引越し 費用 相場。 単身(一人暮らし)の引越料金相場と費用を安くするコツ

【絶望!!】引越し費用・相場 3月 4月は高すぎる

引越し 費用 相場

これから引越しされる方が最も気になるのは、 「自分の引越しにいくらの費用がかかるのか?」ということではないでしょうか。 下記の図で一覧化されるように、引越し費用の総額は大きく「引越し代金」+「物件契約の費用」+「家具や家電の購入費用」で構成されます。 引越しにかかる費用の内訳 このように、引越し費用は引越し業者へ支払いする料金だけでなく、マンションやアパートなどの住宅の契約費用や、新しい住まいで利用する家財や生活雑貨の購入費などが必要です。 様々な費用が発生するため、自分の引越しにかかる料金を知るには、各費用の内訳とだいたいの金額相場を把握する必要があります。 引越しには何かと出費が多いです。 このページで紹介する費用の相場や料金の目安を抑えて、引越しの見積もり依頼や新居の契約をする際の参考にしてください。 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 37,540円 平均 45,000円 平均 66,000円 - 平均 76,000円 平均 82,000円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 29,500円 平均 35,000円 平均 54,500円 平均 60,000円 平均 70,000円 - ~50km未満 同都道府県程度 平均 32,400円 平均 35,000円 平均 64,800円 平均 65,000円 平均 100,000円 平均 120,000円 ~200km未満 同一地方程度 平均 40,000円 平均 57,240円 平均 73,500円 - - 平均 154,400円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 54,000円 平均 75,000円 平均 180,000円 平均 215,000円 - - 500km以上 遠距離地方程度 平均 73,000円 平均 85,000円 平均 180,000円 平均 230,000円 - 平均 0円• 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 35,000円 平均 47,000円 平均 75,000円 平均 80,000円 平均 90,000円 - ~15km未満 同市区町村程度 平均 30,000円 平均 35,000円 平均 60,000円 平均 75,050円 平均 79,000円 平均 85,000円 ~50km未満 同都道府県程度 - 平均 39,980円 平均 65,000円 平均 78,000円 平均 165,000円 平均 230,000円 ~200km未満 同一地方程度 平均 48,250円 平均 50,000円 平均 130,000円 平均 130,000円 - - ~500km未満 近隣地方程度 平均 55,080円 平均 80,000円 平均 166,400円 - - 平均 0円 500km以上 遠距離地方程度 平均 76,440円 平均 88,200円 平均 183,500円 平均 230,000円 - -• 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 35,750円 平均 48,300円 平均 71,500円 平均 90,000円 平均 90,500円 平均 100,000円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 28,000円 平均 32,700円 平均 64,900円 平均 87,000円 平均 88,200円 平均 91,500円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 32,750円 平均 40,525円 - - 平均 91,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 54,000円 平均 57,000円 平均 119,800円 平均 210,000円 - 平均 150,300円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 60,780円 平均 70,000円 平均 145,000円 平均 230,000円 平均 250,000円 - 500km以上 遠距離地方程度 平均 88,000円 平均 95,000円 平均 225,000円 - - 平均 300,000円• これは、マンションなどの賃貸物件を解約する日付が月末~月初に寄りやすいので、引越し業者への作業依頼が下旬に集中するためです。 