ムゲンダイナとは。 【ポケカ】ムゲンダイナVMAX優勝デッキまとめ

ムゲン団 (むげんだん)とは【ピクシブ百科事典】

ムゲンダイナとは

図鑑説明 通常 むねの が ルちほうの だ わきだす を きゅうして かつどうしている。 ムゲンダイマックス の しわざで ルぜんどの を きゅうして してしまった すがた。 通常 2まんねんまえに おちた いんせきの なかに いた。 の なぞに かんけいしている らしい。 ムゲンダイマックス きょだいかした から むげんの が ほうしゅつされているため まわりの じくうを ゆがめている。 概要 基礎データ• の禁止級にして上の。 また、よりも先に捕獲することになるはムゲンダイナが初。 前作のを彷彿とさせる機質で的なフォルムに加え、 20. 0mという分類に違わない巨体を持つ。 の持つ最大記録(14. 5m)を優に。 内での対峙ではそのがよくわかる。 ただしグラや時は他のと同じくらいにまで縮む。 というか&並みのになる。 表情こそ読めないが、で遊んだり、を一緒に食べたりできる。 終始ふよふよ浮きながら。。 通常状態の合計 6はやなどを除き歴代最高。 作では史上初の敵専用形態である「 ムゲンダイマックス」を持ち、その大きさは通常をに上回る. 0m、合計は驚異の 5を誇る。 手持ち時はムゲンダイマックスはおろか、も使用不可なので注意。 8刻みでわざを覚えていくのは名前のにかけてだろうか?• ちょうのまいは覚えない。 のかぜも覚えない。 後述する通り特殊推奨。 余計な技なんて忘れた方が。 シナリオ• 戦直前、の予定どころか年先のにおける問題を憂慮するの手により覚める。 トに駆け付けたを退け、らと対決する。 通常形態(捕獲不可)を撃破すると、ムゲンダイマックスしと共に再となる。 のによって一切の技が繰り出せなくなるが、二人によって朽ちた&朽ちたが掲げられると&が駆け付け、わざが再び使えるようになる。 41の形式の最終にすると、捕獲チャに移ることになる。 長きにわたり共に歩んできた、そしてとの共闘との盛り上がりはさながら往年ののの対決の如し。 のとおぼえ、ののかべによるがあるとはいえ、も兼ねるわざのラッシュを長期戦で相手取るのは危険。 と共に短期を狙おう。 の使用はやめよう。 捕獲チャは な上 確定捕獲のため、厳選したい人は注意。 どんなを投げても捕獲できる。 でもいい。 論もつけられる。 「ノ」でもいい。 終了後のとの関わり合いは特にし。 ムゲンダイナ捕獲の後の世の中である。 一応戦に出すとのがちょっと変わる。 では論未登場……ら行きのそばを々と飛び、その姿を搭乗中の達にばっちり撃されていた。 起きてる? バトル• 禁止級に違わない、高&高速を併せ持つアタッ。 「 ほう」と「 」という二つのを持つ。 「ほう」は威&命中の安定したを持ちながら、した相手に対しては更に威が倍になる強な技。 非常に汎用性が高い。 「」は威&命中と高威だが、系と同じく使用後は行動になる。 この技を繰り出すときだけムゲンダイマックスの姿になってくれる演出があるものの、取り回しの悪さからか採用率は低い。 ほうをに据えつつ、ウェにや炎を構えることで幅広い範囲を迎え撃つことが可で、加えても申し分なし。 よって、特殊寄りに調整した上でと組み合わせてに持ち出すが多い。 やなどの周回のお供にも。 地面技はに弱点である。 頼りないでは飛べなかった。 関連動画 普通な方 On My Loveな方 関連静画 まだありません 関連商品 まだありません 関連項目• - 作登場の•

次の

ムゲンダイナとは (ムゲンダイナとは) [単語記事]

