させることができます。 しかし、 超激レアキャラの進化も30レベル以上が必要になるので注意しましょう。 超激レアのレベルは同じキャラを被らせなくても「キャッツアイ」というアイテムで上げることができますので、以下の記事も参考にしてください。

次の

にゃんこ大戦争の「レベル上限」の解放条件を解説!

にゃんこ大戦争レアキャラ進化優先

生産速度も速め。 第3形態で波動打ち消しを獲得しさらに耐久力も増加、様々な場所で壁役として機能するようになる。 第3形態最優先候補の一人。 5秒 射程170 第1,第2,第3形態 黒い敵に超ダメージ 2連続攻撃 範囲攻撃 特徴 コストが安めで非常に足・攻撃速度が速く「速攻」タイプのキャラ。 物凄い速度で突っ込んでいき火力の高い攻撃を素早く繰り出してノックバックしてを繰り返す。 敵の攻撃密度が高いところに突っ込ませると何もできずに追い返されてしまうことが多いのでタイミングを見極めて使うこと。 周回系のステージを効率化するのに重要なキャラ。 同じ速攻タイプのキャラと組み合わせて同時に出すことで凄まじいパフォーマンスを発揮できる。 第3形態優先候補にも挙がる。 第3形態になると射程が伸び全体的に大幅強化。 第3形態優先候補に挙がるくらいには優秀になり、再生産速度をいかしたアタッカーとしても機能するようになる。 解説 まずはレジェンドステージ・狂乱ステージ攻略用にネコマシン。 波動打ち消し&耐久。 ネコマシンは得意な対赤・エイリアンだけでなく汎用耐久壁としても優秀。 波動持ちの敵が出現するステージにおいてはほぼ必須。 次に速攻型のアタッカーとして優秀な真田幸村。 真田幸村第3形態がいると経験値ステージ等の周回がかなり楽になるので、他キャラを第3形態にするための経験値稼ぎの下地を作ることができる。 レジェンドステージクリアで使えるようになる覚醒ネコムートとの相性も抜群で、対黒に限らずどこでも活躍できる。 レジェンドステージ・マタタビステージ・狂乱ステージの 赤い敵妨害用として超優秀なネコアイスの第3形態もかなり優先度高め。 もしレジェンドステージの赤い敵に困っているようであれば、真田幸村よりも優先的に第3形態にする価値がある。 ネコアイスは対赤だけでなく汎用後方アタッカーとしても使えるのがポイント。 備考 オススメの3体に共通して言えるのが 「中コスト・再生産速度早め」であること。 完全な大型ユニットでないため生産コストもそこまで高くなく、再生産速度も短めなので扱いやすいのが特徴。 レジェンドステージ・マタタビステージ・経験値ステージ・狂乱&大狂乱ステージと一通りのコンテンツで活躍することができる。 毎日のマタタビ集めと経験値稼ぎ 第3形態への進化方法については""を参照。 1色の使用量は多いキャラだと8個ほど使うので、1週間に1体確実に第3形態を増やしたいなら 各日10個くらいは集めておきたいところ。 各曜日ごとにマタタビの色が決まっており、1週間でまた集められはするが、 やりこんでいるとその1週間がけっこう長く感じられるので、日々のマタタビ集めを怠らないようにしたい。 虹マタタビ含め各種マタタビの稼ぎ方・高速周回方法については""参照。 単純にLv30まで上げるためのXPと、第3形態進化用に超激レアだと1,000,000取られるのでかなりの量が必要になる。 ""に専用ページを作ったのでそちらを参考に。 第3形態オススメキャラ 波動対策 波動攻撃への対策特性は「波動打ち消し」と「波動ダメージ無効」の2種類が存在する。 それぞれ効果が違うのでうまく使い分けを。 波動打ち消しは、そのキャラに波動が当たった時点で波動が消えるようになっており、後方アタッカーを守ることに長けている。 打ち消し持ちのキャラより前にいる場合は波動を食らってしまうが、それより後ろにいれば波動は食らわない。 