また、引越し業者の最繁忙期が3月の末であることや、引越し料金が高騰しやすい祝日が下旬に集中していることも関係しています。 例外的に、最繁忙期の直後である4月や、月初めに大型連休のある5月は上旬のほうが引越しの平均価格が高くなっています。 参考: 7月の引越し料金が安い日を探す 引越し侍で見積もりした場合の、7月の引越し料金が最も安い日は7日です。 そのほか、引越し業者が7月の引越しを安く、もしくは高い値段で設定している日付は、以下の引越し料金カレンダーから探すことができます。 :安い• :やや安い• :平均値• :やや高い• :高い• 通常期(5月~2月)• 繁忙期(3、4月)• 全平均 平均 35,620円 平均 44,280円 平均 70,000円 平均 80,000円 平均 80,000円 平均 86,400円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 28,600円 平均 33,000円 平均 60,000円 平均 74,000円 平均 75,000円 平均 80,000円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 30,610円 平均 37,210円 平均 70,000円 平均 80,000円 平均 100,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 44,000円 平均 53,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 55,040円 平均 75,000円 平均 140,000円 平均 159,750円 平均 175,000円 平均 195,040円 500km以上 遠距離地方程度 平均 70,000円 平均 93,500円 平均 180,000円 平均 235,000円 - 平均 200,000円• 全平均 平均 54,040円 平均 75,600円 平均 104,880円 平均 120,000円 平均 140,000円 - ~15km未満 同市区町村程度 平均 38,250円 平均 48,000円 平均 85,000円 平均 100,000円 平均 110,000円 平均 119,880円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 45,100円 平均 56,500円 平均 100,000円 平均 118,800円 平均 160,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 70,000円 平均 89,000円 平均 150,000円 平均 192,500円 平均 225,000円 - ~500km未満 近隣地方程度 平均 100,000円 平均 120,000円 平均 200,000円 平均 259,200円 平均 270,000円 平均 300,000円 500km以上 遠距離地方程度 平均 100,000円 平均 150,000円 平均 300,000円 平均 322,500円 平均 347,800円 平均 350,000円• 年間を通して、具体的に引越し料金相場がいつ安くなるのかを次で見ていきましょう。 引越し料金が安い時期と高い時期 世帯人数に関わらず、1年で最も引越し費用が安い月は12月~1月の年末年始です。 逆に、最も値段が高いのは月は引越し業者の繁忙期である3月と4月です。 単身者と家族別に、月別の引越し料金相場の傾向を見ていきましょう。 :平日• :土日• :祝日 同一都道府県内で引越しをする場合の相場は、曜日に関わらず単身者が約4万円、家族引越し(2~4人)であれば8万円が平均的な料金です。 祝日の引越しは別の都道府県へ移動する家族の料金相場が高騰し、18. 6万円が相場で、平日の値段からプラス3万円以上高くなります。 