ムゲンダイナとは

《クワガノンV》 上ワザ「パラライズボルト」のクッズロック効果のために採用。 あくタイプ縛りのため各種対策カード、システムポケモンを採用しずらいデッキタイプであるためこの1枚で小ズガやLO、2進化デッキ等へ牽制することができます。 もちろん、《クワガノンV》が場にいると「ムゲンゾーン」が起動できないため使用するタイミングは、かなり考えないといけないと思います。 雷タイプでありますが特性を使うことで場からいなくなるため、「ムゲンゾーン」の起動も任意で選択できる点は非常にグッドです。 エネルギー加速先は、メインアタッカーである《ムゲンダイナV》、《ムゲンダイナVMAX》が1つは色指定なしのエネルギーでも可能なため優先度が1番高く、次点としては、グッズロックが可能な《クワガノンV》というところでしょうか。 優勝:ムゲンダイナVMAXデッキ 優勝:ムゲンダイナVMAX ターボパッチビート入り デッキ こちらをクリックして設定変更。 この入力は公開ページで反映されません。 個人的にムゲンダイナVMAXデッキは、エネルギー加速手段がポイントと思ってます。 このデッキでは《ターボパッチ》、《ビート》を採用しています。 採用ポケモンについては、《ヤミラミV》、《イベルタル》、《イベルタルGX》、《フーパ》、《アブソル》と1枚ずつ採用し各役割を場面にあわせて使用していきたいです。 優勝:ムゲンダイナVMAXデッキ 優勝:ムゲンダイナVMAX(ジャイアントボム3採用)デッキ こちらをクリックして設定変更。 この入力は公開ページで反映されません。 《ジャイアントボム》3枚採用することで届かないVMAXポケモンへのダメージ支援になっていると思います。 またダメカン参照しダメージがあがる《ヤミラミV》採用も強力です。 優勝:ムゲンダイナVMAX+オーロンゲVMAX サザンドラ デッキ 優勝:ムゲンダイナVMAXデッキ.

次の

ムゲン団 (むげんだん)とは【ピクシブ百科事典】

ムゲンダイナとは

ムゲンダイナVMAX 特性 ムゲンゾーン 自分の場のポケモン全員が悪タイプならはたらく。 自分のベンチに出せる悪ポケモンの数は8匹になり、別のタイプは場に出せない。 この特性がはたらかなくなったとき、ベンチが5匹になるまでトラッシュする。 以前環境トップだった 《MレックウザEX》を思い出させるようなポケモン! ベンチを一気に並べて最大火力270ダメージを速攻で出していきたいですね。 相性のいいカード クロバットV 特性 「ナイトアセット」で手札を補充できるだけでなく、悪タイプなので 《ムゲンダイナVMAX》のダメージ源になることもできます。 《クロバットV》は今後色々なデッキに入ってくるのではないでしょうか! フーパ 「アサルトゲート」で1エネ90を出せるので、 《ムゲンダイナVMAX》が倒されて一気にサイドを取られたくないという状況の時は、 《フーパ》で攻めるとよさそうです。 アリアドス 進化時に特性 「スパイダーネット」で相手のベンチの進化ポケモンを1匹呼びだせるので、 《ボスの指令》だけでなく 《アリアドス》を入れてもいいですね。 《回収ネット》との相性も良さそうです。 ネズ 悪ポケモンと好きなエネルギーを自由に持ってこれるので、 《クロバットV》と悪エネを持ってきたり、 《ムゲンダイナVMAX》と 《ハイド悪エネルギー》を持ってきたりと相性のいい動きをしてくれます。 ローズ トラッシュから基本エネ2枚をポケモンVMAXにつけられるので、これで 《ムゲンダイナVMAX》がすぐに攻撃できるようになります。 ハイド悪エネルギー 悪ポケモンの逃げエネが0になる特殊エネです。 ダメージを受けてしまったポケモンをすぐに逃がすことができますね。 ヤミラミ 個人的に入れたいカードです。 悪エネをトラッシュできれば、 《ローズ》でエネ加速としても使えますね。 デンジャラスドリル 《ムゲンダイナVMAX》デッキはおそらくほぼすべてのポケモンが悪ポケモンになるので、このグッズで相手のカードを壊して展開を有利にしたいですね。 クチナシ 場のポケモンとトラッシュの悪のたねポケモンを入れ替えられるので、 ・トラッシュの 《ムゲンダイナV》と入れ替えて速攻で 《ムゲンダイナVMAX》に進化する。 ・ダメージが多く乗ったポケモンに使って他のポケモンと入れ替えて、取られるサイドを少なくする。

次の