消毒 用 エタノール マツキヨ。 matsukiyo 日本薬局方 消毒用エタノール

無水エタノールと消毒用エタノールの違い 使い方や殺菌力は?

消毒 用 エタノール マツキヨ

記事の内容• 「エタノール」の濃度には、3つの書き方がある 「エタノール」は、濃度が低過ぎても高過ぎても、その消毒効果が低下します。 そのため、適切な濃度に調製して使う必要があります。 このとき、「エタノール」の最適濃度は70%程度だというのが一般的によく知られています。 これは、その程度の濃度の時に「エタノール」と「水」の分子組成比が1:1となり、大きな疎水性表面を持つ集合体を形成するからだと考えられています1。 しかし一方で、日本薬局方の「消毒用エタノール」の濃度を見ると、その%の数字は「76. 9~81. 4」となっています。 なぜ最適濃度をよりもやや高めの数字になっているのでしょうか。 このズレを考える時にまず大前提として知っておかなければならないのが、「エタノール」の濃度表記には下記の3パターンが混在している、ということです。 水は1mLで1. 0gですが、エタノールは1mLで約0. 例えば、日本薬局方で規程されている「消毒用エタノール」の濃度は 76. 9~81. 4 vol%ですが、これは 「 溶液100mL中に、 エタノールが76. 9~81. 4mL含まれる」ことを意味します2。 9~81. 9~81. 9~75. 9~75. 9~64. 9~64. 7g含まれる) つまり、「エタノール(76. 9~81. 9~75. 9~64. 1 化学と工業. 9~81. 9~75. つまり、 だいたい70%くらいになるわけです。 「70%以下」の濃度では意味がない? このところ新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行によって、「消毒用エタノール」は品薄の状態が続いています。 4 厚生労働省「新型コロナウイルス感染症の発生に伴う高濃度エタノール製品の使用について(改定(その2))」 「%」の表記がない商品はどう考えれば良い? 「エタノール」の濃度が明記されていない商品も少なくありません。 そんな場合は、商品の「規制区分」が一つの参考になります。 9~81. 9~75. 9~64. また、密室での取り扱い、大量噴霧にも十分な注意が必要です。 特に、一定量以上の保管には消防法の規制がかかることも覚えておいてください。 流水と石鹸できちんと手洗いをできれば、基本的にそれで感染対策としては十分だからです。 実際、 「消毒用エタノールでの手指消毒」と「石鹸での手洗い」を比較した研究では、その感染予防効果に大きな差は示されていません4。 ただし、この時の「手洗い」とは、正しい方法での丁寧な手洗い5 です(通常、手の甲や指の間、手首までを丁寧に洗うと、手洗いには60秒くらいかかります)。 そのため、時間的・技術的・環境的な何らかの事情によってこうした丁寧な手洗いができない場合には、「消毒用エタノールでの手指消毒」の方が効果的な可能性があります6。 なお、手洗いと手指消毒は必ずしも両方やる必要はありません。 幸い、日本では上下水道が完備されており、非常に気軽に手を洗うことができます。 「消毒用エタノール」が手に入りにくい場合は、「石鹸での丁寧な手洗い」を徹底するようにしてください。 4 Pediatr Nurs. 142 5. pii: e20181245, 2018 PMID: ポイントのまとめ 1. エタノールは、薄くても濃くても消毒効果が弱まるので、適切な濃度で使う必要がある 2. 致死量は0. 3~1. たとえ直接飲用しなくても、揮発したものを吸い込む、皮膚に付着したものが吸収されるといった経路でも容易に摂取してしまいます。 消毒用に「エタノール」が品薄だからといって、工業用の「メタノール」を使うことは絶対に止めてください。 ほか 利益相反 COI 特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

次の

消毒用エタノール

消毒 用 エタノール マツキヨ

無水エタノールは、水分をほぼ含まない純度の高いエタノールのこと。 洗浄力が高く、あっという間に蒸発する性質を持っていることから、水拭きができない電気製品などの掃除に使われてきました。 刺激が強く、肌に直接つくと水分を奪ってしまう性質もあります。 アルコール濃度が高いため、消毒力もその分強いように思われがちですが、瞬時に蒸発してしまうため、逆に消毒には向いていません。 一方の消毒用エタノールは、無水エタノールよりはアルコール濃度が低い分その場に留まってアルコールの効果を発揮するため、その名の通り「消毒」に向いています。 インフルエンザウイルスなど、エタノールで不活性化できるウイルスの消毒()などに効果を発揮し、人の集まる公共機関や病院などでよく使われています。 肌に対する刺激も、無水エタノールよりは低くなっています。 消毒用に使うためだけなら、最初から最適な濃度に薄めてある消毒用エタノールがとても便利です。 しかし、それ以外の用途も考えているのなら、無水エタノールを選ぶのもアリかもしれません。 というのも、無水エタノールを1本手元に用意しておけば、必要に応じて精製水で薄めてすぐに消毒用エタノールも作れる()からです。 無水エタノールは、電気製品などの掃除だけでなく、これからコラムでご紹介する生活雑貨のお手入れや、カビや害虫対策などにも使える上に、水で薄めれば消毒用エタノールとしてウイルス対策やお掃除に大活躍します。 またアロマテラピーの世界でも、無水エタノールは精油を水に溶けやすくするための溶剤として良く使われています。

次の

無水エタノールと消毒用エタノール、どこが違うの?|無水エタノール|健栄製薬

消毒 用 エタノール マツキヨ

無水エタノールは、水分をほぼ含まない純度の高いエタノールのこと。 洗浄力が高く、あっという間に蒸発する性質を持っていることから、水拭きができない電気製品などの掃除に使われてきました。 刺激が強く、肌に直接つくと水分を奪ってしまう性質もあります。 アルコール濃度が高いため、消毒力もその分強いように思われがちですが、瞬時に蒸発してしまうため、逆に消毒には向いていません。 一方の消毒用エタノールは、無水エタノールよりはアルコール濃度が低い分その場に留まってアルコールの効果を発揮するため、その名の通り「消毒」に向いています。 インフルエンザウイルスなど、エタノールで不活性化できるウイルスの消毒()などに効果を発揮し、人の集まる公共機関や病院などでよく使われています。 肌に対する刺激も、無水エタノールよりは低くなっています。 消毒用に使うためだけなら、最初から最適な濃度に薄めてある消毒用エタノールがとても便利です。 しかし、それ以外の用途も考えているのなら、無水エタノールを選ぶのもアリかもしれません。 というのも、無水エタノールを1本手元に用意しておけば、必要に応じて精製水で薄めてすぐに消毒用エタノールも作れる()からです。 無水エタノールは、電気製品などの掃除だけでなく、これからコラムでご紹介する生活雑貨のお手入れや、カビや害虫対策などにも使える上に、水で薄めれば消毒用エタノールとしてウイルス対策やお掃除に大活躍します。 またアロマテラピーの世界でも、無水エタノールは精油を水に溶けやすくするための溶剤として良く使われています。

次の