石井ゆかり 筋トレ。 石井ゆかりの『幸福論』新連載スタート!「幸せ」って何だろう?【プロローグ】

石井ゆかり「星読み」の口コミ 当たると評判?

石井ゆかり 筋トレ

6月29日生まれの蟹座さん。 2000年から星占いサイト『筋トレ』を立ち上げ、インターネットを通じ無料で個人鑑定を開始(現在、個人鑑定は休止中)。 『筋トレ』は述べ1億アクセス、ほぼ毎日「今日の占い」をつぶやいているTwitterのフォロワー数は22万人を越えるという、大人気のライターさんです。 個性的で独創的な高い文章表現力と、独特な比喩表現や語り口調の文体がとても魅力的で、占いというよりも、石井さんご本人にハマる読者も多くいます。 著書に『12星座シリーズ』、『星読み ホロスコープなしでわかるあなたの運勢』など数多くあり、2006年からは下半期の星占い『星栞』や、『星ダイアリー』を毎年刊行、星占い関連以外の分野でも多くの著書を出版していらっしゃいます。 特に『12星座シリーズ』は、子供に読ませたいとの多くの声から生まれたジュニア版や、海外でも出版されており、120万部を突破する大ベストセラーとなっています。 その他、様々な雑誌の星占いコーナーやWebコンテンツ、星占い関連のトークライブなどをなさっています。 子供の頃から占いに特別な興味をもっていた…というわけではなく、始めたのは大人になってから。 そのきっかけというのが、23歳のとき、長くお付き合いをしていた彼氏さんから「他に好きな人ができた」とフラレた事。 その元カレが好きになった相手の女性が、星占いができるらしいと聞き、「星占いができるってなに? その人にできるのなら自分にもできるはず! 」という、ある種の対抗心から興味を持ち、調べてみたところ、『星占い』にはルールがあり、勉強さえすれば誰でもできるのだということを知ったのです。 そこから、星占いの本を買い、やってみたら面白くてハマってしまったのが始まりなので、とくに占いの師匠がいるわけではなく、全てお独りで学ばれたそうです。 本を読んで遊びながら学ぶという感覚は、言ってしまえば石井さんの星占いを楽しみにしている私たちと、同じだったのかもしれません。 占星術師というと、ちょっと神秘的なイメージを持ちがちですが、良い意味でとても庶民的というか、身近に感じさせてくれるエピソードですね。 『筋トレ』というのは先にもお伝え致しましたとおり、石井さんの星占いサイトです。 そしてこのサイトに初めて辿り着いた誰もが「星占いで『筋トレ』?」と思うことでしょう。 検索で見つけたら、「星占いと筋トレを融合するなんて、ステキで画期的なエクササイズ! 」と思ってしまいがちですが、実はそうではありません。 占星術ライターとしてご活躍以前は、IT関連の会社でWebプログラマーをなさっていた石井さん。 いろいろなご都合により退社した後に、空いた時間で「ホームページでも作ろうかな」と思い立ち、人が見に来てくれるコンテンツを幾つか考えた中の1つとして『星占い』を思いつきました。 また、「本当に筋トレしたい人が間違って来てくれないかなー」という気持ちも少しはあったのだそう。 実際に「ダイエットしようと思って『筋トレ』で検索したら、いつの間にか星占いを読んでいた」という読者さんも多いようです。 石井さんならではのお茶目なネーミングセンスですね。 石井さんの占いを読むと、その文体がとても独特だということに、誰しもが気づくはずです。 そしてそれを見た占い好きな読者は、「ステキな出会いがあるかもしれない」と、その日1日、少なからず出会いのアンテナを立ててしまうことでしょう。 しかし、占いに頼る形で読者の行動を制限することに疑問を持っていらっしゃる石井さんは、そういうった具体的に予言をするような書き方はしません。 結果として抽象的な文章になり、読者から「逃げないでハッキリ言ってください」や「無責任じゃないですか?」と言われることもあるそうですが、逆に言えば責任感があるからこそ抽象的で断言しない文章になるのではないでしょうか。 ただ占うだけでなく、文章にして不特定多数の人に読んでもらうという発信者である限り、その言葉(文章)には責任が生まれます。 ですから、発信者として責任が取れる範囲での占いを書いていらっしゃるのですね。 前出のとおり、石井さんの星占いは予言のようなことはせず、語りかけるような口調で書かれており、女性が読んでも、男性が読んでも違和感のない、占いではこんな感じに出ているけど、それに依存することなく「考えるべき部分は自分でしっかり考えなさい」と、身近な人にアドバイスを受けているような気分になります。 そして、その内容は常にポジティブにとらえられる言葉です。 以前、星占いを料理にたとえていらしたのがとても解かり易かったので、簡単にご紹介します。 料理本には「美味しいレシピ」だけが書かれています。 わざわざ「まずいレシピ」を紹介することはありません。 星の時間は私たちのための「材料」のようなものなので、「いい日か悪い日か」ではなく、「今日という素材を、どう料理して食べたらおいしいか」と考えています。 なるほど! 人によって好き嫌いはあるにしろ、どんな食材も基本的には調理すれば美味しく食べることができるように、星占いも一見悪いと思われることであったとしても、捉え方ひとつでポジティブに受け止められるということなんですね。 実際、石井さんがお書きになっている、それぞれの星のこと、星座のことを一通り読んでみると、一般的に語られているそれぞれの星座の持つ特徴…特にあまりよくない部分なども、「そうだったのか」と愛おしく感じることができます。 もしかすると、そういった部分も石井さんが『占星術師』ではなく『ライター』であるという、こだわりなのかもしれません。 「占いというものは、本来人間が生きていく上で、あってはならないものだと思っています。 」これは石井さんがよくおっしゃる言葉です。 人は本来、自分に起こった出来事や人を、自身の目で見て、頭で考えて、行動しなければなりませんし、それができる生き物です。 ですから、実際に体験したり経験するべき出来事を、『占い』で先に知ってしまうということは、事前に予防線を張ってしまい、人としての学びが減る…というよりは、たとえ学んでも、あまり身につかない可能性があるということになります。 石井さんご自身、当たるという立証も検証もされていない『占い』を語ることに対して、いつも恥ずかしさと、情けなさと、申し訳なさを感じていらっしゃるそうです。 また、「占いはタバコやアルコールと同じようなもの」ともおっしゃっており、そのパッケージにあるように、占いにも「あなたの健康を害する恐れがあります」と貼り、「占いなんて使うと、自分で考える力が弱くなりますよ」と言わないといけないと思っているそうです。 ただ、人は弱い生き物でもありますから、自分や将来への不安から、少しでも未来を事前に知ることができたら、幸せになれるのではないか?と考えてしまうもの。 占いも、中毒症状を起こしたり、依存したり、自分の未来を決めつけない程度に、楽しむことができたら良いのかもしれませんね。

