沖縄 寿司 おすすめ。 沖縄のランチバイキング!安くて旨い!おすすめの割烹えびす

メニュー紹介[沖縄県]

沖縄 寿司 おすすめ

沖縄でお得にレンタカーを借りられる、耳ヨリ情報! 沖縄の基本情報と見どころ 沖縄県は東シナ海と太平洋の間にある南西諸島の数々の島から構成されており、県域は東西に約1,000km、南北に約400kmと広大です。 周辺の海にはサンゴ礁が多く存在し、世界的にもサンゴの多い海域といわれています。 サンゴがあるおかげで沖縄の海は小さな魚からザトウクジラまで見ることができ、ビーチは白く海は美しいブルーのグラデーションに彩られています。 沖縄の中心部となる本島は本島南部、本島中部、本島北部と南北3つに分けられ、離島は八重山諸島、宮古諸島、慶良間諸島、久米島、本島周辺離島にエリア分けされます。 エリア毎にそれぞれの文化や景観が楽しめますが、特に離島は島ごとに異なる個性的な魅力に溢れているのが特徴です。 本島北部は、やんばるの森やマングローブ林などの手つかずの大自然を生かしたネイチャー系のアクティビティが豊富。 本島中部は、西海岸のリゾートホテルや北谷やコザのアメリカンカルチャーなど海外リゾートのような異国ムードが特徴。 本島南部は、首里城周辺の古都の趣きや南部海岸沿いのお洒落な絶景スポットが見どころです。 沖縄の海を満喫!北部コース 美しすぎる沖縄の海と古き良き原風景に癒されよう! 沖縄を代表する観光スポットを巡る、北部の王道コース。 北部ならではの美しい海を様々な切り口で楽しみながら、世界遺産や昔のままの集落など沖縄らしい風景に癒されるドライブコースです。 5km、1時間10分)• 9km、32分)• 6km、32分)• 4km、13分)• 6km、32分)• 3km、1時間43分)• ブセナ海中公園からは海沿いの国道58号をしばらく走り、県道84号線を走って【100年古家 大家】へ。 森の中をドライブしていると突如現れる古民家集落。 【100年古家 大家】は築100年以上の琉球古民家を修復・移築・復元して沖縄の原風景を再現した、沖縄そばと琉球料理のお店です。 大家(うふやー)という名称は、中心に位置する古民家、安里家の屋号からきており、本家のような意味を持つ屋号と考えられています。 ゆとりのある敷地内に、芝生の庭の広場を囲むように古民家がいくつも建ち並び、中庭を眺める開放的な座敷席、滝の目の前のテラス席、家族連れにおすすめの広々とした2階席や個室など、席の種類も豊富です。 圧巻の「黒潮の海」の水槽/写真提供:海洋博公園・沖縄美ら海水族館 古民家と大自然の中でしっかり休み、お腹も満足したらドライブ再開。 次はお待ちかねの水族館です! 本部半島中心部の山道、県道84号線から国道449号、県道114号線を走って【沖縄美ら海水族館】へと向かいます。 沖縄美ら海水族館は敷地面積71ヘクタール以上もある海洋博公園の中にある施設なので、ここでも駐車場を間違わないように気をつけましょう。 北ゲート駐車場P7がおすすめですが、混雑時は係員が空いてる駐車場を案内してくれます。 「沖縄の海との出会い」をテーマとした沖縄美ら海水族館は、沖縄周辺の海の水面から水深700m付近までを再現し、光、水質、透明度などのさまざまな要素をできるだけ自然の海に近い状態に保っています。 そして、海岸からサンゴ礁、黒潮、深海へと沖縄の海にダイビングする感覚で見学ができます。 メインは、高さ8. 2m、幅22. 5mのアクリルパネル越しに一望する世界最大級の水槽「黒潮の海」。 黒潮の回遊魚が多種多彩に泳ぐなか、全長8. 7mもある魚類最大のジンベエザメやナンヨウマンタも複数飼育している世界でも珍しい水槽です。 ゆっくり時間をかけて、壮大な沖縄の海の神秘を存分にお楽しみください! 緑のトンネルの道の先には海が広がっています。 /出典: 備瀬のフクギ並木 海の中の生き物たちを存分に満喫したら、後半は美しい海の景観を回ります。 海の景観スポット1カ所目は、沖縄美ら海水族館から1kmも離れていない海岸線沿いにある【備瀬のフクギ並木】。 ここの見どころは深い緑のトンネル道。 台風や日差しから集落を守るため、海岸沿いの家を取り囲むように防風林として植えられたフクギが約1kmの並木道となり、美しい景観として注目されているスポットです。 数千本に及ぶとみられる備瀬のフクギのなかで、もっとも古いものは推定樹齢300年といわれています。 約1kmの並木道はレンタサイクルや水牛車で行くこともできますが、まずはのんびり歩くのがおすすめ。 道の途中にもカフェやレンタサイクルショップがあるので、休憩したり後半はサイクリングを楽しんだりもできます。 