ドイツ 人 女性 名前。 ドイツ人によくある名前を6つのポイントでまとめてみた

ドイツ語のかっこいい男性の名前は?意味も一緒にご紹介!

ドイツ 人 女性 名前

ドイツではキリスト教徒が国民の大半を占めているため、名付けにおいても古くから聖書に登場する名前などが使用されています。 ドイツでは、名付けをするにあたり、「つけてはいけない名前」なども存在します。 縁起が良くなかったり、人から笑われてしまうような名前は基本的に却下されます。 Alexander(アレキサンダー) 【意味・由来】ドイツ人男性のかっこいいドイツ語の名前1つ目が、「Alexander(アレキサンダー)」です。 ギリシャ語を語源とする男性の名前です。 「男性を防御する者」という意味を持っています。 Daniel(ダニエル) 【意味・由来】ドイツ人男性のかっこいいドイツ語の名前2つ目が、「Daniel(ダニエル)」です。 ヘブライ語を語源とする男性の名前です。 「神は私をジャッジする者だ」という意味があります。 Dieter(ディーター) 【意味・由来】ドイツ人男性のかっこいいドイツ語の名前3つ目が、「Dieter(ディーター)」です。 ドイツ語を語源とする男性の名前です。 「人々の戦士」という意味があります。 Ernst(エルンスト) 【意味・由来】ドイツ人男性のかっこいいドイツ語の名前4つ目が、「Ernst(エルンスト)」です。 ドイツ語を語源とする男性の名前です。 「活気にあふれた」という意味があります。 Frank(フランク) 【意味・由来】ドイツ人男性のかっこいいドイツ語の名前5つ目が、「Frank(フランク)」です。 ドイツ語を語源とする男性の名前です。 「自由の身の男」という意味があります。 Hermann(ヘルマナ) 【意味・由来】ドイツ人男性のかっこいいドイツ語の名前6つ目が、「Hermann(ヘルマナ)」です。 古いドイツ語を語源とする男性の名前です。 「軍隊」という意味があります。 Oskar(オスカー)• Max(マックス)• Henry(ヘンリー)• Maximilian(マキシミリアン)• Luca(ルカ)• Felix(フェリックス)• Luis(ルイ)• Noah(ノア)• Finn(フィン)• Leon(リオン)• Elias(エリアス)• Jonas(ジョナス)• Ben(ベン)• Andreas(アンドレアス) 【意味・由来】ドイツ人男性の素敵な意味を持つドイツ語の名前1つ目が、「Andreas(アンドレアス)」です。 ギリシャ語を語源とする男性の名前です。 「男らしい」という意味があります。 Christian(クリスチャン) 【意味・由来】ドイツ人男性の素敵な意味を持つドイツ語の名前2つ目が、「Christian(クリスチャン)」です。 中世期頃にはすでに誕生していたとされる名前です。 「天路歴程」という意味があります。 Fritz(フリッツ) 【意味・由来】ドイツ人男性の素敵な意味を持つドイツ語の名前3つ目が、「Fritz(フリッツ)」です。 ドイツ語を語源とする男性の名前です。 「平和の王」という意味があります。 ギリシャ語を語源とする男性の名前です。 「地球で働く者」という意味を持っています。 Kurt(クルト) 【意味・由来】ドイツ人男性の素敵な意味を持つドイツ語の名前5つ目が、「Kurt(クルト)」です。 ドイツ語を語源とする男性の名前です。 「礼儀正しい」という意味があります。 Manfred(マンフレッド) 【意味・由来】ドイツ人男性の素敵な意味を持つドイツ語の名前6つ目が、「Manfred(マンフレッド)」です。 英語やドイツ語を語源とする男性の名前です。 「平和のヒーロー」という意味があります。 Martin(マーティン)• Otto(オットー)• Paul(ポール)• Sebastian(セバスチャン)• Wolfgang(ウルフギャング)• Anton(アントン)• Moritz(モリッツ)• Liam(リアム)• Emma(エマ) 【意味・由来】ドイツ人女性の可愛いドイツ語の名前1つ目が、「Emma(エマ)」です。 