次の

筋トレ週報

石井ゆかり 筋トレ

スポンサーリンク 「魚座」というアイデンティティ お二人とも有名な西洋占星術家ですね。 私は魚座なのですが、自分の「魚座」というアイデンティティに並々ならぬ愛着があります。 いつだったか巷で、「いままでの12星座が13星座になるかもしれない!?」ていう情報が流れましたが。 13星座になると、自分は水瓶座になります。 ・・・全然なじまねぇ。 これまで物心ついてから、30年以上も魚座だと思い込み、雑誌の最後の占いページはかかさず読み込み、 自覚はなくとも、少なからずそれらの情報から「魚座としての性格」をこつこつ作り上げてきた私が、実は水瓶座だった、なんてことになったら。 そうやって、私は自分や他人を12星座のいずれかに分類することで、所属欲求を満たし、「わからない」ことに対する漠然とした不安を解消していたんだなぁ。 石井ゆかりさんの占いの魅力 2019年の手帳も買いました。 石井ゆかりさんの文章、詩的で好きです。 言葉の使い方が好きです。 そこには善悪や長所・短所というような、二元性によってむやみに分類・ジャッジする言葉がありません。 時期的なことでいう「要注意日」とかもないので、水星の逆行でも、 なんか変に構えずに、こういうことなのねん。 とまったり過ごせる。 すべてはキラキラした個性のかけらたち。 愛の目線から繰り出される言葉たちは、すっと心の中に入ってきます。 あと、手帳は12星座ごとに出ているのがうれしいですね。 魚座へのメッセージがふんだんに盛り込まれているので、「私専用」という特別感を味わえます。 ニートなので、予定はだいたい真っ白です。 2020年は、手帳は「総合版」と「恋愛版」の2種類。 それとは別に、 読み物として『星栞 2020年の星占い』が12星座別に刊行されています。 2018年、2019年と、魚座の手帳を使ってきて、1冊で書き込みしながら自分の星座の占いが読めるというのは、かなり使い勝手が良かった。 「総合版」となると、全体の占いなので、「自分だけにあてはまる」感が薄れてしまうなぁ。 と思いました。 2020年上半期の占いが無料で読めちゃう! 太っ腹すぎる。。 しいたけ. さんも、いいです。 男性だなぁ、と感じます。 石井ゆかりさんは詩的ですが、こちらは わかりやすく、論理的に、てきぱきと、でもやっぱり愛が感じられる。 しいたけ. さんの言葉は、読んでて 「そう!そうなの!なんでわかるの?」っていう、ドンピシャなものが多いです。 しかも、そのポイントが絶妙で、変なところ、マニアックなところ、誰にもわかってもらえないようなところを言葉にしてくれるセンス。 かゆいところに手が届くその感性は、ご自身が、自分を深く見つめてきた経緯を感じられます。 自分のことをよくわかってなくては、他の人がわかってほしい言葉も出てこないから。 による夢の対談の2回目は「モノからコトへ、所有からシェアへと価値観が変わる時代に大切なこと」。 さんの夢の対談がいつの間にか実現していた・・・。 による、令和時代の歩き方。 」を読むことができる。 全4回にわたるお二人の対談は、的確に世の中の流れや価値観の移り変わりを見通していて、とてもおもしろい。 「モノからコトへ」シフトし始めた流れから、パートナーシップやまとまった数年単位の星の動きまで、見ごたえたっぷりだよ。 まとめ 生きていると良いとき悪いときのサイクルって、必ずあるよね。 なんかうまくいかない・・・っておもったとき、「そういう流れだよね〜」って気づかせてくれるのが、星占いの好きなところ。 自分のせいでも周りのせいでもないってわかったとき、ほっと委ねることができる。 石井ゆかりさんとしいたけ.さんの文章は、占い苦手な人でも、エッセイを読むように肩の力を抜いて読むことができる。 興味があったら読んでみてね。

