このアプリは現在の地域では。 Apple Newsアプリはどこ?

このアプリが再起動を妨げています。

このアプリは現在の地域では

画面を見てみると、曲名が灰色になっている。 おまけに、曲名がアルバム名になってる。 ためにし、曲を選択してみると・・・ 「この曲は現在、この国または地域では入手できません。 」 こんなのが出てきた。 この曲は、日本でちゃんとCD購入してiPhoneに取り込んだ曲です。 なのに、、、なぜ怒られなきゃならないのか? いろいろ調べたのですが、出てくるのは。。。 「Apple Musicを契約していて、Apple Musicと契約していない楽曲であるためエラーがでる」 とのこと。 しかし、残念ながら、自分はApple Musicの契約をしていません。 Apple Music契約しての対応方法は、あちこちにあります。 Apple Music契約してないのに、なぜApple Musicに関連しない曲が聞けなくなるのか? 上記のApple Music契約している場合の対応から、なんか設定があるんだろうと探した結果、以下の通り itunesの設定を変更することで対応出来ました。 【Apple Musicに契約してないのに曲が聞けない場合の対応方法】 1. itunesの「環境設定」を開きます。 itunesの「環境設定」の「制限タブ」を選択します。 「無効」の項目を確認してみてください。 おそらく、なんのチェックも入っていません。 なんのチェックも入っていない場合、Apple Musicの楽曲とCD取り込み楽曲を照合しているようです。 itunes Store にチェックを入れて「無効」にします。 itunes Store を無効にすると、同時にApple Music と ミュージックのプロフィール が無効になります。 iPhoneと曲を同期します。 設定が聞くので、今度は聞ける状態になります。 (自分の症状としては、同期後はしばらく聞けるが、時間差で聞けなくなりましたが、その現象がなくなります。 ) もしかすると、ミュージックのプロフィール はチェックしなくても大丈夫かもしれません。 試してないので、試す時間ある人は試してみてください。 そんなわけで、BAILABAILA の曲は復活しましたw しかし、題名が全部アルバム名になってしまう問題は解消されていません。 今度は、そっちの解決方法を探りたいと思います。 しかし、、、楽曲が古いw - , ,.

次の

iphone ミュージック「この曲は現在、この国または地域では入手できません」の対処方法

このアプリは現在の地域では

もくじ• ニュースアプリ『NewsDigest(ニュースダイジェスト)』とは? 速報通知が最も早いニュースアプリ このアプリの特徴として「プッシュ通知のタイミングが一番早い」ことが挙げられます。 そのスピードの速さは筆者測定で 「ヤフーニュース」や「スマートニュース」よりも早く、しかも通知本文内に要件が短くまとめられているため、1回の通知で内容を素早く理解することができます。 新型コロナ感染マップ等、新型肺炎関連の情報が充実 また、昨今ほぼすべてのニュースを埋め尽くしている「新型コロナウィルス」に関するニュースも網羅する中で、NewsDigestオリジナルの 「新型コロナ感染マップ」が、「どこで」「どのような」感染が発生しているかを知るのに非常に役立ちます。 地域設定で身近な情報をこまめに通知してくれる また、アプリインストール直後に自動的に設定される自分の住居地域に応じた個別通知配信は、目まぐるしく変化する今回のウィルス騒動に対して、地域ごとの速報をいち早く伝えてくれます。 行動範囲が著しく制限される今回のコロナ禍において、 「身近などの場所で何が起こったのか」を伝えてくれるツールとして非常に重宝することができます。 こちらはそもそもこのアプリから通知を受け取るために必要な承認になりますので 許可をタップします。 この設定にて、NewsDigestより継続的な速報通知を受け取ることができます。 『新型コロナウィルス最新感染状況マップ』の見方 このアプリの現時点ではメインに機能と言っても過言ではない、 「新型コロナウィルス最新感染状況マップ」では、 Googleマップのような操作感で感染発生場所とその詳細を確認することができます。 『NewsDigest(ニュースダイジェスト)』の細かい通知設定 このアプリの最大の特徴である「速報通知」ですが、その設定を細かく変更することが可能です。 もしこの「NewsDigest」のアプリを「コロナ感染に関する情報収集」のためにインストールした場合は、スポーツ・芸能・エンタメ関連のニュースはオフにしておくことで、余計な情報をシャットアウトすることができます。 基本的には見られた回数が多かったニュースを最大1日4回受け取ることができます。 受け取る必要が無い時間帯があるようでしたら、こちらの任意の時間帯をオフにしておきましょう。 iPhoneに表示させるNewsDigest通知の設定を変更する方法 通知の内容についてはNewsDigestの設定内で変更することができますが、iPhoneの画面上に情報を出す、という方法は端末設定を変更する必要があります。 この設定にて、通知受信時に記事タイトルが画面上に表示されるようになります。 『NewsDigest』の地域設定 「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」における地域設定はアプリ起動当初に行うことになります。 この設定にてNewsDigestから現在地点の速報を随時受け取ることができます。 『NewsDigest(ニュースダイジェスト)』の画面解説 「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」では主に「ヘッドライン」「速報」「ライフライン」の3つのページが存在しています。 それらの画面内表記や使い方をそれぞれ解説します。 各ニュースのカテゴリはタブで分けられており、表示されている以外のジャンルのニュースを閲覧するにはタブ表示部分を右方向にスワイプすることで確認することができます。 このページではコロナ関連のニュースの他にその他エンタメなどの速報も含まれて表示されます。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、コロナ危機で存在感を増す、ニュースアプリの中で、爆速の通知を速報として送ってくれるニュースアプリ『NewsDigest(ニュースダイジェスト)』の詳細・使い方・設定変更方法をご紹介させていただきました。 まだまだ余談を許さない状況。 正しい情報を素早く取得して、自らの行動に反映させてくださいませ!.

