旦那 語源。 旦那、元々の意味は?【ことば検定】 答え林修

主人と旦那・・・何が違うのでしょう? 格上、格下の区別はある…

旦那 語源

「旦那」という言葉は、仏教の発祥の地である古代インドのサンスクリット語に由来する。 古代インドの僧侶は生活の全てを修行にささげるという習わしがあった。 自分たちで生活物資の用意ができない僧侶の代わりに、出家をしていない人々が衣服や食べ物を分け与えた。 ダーナ(施し)は、自分たちに代わって毎日厳しい修行を行う僧侶への感謝の気持ちを表したものである。 見返りを求めず、自らの衣服や食べ物を与えるダーナは、仏教に込められた精神である。 そして、「ダーナ」という言葉が中国や日本に伝わると、「檀那(旦那)」という漢字が当てられ、その意味も「施すこと」から「布施をする人」に変わっていった。 その後、江戸時代の寺請(てらうけ)制度がきっかけとなり、「夫」が「旦那」と呼ばれるようになった。 寺請制度とは、当時キリシタンを弾圧していた江戸幕府が、宗教統制の一環として始めた政策のことである。 寺院の住職が一般の人々の戸籍などを管理し、キリシタンではないことを保証した。 代わりにその家の家長は寺にお布施を払い、葬式や盆などの法事を依頼することを義務付けた。 この家長は寺から見たら「旦那」であり、この寺請制度により一家の父親が「旦那」となった。 もともと仏教に由来して、お金や施しを与えてくれる「旦那」という言葉は、仏教を離れた場面でも使われるようになった。 例えば、雇われて家事などをする奉公人が自分の主人を呼ぶ時に、「うちの旦那さんはよく面倒を見てくれる」などの使われ方がされた。 奉公人からすれば、主人は面倒を見てくれ、お金をくれる「旦那」である。 また、物を売る商売人から見ると、買い物をして、お金をくれる客も「旦那」である。 これらと同じように、家族の中でもお金を家に持ってくる家長(主人)を「旦那」と呼ぶようになった。

次の

「旦那(だんな)」の語源や由来は何?

旦那 語源

「旦那(だんな)」 の由来についてまとめたエッセイです。 由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。 結婚すると配偶者の呼び名には気を使いたい。 妻が・・・というのは当たり前?嫁が・・・と呼ぶの本来は誤りとか。 下の名前で呼びつけにするのも今の時代ではなんだか偉そう。 でも若いうちから家内とか呼ぶのもなんとなく照れくさい。 では男の方は? 会社の上司の前で、いつものように呼ばれた日には何ともバツが悪いのが男というもの。 主人は・・・というのがやはり定番だろうか。 おっと忘れていました、「夫」なんて呼び方もありますね。 亭主と言われていやがる男はいないかもしれません。 皆さんはどう呼ばれたいですか? 私だったら名前で「~さん」かなぁ。 結婚前の上流家庭のフィアンセみたいで気持ち悪いですか? 今日の由来はいちおう「旦那」なんですが、これは少し種類が違うですかね。 そう、イメージ的には専業主婦が集まって高級なランチのデザートを頬張りながら夫の悪口を言う感じですかね。 「うちの旦那ったらさぁ~。 その由来はサンスクリット語で「与える」「贈る」という意味の「ダーナdana-pati」という言葉を略した漢字化からきています。 元々は仏教語で仏教風に訳すと「ほどこし」や「お布施」となります。 こうなってくると少し想像に優しくなりますよね。 旦那は寺院や僧侶に布施をする「施主」や「檀家」の意味として、主に僧侶が用いる言葉だったのです。 それが一般にも広がるうちに、「パトロン」のように生活の面倒を見る人の意味にも変化します。 奉公人が主人を、商人が客を呼んでいたものが、今では妻が夫を呼ぶときの敬称となったというわけ。 どうしてそうなったのかは分かりませんが、生活の面倒を見るという意味では納得できますよね。 つまり共働きの家庭では、妻は夫とか亭主と呼び、旦那の稼ぎで優雅にアフタヌーンティーをすするマダムは敬意を込めずに「うちの旦那ったらさぁ~。 」ってなるわけ。 なんだか腑に落ちないけどそんなもんです。 一言コメントする メールアドレスは公開されません。 一言コメント You may use these HTML tags and attributes: ニックネーム 上に表示された文字を入力してください。 (スパム対策).

次の

旦那の語源や由来は?呼び方の使い分け

旦那 語源

しかし現代での「旦那」という言葉の意味はどうでしょう。 現代では主に「主人」「亭主」「夫」と同じように男性の配偶者のことを示す言葉として使われていますね。 この旦那という言葉、現代では「旦那様」「旦那さん」と「様」や「さん」を付けると昔と同じように丁寧な意味として使用もされていますが、妻が自分の夫のことを「うちの旦那が」という時には、むしろ蔑んだ意味で使われていることもあります。 「さん」をつけて「旦那さん」と呼ぶと丁寧な意味になって良いでしょうが、話す相手によっては自分の夫のことを持ち上げた言い方をするのが好ましく思われないことも。 そのため「さん」を付けずに「旦那」と呼ぶほうが良いことがありますから注意が必要です。 「亭主」という言葉は「亭主関白」という四字熟語が意味するように、男性が支配者として威張っている、家庭を支配している、というイメージが強いためか、現代では一般的に使われることが少なくなってきました。 使う場面があったとしても「旦那」と同じように少しグチめいた意味を込めた話をする時に使われる印象ですね。 使い分けとしては、やはりこの言葉も社交場では使わないほうが無難といえるでしょう。 「旦那」「夫」「主人」「亭主」の使い分けについて見てきましたが、それでは「とりあえず」という言葉の使い分けはどうしたら良いか、ご存知でしょうか。 ビジネスの場で使用していいのかどうか、どのように活用するのがいいかはこちらの記事で確認してみてくださいね!.

次の