御内原から一望する海の景色 素朴な美しさが心に響くフクギ並木の集落の次は、お城へ向かいます。 国道505号を通って【世界遺産 今帰仁城跡】へ。 今帰仁城跡は「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつ。 琉球統一前の北山・中山・南山に分かれていた三山時代に、本島北部を統治した北山王の居城跡です。 外郭を含め10の郭からなる首里城にも匹敵するスケールに、標高100mほどの小高い岩山に自然石をそのまま積み上げた、長さ1. 5kmに及ぶ野面(のづら)積みの城壁がそびえます。 自然の地形に合わせて描いたなめらかなカーブの城壁やそのディテールが美しく、平成18年には日本城郭協会により、日本100名城にも選定されています。 女官の生活の場だったと伝えられる、城内でも崇高な場で御獄(うたき)がある御内原(うーちばる)は、北側の海を一望でき、晴れた日には東シナ海や伊平屋島、伊是名島が見える絶景ポイント。 城跡から見る海は、琉球王国時代の情緒が色濃く残る景色です。 また、今帰仁城跡は桜の名所としても知られ、毎年1月~2月には桜祭りが行われています。 南部と中部を中心に、沖縄が歩んできた歴史や文化を辿るドライブコースです。 8km、18分)• 6km、36分)• 6 km、22分)• 9km、18分)• 1km、11分)• 1km、23分)• 1km、1時間19分)• 6km、34分)• 感動的な眺めです 煌びやかな王国時代の文化遺産を楽しんだ後は感動必至の絶景パノラマビューのドライブロードを目指して、県道86号を通り【ニライカナイ橋】へ向かいます。 【ニライカナイ橋】は県道86号から国道331号への下り坂に架かった、海に向かって大きくカーブを描きながら降りる全長660m、高低差80mの橋です。 上側の「ニライ橋」と下側の「カナイ橋」で「ニライカナイ橋」と呼ばれています。 ここではルートが重要となります! より絶景を満喫するためには、標高約162mの頂上から下に向かってドライブするルートがおすすめ。 明確な住所はありませんので、ナビやマップでルート検索する場合は「陸上自衛隊 知念分屯地」を目指すと、橋の上の「ニライカナイへの道」という標識までたどり着けます。 橋の頂上付近にはトンネルがあり、そのトンネルを抜けると……。 思わず歓声があがる絶景パノラマビューが目の前に広がります! トンネルの上には展望台があります。 橋に入ると車を停める場所がないので、ゆっくり絶景を味わうならまずは展望台へ。 現在展望台の駐車場は使用できませんが、トンネル付近にスペースがあるので短時間なら駐車可能です。 やっぱりこの景色はドライブがおすすめ。 空や海に向かって走る感動と興奮を体験してください! 奥武島を代表する景観、トビーチャ(飛びイカ)干し そして、ここでの一番の目的は天ぷらやもずく、イカなどの漁港ならではのグルメ。 朝イチで那覇空港を出発すれば、そろそろお腹が空いてくる時間です。 【奥武島】の名物といえば天ぷら。 沖縄の天ぷらは塩味の効いた厚めの衣が特徴です。 島内には3店舗の天ぷら屋さんがあり、どこのお店でも新鮮な魚やイカ、野菜の揚げたて天ぷらを購入することができます。 特にもずくの天ぷらは沖縄ならでは。 歯ごたえのある沖縄の太いもずくを天ぷらで味わってみてください。 「奥武島いまいゆ市場」ではお刺身や海鮮丼、もずく酢、イカの天日干しなどが購入できます。 市場や天ぷら屋さんで好きなものを買い揃えたら、ビーチに座ってランチタイム! 漁港の島ののどかな風景と美しい青い海を見ながら、のんびりした時間も味わってください。 断崖絶壁の上の台地にある平和の広場 天ぷらでお腹を十分に満たしたらドライブ再開! 奥武島を出て国道331号に戻り【平和祈念公園】を目指しましょう。 【平和祈念公園】は第二次世界大戦の地上戦の舞台であり、沖縄戦最大の激戦地となった糸満市摩文仁にあります。 南側には丘陵地を、南東側には青い海を望むことができる、花と緑が豊かな美しい公園です。 休日には家族連れが訪れ広い芝生で球技を楽しむなど、子ども達の笑い声で賑わっています。 約40ヘクタールの広大な敷地には、国立沖縄戦没者墓苑や各都道府県の慰霊塔・碑があり、戦没者への慰霊を捧げています。 また、平和の礎・平和祈念堂・平和祈念資料館などを通して人類の恒久平和を願い、平和の尊さを体感する場所でもあります。 平和の広場には、沖縄戦最初の米軍の上陸地である座間味村阿嘉島で採取した火と、被爆地広島市の「平和の灯」、長崎市の「誓いの火」を分けてもらって合わせた、「平和の火」が灯されています。 穏やかな火の揺らぎや美しい景色を眺めながら、今ある豊かさや平和に感謝し、実感することができる場所です。 