ゲルマン語である「ermen」が元になっている女性の名前です。 「ユニバーサル」という意味があります。 Karin(カリン) 【意味・由来】ドイツ人女性の可愛いドイツ語の名前2つ目が、「Karin(カリン)」です。 スカンディナヴィア語が語源と言われている女性の名前です。 「純粋な」という意味があります。 Marie(マリー) 【意味・由来】ドイツ人女性の可愛いドイツ語の名前3つ目が、「Marie(マリー)」です。 ヘブライ語を語源とする女性の名前です。 「海の女性」という意味があります。 Katrin(カトリン) 【意味・由来】ドイツ人女性の可愛いドイツ語の名前4つ目が、「Katrin(カトリン)」です。 ギリシャ語が語源と言われている女性の名前です。 「穢れのない女性」という意味があります。 Monika(モニカ) 【意味・由来】ドイツ人女性の可愛いドイツ語の名前5つ目が、「Monika(モニカ)」です。 ギリシャ語を語源とする女性の名前です。 「相談に乗る者」という意味があります。 Melanie(メラニー) 【意味・由来】ドイツ人女性の可愛いドイツ語の名前6つ目が、「Melanie(メラニー)」です。 「melas」というギリシャ語が語源とされている女性の名前です。 「黒い」という意味があります。 Nadine(ナディン)• Nicole(ニコール)• Petra(ペトラ)• Sabine(サビン)• Sabrina(サブリナ)• Sandra(サンドラ)• Stefanie(ステファニー)• Andrea(アンドレア)• Anna(アナ)• Christina(クリスティナ)• Gabriele(ガブリエーレ)• Martina(マルティナ)• Mia(ミア)• Angelika(アンジェリカ) 【意味・由来】ドイツ人女性の素敵な意味を持つドイツ語の名前1つ目が、「Angelika(アンジェリカ)」です。 ドイツ語を語源とする女性の名前です。 「天使のような」という意味があります。 Elke(エルク) 【意味・由来】ドイツ人女性の素敵な意味を持つドイツ語の名前2つ目が、「Elke(エルク)」です。 「Adelheid(アデルハイド)」という女性の名前の派生バージョンでもあります。 「気高い生まれ」という意味があります。 Erika(エリカ) 【意味・由来】ドイツ人女性の素敵な意味を持つドイツ語の名前3つ目が、「Erika(エリカ)」です。 日本語にもある名前ですが、実は「Erik(エリック)」という男性の名前を女性化させたものでもあります。 「永遠の王」という意味があります。 Gisela(ジゼラ) 【意味・由来】ドイツ人女性の素敵な意味を持つドイツ語の名前3つ目が、「Gisela(ジゼラ)」です。 ドイツ語を語源とする女性の名前です。 「誓い」という意味を持っています。 Ilse(イルゼ) 【意味・由来】ドイツ人女性の素敵な意味を持つドイツ語の名前4つ目が、「Ilse(イルゼ)」です。 「Elizabeth(エリザベス)」という名前をドイツ語に直した名前です。 「神への誓い」という意味を持っています。 Ingrid(イングリッド) 【意味・由来】ドイツ人女性の素敵な意味を持つドイツ語の名前5つ目が、「Ingrid(イングリッド)」です。 北欧が発祥と言われている名前で、「Ing(イング・北欧の神話に出てくる神)の美」という意味があります。 Hannah(ハンナ)• Mila(ミラ)• Leah(リア)• Johanna(ジョアンナ)• Klara(クララ)• Lilly(リリー)• ドイツが発祥と言われている苗字です。 「製粉業」という意味があります。 かつての職種を苗字として使用したのが始まりです。 Klein(クライン) 【意味・由来】ドイツ人のかっこいいドイツ語の苗字2つ目が、「Klein(クライン)」です。 オランダ語やドイツ語を語源とする苗字です。 「小さな」という意味があります。 Schwarz(シュワルツ) 【意味・由来】ドイツ人のかっこいいドイツ語の苗字3つ目が、「Schwarz(シュワルツ)」です。 