無駄のない種族値。 ナットレイ

【ポケモン剣盾】種族値とは?意味と重要性の解説

無駄のない種族値

概要 名前の通り、人間でいうところの「努力」もしくは「経験」にあたる値。 低いから育ててきたポケモンを、同種類でかつレベルが等しい野生、またはシナリオ中の敵トレーナーのポケモンと戦わせるとき、大抵の場合、自分のポケモンの方が強い(先攻になる、同じわざでも与えるが大きい、受けるダメージが小さい、など)。 ポケモンは戦闘の後に、を得ると同時に、これとは別の「隠し経験値」のようなものも獲得するようになっており、この数値も上昇に影響する。 これが通称「努力値」、もしくは「基礎ポイント」である。 野生ポケモンやイベントで入手するポケモン、あるいは敵トレーナーが繰り出すポケモンの努力値は基本的に全て0である。 ただし第七世代以降や、それ以前の世代でも一部のバトル施設では、敵トレーナーの使うポケモンの能力も、努力値により底上げされていることがある。 システム システム自体は第二世代以前と第三世代以降とで大きく異なっている。 第二世代まで• 5種類の(、、、、)それぞれに対して互いに独立した努力値が存在する。 野生、またはシナリオ中の敵トレーナーのポケモンを倒すと、倒したポケモンの5つのと同じだけの努力値が加算される。 複数のポケモンで倒した場合、がある場合は、と同様分配されて加算される。 では、倒したポケモンの種族値が特殊努力値に加算される。 努力値に依存して0から63までの努力レベルが存在する。 この努力レベルが計算に用いられる。 また、相手のポケモンを倒すたびに努力値が加算されるため、計算上はアップしなくても努力レベルがアップしてステータスが上昇することがあり得る。 しかしながら、ステータスの再計算は、• したとき• したとき• えいようドリンクを使ったとき• ポケモンをから引き取ったとき• から引き取ったとき にされるため、そのときに新しい努力値(すなわち、努力レベル)に対するステータスとなる。 (手持ちのポケモンをボックスに預けてすぐに引き取ったときに強さが若干上昇することがあるのは、このため。 最高レベル(レベル100)でも努力値を上昇させることができる。 したがって、レベル100でも5つすべての努力レベルが63になるまでステータスは上昇しうる。 分配によって獲得経験値が0になっても努力値は獲得できる。 ただし努力値自体が分配によって1未満になった場合は得られない。 通信対戦などの経験値自体が入らない戦闘では努力値は得られない。 に感染すると、以降得られる努力値が2倍となる(治癒してもその効果は残る)。 第三世代以降• 6種類の(、、、、、)それぞれに対する努力値が存在する。 ポケモンの種類別にが用意され、ポケモンを倒すとそのポケモンの獲得努力値が、戦闘に参加したポケモン全員に加算される。 ただし、努力値の合計の最大値は510となっており、510のときは1つのステータスに対する努力値が最大値に達していなくても、それ以上努力値を増やすことはできない。 第四世代まで、ステータス再計算タイミングは、と努力値を下げるきのみを使ったときはその時点、戦闘で入手した努力値はレベルアップまたは進化のとき、及びボックスに預けた時である。 に感染すると、以降得られる努力値が2倍となる(治癒してもその効果は残る)。 第五世代での変更点• ステータスの再計算が、「努力値が増減したとき」に統一された。 そのため、レベル100でも努力値を最大まで獲得することができる。 第六世代での変更点• 道具による努力値の操作 第二世代まで 努力値を2560上昇させる。 メッセージとしては「 ステータス の きそポイントが あがった」と表示される。 該当する努力値が25600以上のときは用いることができない メッセージとしては「つかっても こうかがないよ」と表示される。 アイテム名 対応ステータス マックスアップ HP タウリン こうげき ブロムヘキシン ぼうぎょ リゾチウム とくしゅ 第一世代 とくこう、とくぼう 第二世代 インドメタシン すばやさ 第三世代以降 えいようドリンク 努力値を10上昇させる。 メッセージとしては「 ステータス の きそポイントが あがった」と表示される。 第七世代以前では、該当する努力値が100以上のときは用いることができない 90から99のときに使った場合は100になる。 からは制限がなくなった。 アイテム名 対応ステータス マックスアップ HP タウリン こうげき ブロムヘキシン ぼうぎょ リゾチウム とくこう キトサン とくぼう インドメタシン すばやさ 持たせると、戦闘時すばやさが半分になるが、得られる努力値が2倍になる。 アイテムの説明文は単に「つよく そだつ」とされている。 第四世代から登場。 ポケルスに感染後は計算後の数値からさらに2倍。 