琉球ガラスのタイルで描かれたモザイク模様の建物 海を望みながら平和の尊さを知ることができたら、次は工芸体験にチャレンジ! 【琉球ガラス村】へと向かいます。 琉球ガラスは、戦後に発展したガラス工芸品。 駐留米軍が使用していたコーラやビールなどの色つきガラス瓶を溶かして再生し、米軍向けにガラス製品を作っていたのが始まりといわれています。 本来ならば不良品扱いとなっていたガラスの中の気泡やぼってりとした厚みも、アメリカナイズされた「一風変わった素朴なデザイン」として活かされ、沖縄独自のガラス文化が誕生しました。 【琉球ガラス村】は、県内最大の手作りガラス工房。 敷地内には「ガラス工房・職人」「ガラスショップ」「福地商店」「福地食堂」「福地カフェ」の5つの施設があります。 ガラス工房の施設らしく、建物の外壁や柱には色とりどりの琉球ガラスのタイルがびっしり! 大きな建物の壁や柱の全面にモザイク模様が鮮やかに描かれ、圧巻のアート作品となっています。 海に浸かっている気分になれる「立ち湯」 熱気のあるガラス工房でひと汗かいた後は、瀬長島にある「琉球温泉瀬長島ホテル」へ。 瀬長島へ行く道のりでは、海を渡る橋をいくつも通るので、景色も楽しみながらドライブできます。 ホテルに着いたら、ホテル内施設の【琉球温泉 龍神の湯】でちょっとひと休みいたしましょう。 ここは、沖縄では数少ない天然温泉とオーシャンビューが楽しめるリゾート温泉。 2012年にオープンした新しい施設です。 天然温泉を贅沢に使用した大露天風呂は岩風呂・壺湯・立湯・寝湯と湯船の種類も豊富! サウナでは、沖縄では珍しい本格的なロウリュウも楽しめます。 露天風呂の前には西海岸の雄大な海が広がり、晴れた日には慶良間諸島まで見渡せます。 壺湯はゆったり自分の時間に浸れるおひとり様専用風呂。 潮風にあたりながら水平線を眺めていると、時間が経つのも忘れてしまいそうです。 立ち湯ではパノラマビューと開放感が味わえます。 湯船の底に丸石が敷き詰められた水深1. 2mのお風呂に立ったまま入り、縁にもたれて海を眺めながら丸石を踏み踏みするのがおすすめ。 景色にもお湯にも、足つぼにも癒されます。 うっとりするような心地よいオーシャンビューの温泉で、ドライブの疲れを癒してください。 迫力ある岬の海。 岬の先まで歩けます/出典: 残波岬 疲れを癒してすっきりリフレッシュできたら、後半は中部をドライブ観光! 国道58号を北上し【残波岬】に向かいます。 東シナ海に突き出た沖縄本島最西端の【残波岬】は、本島で一番最後に夕日が沈む場所といわれている景勝地。 周囲は自然のままの海岸線で、高さ約30メートルの断崖絶壁が約2キロも続く迫力の絶景です。 海の透明度も高く、灯台下はダイバーの間でも有名なダイビングポイントや地元の人の磯釣りポイントとしても親しまれています。 岬の先には高さ約31mの白亜の灯台が紺碧の空と海をバックにそびえ立ち、岬のシンボルとなっています。 そしてこの灯台は日本でも数少ない、中に入って上れる灯台。 99段の階段を登り切ると、慶良間諸島や粟国島を一望する大パノラマが広がります。 ここでは夕焼けから日没までの時間をゆっくりお過ごしください。 日没前から刻一刻と変わる空の色や、太陽が海にゆっくり沈んでいく様子、激しく波が断崖にぶるかる音など、都会にはない大自然に包まれているような世界観が味わえます。 観覧車を目印に【美浜アメリカンビレッジ】へ!/出典: 美浜アメリカンビレッジ すっかり暗くなってしまいましたが、最後は夜も華やかに賑わっている【美浜アメリカンビレッジ】へ! 国道58号を戻り、中部の西海岸に位置する北谷町へと向かいます。 北谷町は米軍基地が近く外国人居住者も多いことから、アメリカ文化が根付き発展した町として有名で、とくに海岸側は海外リゾートのような雰囲気が漂っています。 【美浜アメリカンビレッジ】はアミューズメント施設やショップ、レストラン、映画館、ライブハウスなどが立ち並び、昼夜を問わず地元の若者や観光客、駐留米軍関係者達で賑わうスポット。 建物や町並みのデザインはレトロなウエストコーストのイメージで統一され、映画のオープンセットのようなリトルアメリカになっています。 夜になると【美浜アメリカンビレッジ】のシンボルでもある観覧車のイルミネーションが輝き、華やかな夜景も楽しめます。 アメリカの輸入雑貨店や古着店、お洒落なインポートショップ、沖縄のお土産ショップなどショッピング施設も充実。 大型スーパーマーケットで地元の食材や加工品を購入するのもおすすめです。 そして最後は夜景を見ながらのディナータイム。 沖縄文化とアメリカ文化が融合した、スタイリッシュな時間をお楽しみください!.