次の

石井ゆかり「星読み」の口コミ 当たると評判?

石井ゆかり 筋トレ

石井ゆかりとは? 石井ゆかりさんは、作家としてのイメージが強い人もいるかもしれませんね。 初めて聞く人もいるかもしれないので、どんな人なのか紹介していきたいと思います。 Twitterフォロワー数30万人突破 SNSだけでなく、 書籍「12星座シリーズ」120万部突破など、どんな情報発信でもたちまちアクセスを集めてしまう魔術師です。 石井ゆかりさんの魅力は、なんといってもその 文章表現力。 あらゆる言葉を駆使して個性的な語り口調を実現しており、他の占い師と差別化を図っているのです。 語りかけるような文体は、読む人の心に染み渡り感動を与えています。 占い師ではなくライター 石井ゆかりさんは独学で星占いを習得しています。 しかし、 占い師ではないのです。 プロフィールでも占い師とは公表していません。 石井ゆかりさんが占いに興味を持ったエピソードが微笑ましい。 20代に付き合っていた彼に好きな女性ができ振られるんですが、その理由が 「彼女が星占いができる」ことだった。 占いに仕事で関わるようになったのも、 「筋トレ」で無料のホロスコープ占いを始めたのがきっかけで、記事の依頼が来るようになったとか。 石井ゆかりさんは、師匠と呼べる人がおらず独学で学んでいますが、 実際にその星を持った人に質問して知識を集めているところが素晴らしいと思います。 ですから、 読んだ人が身近に感じることができるかもしれませんね。 Webサイト「筋トレ」 Webサイトは2000年からスタートしていますが、星座占いを情緒的な言葉で掲載。 こちらは個人サイトですが、 アクセス数が約10万件を超えています。 筋トレの名前の由来は、 人間としての修業をしようと思ったからだそうです。 サイトの人気は、 「12星座」と 「今週の星の動き」が両方書かれていることだとか。 それにより、説得力が生まれているのでしょう。 筋トレで無料占いをしてから依頼が殺到してしまい待たせることが続いて、その後有料鑑定(ほしゆびわシリーズ)に移行しています。 そして、筋トレでスタートした 「ほしゆびわシリーズ」は、現在、占い店「デルフィー」が代行窓口となり、 公式サイト内で毎月抽選で当選した人限定(15名)でオリジナルジュエリーと石田ゆかりさん直筆鑑定を提供しています。 抽選にしたのは、申し込みが殺到してオーダを受けてから手元に届けるまで2年ほどかかるようになってしまったからだとか。 それでも、 半年ほど時間がかかるそうです。 ジュエリーデザインがどれも素敵で欲しくなる! 筋トレでは新着情報や、占いコンテンツが盛り沢山! もちろん、「石井ゆかりの星読み」も紹介されています。 多方面で才覚を発揮 石井ゆかりさんは、 大のムーミン好き。 DVD「楽しいムーミン一家」の解説を担当しています。 自身のブログでもムーミンの童話について触れていますよ。 占い関連の書籍では、結婚や恋愛に関する本を多数出版しており、 恋や結婚に悩む女性に支持されているのです。 多忙な合間に講演や講師もされています。 これからも占い師にならずに様々な勉強をしながら、西洋占星術に関わっていきたいそうです。 『石井ゆかりの星読み』で使用している占術 それでは、石井ゆかりさんの占術を紹介していきますね。 サイト内ではこちらが使われています。 オリジナル西洋占星術 相談者の生年月日と出生時間でホロスコープを作り占います。 ホロスコープに配置された惑星の位置で鑑定。 悩みにより、見る部分が異なってきます。 苦手な部分は土星、恋愛は金星、仕事では水星、火星、木星に注目して占っていきます。 先生の占術はライター目線であることが特徴です。 鑑定結果がボリューミーで、その内容は画一的なものではなく、 先生がインタビューした実績が反映されています。 ですから、とても時代にマッチしていると言えるでしょう。 西洋占星術の参考書だけでは分からないことは実際に聞いて解消していく姿勢が、やはりライターだなと思いました。 