ポケモン素早さランキング。 【レートで活躍】ポケモンの強さランキング!最強の15体を紹介

【ソードシールド】ポケモン種族値リスト/ランキング|ポケモン徹底攻略

ポケモン素早さランキング

注意 本記事は ウルトラサン・ウルトラムーンが発売されるまでに登場した約800種のを対象としてランニングを集計した記事になっています。 最新作のソード・シールドでは新が追加され、は廃止され、そして約400種のがリストラされた影響でランキングに大きな変動が起きています。 登場の数が少ない・特別尖ったのが減っているなどの理由から、ソード・シールド版のランキングを作る予定はありませんので、この記事ではを含めた第七世代までのを懐かしみながら楽しんでいただければと思います。 には、その種族ごとに「」と呼ばれる数値が設定されています。 その数値は、HP・攻撃・防御・特攻・特防・素早さの6項目に分かれており、そのの能力の高さに影響を与えます。 今回は、そんな六項目に分かれたのうち、一つの項目が飛びぬけているのランキングを紹介したいと思います! ・・・・・・・・・ H A B C D S 合計 ポイント 1 ラッキー 250 5 5 35 105 50 450 210 2 255 10 10 75 135 55 540 198 3 223 101 53 97 53 43 570 153. 6 4 190 33 58 33 58 33 405 147 5 ジガルデP 216 100 121 91 95 85 708 117. 6 6 ホエルオー 170 90 45 90 45 60 500 104 6 165 75 80 40 45 65 470 104 8 プリン 115 45 20 45 25 20 270 84 8 160 110 65 65 110 30 540 84 8 ゴンベ 135 85 40 40 85 5 390 84 攻撃 攻撃が高いは多いですが、その他の能力も高いが多いので、なかなか尖ったは少ないですね。 1位のも、そこまで尖っているとは言い難いのが残念です。 飛びぬけて高い ・・・・・・・・・・ H A B C D S 合計 ポイント 1 59 181 131 59 31 109 570 103. 2 2 メガ 80 185 115 40 105 75 600 102 3 97 165 60 65 50 58 495 99 4 A 50 180 20 180 20 150 600 96 5 64 165 75 93 83 75 555 87 6 65 150 40 15 80 145 495 81 7 67 125 40 30 30 58 350 80 8 B 60 150 50 150 50 60 520 76 9 68 165 95 65 115 110 618 74. 4 10 106 190 100 154 100 130 780 72 10 N 105 140 55 30 55 95 480 72 防御 案の定、1位はツボツボです。 グラフをみて分かる通り、とんでもない尖がり方ですね。 これで防御か特防のどちらか片方だったら、とんでもない数値が出たことでしょう。 飛びぬけて高い ・・・・・・・・・・ H A B C D S 合計 ポイント 1 ツボツボ 20 10 230 10 230 5 505 175 2 75 125 230 55 95 30 610 154 3 70 140 230 60 80 50 630 150 4 61 131 211 53 101 13 670 139. 2 5 75 85 200 55 65 30 510 138 6 80 100 200 50 100 50 580 124 7 95 117 184 44 46 28 514 118 8 35 45 160 30 45 70 385 115 9 50 95 180 85 45 70 525 111 10 70 110 180 60 60 50 530 110 特攻 のアタックフォルムが1位です。 三か所も尖がっているのに1位なので、そうとうの尖がりですね。 完全に耐久を捨てています。 飛びぬけて高い ・・・・・・・・・・ H A B C D S 合計 ポイント 1 A 50 180 20 180 20 150 600 96 2 83 89 71 173 71 83 570 93. 6 3 55 50 65 175 105 150 600 90 4 60 65 80 170 95 130 600 84 5 106 150 70 194 120 140 780 76. 8 6 B 60 150 50 150 50 60 520 76 6 65 40 50 125 60 30 370 76 6 メガ 90 95 105 165 110 45 610 76 9 68 85 65 165 135 100 618 74. 