梅雨 布団。 梅雨の布団の湿気には布団乾燥機?ダニ対策は?

布団を干したい!雨の日や梅雨時期でもふかふか寝具にする対策は?

梅雨 布団

季節に合わせて衣替えした寝具、なんだかちょっと肌寒い、などという経験ありませんか?梅雨から夏にかけては、必ずしも季節によって選んだ寝具が、すべての方に快適というわけではありません。 その時期は、夜の気温の変化が激しかったり、エアコンを使ったりで、それぞれのご家庭の寝室環境や室温が大きく異なることがあるからです。 ここでは、寝室の室温に応じて、心地よく眠れる掛け布団、掛け寝具の選びで、梅雨から夏にかけて快眠する方法をお伝えします。 寝室の室温が異なることで、おすすめの寝具が異なる現状 同じ季節でも、寝室の状況で、室温が大きく異なります。 その原因となるのが、次の3点です。 住宅環境の多様化• 寝室の位置• 寝室のエアコンの使用状況 梅雨から夏にかけては、寝具の衣替えの時期と重なり、それぞれの方が、快適に眠れる寝具が、寝室の室温によって大きく異なってきます。 1.住宅環境の多様化 夜の寝室の室温は、住宅環境の多様化により、季節の変化以上に様々です。 たとえば、高層マンションの上層階に位置する、日当たりのよい寝室は、冬の夜でも暖かです。 そのような環境のお客さまは、「冬でも冬用の羽毛布団はいらないから、ダウンケット(羽毛肌掛け布団)で十分」という方もおられます。 また、木造の一軒家で、北向きの寝室は、冬は凍えるような寒さです。 その環境のお客さまは、「保温性の高い羽毛布団と、 などの温熱敷き布団を組み合わせて使わないと、寒くて眠れない」とおっしゃいます。 寝具のプロとしては、寝室環境をお聞きしないと、適切な寝具をおすすめできないのが現状です。 2.寝室の位置 寝室が、北向き、南向き、西日が当たる場所などだけでも、室温差があり、同じご家庭にお住まいでも、最適な寝具が異なることもございます。 3.寝室のエアコンの使用状況 梅雨は、気温差が激しく、湿気も多く、また、雨の日は窓を開けられずにエアコンを使うこともあります。 夏はエアコンを使うご家庭、使わないご家庭、また、設定温度の違いもあります。 エアコンの利用状況、温度設定によって、タオルケットでも暑い方や、ダウンケットでも涼しすぎると感じる方もいらっしゃるのです。 ただでさえ、気温が一定しない、梅雨から夏は、お客さまの寝室の状況によって、快適に眠るために寝具選びは、異なってくるのです。 寝室の室温に適した掛け布団(掛け寝具)の選び方 ご本人で寝具選びをなさる際は、さらに選びにくいことと思います。 ここからは、室温を目安にした、掛け布団の選び方をお伝えします。 ご自身でも、快適な寝具をお選びいただけます。 下記、寝室の室温と、それに適した掛け布団、掛け寝具です。 羽毛布団• 羽毛布団• 羽毛肌掛け布団• 2枚合わせ掛け布団の厚い方の掛け布団• 羽毛肌掛け布団• 2枚合わせ掛け布団の薄いほうの掛け布団• 洗える肌掛け布団• 冷感タイプの夏用肌掛け布団• 夏用肌掛け布団• 高価なものですが、春先から寝具店の店頭に並びますので、機会があれば、是非、寝具専門店に立ち寄って、実際に手にとってご覧になってみてください。 とびきり安眠できる感覚が伝わると思います。 以上、寝室の室温に応じた、快適に眠れる掛けふとんの選び方をお伝えしました。 上記を目安に、そろえやすい寝具で、快適に眠れる掛け寝具を選びましょう。 疲れがたまりやすい梅雨から夏に、ぐっすりと快眠でエネルギーを蓄えていただけます。 ご参考になれば幸いでございます。 寝具の疑問、ご不明な点は、どうぞお気軽にくださいませ。 今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

次の

梅雨の季節、どんな掛け布団がよいですか?