波動無効化は波動のダメージが通らない。 本人専用の防御特性。 ちなみに波動は無効化・ダメージ無効化を持っていても、敵の直接攻撃部分に当たるとダメージを貰うので注意。 生産速度も速め。 第3形態で波動打ち消しを獲得しさらに耐久力も増加、様々な場所で壁役として機能するようになる。 第3形態最優先候補の一人。 波動対策&殴り合うしかないステージの耐久壁ということで第3形態進化の大本命。 レジェンドステージや狂乱・大狂乱ステージを攻略するならほぼ必須レベル。 波動打ち消しを持っているため後方アタッカーを守ることに長けている。 赤い敵・エイリアンに対して打たれ強いというのもポイント。 コスト安めで再生産速度も短め。 コストあたりの耐久力の高さがトップクラスなので、汎用壁としても機能する。 他に第3形態キャラを増やせる段階になるとスタメンという感じではなくなるが、特定ステージ攻略のためにもまずは優先的に第3形態にしておきたい。 低コストで量産可能な波動対策キャラとして超優秀。 超激レアにこだわらないのであればオススメの波動対策キャラ。 ネコマシンの様に耐久力が高いわけではないが、再生産時間が上がる度に生産し続けるだけで簡単に波動対策が可能。 ネコマシン第3形態だけでも一応こと足りるので、マタタビや経験値に余裕があればという感じ。 第3形態になると射程が伸び全体的に大幅強化。 第3形態優先候補に挙がるくらいには優秀になり、再生産速度をいかしたアタッカーとしても機能するようになる。 進化優先度高めの妨害キャラその1。 不安だった射程が改善され、赤い敵を必ず止められるように。 射程が伸びたことにより安定して妨害できたり、妨害キャラでありながら実は攻撃性能も高く、生産速度も短めであることから汎用アタッカーとしての運用も可能。 活躍の場が広い。 尖った要素はあまりないが全体的な性能もまずまず。 宇宙編ラストのサイクロンステージでも活躍できる。 第3形態でさらに性能アップ&射程アップ。 浮いてる敵に厄介な相手が多いため活躍の場は広い。 進化優先度高めの妨害キャラその2。 同じ候補のネコアイス・カッパーマインと比べると元々の射程が長いため第2形態の段階から十分に活躍でき、第3形態で全体的に底上げされさらに万能感が増す。 ただし他2体よりも再生産時間も長い。 浮いてる敵への対策がかなり重要なゲームなので、万能度を追求するならネコアイスではなくコチラと言う感じになる。 第3形態になることで移動速度が2倍になり、ここで紹介している妨害キャラ3体の中では一番足が速くなるのもポイント。 妨害効果は確定ではないが5秒近く敵を止めることが可能。 攻撃速度も速めで宇宙編ラストのサイクロンやぶんぶんに対しても有効。 ただし射程が短いため安定度低め。 第3形態で射程が一気に伸びるのでそこまで育成できれば活躍の場はかなり広く、進化優先度もまずまず高め。 進化優先度高めの妨害キャラその3。 正直そこまで優先度が高いというわけではないが、選択肢としてはアリという感じ。 5秒 射程170 第1,第2,第3形態 黒い敵に超ダメージ 2連続攻撃 範囲攻撃 特徴 コストが安めで非常に足・攻撃速度が速く「速攻」タイプのキャラ。 物凄い速度で突っ込んでいき火力の高い攻撃を素早く繰り出してノックバックしてを繰り返す。 敵の攻撃密度が高いところに突っ込ませると何もできずに追い返されてしまうことが多いのでタイミングを見極めて使うこと。 周回系のステージを効率化するのに重要なキャラ。 同じ速攻タイプのキャラと組み合わせて同時に出すことで凄まじいパフォーマンスを発揮できる。 第3形態優先候補にも挙がる。 土日ステージ・ゲリラ経験値などの経験値系ステージを周回する際に特に活躍が期待できるキャラ。 速攻型ということで扱いは難しいが、使いこなせるのであれば優先度は高い。 