次の

コスパ抜群!沖縄で必ず行きたいおすすめの人気回転寿司10選!

沖縄 寿司 おすすめ

南大東島のある大東諸島の周辺は、海に囲まれていますから魚が豊富にとれます。 そのためとれた魚を日持ちさせるためにみりん醤油ベースのタレに漬けて保存する習慣があったそうです。 シャリに砂糖が使われるのは昔は砂糖が貴重品だったため、砂糖を使えば豪華な料理になると考えられていた名残が残っているからのようです。 大東寿司に使われるネタは 島の近海で獲れるサワラやマグロやカジキなどです。 みりん醤油ベースのタレにつけると美味しさが増す淡白な魚が使われています。 気になる味ですが みりん醤油の甘がらいタレを吸ってもっちりとした食感のネタと、甘めのシャリが絶妙にマッチしており何度でも食べたくなるクセになる味わいです。 古くからの無人島だった南大東島に人が定住することになったのは1900年頃のことです。 伊豆諸島にある八丈島からの移住民による開拓がきっかけでした。 大東寿司の ルーツは八丈島に伝わる島寿司だとされています。 伊豆諸島にある八丈島の島寿司はべっこう寿司とも呼ばれています。 八丈島の島寿司はワサビの代わりに練りがらしを使います。 この練りがらしは粉がらしを練ったものです。 ワサビの代わりにからしを使うのは八丈島や小笠原列島でワサビが手に入らなかったことの名残だと言われています。 大東寿司は島寿司とよく似ているのですが、異なった点もあります。 大東寿司は 練りがらしではなくて練りワサビを使うのです。 この練りワサビは粉ワサビを練ったものです。 八丈島の島寿司は温暖な地域で寿司を食べるために明治以降独自の技法を発達させました。 この独自さを大東寿司も受け継いでいます。

次の

沖縄県の和食ランチおすすめランキング トップ41

沖縄 寿司 おすすめ

すべて 和食 居酒屋 洋食 カレー イタリアン・フレンチ 焼肉・ステーキ ダイニングバー 中華 バー 創作料理 パーティー・アミューズメント カフェ・スイーツ ラーメン・麺類 アジア・エスニック 各国料理 その他グルメ ビュッフェ・バイキング• 和食すべて• 鮨・寿司• 回転寿司• しゃぶしゃぶ・すき焼き• お好み焼き・もんじゃ• たこ焼き• うどん• 日本料理・懐石・会席• 創作和食• 海鮮料理• 精進料理• 京料理• 郷土料理• おでん• 鍋料理• 水炊き• ちゃんこ鍋• もつ鍋• 焼鳥・串焼き• 串揚げ・串カツ• 天ぷら• とんかつ• うなぎ• 親子丼• 天丼・天重• かつ丼・かつ重• 海鮮丼•

次の