アイテム名 対応ステータス パワーウエイト HP パワーリスト こうげき パワーベルト ぼうぎょ パワーレンズ とくこう パワーバンド とくぼう パワーアンクル すばやさ から登場。 使うと努力値を1だけ上昇させる。 えいようドリンクと違い、第七世代以前でも上げる能力の努力値が100以上で使うことができる。 アイテム名 対応ステータス たいりょくのハネ HP きんりょくのハネ こうげき ていこうのハネ ぼうぎょ ちりょくのハネ とくこう せいしんのハネ とくぼう しゅんぱつのハネ すばやさ 努力値を下げるきのみ 効果は世代でやや異なる。 エメラルドでは、努力値の現在値に関わらず10減少し、が上昇する。 第四世代では、努力値が110以上のとき100まで減少させる。 第五世代以降はエメラルドと同じ仕様に戻った。 ポケモンのを上昇させるため、「該当箇所の努力値が0」「なつき度が最大」の両方を満たした時のみ、「つかっても こうかがないよ」と表示される。 このとき、きのみは消費されない。 「該当箇所の努力値が0」で「なつき度が最大でない」場合、きのみは消費され、なつき度が上昇したうえで「 ステータス の基礎ポイントは もうさがらない!」と表示される。 アイテム名 対応ステータス HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 道具以外による努力値の操作 具体的な内容については、各記事を参照。 内の、、 のわいわいリゾート 努力値を知る 努力値は、「隠しパラメータ」であるため直接知ることができない。 以下の方法で、努力値を知ることができる。 えいようドリンクが使用できない場合、その努力値は100 第二世代までは25600 以上である。 (第七世代までの仕様で、第八世代では100以上になっても使用出来る。 努力値を下げるきのみが使用できない、または使って「~の きそポイントは もうさがらない!」と出たとき、その努力値は0である。 を貰えたとき、努力値の合計が510である。 以降では、ゲーム内でもかなり具体的な形で参照できるようになってきている。 ではのグラフを見れば、大雑把にだが努力値がどのくらい振られているのか分かる。 「まっさらバッグ」を使ってリセットすることにより、使用前の努力値が何点だったか具体的に分かる。 このままでは努力値がゼロに戻ってしまい無意味だが、使用前にレポートを書いておき、バッグを使用した後でゲームを再起動すれば使用前の状態に戻せる。 では、ポケモンの「つよさをみる」画面でYボタンを押すと、そのポケモンのと努力値がレーダー表示される。 中央の黄色い六角形が種族値で、その周囲に広がるオレンジもしくは青い色の枠が努力値。 通常はオレンジ色の枠で表示されるが、努力値の合計が限界値の510に達している場合には枠が青くなる。 レーダー表示であるため、各能力値へ具体的に何点振られているのかまではわからない。 黄色の外に枠が表示されていない能力値には、努力値が入っていないのでゼロ。 また限界まで努力値が振られている、つまり努力値が252の場合、該当の能力欄がキラキラと光る。 このためゼロと最大値だけは、レーダー上で明確に把握することが可能。 以下は非公式ツールを用いるため推奨されない。 Pokecheckなどの疑似GTSソフト・バトルビデオ解析ソフトで確認する。 などのセーブデータ改造ツール(ポケモン専用)で正確に調べることができる(この方法では、、も同時に調べられる)。 努力値の振り方 第三世代以降 までは6種類全てのを最大まで上げられるが、からは合計努力値が510と定まったため、どのステータスにどれだけ努力値を振るかが重要になる。 これにより、より戦略的な育成を行う必要が生じた。 第三世代以降では、ステータスの計算式を見てわかるように計算時に4で割ることとなる。 割った余りは切り捨てられるため無駄となってしまうので、レベルにもよるが 後述 、基本的に4の倍数だけ振るのが効率的である。 また、ある2つの能力に252ずつ振ると、努力値を振ることのできる上限510から6余らすことができ、ステータス1の分だけ他の能力を上げることができる。 なお、第六世代以降は各能力への努力値上限が252となったため最大まで振っても無駄が出ないようになっている。 そのため最終的なレベルによって最も無駄がない努力値の振り方が異なる。 Lv100の場合 計算の後半部分は100倍して100で割ることになるので、カッコ内の数値がそのまま実数値の変化となる。 カッコ内では努力値を4で割っているため、4の倍数だけ振るとよい。 ゆえに、個体値が偶数のときは努力値を「8の倍数」、奇数のときは努力値を「8の倍数でない4の倍数」だけ振るのが最も無駄がない。 なお、個体値がVすなわち31であるとすると、上記の252振りが効率的であることが分かる。 関連項目•