4 10 77 70 90 145 75 43 500 74 特防 特防も、お察しの通りツボツボです。 ほんとにすごい尖り方ですよね。 飛びぬけて高い ・・・・・・・・・ H A B C D S 合計 ポイント 1 ツボツボ 20 10 230 10 230 5 505 175 2 80 50 100 100 200 50 580 124 3 メレシー 50 50 150 50 150 50 500 80 4 43 29 131 29 131 37 400 77. 2 5 S 60 50 150 50 150 60 520 76 6 60 55 145 75 150 40 525 75 6 45 20 50 60 120 50 345 75 8 78 65 68 112 154 75 552 74. 4 9 55 60 130 30 130 5 410 74 10 D 50 70 160 70 160 90 600 72 素早さ 素早さのみが尖っているは、少ないですね。 素早さが高いでも、素早さ以外にさらに高い能力があるもいます。 確かに、素早さだけが高くても、使えるかどうかは微妙だからでしょうか。 飛びぬけて高い ・・・・・・・・・ H A B C D S 合計 ポイント 1 61 90 45 50 50 160 456 100. 8 2 S 50 95 90 95 90 180 600 96 3 60 50 70 80 80 150 490 82 4 80 70 40 100 60 145 495 75 4 65 150 40 15 80 145 495 75 6 71 137 37 137 37 151 570 67. 2 7 K 10 55 25 35 45 95 265 61 8 A 50 180 20 180 20 150 600 60 8 N 50 150 50 150 50 150 600 60 8 55 50 65 175 105 150 600 60 トン総合順位 トンポイントが高いの、総合トップ10です! 果たして、最もが尖っているは! トンポイント総合トップ10 ・・・・・・・・・・ H A B C D S 合計 ポイント 1 ラッキー 250 5 5 35 105 50 450 210 H 2 255 10 10 75 135 55 540 198 H 3 ツボツボ 20 10 230 10 230 5 505 175 B D 4 75 125 230 55 95 30 610 154 B 5 223 101 53 97 53 43 570 153. 6 H 6 70 140 230 60 80 50 630 150 B 7 190 33 58 33 58 33 405 147 H 8 61 131 211 53 101 13 670 139. 2 B 9 75 85 200 55 65 30 510 138 B 10 80 100 200 50 100 50 580 124 B 10 80 50 100 100 200 50 580 124 D 最もが尖っているは、ラッキーでしたね。 ランキングを見てみても、HやBDが尖っているばかりで、がとんでもなくとがっていることは少ない、ということがわかりました。 やはり、が尖ると「壊れ性能」にしかならないためでしょうか? 全てのが同じ ついでに、のトンポイントがオール0…つまり全てのが同じ数値のも紹介したいと思います。 ・・・・・・・・ H A B C D S 合計 ポイント 30 30 30 30 30 30 180 0 35 35 35 35 35 35 210 0 48 48 48 48 48 48 288 0 50 50 50 50 50 50 300 0 60 60 60 60 60 60 360 0 70 70 70 70 70 70 420 0 80 80 80 80 80 80 480 0 80 80 80 80 80 80 480 0 95 95 95 95 95 95 570 0 ミュウ 100 100 100 100 100 100 600 0 100 100 100 100 100 100 600 0 100 100 100 100 100 100 600 0 100 100 100 100 100 100 600 0 R 100 100 100 100 100 100 600 0 100 100 100 100 100 100 600 0 120 120 120 120 120 120 720 0 まとめ さて、が尖っているを紹介してきましたが、どうでしたか? 進化前のが結構多かったですね。 やはり、合計の低さが有利に働いたのでしょうか? 総合1位は、結局ラッキーでしたが、やはりパッと見一番尖っていたのはツボツボでしたね! レーダーチャートを見ると改めて分かるその尖り方。 防御と特防、両方に尖っていたのが惜しかったです。