ドイツ語を語源とする苗字です。 「黒い」という意味があります。 髪の毛の色や、皮膚の色でニックネームとして使われたのが始まりです。 Lange(ランゲ) 【意味・由来】ドイツ人のかっこいいドイツ語の苗字4つ目が、「Lange(ランゲ)」です。 「lang」というドイツ語が元になっている苗字です。 「長い」という意味があります。 Krause(クラウゼ) 【意味・由来】ドイツ人のかっこいいドイツ語の苗字5つ目が、「Krause(クラウゼ)」です。 中世期のドイツ語である「Krus」が元になっている苗字です。 「髪の毛がクルクルしている」という意味があります。 Maier(マイヤー) 【意味・由来】ドイツ人のかっこいいドイツ語の苗字6つ目が、「Maier(マイヤー)」です。 ドイツ語を語源とする苗字です。 「市長」や「村長」という意味があります。 Beck(ベック)• Baumann(バウマン)• Franke(フランケ)• Schuster(シュースター)• Winter(ウィンター)• Vogt(ヴォクト)• 「schroden」というドイツ語が語源になっている苗字です。 「切る」という意味があり、仕立屋や木こりなどを意味します。 Neumann(ニューマン) 【意味・由来】ドイツ人の素敵な意味を持つドイツ語の苗字2つ目が、「Neumann(ニューマン)」です。 「niuwe」というドイツ語が元になっている苗字です。 「新しい男」という意味があります。 Hofmann(ホフマン) 【意味・由来】ドイツ人の素敵な意味を持つドイツ語の苗字3つ目が、「Hofmann(ホフマン)」です。 ドイツ語が元になっている苗字です。 「地主」という意味があります。 ドイツが発祥と言われている苗字です。 「王様」という意味があります。 Kaiser(カイザー) 【意味・由来】ドイツ人の素敵な意味を持つドイツ語の苗字5つ目が、「Kaiser(カイザー)」です。 ドイツ語を語源とする苗字です。 「皇帝」という意味があります。 Friedrich(フリードリヒ) 【意味・由来】ドイツ人の素敵な意味を持つドイツ語の苗字6つ目が、「Friedrich(フリードリヒ)」です。 ドイツが発祥と言われている苗字です。 「王子」という意味があります。 Keller(ケラー)• Hahn(ハーン)• Winkler(ウィンクラー)• Roth(ロート) ドイツ人のかっこいい名前や可愛い名前はまだまだたくさんある! ドイツ人・ドイツ語の名前100選、いかがだったでしょうか。 今回は男性別・女性別で詳しくご紹介してみました。 意味なども一緒に詳しく解説した濃い内容でお届けしました。 最後にドイツ語に関する記事なども載せておくので、是非参考にしてみてくださいね。

次の

ドイツ人によくある名前を6つのポイントでまとめてみた

ドイツ 人 女性 名前

ドイツ人は、国民の大半がキリスト教徒なので、子どもの名前を付けるときもキリスト教にまつわる名前などを選ぶことが多いです。 後でご紹介しますが、「Koch(コッホ)」という苗字は「料理人」という意味があったり、「Schulz(シュルツ)」という苗字には、「村長」という意味があったりします。 ドイツ人の名前のしくみは? ドイツ人の名前のしくみ|苗字と名は日本とどう違うの? ドイツ人の名前のしくみとして、日本と少し異なるところは「名前につけていいものとそうでないものがハッキリとしている」というところです。 例えば、イエスを裏切った「ユダ」という名前や、悪魔という意味の「サタン」などは役所で受け付けてもらえません。 名づけに関するハンドブックまで用意してあります。 ドイツ人の名前のしくみ|女性が結婚したら? ドイツ人の女性が結婚した場合、苗字は日本のように夫の苗字にします。 しかし、選択肢はほかにもあり、自分の旧姓が気に入っていたりする場合は、夫の苗字と自分の旧姓をハイフンで結んで「ダブルネーム」として名乗ることも可能です。 ・Einhard(アインハルト) ドイツ人男性に多いドイツ語の名前1つ目が、「Einhard(アインハルト)」です。 ドイツ語を語源とする男性の名前で、オランダやフランス語圏などでもポピュラーになっている名前でもあります。 「剣の使い手」という意味を持っています。 ドイツ語やスウェーデン語を語源とする男性の名前で、ラテン語の「Antonius」が起源ではないかと言われています。 「プライスレス」という意味を持っています。 ・Abelard(アベラルド) ドイツ人男性に多いドイツ語の名前3つ目が、「Abelard(アベラルド)」です。 ドイツ語を語源とする男性の名前です。 「決然とした」という意味や、「断固とした」という意味を持っています。 ・Wojciech(ヴォイチェフ) ドイツ人男性に多いドイツ語の名前4つ目が、「Wojciech(ヴォイチェフ)」です。 ポーランド語が語源と言われている男性の名前ですが、詳しい起源はわかっていません。 「戦争の中の(唯一の)幸せ」や、「笑う戦士」という意味を持っています。 ・Aart(アールト) ドイツ人男性に多いドイツ語の名前5つ目が、「Aart(アールト)」です。 アングロサクソンが起源だと言われている男性の名前です。 「鷲のような者」という意味を持っています。 ・Eugen(エウゲン) ドイツ人男性に多いドイツ語の名前6つ目が、「Eugen(エウゲン)」です。 ギリシャ語が語源とされている男性の名前です。 「良い生まれの者」や、「崇高な者」という意味を持っています。 「Everhardt(エバーハルト)」には、「イノシシの勇敢さ」という意味や、「Geron(ジェロン)」には「ガーディアン」という意味があり、「Kaiser(カイゼル)」には「皇帝」という意味があります。 ・Everhardt(エバーハルト)• ・Geron(ジェロン)• ・Juanito(フアニート)• ・Kaiser(カイゼル)• ・Leonhards(レオンハルト)• ・Lynsai(リンゼー)• ・Ottmar(オトマール)• ・Paco(パコ)• ・Raimund(ライムント)• ・Seifred(ザイフリート)• ・Terel(テレル)• ・Tiziana(ティジアナ)• ・Uberto(ウベルト)• ・Valters(ヴァルターズ)• ・Christoph(クリストフ)• ・Kiefer(キーファー)• ・Saelac(サエラック)• ・Schroder(シュレーダー)• ・Jans(ヤンス)• ・Matthaus(マテウス) ドイツ人男性のかっこいいドイツ語の名前1つ目が、「Matthaus(マテウス)」です。 「Matthew(マシュー)」という名前をドイツ語で表記したときの男性の名前でもあります。 「神からの贈り物」という意味を持っています。 ヘブライ語を語源とする男性の名前です。 「平和の父(神)」という意味を持っています。 旧約聖書の中でデイビッド王の息子の名前として登場したのが始まりです。 ヘブライ語を語源とする男性の名前です。 「山のような強さ」という意味を持っています。 アラビア語になると、「森」という意味に変化します。 「Oberon(オベロン)」という名前には「クマ」という意味があり、「Haegel(ヘッゲル)」には「幸福」という意味があります。 また、「Leopoldo(レオポルド)には、「人々の王子様」という意味があります。 ・Fessler(フェスラー)• ・Eckehard(エッケハルト)• ・Nordman(ノルトマン)• ・Zelig(ジーリグ)• ・Oberon(オベロン)• ・Haegel(ヘッゲル)• ・Helmand(ヘルマンド)• ドイツ語を語源とする男性の名前です。 「人々を制する者・支配する者」というような意味を持っています。 チュートン語が語源とされる男性の名前です。 「平和な支配者」という意味を持っています。 ドイツ語を語源とする男性の名前です。 古いドイツ語の「Kuonrat(賢明な助言)」という言葉が起源だと言われています。 ・Alviria(アルヴィリア) ドイツ人女性に多いドイツ語の名前1つ目が、「Alviria(アルヴィリア)」です。 明確な起源がはっきりとはしていませんが、ドイツ語が語源であると信じられている女性の名前です。 「人懐っこい」という意味や、「フレンドリー」という意味を持っています。 ・Evi(エヴィ) ドイツ人女性に多いドイツ語の名前2つ目が、「Evi(エヴィ)」です。 ドイツ語を語源とする女性の名前です。 「Eve(イヴ)」という名前のドイツ語バージョンである名前です。 「命」という意味があります。 ・Gratia(グラティア) ドイツ人女性に多いドイツ語の名前3つ目が、「Gratia(グラティア)」です。 「Grace(グレース)」という名前の元になったと言われているドイツ語の女性の名前です。 「優雅な」という意味を持っています。 ・Lenore(レノア) ドイツ人女性に多いドイツ語の名前1つ目が、「Lenore(レノア)」です。 ドイツ語を語源とする女性の名前です。 イタリア語では「Eleonora(エレノーラ)」と表記されます。 「明るい」という意味や、「光り」という意味を持っています。 ・Karla(カーラ) ドイツ人女性に多いドイツ語の名前2つ目が、「Karla(カーラ)」です。 スカンディナヴィア語が語源とされる女性の名前です。 「Charles(チャールズ)」という男性名の女性バージョンでもあります。 「女性らしさ」という意味を持っています。 ・Heidi(ハイディ) ドイツ人女性に多いドイツ語の名前3つ目が、「Heidi(ハイディ)」です。 ドイツ語を語源とする女性の名前です。 「Adelheid(アーデルハイト)」という名前の省略形でもあります。 「気高い生まれ」という意味を持っています。 「Tilly(ティリー)」には、「戦いでの大きな戦力」という意味があります。 「Katja(カーチヤ)」は英語に直すと「Kate(ケイト)」になり、「Millie(ミリー)」には「勤勉な」という意味があります。 ・Maude(モード)• ・Tilly(ティリー)• ・Katja(カーチャ)• ・Juliane(ユリアーネ)• ・Millie(ミリー)• ・Elsa(エルサ)• ・Maxi(マキシ)• ・Adela(アデラ)• ・Amelie(アメリエ)• ・Maja(マヤ)• ・Mathilda(マチルダ)• ・Lotta(ロッタ)• ・Helena(ヘレナ)• ・Pauline(パウリーネ)• ・Katharina(カタリナ)• ・Annika(アニカ)• ・Luna(ルーナ)• ・Stella(ステラ)• ・Miriam(ミリアム)• ・Linda(リンダ)• ・Liesl(リーズル) ドイツ人女性のかわいいドイツ語の名前1つ目が、「Liesl(リーズル)」です。 「Elizabeth(エリザベス)」という名前の元になったとされている女性の名前です。 ヘブライ語が語源とされ、「神は私の誓い」という意味を持っています。 ・Marta(マータ) ドイツ人女性のかわいいドイツ語の名前2つ目が、「Marta(マータ)」です。 「Martha(マーサ)」という名前の、イタリア語やスペイン語、ドイツ語に直された形の女性の名前です。 「淑女」という意味があります。 ・Monika(モニカ) ドイツ人女性のかわいいドイツ語の名前3つ目が、「Monika(モニカ)」です。 ギリシャ語を語源とする女性の名前です。 「助言をする者」という意味を持っています。 「Neely(二ーリー)」は「鍵をかける」という意味があります。 「Ottilia(オッティリア)」には、「幸せのヒロイン」という意味があり、「Gretchen(グレッチェン)」には「真珠」という意味があります。 ・Neely(二ーリー)• ・Nixie(ニクシー)• ・Ottilia(オッティリア)• ・Viktoria(ヴィクトリア)• ・Gretchen(グレッチェン)• ・Ada(アダ)• ・Adela(アデラ)• ヘブライ語の「Anna(優雅な)」と、フランス語の「Elise(神への誓い)」を組み合わせたハイブリッドタイプの名前です。 