梅雨 布団

読みたい場所へジャンプ!• 洗濯物は布団乾燥機で乾かすことができるって本当? みなさんのご家庭に布団乾燥機はありますか? 布団乾燥機は本体で温風を作りだすことで お布団の湿気を除去する目的の電化製品です。 通常、布団を乾燥させるためには 天日干しをされる方が多いと思います。 ですが、梅雨や冬など天気が悪い日が続くと 晴れるまで天日干しができません。 しかしそんな時に布団乾燥機があれば いつでも室内でお布団を乾かすことができます。 そして布団乾燥機は布団を乾かす以外にも 便利な機能があることをご存知ですか? 各メーカーで販売している機種により 機能は異なりますが様々な機能が搭載されているものもあります。 例えば、 少量の洗濯物を乾かす「衣類乾燥」機能など。 布団乾燥機を使えば 梅雨や冬でもストレスなく洗濯物を乾かせちゃいますよ! スポンサーリンク 布団乾燥機を使って洗濯物を乾かす方法 布団乾燥機は付属の袋に暖かい空気が送り込まれて膨らみます。 なのでその上に洗濯物を広げて置きましょう。 タイマーを2時間ぐらいかければ、しっかりと乾きますよ。 布団乾燥機を使うと加湿器を使用している部屋でも 洗濯物が乾かせるので便利です。 1台そろえておくと 布団を乾燥させる以外にも活躍するアイテムになりそうです。 洗濯物を布団乾燥機で乾燥させてみた人の声は?• 梅雨時などに使っていますが部屋干しで何もしないよりは早く乾きます。 服以外にも靴にも使えるので重宝しています。 専用カバーを使うと乾く速度が全く違います。 少量しか乾かせないので微妙。 などなど良い意見も悪い意見もありますね。 洗濯物を布団乾燥機で乾かすのはアリorなし? 布団乾燥機で洗濯物を乾かすのは 果たしてアリなのでしょうかそれともナシなのでしょうか。 個人的に私はアリだと思います。 全メーカー対応の衣類乾燥カバーも販売されていますし 各メーカーの機種も布団乾燥以外に服や靴が乾燥できる機能が ついている物も販売されています。 さらに説明書に布団乾燥機で洗濯物を乾かす場合の 干し方まで書いてあるものもあるんです! あなたも一度使ってみてはいかがでしょうか。 梅雨の時期の洗濯物を部屋干しで早く乾かすコツは? 梅雨の時期に洗濯物を早く乾かすには 干し方もかなり重要になってきます。 いくら効果のある乾かし方を用いても 干し方を間違えれば洗濯物は乾きません。 洗濯物同士の間隔は最低でも10cmくらいはあけましょう。 また、長いものと短いものも 交互に干すようにしましょう。 太いハンガーを使用することにより 前後の生地の間に隙間ができて乾きやすくなります。 また、裏返して干すのもおすすめです。 逆さにして干せば重なる部分がなくなり早く乾きます。 またカーテンの汚れが洗濯物についたり カーテンが痛んだりするのでやめましょう。 以上のような干し方をすることで より洗濯物が乾きやすくなります。 さらに早く乾かすには 洗濯物に風をあてるなどの方法が必要です。 洗濯物を部屋干しで早く乾かすポイント 洗濯物を部屋干しして乾かすには3つのポイントがあります。 風を当てる• 除湿をする• 室温を上げる このポイントを押さえておけば 部屋干しでも洗濯物を早く乾かすことができるでしょう。 さいごに さて、いかがでしたでしょうか。 洗濯物の干し方や早く乾かす方法など いろいろ紹介しましたが 洗濯物の量や、部屋の大きさなどで条件がいろいろ違うと思います。 今回紹介した方法の中であなたにぴったりの方法が見つかると幸いです。 スポンサーリンク.