次の

【ポケモン剣盾】素早さ種族値ランキング【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン素早さランキング

アルセウス プレート 2. ミュウツー メガ進化 XorY 3. グラードン 原始回帰 4. カイオーガ 原始回帰 5. ガブリアス 6. レックウザ 原始回帰 7. ファイアロー 疾風の翼 11. ゲッコウガ 変幻自在 12. ゲンガー メガ進化 13. ランドロス 霊獣 14. クレセリア 15. ヒードラン 16. ギルガルド 17. ボーマンダ メガ進化 18. バンギラス メガ進化 19. バシャーモ メガ進化+加速 20. マリルリ メガ進化.

次の

ファクトリー最強ポケモンランキング

ポケモン素早さランキング

レートで活躍する最強のポケモンランキング15位〜6位 レートで見かける機会の多いポケモンたちがランクインしています。 対策を取らないと壊滅させられるほどのポテンシャルを秘めています。 15位:カイリュー 隠れ特性のマルチスケイルが非常に強力です。 体力が満タンのときに受けた技のダメージを半分にするので、4倍の弱点の氷タイプの技でも耐えることができ、りゅうのまいなどを積んで戦う戦法が有名です。 また、げきりんなど威力が高い技を多く保持し、種族値なども優秀なのでかなり人気のポケモンです。 14位:ハピナス 見た目は非常に可愛らしいのですが、レート対戦などで使用すると害悪ポケモンと言われるほど強いです。 なんといってもその特防の高さから、どんなポケモンの特殊攻撃技も受けきることができ、特殊技ではほとんど落ちない非常に強力なポケモンです。 またHPも高く、回復技も持っているので、持久戦に良く使われる印象があります。 どくどくなどで少しずつダメージを与えつつ、自身はタマゴうみで回復といった戦法が有名です。 ノーマルタイプなので、かくとうタイプ以外に弱点が存在しないところも強いです。 13位:フェローチェ もともとの攻撃力が高いのに加え、とくせいのビーストブーストによって倒せば倒すほど能力が上がり、すばやさも早いので先手を取ることができます。 この2つの要素はタイマンで戦ったときにその強さや凶悪さがよく分かります。 覚える技の範囲が広いのも魅力だと思います。 12位:メガゲンガー 第7世代になってとくせいの「ふゆう」が 剥奪 はくだつされて若干の使いにくさは出てきたものの、未だにその強さは健在です。 とくこうとすばやさが高く、相手の上から強力なわざで上から攻撃することができます。 また、補助わざも多数覚えるのでサポート役としても使える点も魅力です。 不利な相手にはみちづれで共倒れにすることもでき、なかなかしぶとく相手にすると面倒くさいポケモンです。 11位:カバルドン とくせいである「すなおこし」が優秀で、砂パの砂の起点要員をこなすだけでなく、通常のパーティでもきあいのタスキを潰すことができます。 ふきとばしを覚えるので相手から起点にされにくく、ステルスロックやあくびなどの技を打つことで後続のサポートをすることができます。 防御だけでなく攻撃力もそこそこ高く、耐久力のないポケモンだとじしんでそれなりのダメージを与えられることも見過ごせません。 起点づくり要員としてはかなり優秀なスペックをしています。 10位:メガガルーラ メガシンカで二連続攻撃が追加されるのでとても強いです。 きあいのタスキや特性がんじょうを無効化でき、タイプ一致のすてみタックルといった強力な技も続けて出せるので、単純に力でゴリ押しでどんどん削っていくことができるポケモンです。 素早さの種族値も高く、思っていた以上にいろんなポケモンの先手を取ることができます。 9位:ガブリアス ポケモンバトルにおいて、ドラゴンタイプのポケモンは、成長がしにくい反面、もともとのステータスが高く設定されているケースが多く、そのスペックの高さからドラゴンタイプは各タイプの中でも上位に位置付けられています。 その中でもガブリアスはスペックが全体的に高く、また、タイプもじめん・ドラゴンであり、威力の高いじしんやげきりんといった、主戦力級のわざを覚えることができる点も魅力的です。 とくせいのさめはだで、攻撃してきた相手の体力を削ることができるのも優秀です。 ドラゴン・じめんタイプなのでこおりタイプの技を喰らえばすぐに倒されてしまいそうですが、特防が高いので意外と耐えられることが多く、生半可な攻撃だと返り討ちにされてしまいます。 自身が苦手としているはがねタイプにもほのうのキバで対応できるので、いろんな場で活躍することができます。 8位:ランドロス(霊獣フォルム) ランドロスはタイプがじめん・ひこうという優秀な組み合わせのタイプであり、強いとされているでんきタイプとじめんタイプを1体で無効化することのできる圧倒的な相性補完性を持っています。 遅いイメージのあるじめんタイプの中でもすばやいので先生を取ることができますし、霊獣フォルムだと攻撃種族値が145もあり物理アタッカーとしては十分な火力が出せます。 そして特性いかくでとんぼがえりでのサイクル戦にも強いです。 