当たることは前提ですが、独学で習得したことで他の占い師と差別化できています。 新聞社でも占いコラムを担当していただけあり、 文章力が優れているので長文でも理解しやすい点も魅力ですね。 『石井ゆかりの星読み』サービス内容 こちらでは実際にメニューについて紹介していきたいと思います。 利用料金は使い放題で 毎月300円(外税)! これで、 あなたも星読みの仲間入りですね。 今日は何の星の日? 西洋占星術で未来を見る方法の1つで、星の性質を読む古い手法を取り入れています。 使われている惑星は7つのみ。 ちょうど、1週間と同じですね。 石井ゆかりさんの占いはボリュームがありますが、 こちらは要点を端的に記してくれている為、朝の忙しい時間帯にも目を通すことができます。 ポイントを「」で囲んでいるので、理解しやすいのが特徴です。 不思議と気になっている内容が記載されているので「ドキッ!」とします…! 今年は何の星の年? このメニューは「今年は何の星の日?」の 年バージョンです。 私は、このメニューを毎年年始に必ずチェックしています。 その年のテーマやするべきことが分かるので、自分の行動指針になるんです。 読むことで気持ちが引き締まりますよ。 テーマは惑星が移動するため、毎年異なります。 チャンスに敏感になれるのがいい点です。 登録すれば、自分以外の人の運勢も占えますから、恋人や仲間内でも盛り上がること間違いなし! 今年は何のハウスの年? 他の西洋占星術とは違う占術になります。 年齢に特化して見ていく方法で、一般的には厄年がこれに当たります。 よくある12星座占いとは見解が異なりますが、ホロスコープが主体ですから精度は高いですよ。 また今年から過去5年間までさかのぼって運勢の流れを見ることも可能。 過去がどんな状態だったのかチェックしていくと、 自分の人生の傾向が見えてくるでしょう。 こういった鑑定は、人生サイクルが見れる西洋占星術ならではですね。 今日の占い こちらは、恋愛と総合運が短文でまとめられています。 本当に忙しいときにも読める 文章量(200字程度)で構成されているのが嬉しいですね。 下記も同じシリーズですが、こちらは どれもボリューミーですから時間のあるときにじっくりと読みたいです。 正直、 これだけ充実した内容が月額料金で見られるのは凄いと思いますね。 噂では聞いていましたが、実際に試してみて驚いています。 何度も読み返さないと頭に入らないほどです(笑) 今日の空模様 惑星の動きをホロスコープで追いながら運勢を見ています。 雑誌や12星座占いとは違い、緻密な惑星移動で占っていますから、 精査の高い結果が出ます。 これが、毎日見られるのは凄い! 対面や電話占いでは、もしこれを実現しようとすれば、膨大な資金がかかります。 しかし占いサイトなので、 どこでも気軽にチェックできる点が魅力。 さらに、 今週、短期的、長期的に結果を確認することもできますよ。 惑星が移動する日時も記載されていますから、いつまでどんな状態が続くのかなど判断できるのが親切ですね。 旅する月カレンダー 月の満ち欠けがカレンダーで確認できるようになっています。 イラストを見れば分かりますが、月をクリックすると 月の状態とポイドタイムが表示されるようになっていますよ。 新月に願いごとを書くと叶うという、 「新月占い」をしている人も多いのではないでしょうか。 でも、いつも 「いつだったっけ?」と思っていませんか? ポイドタイムにかからない時間帯に書かないと効果がないと言われていますからね。 実は私も新月占いをしているのですが、 これとっても便利です! 旅する月 これは日記ですね。 特別な月の時に自分の状態を振り返る意味で利用。 その日の星のメッセージが記載されており、そこに 500文字程度の日記と5段階評価をつけられるようになっています。 日記は保存や削除もできます。 このメニューのいい点は、 自分の心情や出来事と占いを比較できるところです。 後で読み返してみると リンクしているなと気づくことがあります。 