中世期のドイツ語が起源だと言われている女性の名前です。 「神は増える」という意味や、「美しい」という意味を持っています。 ドイツ語やスカンディナヴィア語を語源とする女性の名前です。 「明るい」という意味や、「透明」、「有名な」という意味を持っている名前です。 ドイツの中で最もポピュラーと言っても過言ではない苗字です。 「水車屋」という職業を表す苗字でもあります。 ドイツのみならず、スウェーデンでもよく聞く苗字です。 ・Schmid(シュミッド) ドイツ人に多いドイツ語の苗字2つ目が、「Schmid(シュミッド)」です。 ドイツ人やユダヤ人に特によく見られる苗字です。 職業を表す言葉で、「鍛冶屋」という意味を持っています。 ・Schneider(シュナイダー) ドイツ人に多いドイツ語の苗字3つ目が「Schneider(シュナイダー)」です。 ドイツ語を語源とする苗字で、「仕立て人」という意味を持っています。 ドイツでも非常にポピュラーな苗字です。 ・Fischer(フィッシャー) ドイツ人に多いドイツ語の苗字4個目が、「Fischer(フィッシャー)」です。 ドイツ語を語源とする苗字で、「漁師」という意味があります。 かつて漁師として働いていた人を呼ぶのに使用したのが始まりです。 ・Weber(ウェバー) ドイツ人に多いドイツ語の苗字5個目が、「Weber(ウェバー)」です。 ドイツ語を語源とする苗字で、「機織り」という意味があります。 こちらも「機織り職人」として働いていた人を呼ぶのに使用されたのが始まりです。 ・Mayer(メイヤー) ドイツ人に多いドイツ語の苗字6個目が、「Mayer(メイヤー)」です。 ドイツ語を語源とする苗字で、「町長」や「市議会長」といった意味があります。 かつて村や町の長となった人を指すときに使われたのが始まりです。 ・Wagner(ワグナー)• ・Becker(ベッケル)• ・Schulz(シュルツ)• ・Hoffmann(ホフマン)• ・Koch(コッホ)• ・Bauer(バウアー)• ・Richter(リヒター)• ・Klein(クライン)• ・Neumann(ノイマン)• ・Schwarz(シュワルツ)• ・Zimmermann(ツィンマーマン)• ・Braun(ブラウン)• 今回は男性のかっこいい名前や女性のかわいい名前だけでなく少しユニークで珍しい名前なども一緒にご紹介してみました。 最後に外国人の名前に関する関連記事もいくつか載せておくので、是非参考にしてみてくださいね。

次の

たんぽぽはドイツ語で何という?花の名前に関するドイツ語15選

ドイツ 人 女性 名前

チューリップ チューリップはドイツ語で「die Turpe(トゥルペ)」といいます。 春の訪れを感じさせるこの花はドイツでも人気があります。 桜 桜はドイツ語で「der Kirschbaumen(キルシュバオム)」といいます。 ドイツにも桜は咲いていますが、筆者がいるところでは、山桜などの小ぶりのものをよく見かけます。 うつむいて咲く姿が可愛らしい鈴蘭は「5月の小さな鈴」と、見た目そのままの名前で覚えやすいでしょう。 百合 百合はドイツ語で「die Lilie(リリー)」といいます。 ドイツ人女性の名前にもよく見受けられます。 可愛らしい響きですよね。 蘭 蘭はドイツ語で「die Orchidee(オルヒデー)」といいます。 東洋的な花として人気のある蘭。 個人のお宅の窓辺でほぼ必ずと言って良いほど飾ってあるのをしょっちゅう見かけます。 日本ではすぐに花が落ちてしまい、高価であったり、育てることや保つことが難しい花なのですが、ドイツでは割と長く保ち、花が落ちても葉が残っていれば水を与えるとまたすぐに美しい花が楽しめるので、ドイツでは人気のようです。 ドイツのたんぽぽは日本のものと違って大きいです。 花がほころんで綿帽子でふわふわになると、雪でも降っているかのように外はたんぽぽのわたが飛んでいて、初めて見たときとても驚きました。 