次の

種族値 (しゅぞくち)とは【ピクシブ百科事典】

無駄のない種族値

バニリッチをもう1匹くっつけたような形をしていて、串の刺さったようなツノの生えた右側のほうは笑顔を浮かべている。 角の形はナビスコから発売されている菓子『ピコラ』に似ている。 だが、ポケモン図鑑BWでは左側の顔も右側と入れ替わるように笑顔になる(その際なぜかよだれも消える)。 概要 バニリッチの進化形。 とても美味しそうな見た目のポケモン。 でも食べないでね。 さりげなく「」を放つこともできるので見た目に惑わされないように。 名前の由来は、「倍+バニラ」だろうか。 水を飲み体内に雪雲を作り出すことができ、怒ると角から猛吹雪を吹き出し辺りを敵味方関係なく、雪で埋め尽くす。 双方の頭は個別に感情があるらしく、体は合体はしているが意識は別の模様。 「サン・ムーン」の図鑑説明には、2つの頭それぞれに脳があり、両者の意見が一致すると猛吹雪を吹き出す模様。 また片方の頭を失っても問題なく生きられる。 また「USUM」の図鑑説明では、朝日で溶けかけた2匹のバニリッチが合体し、寒い晩に再び凍るとバイバニラに進化するようだ。 一種のスノーマシンとしても機能しており、スキーヤーやボーダーのお供として活躍している。 綺麗な水を使って体を大きくしたり、雪雲を作り出す生態があるため、では一族揃って草むらのみならず、雪が降りしきる水上に出現する。 同じく複数の頭を持つポケモンにはや等がいる。 独特な愛らしさからイラストの数も多いが、擬人化の際は形状ゆえで描かれるほか、所謂として描かれているものも多いので、閲覧の際には気をつけることをお勧めする。 性能 種族値 HP 71 攻撃 95 防御 85 特攻 110 特防 95 素早さ 79 第5~6世代 能力面は第5世代の中ではわりとバランスがよく、中でも特攻が最も高い。 だがこのポケモン、535もの合計種族値をほぼ均等、かつ一歩足りない感じに割り振ったために、目立った長所がないという、とんでもない無駄配分となっている。 その最たるものが80族のやをギリギリで抜けない 79という素早さであろう。 しかもHPは 71。 どう考えてもわざとやったようにしか思えない。 全体で見るとHPを極力低く抑えつつ防御特防に配分という段階ですでに無駄が多いのだが、ほぼ使わない攻撃を限界まで高めつつ特攻は前作のに全く及ばない程度に止まり素早さをマンムー以下に抑えたある意味芸術的なまでの無駄遣い……というか悪意が込められているという悪い部分が有名なポケモン。 Aが無駄に高いというのは、混乱自傷やを考えると むしろデメリットの方が大きい。 トレーナー達の会話で「ポケモンは種族値合計で決まらない」というのを示す際にまず必ず最初に名前が挙がるのがこのポケモン。 それくらい悪い意味で有名で悲しみを背負ってしまっている。 また、単色の氷という厳しいタイプと技バリエーションの少なさも問題である。 バイバニラに限らず基本的にこの手の無機物モチーフのポケモン全般に言えるのだが、手は極めて小さく足や尾、牙等が無いのでを使う技や体の部位を使う技の全般が覚えることができない。 ポケモンの攻撃技は体当たり系か放射系以外は何かしらの部位を使うものがほとんどなため、頭と手しかない時点で技レパートリーは新技頼みというのが絶望的な点の一つ。 95と無駄に高い攻撃力を生かせそうな技は「」や弱体化した「」、「」しかない。 特殊技の方も主力となる氷技の他に使えそうなものは「」、「」、「」と「」ぐらい。 耐久はそこそこあるので「ミラーコート」は使いやすいが、その他の技では水や鋼に止まりやすい(一応「めざめるパワー」で攻撃することは可能だが、大抵倒すには至らない)。 直接攻撃する手段としては、氷技以外は「ラスターカノン」に頼らざるを得なくなってしまう。 幸いにして「」は覚える。 これがなかったら本当にシャレにならない。 補助技は「」・「」・「どくどく」・「」など一通りはあるが、使っている暇はない。 一応固有の個性として、氷タイプ最強の「」使いである。 なら「」でいいのでかかに組み込むことになるのだが…… どちらにせよ使い辛いポケモンであることに変わりはなく、登場から第6世代まで殆ど見向きもされなかった。 さりげなく「」を覚えるなど頑張ってはいたのだが…… 第7世代 第2特性に「」が追加された。 「ブリザードポケモン」の肩書き、さらに図鑑解説に「猛吹雪を起こす」とあったので唐突な追加という感じはなく、むしろ元々の設定に準拠したといったところなので まったく違和感がない。 同特性の中では最も特攻が高く、必中「」の威力は目をみはるものであり、高い素早さのや、耐性と持ち技が優秀なとはまた違った強みがある。 また、「」による退場で特性「ゆきかき」を持つ等に繋げる事も可能。 「」を扱えるのはも同じだが、特攻種族値の関係上あちらは威力が出しにくく、その点においてもバイバニラに分があるだろう。 また、USUMで「」を習得したことにより、ダブルバトル限定だが、「あられ」と「」を同時に発動することも可能になった。 ダブルバトルならば必中「」もより強力なものとなり、アローラサンドパンと組めば、キュウコン以上のSで壁を張ることも可能である。 ただ、習得技の微妙さは相変わらず改善されておらず、おまけに 「」は習得不可ときた。 その為相変わらずこおり技が通らなくなるだけで一気に厳しくなる。 守りの面では 4倍弱点を持たない。 これは地味に 「ゆきふらし」持ち最終形態では唯一(他にのみ)となる。 弱点が多いことに変わりはないが。 ちなみにゆきふらしの追加ばかりが注目されがちだが、「くだけるよろい」の素早さ上昇が1. 5倍から 2倍に変更されているのも無視できない強化点である。 性格による補正無しでも、素早さ個体値がVの場合は12の努力値を、Uの場合は20の努力値を振れば、くだけるよろいが発動した際に最速130族よりを超えるようになる。 そのため、努力値を耐久に回すことが容易になった。 ……と、ここまで強化されはしたものの、こおりタイプ全体が冬の時代過ぎて注目されなかった。 第8世代 「めざめるパワー」「みずのはどう」「どくどく」など貴重な技を軒並み失ったが、代わりとして念願の 「オーロラベール」をタマゴ技で習得。 アローラキュウコンに比べすばやさで劣るものの「だいばくはつ」で自主退場ができるため、すぐに後続に繋ぐことができる。 ただすばやさも耐久も微妙な上、環境ははがねとはがね対策のほのおが跋扈しているため下手すると壁すら貼れずに落ちることがあるのがネック。 新要素であるとの噛み合わせは微妙。 自身があられを降らすためダイアイスの効果は空気、更にサブウェポンが最早「ラスターカノン」しかないため上記2タイプなどで容易く止まってしまう。 大人しく壁役に徹するのが無難か。 地味なところでは「」を覚えるようになったため、物理型の芽が漸く出た。 ただこれも同世代でが出てしまい、悲しみを背負う羽目に。 その他 シナリオにおいてはレベルアップが遅い・進化も遅い、覚える技もほぼこおり技オンリーなので戦力としては微妙といったところ。 第5世代や第8世代では比較的早くに手に入りやすいため、こおりタイプを入れておきたい場合は重宝するかもしれない。 なお、野生として出てくる個体は「とけないこおり」を持っていることがあるので、必要なら狙ってみるのもあり。 反面、何気にやといったチャンピオンクラスのトレーナーに愛用されている。 ただし、他のポケモンとの組み合わせの関係上、AIの優先度は低い方なので、何だかんだで最後の一匹がバイバニラになる可能性が高い。 ラストでバイバニラが出て来てNやアデクが最後のポケモンを出す時の台詞を言うシーンはなかなかにシュールである。 使用するトレーナー• () pixivision• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 22:32:40• 2020-07-16 22:31:55• 2020-07-16 22:30:29• 2020-07-16 22:30:17• 2020-07-16 22:29:11 新しく作成された記事• 2020-07-16 22:27:19• 2020-07-16 22:29:11• 2020-07-16 21:58:07• 2020-07-16 21:56:32• 2020-07-16 21:51:53•