星のアクセス 恋愛や人間関係などテーマ別に、星の運行から見てどんな状態かを知ることができます。 星の運行がないときは、 「アクセスはありません」と表示。 その場合は、気を付けるべきテーマはないと判断しています。 占いだけでなくホロスコープも見ることができるので、西洋占星術を勉強したい人にもオススメ。 友達を登録すれば占うこともできます。 出生時間まで分かったほうが正確な結果を見ることができますよ。 出生ホロスコープを読む こちらは、 とても濃い内容になっています。 月額料金だけで、こんなに詳細に占えるサイトを私は知りません。 星占いの本を読んでいる気分になります! 「貴方の性格」「人生のテーマ」「年齢域」により細かく占えます。 結果だけでなく、 補足説明がついているので、西洋占星術の勉強もできてしまうのです。 凄い! ここだけのオリジナルメニュー 西洋占星術をあらゆる角度から分析しながら、自分を知ることができるメニューのオンパレード。 ホロスコープを使わず、質問に答えていくだけで隠された心理が分かる 「逆算ホロスコープ」、自分の個性を知ることができる 「個性のおはなし」など内容が充実。 他では、ここまで細かく占うことはできないでしょうね。 なぜなら石井ゆかりさんは、占い師ではなくライターだから。 石井ゆかりさんのサイトは、 執筆者ならではの工夫や配慮がふんだんに組み込まれています。 ですから、短編小説を読んでいるような気持ちになるのです。 星の相談室 毎月1名のみ、石井ゆかりさんに鑑定してもらえます。 この先も、対面鑑定をする予定はないようなので、レアなチャンスになると思いますよ。 いつものように、長文で悩みに回答しています。 どうしても鑑定したもらいたい人に採用されるポイントを伝授。 内容を具体的に書くといいですよ。 そうすると採用率がアップします! 『石井ゆかりの星読み』のおすすめポイント 実際に使用してみて、特にここがよかった!というポイントを紹介します。 私の『石井ゆかりの星読み』おすすめポイントはこれ!!! 非常に鑑定結果がボリューミー!なサイトです。 その中でも特におすすめなのが、上記では紹介をしておりませんが 「星読み研究室」です。 こちらの「第一印象」を利用してみると下記の結果になりました。 嬉しいですけど、こんな印象を初対面の人に与えているんですね。 ふむふむ。 私は人脈が広いと思われるみたいですが、ここは当たっています。 仕事柄もありますが、多くの人と関わって成り立つ職業なので。 さらに、「パートナーシップ、人間関係」で見てみるとこんな結果が。 人との交流から多くのチャンスが得られる! まさに私です。 なぜ上記項目をチェックしたかというと、初対面の人と会う予定があったからなのですが、 事前に自分を客観的に知ることで、初めての相手ともうまく交流することができました。 まさかこんなかたちで占いサイトを利用するとは思っていませんでしたけどね! 『石井ゆかりの星読み』の口コミ・評判 実際に石井ゆかりさんの『石井ゆかりの星読み』を利用したことがある人の口コミと評判を集めてみました! 先生のサイトを利用してから、占いが好きになりました。 利用して救われることが多く頑張れています。 確かに依存してはダメですけど、上手に関わっていきたいです。 ちょっと、奥が深すぎて使いこなすには時間がかかりそう。 全部見たら、自分のことがよく分かるようになりそうです。 もう対面で見てもらわなくてもすむかもしれません。 最後に 「石井ゆかりの星読み」を紹介してきました。 西洋占星術に興味のある人だけでなく知らない人にも、ぜひ使ってみてもらいたいアプリです。 きっと、 星読みが楽しくなり西洋占星術が好きになると思います。 西洋占星術は雑誌でも占いコラムがありますけど、 やはり不特定多数を対象にしたものは万人向けに書かれています。 自分一人に特化した鑑定結果を見ることができるので、毎日見ていても飽きません。 石井ゆかりさんの語り口調に癒されながら、 精査の高い占いを体験してみてはいかがでしょうか。

次の