紫陽花 紫陽花はドイツ語で「die Hortensie(ホールテンジー)」といいます。 紫陽花はヨーロッパでも広く楽しまれていますが、ヨーロッパで品種改良されたものはセイヨウアジサイといい、もともと紫陽花の原種は日本のものです。 こちらでは日本よりも比較的早くマーケットなどにも並んでいました。 ラテン語から来ている名前で、そのまま「Gypsophila(ギプソフィラ)」ということもあるそうですが、これは「石膏を愛する」という意味なのだそうです。 サルスベリは秋頃に咲きますが日本でもよく見かけます。 木肌はつるつると滑らかです。 菜種 菜種はドイツ語で「der Raps(ラプス)」といいます。 菜種は食用油としてもよく利用されますがドイツでも同じです。 菊 菊はドイツ語で「die Chrysantheme(クリザンテーメ)」といいます。 菊は日本ではお供え花として、また食用や家紋に使われていたりと、生活の中に浸透していますが、ドイツではレストランやオープンテラスを飾っているのをよく見かけます。 キングサリ キングサリはドイツ語で「der Goldregen(ゴルトレーゲン)」といいます。 ドイツでは春になるとよく見かけますが、とても派手で目立ちます。 種は毒性が強く、中国では毒豆とも呼ばれているのだとか。 英名だとスナップドラゴンと呼ばれていますが、日本だと金魚、ドイツだとライオンと国によって見方が違うのも面白いですね。 美しいバラの花を折ってしまったという表現をもって、純粋な少女の恋心を傷つけてしまったというゲーテの詩を、敢えて明るい調子で作曲した心優しいシューベルトの野ばらでおなじみのお花です。 エリカは日本でもたまに見かけますが、大正時代にヨーロッパから日本へ持ち込まれました。 釣鐘型の小さな花がたくさんついて可愛らしい花です。 まとめ いかがでしたか?今回は花の名前をドイツ語でご紹介しました。 ドイツは春や夏に花が咲き乱れてとても綺麗です。 皆さんも沢山の花をドイツで見つけて楽しめるといいですね。 合わせてチェックしてみてください。 ドイツに住みたいなら ドイツに住んでみたいと思ったことはないですか? ドイツで働くことができれば、住むことも決して夢じゃありません。 語学力&貯金ゼロでも海外転職を実現させる方法• 日本でどんなスキルを身につけるべきか• 英語の履歴書の書き方、面接対策 など、を参考にして『ドイツ生活』の可能性をぜひ確認してみてください! 「3週間の留学」を無料プレゼント中 50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「3週間」の留学を期間限定でプレゼントしています! 応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください! 留学メディア「THE RYUGAKU [ザ・留学]」とは? THE RYUGAKU[ザ・留学]は、海外留学、ワーキングホリデー、海外在住者のための海外生活、学校などの情報が集まる情報メディアです。 語学留学もコミカレ・大学・大学院留学も、留学先を探すときはTHE RYUGAKUから!実際にかかった留学費用、準備すると便利な持ち物、成功するために工夫したハウツー情報、ワーホリの仕事の探し方、学生寮・ホームステイの注意点やルームシェアの探し方、現地に滞在する日本人からお勧めまとめなど、短期留学でも長期留学でも役立つ情報が毎日たくさん公開されています!アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、韓国、中国、フランス、ドイツなど各国・各都市から絞り込むと、希望の留学先の記事が見つかります。 「どこに留学したらいいか分からない」「おすすめの学校が知りたい」「経験者による体験談が知りたい」「留学生活での節約方法を知りたい」。 初めての留学は分からないことだらけで、不安になったり、予算が心配だったりしますよね?THE RYUGAKUなら全て解決できます。 最新情報をチェックして、ぜひ充実した留学にしてください!.

次の