覚醒のネコムートを既に解放しているのであればさらに優先度は高まり、同時生産した時のラッシュ力は凄まじい。 相手の属性に関わらず大活躍することができる。 第3形態優先候補の一人。 防御特性が付いているので一見耐久キャラに見えるが実はアタッカー。 アタッカーでありながら波動無効と対黒の防御特性がついてるという感じ。 コスト安めで再生産速度も短め。 第3形態で大幅強化され射程が微妙に伸びるのがポイント。 黒以外の他属性相手でも十分にアタッカーとして機能し、量産壁の少し後ろからガンガンダメージを稼いでくれる。 ネコマシンなどの主要第3形態候補の進化が一通り済んでから、前線アタッカーが必要な場合に。 ただし第2形態の状態だとあまりに耐久力が低いため第3形態前提の性能と言える。 第3形態になると比べ物にならないほど体力が上昇し、3倍ダメージを維持しつつ戦える凄まじいアタッカーに変貌。 相手属性を選ばず戦えるため活躍の場は広い。 第3形態優先キャラ候補。 第3形態で大化けするキャラ。 波動ダメージを無効化することもできるので、前線を維持できているなら安全に殴ることも可能。 射程はちょっとだけ短めだが、第2形態の時点ではDPSもトップクラス。 第3形態まで伸ばせば赤い敵にめっぽう強いが追加されさらに射程が伸びる。 赤の敵主体のステージでは最高クラスのゴリ押しキャラになる。 赤い敵主体のステージを効率良く周回したいならコイツ。 赤い敵に対して特に強いのと、他の属性を相手にした場合でも敵数が少ない状況ならアタッカー・DPSとしても機能するのが特徴。 同じ対赤向けのキャラとしてはネコアイスの方が汎用性は高いのでこちらは後回しで。 このキャラの問題点として、必ず吹っ飛ばしてしまうため他キャラの攻撃がたまにスカることに注意。 同じ対赤の妨害キャラであるネコアイスと組み合わせた場合、ネコアイスの攻撃が当たらずに逆に不利になってしまうこともある。 特に注意すべきは赤い敵に超ダメージを出せるサンディアで、サンディアは攻撃の溜め時間が長いため吹っ飛ばしと特に相性が悪い。 体力・攻撃力もかなり高い数値まで上がる。 対黒に関しては他に優秀なキャラが多いので目立たないが、対エイリアンに関してはある程度耐えつつダメージも期待できるので青マタタビステージではしっかり活躍できる。 ほど良い耐久力と攻撃種族制限を利用して、あえて敵を溜めて状況を整える戦術に使われることも。 青マタタビステージの超激ムズ攻略用に個人的に目をつけてる第3形態候補。 黒い敵・エイリアン・城にしか攻撃できないが、その分非常に高い体力・高い攻撃力を持つキャラ。 優先度は高くないので、一通りの第3形態優先候補を進化済みなのであれば選択肢として。 性能は申し分ないもののそのコストの高さがネックとなっているキャラではあるが、青マタタビの超激ムズステージはボス出現までにかなりの額を一気に稼ぐことができるので、そこで武田信玄の第3形態を早めに生産してイノヴァルカンの出現に備えるという流れ。 イノヴァルカンのラッシュ力が凄まじいため微妙にかみ合わないと一気に押し切られてしまうことがあるが、フィリバスターの止める効果と武田信玄の第3形態を組み合わせれば非常に安定した攻略が可能となる。 尖った強さを求めるというよりは、青マタタビステージの「安心を買う」という意味でのオススメキャラ。 それだけでなく生産コストも下がるため、安価壁としてトップクラスの性能に。 大狂乱ステージの攻略でもかなり役立つ。 33秒間止める 範囲攻撃 第3形態 全ての敵を必ず3秒間秒間止める 全ての敵の攻撃力を 停止明けから 3秒間半分下げる 敵の属性に関わらず止めることができる汎用妨害キャラ。 攻撃間隔がかなり長めなので第3形態前提の性能と言える。 第3形態まで伸ばせばどこにでも連れていける万能キャラに。 第3形態優先キャラ候補。 大狂乱ステージの攻略でもかなり役立つ。

次の