希望時間帯 単身者の料金相場 家族の相場 同都道府県内の引越し 平日 平均 40,465円 平均 82,765円 土日 平均 40,930円 平均 80,120円 祝日 平均 40,030円 平均 83,133円 別同都道府県への引越し 平日 平均 77,749円 平均 152,586円 土日 平均 75,385円 平均 151,921円 祝日 平均 81,304円 平均 186,000円 「引越し料金は依頼が集中する土日や祝日といった休日の方が平日より金額が高くなる」という話を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、 少なくとも単身や短距離引越しの際は曜日による価格の差異は軽微なので気にしなくて良いです。 ただし、 引越し業者の業務が空いている日時を希望すると割引価格を適用してくれることもあるので、空き枠を狙うのであれば平日の依頼を考えるのがおすすめです。 また、県外への引越しの場合に祝日の価格が高くなるのは、主に5月のゴールデンウィークや9月のシルバーウィークといった連休が、長い距離の引越しを余裕を持ったスケジュールで行おうとする家族の依頼者に人気があるためです。 もし、 費用を抑えたいのであれば連休を利用したいのをグッと我慢して、土日と合わせて勤め先の有給休暇を取得するなどの手段でスケジュールを確保すると良いでしょう。 参考: 時間帯別の引越し料金相場• :単身• :家族 作業時間帯 単身者の料金相場 家族の料金相場 早朝~午前中 8時 平均 34,251円 平均 96,400円 9時 平均 31,938円 平均 101,933円 10時 平均 37,250円 平均 65,333円 11時 平均 27,431円 平均 59,400円 正午~午後 12時 平均 35,333円 平均 79,143円 13時 平均 44,278円 平均 67,303円 14時 平均 38,042円 平均 71,112円 15時 平均 38,524円 平均 79,720円 夕方~夜 16時 平均 40,566円 平均 64,711円 17時 平均 39,586円 平均 45,100円 18時 平均 36,692円 平均 54,920円 19時 平均 40,233円 平均 38,800円 20時 平均 37,250円 平均 35,000円 単身の引越しは所要時間が短いので、作業の時間帯を指定しない「」での希望も多く、一日を通して相場金額の上下はさほど大きくないようです。 反対に、 家族引越しは所要時間が長くかかるため、早朝からの開始を希望する方が多く、朝イチの時間帯を希望すると値段がとても高くなってしまう傾向にあります。 参考: その他の引越し料金相場 引越し侍では利用者から寄せられた膨大な口コミデータを元に、様々な引越し料金の相場データを掲載しています。 住んでいる地域別の費用相場や、自分の部屋の間取りから引越し料金の目安をつけていきましょう。 都道府県別の引越し料金相場 北海道・東北• 関東・甲信越• 東海・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 間取り別の引越し料金相場 部屋の間取りは荷物量と関係するので、部屋数が多いほど引越し業者の見積もり料金も高くなります。 単身者に多い1R~1LDKの間取りでは通常期が約4万円、春の繁忙期が約6万円が料金相場です。 特に、家族世帯に多い2LDK・3DK・3LDKといった間取りでは、閑散期の依頼でも10万円前後の予算を見越しておいたほうが良さそうです。 一人暮らしの引越しの場合は総額費用が約35万円、荷物量が多かったり県外へ引越ししたりする場合は40万円ほどの予算を見込んでおくといいでしょう。 費用 単身 家族 敷金・礼金 14万円 20万円 仲介手数料 3. 5万円 5万円 前家賃 7万円 10万円 火災保険料 2万円 2万円 鍵交換・消毒料 5万円 6万円 引越し業者への支払い料金 3. 5万円 7万円 家具・家電や日用品の購入費用 5万円 7万円 総額費用 40万円 57万円 引越し料金が決まる仕組み 引越しの業者の見積もり料金は、大きく 「運賃」「実費」「オプション料金」で構成されています。 引越し業者に支払う料金の内訳 それぞれの料金について詳しく見ていきましょう。 基礎運賃 「基礎運賃」とは、引越しで移動する距離や、かかる移動時間に応じて定められた料金です。 