次の

努力値

無駄のない種族値

能力値の算出• 努力値は適当に振ってよいわけではありません。 ほとんどのプログラムでは小数点以下をすべて切り捨てています。 余計な数字を別の能力にまわしたほうが少しでも強くすることができるのです。 まずはここで改めて能力値の算出法を確認しましょう。 算数をもう一度考えてみましょう。 これについては後ほど解説します。 無駄のなくし方• 計算式によれば、努力値は稼いだ値を4で割っていることがわかります。 そのため、まず稼ぐ努力値は 4の倍数がよいことが分かります。 100レベル対戦のときは、これだけに気をつけておけば問題ありません。 しかし、100レベルでない対戦なら次のことも考慮する必要があります。 100レベル対戦なら気にすることはありませんが、スタンダードな50レベル対戦なら直前のかっこの中身が2で割り切れる数である必要があります。 過程を省略しますが、要するに、Lv. 50の時は次のように努力値を振ると無駄がなくなります。 よくある「個体値31で努力値252振り」は何気なく使っていた方もいるかもしれませんが、実は上の法則にきっちりはまっていることが分かるでしょうか? また、「252-252-6 4 」という振り方のとき、6は個体値が奇数のところに振らないと意味がないということも分かります。 50のときの振り方を利用して他のレベルでも応用できますが、需要が少なく計算が難しくなるためここでは割愛します。 「レベル」に各々の数字を当てはめて考えてみましょう。

次の