宮城県コロナウイルス。 宮城県内の最新感染動向

【宮城コロナ】宮城県多賀城市で新型コロナウイルス感染者が確認される

宮城県コロナウイルス

栗原市では2020年2月3日(月曜日)に「栗原市新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置しました。 宮城県や関係機関と連携しながら、新型コロナウイルス感染症の蔓延防止対策に取り組んでいきます。 【参考資料】• 対策本部会議の開催状況 第1回栗原市新型コロナウイルス感染症対策本部会議• 日時:2020年2月3日• 場所:栗原市役所2階講堂• 新型コロナウイルス感染症の発生状況等について• 新型コロナウイルス感染症に対する国・県・市の対応について• 担当部局ごとの具体的な対応について• 資料: 第2回栗原市新型コロナウイルス感染症対策本部会議• 日時:2020年2月18日• 場所:栗原市役所2階205・206会議室• 新型コロナウイルス感染症に関する宮城県の取り組みについて• 各部局及び総合支所における今後の対応について• その他• 資料: 第3回栗原市新型コロナウイルス感染症対策本部会議• 日時:2020年2月28日• 場所:栗原市役所2階講堂• 新型コロナウイルス感染症の発生状況及び国・県・市の対応状況について• 新型コロナウイルス感染症対策に係る市主催の会議・イベント等の開催方針(案)について• 各部局及び総合支所における今後の取り組みについて• その他• 資料: 第4回栗原市新型コロナウイルス感染症対策本部会議• 日時:2020年3月2日• 場所:栗原市役所2階講堂• 県内における新型コロナウイルス感染症患者の発生について• 新型コロナウイルス感染症の発生状況及び国・県・市の対応状況について• 各部局及び総合支所における今後の取り組みについて• その他• 資料: 第5回栗原市新型コロナウイルス感染症対策本部会議• 日時:2020年3月27日• 場所:栗原市役所2階講堂• 新型コロナウイルス感染症の発生状況及び国・県・市の対応状況について• 市主催または共催の会議・イベント等の開催方針(案)について• その他• 資料: 第6回栗原市新型コロナウイルス感染症対策本部会議• 日時:2020年3月31日• 場所:栗原市役所2階205・206会議室• 県内における新型コロナウイルス感染症患者の発生について• 今後の市の対応について• その他• 資料: 第7回栗原市新型コロナウイルス感染症対策本部会議• 日時:2020年4月8日• 場所:栗原市役所2階講堂• 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく栗原市新型コロナウイルス感染症対策本部の法定設置について• 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく新型インフルエンザ等緊急事態宣言の公示に伴う対応につい て• その他• 資料: 第8回栗原市新型コロナウイルス感染症対策本部会議• 日時:2020年4月17日• 場所:栗原市役所2階講堂• 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の区域拡大について• 今後の市の対応について• 2020年(令和2年)5月1日以降の市主催または共催の会議・イベント等の開催方針について• 市所有施設の今後の使用方針(案)について• その他• 資料: 第9回栗原市新型コロナウイルス感染症対策本部会議• 日時:2020年5月5日• 場所:栗原市役所2階講堂• 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の期間延長について• 今後の市の対応について• その他• 資料: 第10回栗原市新型コロナウイルス感染症対策本部会議• 日時:2020年5月15日• 場所:栗原市役所2階講堂• 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の解除について• 今後の市の対応について• 市主催または共催の会議・イベント等の開催方針について• 市所有施設の今後の使用方針(案)についてその他• 資料: 第11回栗原市新型コロナウイルス感染症対策本部会議• 日時:2020年5月28日• 場所:栗原市役所2階講堂• 新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の解除等について• 市主催または共催の会議・イベント等の開催方針(案)について• 市所有施設の今後の使用方針について• その他• 資料: このページに関する問い合わせ先.

次の

宮城県の新型コロナウイルス感染症指定医療機関と病院病床数は?