国土交通省の「」や引越し業者の約款(やっかん)に、引越し業者が独自に定める運賃表をもとに運賃を決めることが記されています。 また、荷物の量によって決まるトラックのサイズも基礎運賃に関わってきます。 引越し業者の基礎運賃は、以下のふたつの方式のどちらかで決定されています。 時間制運賃 引っ越しにかかる作業時間をもとにして料金を計算 「4時間」または「8時間」の2種類の基礎時間が設定されており、1時間超過するごとに追加料金が発生 距離制運賃 トラックで移動する距離をもとにして料金を計算 基礎距離を100km(軽貨物業者は30km)として、これを超過すると追加料金が発生 実費 『実費』とは、人件費や梱包資材費などにより発生する料金です。 たとえば、下記の料金などが含まれます。 人件費 必要な作業スタッフの人数分、料金が発生します。 梱包資材費 段ボール箱など、梱包に必要な資材の料金が発生します。 交通費 高速道路・有料道路などを使用する場合、利用料金が発生します。 オプションサービスの料金と相場 オプションサービス料金とは、引越しの際に付帯する作業にかかる費用です。 引越し業者が行う基本的な作業は、「大物家具・家電に荷造り、荷解き」「搬入・搬出」「荷物の運搬」の3つです。 基本作業以外の依頼は別途費用がかかり、これをオプションサービスと呼びます。 引越し業者が行う基本的な作業とオプションサービスの一覧 主なオプションサービスの料金の目安は以下の通りです。 オプションサービス 相場金額 エアコンの移設 ・取り外し工事 … 5,000~15,000円 ・取り付け工事 … 15,000円~25,000円 ピアノの運送 40,000円~50,000円 乗用車の運送 25,000円~35,000円 上記のサービス以外にも、ハウスクリーニングや荷物の一時預かり、不用品処分などを行ってくれる業者もあります。 依頼する際は別途の費用が加算されるので、事前に引越し業者に連絡して料金をチェックしておきましょう。 参考: 引越し費用を安く抑える方法 最後に、引っ越しにかかる費用や、引越し業者への支払い料金を安く済ませるために実践できるポイントを以下にまとめました。 宅急便や宅配便を利用して引越し料金を抑える 荷物が少ない方の場合、引越し業者に運搬してもらわなくても、クロネコヤマトの宅急便や宅配便の利用だけで済む場合があります。 宅急便や宅配便を用いて荷物を運んだ際の料金を見てみましょう。 この金額と比較すると、宅急便や宅配便のみを利用して引越した場合は、最大で5万円ほど安く済む計算です。 引越し料金が安い業者を探して依頼する 特に、初めて一人暮らしを始めるという方などは、 必要最低限の家財を購入するようにすれば費用を抑えることができます。 入居と同時にすべての家具や家電を揃える必要はなく、お金に余裕があるときに買い足していけば良いからです。 引越しのタイミングで購入することになる家具や家電、日用品などのおおまかな金額は下記の記事にまとまっているので、参考にしてください。 Q1 引っ越し業者への支払いにクレジットカードは使えますか? クレジットカード払いに対応している引越し業者であれば、料金を分割で支払いが可能です。 大手の引っ越し業者はクレカ払いに対応していますが、地域密着の引越し業者の場合は未対応の場合が多いので注意が必要です。 原則、クレジットカードが使えない場合は現金払いとなるので、事前に用意をしておきましょう。 Q2 トラックの大きさが変わると引越し料金にも影響する? 引越し業者の料金はトラックの大きさだけで決まることはほとんどありません。 ただし、引越し料金は依頼者の荷物量に合わせて変動するので、結果的にトラックの大小が代金の差に影響しているかのように見えます。 引越し費用を気にする方は、トラックサイズの大小よりも自身の荷物量をなるべく減らすことを心がけると良いでしょう。 Q3 引っ越し作業のスタッフにはチップを渡す必要がありますか? 引越し作業員へのチップの支払いは必須ではありません。 引越し侍がチップに関するアンケートを行ったところ、「チップを渡していない人は全体の48%」にも及びました。 Q4 転勤にかかる費用は自己負担しなければいけませんか? 転勤で引越しをする場合、「会社負担になる費用」と「自己負担になる費用」があります。 引越し業者への支払いは会社持ちですが、赴任先での実費は自己負担の場合が多いです。 