次の

梅雨のダニ対策は平気?かゆいかゆい布団に蔓延るダニを退治しよう!

梅雨 布団

季節に合わせて衣替えした寝具、なんだかちょっと肌寒い、などという経験ありませんか?梅雨から夏にかけては、必ずしも季節によって選んだ寝具が、すべての方に快適というわけではありません。 その時期は、夜の気温の変化が激しかったり、エアコンを使ったりで、それぞれのご家庭の寝室環境や室温が大きく異なることがあるからです。 ここでは、寝室の室温に応じて、心地よく眠れる掛け布団、掛け寝具の選びで、梅雨から夏にかけて快眠する方法をお伝えします。 寝室の室温が異なることで、おすすめの寝具が異なる現状 同じ季節でも、寝室の状況で、室温が大きく異なります。 その原因となるのが、次の3点です。 住宅環境の多様化• 寝室の位置• 寝室のエアコンの使用状況 梅雨から夏にかけては、寝具の衣替えの時期と重なり、それぞれの方が、快適に眠れる寝具が、寝室の室温によって大きく異なってきます。 1.住宅環境の多様化 夜の寝室の室温は、住宅環境の多様化により、季節の変化以上に様々です。 たとえば、高層マンションの上層階に位置する、日当たりのよい寝室は、冬の夜でも暖かです。 そのような環境のお客さまは、「冬でも冬用の羽毛布団はいらないから、ダウンケット(羽毛肌掛け布団)で十分」という方もおられます。 また、木造の一軒家で、北向きの寝室は、冬は凍えるような寒さです。 その環境のお客さまは、「保温性の高い羽毛布団と、 などの温熱敷き布団を組み合わせて使わないと、寒くて眠れない」とおっしゃいます。 寝具のプロとしては、寝室環境をお聞きしないと、適切な寝具をおすすめできないのが現状です。 2.寝室の位置 寝室が、北向き、南向き、西日が当たる場所などだけでも、室温差があり、同じご家庭にお住まいでも、最適な寝具が異なることもございます。 3.寝室のエアコンの使用状況 梅雨は、気温差が激しく、湿気も多く、また、雨の日は窓を開けられずにエアコンを使うこともあります。 夏はエアコンを使うご家庭、使わないご家庭、また、設定温度の違いもあります。 エアコンの利用状況、温度設定によって、タオルケットでも暑い方や、ダウンケットでも涼しすぎると感じる方もいらっしゃるのです。 ただでさえ、気温が一定しない、梅雨から夏は、お客さまの寝室の状況によって、快適に眠るために寝具選びは、異なってくるのです。 寝室の室温に適した掛け布団(掛け寝具)の選び方 ご本人で寝具選びをなさる際は、さらに選びにくいことと思います。 ここからは、室温を目安にした、掛け布団の選び方をお伝えします。 ご自身でも、快適な寝具をお選びいただけます。 下記、寝室の室温と、それに適した掛け布団、掛け寝具です。 羽毛布団• 羽毛布団• 羽毛肌掛け布団• 2枚合わせ掛け布団の厚い方の掛け布団• 羽毛肌掛け布団• 2枚合わせ掛け布団の薄いほうの掛け布団• 洗える肌掛け布団• 冷感タイプの夏用肌掛け布団• 夏用肌掛け布団• 高価なものですが、春先から寝具店の店頭に並びますので、機会があれば、是非、寝具専門店に立ち寄って、実際に手にとってご覧になってみてください。 とびきり安眠できる感覚が伝わると思います。 以上、寝室の室温に応じた、快適に眠れる掛けふとんの選び方をお伝えしました。 上記を目安に、そろえやすい寝具で、快適に眠れる掛け寝具を選びましょう。 疲れがたまりやすい梅雨から夏に、ぐっすりと快眠でエネルギーを蓄えていただけます。 ご参考になれば幸いでございます。 寝具の疑問、ご不明な点は、どうぞお気軽にくださいませ。 今晩も、どうぞぐっすりとお休みいただけますように。

次の