次の

YouTubeの地域制限を回避する方法!ブロック解除して動画をみる!

このアプリは現在の地域では

Apple Music使用時に 「この曲は現在、この国または地域では入手できません」というメッセージが表示され、音楽を楽しむことができないとの報告を割とよく見掛けます。 何やら不穏な空気が漂うメッセージですが、解決策が与えられるわけではないので、どう対処すれば良いか戸惑ってしまう方がほとんどのようですね。 この問題を解決し、普通どおりに曲を聴く方法はあるのでしょうか? 一部の曲に対して発生する…? 同様の事態に見舞われたユーザーの証言に目をとおすと、どうやら問題のメッセージは一部の曲に対して表示されるもののようです。 幾つかの曲だけがメッセージと共にグレイのテキストで表示され、再生することができない状況に陥るといいますね。 該当の曲を違法なルートで入手したかといえば、そういったわけでもないらしく、「再生できない理由が思い当たらない」ケースがほとんどだそうです。 ただよくよく詳細をチェックしてみたところ、インディーズレーベルからリリースされているものや既に廃盤となっている作品に対して「この曲は現在…」の表示が出る場合が多い様子でした。 またインポート後にアーティスト情報等をいじったところ、突如として曲を聴くことができなくなったとの証言も出ていますね。 いずれにせよ一部の曲を楽しめないというのはかなりストレスを感じますから、何とか解決したいところです。 スポンサーリンク? 具体的な対処方法をチェック! ではどうすれば曲が聴ける状態になるか?ということですが、iPhone側でiCloudミュージックライブラリをOFFにして、PCに接続したのち手動でミュージックを同期すると、グレイのテキストが元に戻ったという報告が上がっています。 いずれにせよ、どうやら今回の問題を解決する糸口は「同期」にあったみたいです。 以前は難なく聞けていたのにグレイテキストになってしまった曲も、適切な対応を取ることによって復旧が期待できますから、是非紹介した方法を試してみてください! それにしてもApple Musicって、何が原因なのか予想もつかないトラブルが生じることもたまにありますよね^^; ただ手の打ちようがないトラブルは余りない印象なので、慌てず参考となる情報収集に努めたいです。 今回のように「曲が聴けない」という場合には、こちらのも役立つと思いますので、一度目をとおしてみてください^^ スポンサーリンク?

次の