会社負担になる費用については、勤め先の「就業規則」等に記載がありますので確認してみましょう。 引越し費用相場と料金総額の目安まとめ 引越し料金には定価が存在しませんが、今回ご紹介した金額の目安や相場を知っていれば、費用を概算したり業者との料金交渉をしたりと活用を頂けると思います。 最後に、このページで解説した重要なポイントのまとめです。 引越し費用は「引越し代金」+「物件契約の費用」+「家具・家電と日用品の購入費用」でトータルコストがわかる• 引越し業者に支払いする料金は、引越し時期と運送距離、家族人数、曜日や時間帯によって相場が変動する• 引越し費用で最も大きな割合を占めるのは賃貸物件の契約費用で総額の目安は「家賃の6か月分」 引越しによる住み替えの費用は数十万円の大きな出費です。 ご自身の引越し料金を事前に把握して費用を抑えることで、予算内に収まるように工夫をしていきましょう。 引越し費用と見積もりに関連するページ• 引っ越しの費用を安くするポイントは複数の見積もりを比較して最安値の引越し業者を見つけることです。 引っ越しの費用が足りない場合には 「クレジットカード」払いに対応した引越し業者もあります。 一人暮らしの引っ越しにかかる初期費用の総額は、家賃の6か月分を目安として計算しておくと良いでしょう!(家賃が7万であれば42万) また、引っ越しの料金を抑えるには 「単身専用パック」や「長距離プラン」など自分にあったサービスを利用しましょう。 敷金や礼金なしの物件を選ぶことでも初期費用を安く済ませられます。 引越し業者の選び方に迷ったら「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「満足度ランキング」を参考にしてください。 サービスの利用後には「引っ越しの準備・手続きやることリスト」もプレゼント特典や各種キャンペーンをご用意しています。

次の

引越しの見積もり費用の平均相場はいくら?料金の目安表と半額以下にするコツ

引越し 費用 相場

確認の方法として、まずこの記事では「引越し人数」ごとに章立てをしております。 したがって「引越し人数」すなわち「1人」か「2人」か「3人以上」を選び該当する章に移動してください。 そして、それぞれの章の中で「引越し時期」に分けて紹介しているので、「引越し時期」すなわち「3月か4月」か「5月から2月の間」かを選んで確認してみてください。 なお、紹介する相場は口コミサイトに利用者が直接書き込んだ料金を平均したものになります。 あくまでも参考としてください。 1人(単身)向け「サカイ引越センター」の費用・料金相場 では早速、単身で引越しする際のサカイ引越センターの相場をみていきましょう。 なお、よりイメージしやすいように、あなたの引越しする時期(繁忙期・通常期)にわけて紹介します。 だいたい2-3割ほど安くなる傾向です。 また特徴としては15km未満は34,000円、50km未満は35,000円、200km未満は41,000円と、200km未満の距離では繁忙期のような大幅な値上げはしない傾向になります。 では続いて夫婦やカップルなど2人向けの費用・料金相場をみていきましょう。 2人(夫婦・カップル)向け「サカイ引越センター」の費用・料金相場 では単身同様、時期(繁忙期・閑散期)に分けて料金相場をみてみましょう。 引越し料金の4割はとても大きい金額ですよね。 家族の場合、もし3月・4月の時期をずらすことができるなら、なるべくずらすことをお勧めします。 いかがでしたでしょうか。 この記事では約4万の口コミから、下記3つのポイントごとにサカイ引越センターの費用・料金相場を出しました。 あなたの状況で、だいたいどれくらいの引越し料金がかかるか想像できたことでしょう。 そんなサカイ引越センターの費用・料金ですが、実は一つの工夫をすればグッと安くなります。 最後にその方法を紹介します。 サカイ引越センターの費用・料金を値引き・安くする方法 サカイ引越センターは、顧客満足度を測るの下記の部門で上位を独占しております。 現場スタッフの対応• 作業内容• オプションサービス• 補償内容 上記のランキングからも、スタッフや引越作業の質が良いことは間違いないと言えるでしょう。 ただ、その分費用・料金も高くなってしまいます。 しかしながら、大胆な引越し費用の交渉も可能で、他の引越業者の見積もりを持っているだけで、費用はグッと安くできます。 