宮城県コロナウイルス

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が宮城県で解除されたことを受けて、県は15日、接待を伴う飲食店やスポーツジム、バーなどについて、外出を自粛するよう呼びかける対象から外した。 ただ来店する場合は、感染防止策を徹底するよう31日まで県民に呼びかける。 首都圏などへの移動は引き続き避けるよう依頼する。 接待を伴う飲食店などについて、県は7日に休業要請を解除した一方で、県民に出入りを自粛するよう求めていた。 村井嘉浩知事は県の対策本部会議後、報道陣に「外出自粛を求めながら休業要請を解除した矛盾を解消したいと考えた」と説明。 店側がクラスター(感染者集団)を起こさないよう予防策をとり、来店者もそれを確認しながら経済活動を徐々に再開させたい考えを示した。 村井知事は、これらの店でスマートフォンやQRコードを使って来店者を把握し、連絡が取れるシステムを再来週にも導入したいとの考えも明らかにした。 県境をまたいだ外出については、東京都などの特定警戒都道府県への移動は31日まで避けるよう引き続き依頼。 その他の県についても、なるべく移動を控えるよう呼びかけた。 職場での取り組みについても、在宅勤務や時差出勤に取り組むよう依頼した。 また、県教育委員会は、休校が続く県立学校について、6月1日から通常授業を始めると発表した。 市町村教委にも県の案を伝えるが、準備が整った自治体はこれより前に再開できる。 今月中も分散登校による登校日を設けて、課題を回収したり感染症教育をしたりする。 県は引き続き、東京などへの移動は控えるよう呼びかけている。 だが、仙台駅西口のペデストリアンデッキでは15日夕、大きな荷物を持った人も目立った。 スーツケースを引いていた男性会社員(43)は、家族が待つ東京都内の自宅に戻る途中だという。 昨年に仙台市内の事務所に配属され、単身赴任中。 この4月からは在宅勤務が続き、ほとんど外出していない。 「まだ油断してはいけないことは分かっている。 東京でもなるべく自宅から出ないようにしなければ」 この日、休業が続いていた県内の映画館の一部が再開した。 約1カ月ぶりの営業となった大崎市の「シネマ・リオーネ古川」では開場とともに、親子連れらが訪れた。 だが、客足が元に戻る見通しは立たない。 劇場では感染予防のため、使用する座席を一列おきとし、チケット販売時には隣の席を空けるようにした。 このため、稼働率は3割以下になるという。 大型作品の公開延期が相次いでおり、新作以外は「シン・ゴジラ」や「君の名は。 」といった過去の人気作の上映でやりくりする。 望月俊一社長は「東日本大震災の時と比べ、先の見えないつらさがある。 お客様がどれだけ回復するのか、しばらくは手探りの状態になるだろう」と話す。 「接待を伴う飲食店」への外出自粛も解除された。 仙台市の国分町のナイトクラブ経営者約30人でつくる「伊達なママの会」の鈴木せつ子会長(78)は、「光が差した。 やっと『いらして下さい』と堂々とお声がけできる」と胸をなで下ろした。 今月7日に休業要請が解除されたが、外出自粛が呼びかけられたままだった。 鈴木さんのクラブ6店舗は休業中。 営業再開後に使える商品券を用意したが、発送できずにいた。 鈴木さんは6月1日から店を再開する。 でも、「お客さんが戻るのはまだ時間がかかる。 徐々に人出が戻ってほしい」。 (申知仁、高橋昌宏、窪小谷菜月).

次の

【宮城県】運転免許証の更新手続きの猶予拡大→新型コロナウイルス感染症を理由とする場合

宮城県コロナウイルス

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が宮城県で解除されたことを受けて、県は15日、接待を伴う飲食店やスポーツジム、バーなどについて、外出を自粛するよう呼びかける対象から外した。 ただ来店する場合は、感染防止策を徹底するよう31日まで県民に呼びかける。 首都圏などへの移動は引き続き避けるよう依頼する。 接待を伴う飲食店などについて、県は7日に休業要請を解除した一方で、県民に出入りを自粛するよう求めていた。 村井嘉浩知事は県の対策本部会議後、報道陣に「外出自粛を求めながら休業要請を解除した矛盾を解消したいと考えた」と説明。 店側がクラスター(感染者集団)を起こさないよう予防策をとり、来店者もそれを確認しながら経済活動を徐々に再開させたい考えを示した。 村井知事は、これらの店でスマートフォンやQRコードを使って来店者を把握し、連絡が取れるシステムを再来週にも導入したいとの考えも明らかにした。 県境をまたいだ外出については、東京都などの特定警戒都道府県への移動は31日まで避けるよう引き続き依頼。 その他の県についても、なるべく移動を控えるよう呼びかけた。 職場での取り組みについても、在宅勤務や時差出勤に取り組むよう依頼した。 また、県教育委員会は、休校が続く県立学校について、6月1日から通常授業を始めると発表した。 市町村教委にも県の案を伝えるが、準備が整った自治体はこれより前に再開できる。 今月中も分散登校による登校日を設けて、課題を回収したり感染症教育をしたりする。 県は引き続き、東京などへの移動は控えるよう呼びかけている。 だが、仙台駅西口のペデストリアンデッキでは15日夕、大きな荷物を持った人も目立った。 スーツケースを引いていた男性会社員(43)は、家族が待つ東京都内の自宅に戻る途中だという。 昨年に仙台市内の事務所に配属され、単身赴任中。 この4月からは在宅勤務が続き、ほとんど外出していない。 「まだ油断してはいけないことは分かっている。 東京でもなるべく自宅から出ないようにしなければ」 この日、休業が続いていた県内の映画館の一部が再開した。 約1カ月ぶりの営業となった大崎市の「シネマ・リオーネ古川」では開場とともに、親子連れらが訪れた。 だが、客足が元に戻る見通しは立たない。 劇場では感染予防のため、使用する座席を一列おきとし、チケット販売時には隣の席を空けるようにした。 このため、稼働率は3割以下になるという。 大型作品の公開延期が相次いでおり、新作以外は「シン・ゴジラ」や「君の名は。 」といった過去の人気作の上映でやりくりする。 望月俊一社長は「東日本大震災の時と比べ、先の見えないつらさがある。 お客様がどれだけ回復するのか、しばらくは手探りの状態になるだろう」と話す。 「接待を伴う飲食店」への外出自粛も解除された。 仙台市の国分町のナイトクラブ経営者約30人でつくる「伊達なママの会」の鈴木せつ子会長(78)は、「光が差した。 やっと『いらして下さい』と堂々とお声がけできる」と胸をなで下ろした。 今月7日に休業要請が解除されたが、外出自粛が呼びかけられたままだった。 鈴木さんのクラブ6店舗は休業中。 営業再開後に使える商品券を用意したが、発送できずにいた。 鈴木さんは6月1日から店を再開する。 でも、「お客さんが戻るのはまだ時間がかかる。 徐々に人出が戻ってほしい」。 (申知仁、高橋昌宏、窪小谷菜月).

次の