インディア アイズリー。 映画『ガール・イン・ザ・ミラー』感想と評価レビュー。鏡の少女の正体とは何か解説|SF恐怖映画という名の観覧車62

映画『ガール・イン・ザ・ミラー』感想と評価レビュー。鏡の少女の正体とは何か解説|SF恐怖映画という名の観覧車62

インディア アイズリー

来歴 [ ] 父はの歌手。 2歳の時両親が離婚し、8歳で母の母国に渡る。 ドラマ・スクールで学び、の舞台に立っていたところを監督に見出され、、原作の映画『』で人気女優となる。 しかしその後は役に恵まれず、テレビ出演が主となっている。 2003年、映画『マザー・テレサ』で「この役を20年間待ち続けた」というの役を演じ、スクリーンに復活を遂げた。 「シェイクスピアのジュリエットを演じ、聖母マリアを演じ、マザー・テレサを演じることができたなんて幸運としか言いようがない」と語った。 プライベート [ ] 私生活では、の息子のディーン・ポール・マーティン()と1971年に結婚し、一男児をもうけたが、1978年に離婚。 のCMに出演した際、そのCM曲「」を歌った歌手のと1980年に結婚。 一男児をもうけたが1989年に離婚している。 その後、アメリカ人ミュージシャンのデヴィッド・アイズリー()と結婚。 一女をもうけた。 「マザー・テレサ」公式パンフレット日本版(東宝)2005年 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• - (英語).

次の

新世代女優インディア・アイズリー、小悪魔的“5変化”ビジュアル到着!『カイト』

インディア アイズリー

解説 孤独な少女が、鏡の中に現れたもうひとりの自分との出会いによって巻き起こす惨劇を描いたリベンジスリラー。 両親から「出来損ない」と言われ、学校でもいじめられている少女マリアは、自分のことが大嫌いで笑うことさえできなかった。 不安定な心を抱える彼女は性的な衝動に駆られ、夜ごと自慰行為にふけっている。 そんなある日、バスルームで自分を慰めていた彼女に、突然誰かが話しかけてくる。 「私たちはきれいよ」と優しく告げるその声はマリア自身の声で、鏡に写る彼女は美しいほほ笑みを浮かべていた。 鏡の中の自分から「あなたの望みをかなえたい」と言われたマリアは、まるでもうひとりの自分に操られるかのように、凄惨な復讐を繰り広げていく。 主演は女優オリビア・ハッセーの娘で、「カイト KITE」の主演などで知られるインディア・アイズリー。 共演に「誘惑のアフロディーテ」のミラ・ソルビノ、「ハリー・ポッター」シリーズのジェイソン・アイザックス。 新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2019/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019」(19年7月13日~8月9日)上映作品。 カナダの雪深い地方。 主人公マリアも友人リリーもかなり裕福な家庭なのだろう。 道路はずっとアイスバーン化してるし、アイスホッケーやフィギュアスケートなどもメインだし、高校のプロムだって氷上プロムという氷漬けのイメージ。 内気で孤独なマリアだったけど、リリーは肝心なところで守ってくれず、リリーの恋人ショーンがもっともマリアを心配してくれていた。 そんなある日、鏡の中のエイラムと名乗る自分が勝手に動き出し、望みを叶えてくれると告げる。 言われるがまま鏡にキスをすると、マリアとエイラムが入れ替わり、復讐のために連続殺人を行うというストーリー。 双子の胎児の写真や、出産時に片方はダメだという医師の声。 マリアの姉は死産だったのかと思わせておく手法で展開する。 マリアの代わりにイジメっ子やリリーを殺すというのは読めるのだが、最後は見事にオチをつけてくれました。 ホラーではあるけど、グロい映像もなく、『キャリー』か!?と思わせておいて、実はピノコだったりする。 父親への愛は感じられないけど、母親だけは二人とも愛していた。 二人とも生まれていたら、どんなに幸せな人生を歩んでいたのだろうか・・・ただ、シャム双生児の悲劇をも思い起こさせるし、やっぱり悲しい結末だったのかもしれません。 マリアは、生まれて来なかった方(ほう)の双子に才能を全部持って行かれたような少女です。 出来損ないのような少女です。 挑発的な性格の、鏡の向こう側のマリアと入れ替わり、 ・イジメっ子の主犯格(マーク)を殺害。 ・恋敵(リリー)にアイススケートで圧倒する。 挑発的なマリアから、逃げる途中に事故死する。 ・消極的なマリアが憧れていたショーンと激しいSEXをする。 後に殺害。 ・娘を「出来損ない」と見做す父親(ブレナン)を殺害する。 インディア・アイズリーのフルヌードがあったりと、ぼくは そこそこ楽しめました。 C 2017 ACE IN THE HOLE PRODUCTIONS, L. 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

ガール・イン・ザ・ミラー : 作品情報

インディア アイズリー

来歴 [ ] 父はの歌手。 2歳の時両親が離婚し、8歳で母の母国に渡る。 ドラマ・スクールで学び、の舞台に立っていたところを監督に見出され、、原作の映画『』で人気女優となる。 しかしその後は役に恵まれず、テレビ出演が主となっている。 2003年、映画『マザー・テレサ』で「この役を20年間待ち続けた」というの役を演じ、スクリーンに復活を遂げた。 「シェイクスピアのジュリエットを演じ、聖母マリアを演じ、マザー・テレサを演じることができたなんて幸運としか言いようがない」と語った。 プライベート [ ] 私生活では、の息子のディーン・ポール・マーティン()と1971年に結婚し、一男児をもうけたが、1978年に離婚。 のCMに出演した際、そのCM曲「」を歌った歌手のと1980年に結婚。 一男児をもうけたが1989年に離婚している。 その後、アメリカ人ミュージシャンのデヴィッド・アイズリー()と結婚。 一女をもうけた。 「マザー・テレサ」公式パンフレット日本版(東宝)2005年 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• - (英語).

次の