最大手のサカイ引越センターはお金の体力がある分、他の引越し業者よりも安くなる場合が多いです。 アートの見積もりを見事に予想して、ぐっと値引きしてくれる。 ついでにお米も貰える。 — 榎木津 enokizu サカイ引越センターの引越し作業とスタッフの質は、申し分ないほど素晴らしいです。 あとは なるべく他の引越し業者の安い見積もりを手に入れられるか次第で安くできるかが決まります。 ではどのようにすれば他の引越し業者の安い見積もりを手に入れられるのでしょうか。 お勧めな方法は「一括見積もりサイト」です。 「一括見積もりサイト」とはあなたの要望を記載するだけで、全国の引越し業社から見積もりをもらえるサービスです。 また、見積もりを一括で手に入れられるだけでなく、ライバルが依頼もしていることがわかる引越し業者は、見積もり金額を最初から大幅に値引きしてくれるのです。 結果、安い見積もりを手に入れることができ、それを元にサカイ引越センターの料金も値下げできるのです。 実際に下記のような声も多くみられます。 引っ越しの訪問見積もりが、アート引越センターとサカイ引越センターでかち合ったんだけど、アートが最終的に出したギリギリ価格が約7万円。 で、サカイは単身の標準見積額が最初から5万円を切ってて、最終的には3万5000円以下になった。 この記事が少しでもあなたの役に立てれば幸いです。 番外編:よくある質問 このサイトに寄せられた「サカイ引越センター」の費用・料金相場に関する質問を定期的に下記にまとめていきます。 ぜひ参考にしてみてください。 「サカイ引越センター」の相場はどれくらい? 引越し人数や時期・距離によって引越し料金は大きく変わります。 例えば3月の繁忙期で、夫婦の2人で、東京都内の15km未満の引越しだと83,000円が相場になります。 ちなみにこの記事の料金相場は、サカイ引越センターを実際に利用した生の口コミ約4万件の平均を参考にしています。 詳細は「」を参考にしてください。 「サカイ引越センター」の費用・料金は高い?安い? 売上・引越し件数が日本一の「サカイ引越センター」はまさに日本を代表する引越し業者です。 よって作業クオリティが高い分、料金もそこそこします。 ただお金に余裕がある分、値引きも大幅にしてくれることで有名です。 この記事ではどのようにすれば「サカイ引越センター」の料金を下げれるかも紹介しています。 詳細は「」を参考にしてください。

次の

引越し費用・料金相場

引越し 費用 相場

2、スーモ引越し【業界唯一の電話入力不要】 CMでもお馴染みの大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」の優れた特徴は 電話番号を入力しなくても無料見積もりができるところです。 申し込み後の電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人にはおすすめです。 ちなみにスーモ引越しで見積もり比較したところ 85,000円から42,000円まで値下げすることに成功しました。 業界唯一! 電話番号入力が任意で無料見積もり• 大手のリクルートが運営• 東京から沖縄に引越しをするときには、その引越しの方法と荷物の多さ、そして作業員の数によって引越し料金が決まります。 家族で引越しの場合は大体3t程度のトラック使用になります。 また作業員2名つくと、それだけでトラックチャーターの引越しは30万円を超えてきます。 また少しだけ時間はかかりますが コンテナやフェリーを利用すると20万円程度からとなります。 これはあくまで通常料金。 繁忙期には1. 5倍程度になることもありますし、閑散期は値切ってもう少し安くなることも可能でしょう。 東京-沖縄間の引越しを単身パックを利用するといくら? 東京から沖縄まで単身パックを利用すると、その価格は 約8万円を超えるくらいの価格になります。 単身パックはそのサイズ規格が決まっているから、詰め込んでしまえば安いと思いがちですが、沖縄の場合はやはり距離が遠いということもありますし、フェリーを利用したりするので費用が掛かります。 また沖縄の島になると別料金になることもあるので、更に1万円位費用が掛かります。 東京-沖縄の引越し!人気の格安大手引越し業者 東京から沖縄の引越しと沖縄から東京の引越しでは人気の引越し業者が異なってきます。 ここではそれぞれの人気の格安業者を紹介したいと思います。 