また、がんせきふうじやステルスロック、だいばくはつなどの豊富な覚え技によって型がいくつも存在し、ゴツゴツメットを持たせた物理受けや、とつげきチョッキを持たせた型などさまざまな型があり読まれにくい点も魅力的で、使うだけで相手を苦しめることのできるポケモンです。 7位:ギルガルド 特殊なとくせい「バトルスイッチ」を持っていて、複雑な立ち回りが求められる上級者向けのポケモンですが、相手の攻撃を受けてから後攻で反撃をする場合なら、攻撃・防御・特攻・特防の種族値が実質全て150ということになるとんでもないポテンシャルを秘めています。 物理型、特殊型、どくまも型などと、型が多く読まれにくいところも魅力です。 6位:メガメタグロス 全ての能力値が高く、長期戦にも向いています。 さらに覚えるわざも強力なものが多く、タイプで不利な相手にも引かずに戦うことができます。 また、メガシンカ前のとくせいがクリアボディなので、能力値を下げてくる相手のわざやとくせいも効かず、有利に戦える場面も少なからずあります。 レートで活躍する最強のポケモンランキング5位〜1位 強いパーティを作るためには、これらのトップ5のポケモンが必ずと言っていいほど入ってくると思います。 5位:カプ・テテフ まず、とくせいのサイコメイカーによって、エスパータイプの技の威力が1. 5倍になります。 さらにカプ・テテフのとくこうはかなり高く、持ち物にこだわりスカーフを持たせることで相手のほとんどのポケモンを上から一撃で倒すことができます。 上手くいくと簡単に相手のポケモンを全滅させられることもよくある、非常に強いポケモンです。 4位:メガボーマンダ ドラゴン・ひこうタイプをもつポケモン。 メガ進化前のとくせい「いかく」で相手の攻撃を下げることができ、皇族への負担を減らしながらバトルを有利に進めることができます。 スカイスキンと高い攻撃力を活かしたフルアタ型も強いのですが、メガシンカすることで耐久も一気に上昇し、はねやすめや身代わりをからめることでしぶとく戦う型も存在していて、戦いのバリエーションが豊かです。 3位:ゲッコウガ このポケモンの強い点は、固有とくせいの一つである「へんげんじざい」にあります。 とくせい「へんげんじざい」は、自身のタイプを使ったわざのタイプに変化させるというものであり、これにより、繰り出した全ての技がタイプ一致になり威力が上がることはもちろんのこと、防御の面でも、使い方によってはダメージを半減することもできます。 また、ゲッコウガは素早さがあり先手を取りやすく、れいとうビーム・ハイドロポンプ・くさむすび・めざめるパワー炎・あくのはどう・ダストシュート・じんつうりきといった幅広い攻撃技を覚えられます。 相性補完に優れ一匹で相手のポケモンを壊滅させられる程器用で使いやすく、オールラウンダーとして起用することができるので、初心者にもオススメのポケモンです。 また2016年に行われたポケモン総選挙でアルセウスなど強力なポケモンを抑えて1位になるほどの一般人気もあり、人気と強さと使いやすさの3つを兼ね備えたポケモンだと思います。 2位:メガリザードン このポケモンの強い点は、やはり二つのメガシンカによる戦略の使い分けであると思います。 リザードンはメガ進化がXとYの2種類あり、パーティの並びによってはどちらか読まれてしまうこともありますが、Xはかたいツメを活かした物理型、Yはひでりを活かした特殊アタッカーや後続のポケモンのサポートといった多くの型が存在しているので、詳細に読み切るのは困難です。 メガリザードンXのタイプはほのお・ドラゴンですが、メガリザードンYのタイプはほのお・ひこうなのでタイプ相性がガラリと変わる為、相手にどちらのメガリザードンなのか惑わせることができます。 さらに、ニトロチャージといった抜き性能を高めつつ相手にダメージを与えたり、りゅうのまいやつるぎのまいで一気にこうげきを上げたり、オーバーヒートの高火力で焼き尽くしたりすることのできる万能ポケモンです。 1位:ミミッキュ このポケモンの強い点は、やはり固有のとくせいである「ばけのかわ」でしょう。 このとくせいは、受けた攻撃を一度だけ無効にできる効果があり、ターン制の対戦システムにおいて、1ターンの猶予を得られるメリットというのは非常に大きいです。 これを使って相手のZ技をスカしたり、無理矢理受け出しできるところが強いです。 その1ターンの間で積み技を使って能力を上げたり、おにびなどの補助技で相手を状態異常にしたりと、戦況を有利に整えることができます。 また、先制わざのかげうちを覚えるので、積みわざをしてからの先制技で相手はどうすることもできなくなる。 そして、フェアリー・ゴーストという珍しいタイプも優秀で、どちらのZ技を繰り出すか読ませにくくできるので戦略においても強いですし、弱点もゴーストとはがねだけで、3タイプを無効にでき、むしタイプのわざのダメージを4分の1にできます。 レートで活躍する最強のポケモンランキングまとめ 以上、レート対戦で使われることの多い最強の一角を担うポケモンをランキング形式で紹介させていただきました。 こうして振り返ってみると、種族値が高い600族のポケモンや、メガ進化して能力やとくせいが一気に強くなるポケモンがランキング入りしていましたね。 この他にもポケモンに関するランキングを作っていますので、あわせてぜひご覧ください!.

次の