東京から沖縄で人気の引越し業者BEST2 沖縄から東京で人気の引越し業者BEST2 1位 サカイ引越センター アート引越センター 2位 ハート引越センター アリさんマークの引越社 東京から沖縄で人気の引越し業者【No. 以前引越しした時は学生だったし同じ東京都内だったので友人の車で荷物を運んでもらい、引越し業者さんにはお願いしなかったんです。 サイトで見積りしてだいたいの金額を抑えてから、いくつかの引越し業者さんに連絡しました。 2社の営業マンさんが見積りに来てくれましたが、値段の妥当性や段ボールが無料で追加もOKで、時間帯も朝イチでやってくれる、ということでサカイ引越センターさんにお願いしました。 サカイさんは口コミの評判も良かったですし。 当日の業者さんは男性二人で来てくれました。 すごく元気で礼儀正しくて安心しておまかせ出来ました。 自分のベッドは木製の組み立て式なんですが、解体も組み立ても業者さんがすごい早さでやってくれました。 自分は組み立てとか苦手なので助かりました。 家具の養生もキチンとやってくれましたし、引越し先のマンションの階段や共用の廊下、入り口の養生もちゃんとしてくれました。 値段も16,2320円でまあまあ妥当だったと思いますし、またお願いしたいと思っています。 東京-沖縄の引越し!おすすめの格安地域密着の引越し業者 東京から沖縄で人気の地域密着引越し業者BEST2 沖縄から東京で人気の地域密着引越し業者BEST2 1位 アップル引越センター 沖縄配送株式会社 2位 琉球トータル引越サービス 中村引越センター 沖縄から東京の地域密着引越し業者【No. 沖縄配送株式会社を那覇市内で引越した時に以前利用したこともあったので今回も依頼することにしました。 3月という引越し業者が忙しい時期もあって料金は248,000円と少し高い印象も受けましたが、日程的にもほかの引越し業者を探すのが面倒だったのでお願いしました。 作業員の方がとても手際がよくテキパキと働いていて思っていたよりも早く荷積みが終わったので良かったです。 沖縄配送株式会社は口コミでも評判がよく選んで本当に正解でした。 コンテナを使い沖縄から東京の新しい住居に着いて荷卸しをするときに、私の部屋は二階で階段しかないのでとても大変そうだと感じました。 冷蔵庫や洗濯機やタンスなどの重たいものでもキズをつけないように慎重に運び入れてくれていたので、信頼会社だと改めて感じました。 今後も利用したい引越し業者ですが、多忙時期だとなかなか日程を抑えることができないのと料金が高いことに不満を感じました。 東京-沖縄間の引越しでかかる時間や日数・距離は? 沖縄といえば、日本の南に位置する島。 そのため引越しの荷物を運ぶには、東京から鹿児島までは陸路で行けますが、そこからは海を渡らなくてはいけません。 その膿を葉たる方法は、東京から飛行機で一気に運ぶ方法、そして港からフェリーを利用するという方法があります。 飛行機の場合は一気に運んでしまうので、引越しにかかる日数は4日程度。 また フェリーを利用する場合には6日位かかるとみておけば間違いないでしょう。 その場合の高速代金は、全長約1400キロにも及び普通車の場合でも 2万7千円程度高速代がかかります。 これが荷物を運ぶので、中型車になれば 3万3千円程度の高速代になります。 また鹿児島までいかなくても神戸からも沖縄へのフェリーが出ているので神戸までの高速代だと更に安くなります。 東京-沖縄の引越しを安くする裏技!「引越し一括見積もり」 東京から沖縄への引越しは決して安いものではありません。 そこで少しでも引越し代を節約する方法としては、 無料の引越し一括見積もりを利用することです。 これで、引越しの安い業者を見つける、そして複数の引越し業者で値切って費用の相談をするという方法を撮れば、必ず一番費用の安いところを見つけることが出来るはずです。 引越しもシーズンがあるので、繁忙期にはなかなか値切りが出来なこともあるでしょう。 この時は引越し業者も需要が高いので、強気です。 しかし閑散期は、少しでも営業して顧客獲得に力を入れているので、値切りに応じてくれることもよくあるのです。 そのため、相見積もりをすることによって、引っ越し料金を安くすることも可能なのです。 引越しというのは、荷物を運んだだけに終わりません。 それ以外にも出費がかさむことがたくさんあるのですね。 そのため少しでも節約できるところを選べると安心です。

次の