ムゲンダイナ 優勝。 【ムゲンゾーン】新デッキ!ムゲンダイナVMAXデッキレシピ 【ポケカ】

【ムゲンゾーン】新デッキ!ムゲンダイナVMAXデッキレシピ 【ポケカ】

ムゲンダイナ 優勝

エネルギー 13 基本闘エネルギー 5枚 基本炎エネルギー 8枚 PCでひとりまわしできるアドオンはこちら セキタンザンデッキ解説 タンドンを場に出し、次のターンにブルーの探索をしセキタンザンに進化させ、下記で紹介するさまざまなポケモンを相手によって使い分けていく。 採用されているポケモン解説 セキタンザン 今回のデッキの要となるポケモン。 炎エネルギーだけでなく闘エネルギーもエネをトラッシュから加速できるため、セキタンザンを軸にしたデッキは闘と炎の両方のタイプをあわせもつことが多い。 強力なワザをもつがエネがかなり必要。 そのためセキタンザンでエネを補う。 Vポケモンで210ダメージは破格。 流行しているムゲンダイナVMAXに弱点込みで一撃で倒すことができる。 ドリルライナーを使うことで今回同じく採用されているコータスVとあわせエネを徹底破壊するのも良い。 オルタージェネシスGXで低い攻撃力を底上げすることができる。 ワザ「スチームクラッシュ」によりエネを破壊できる。 ドサイドンVと組み合わせてエネ破壊に徹することができる。 エネがかなり必要だが要求エネはすべて無色。 後述のかくとうどうじょうと組み合わせることでタッグチームも一撃で倒すことができる。 格闘道場は闘エネルギーがついていれば闘タイプじゃなくても効果を受ける。 このスタジアムを採用できるのはセキタンザンデッキの強みのひとつである。 おそらくとして採用されているカード。 このデッキはにはセキタンザンとガルーラで闘うガラリと戦略が変わったデッキとなる。 その他ムゲンゾーンデッキレシピ クワガノンVムゲンダイナデッキ ボーマンダVMAXデッキ 三神ジュナイパー.

次の

団ポケ♯4レポ_ムゲンゾーン環境大会記事&入賞デッキ(無料記事)|シャリン@6/13団ポケありがとうございました|note

ムゲンダイナ 優勝

愛知団ポケのシャリンです。 大会は『新規ムゲンダイナ』とそれを考慮した新環境に合わせたデッキタイプとの対戦になりました。 目次 1. デッキタイプの分布 2. 大会結果(解説) 3. 予選通過率 4. デッキ紹介 5. あとがき 6. おまけ(エキシビジョンVSたみぃ) 1. デッキタイプの分布(40名) 今回の分布になります。 使用率の1位『マルヤクデ』:7人 ムゲンダイナから1発で倒されない高耐久性、ザシアンに弱点をつける炎タイプ、非エクで優秀なボルケニオンがジュナイパー、ザシアンにも有利なところから着目され、使用率が上昇中のこのタイプが1位になりました。 ブルーマルマイン、ジラーチ型等派生あるタイプです。 同率の1位は『三神ザシアン』:7人 おなじみのこのタイプも1位にランクイン。 どんなデッキに対しても自分の動きを貫いて相手のゲームプランを崩壊させにいく力があります。 但し、ムゲンダイナの登場もあり、『三神が耐える』事が難しくなってきました。 以前より早い段階でのオルタージェネシスgxが要求されているように思えます。 『後手1gxは上振れ』とは言わせないしっかりと見据えたレシピに変化していっているように感じました。 その点、返し札として後手1狙いにも『ターボパッチ』は採用価値があると考えられます。 次点も同率3位「ムゲンダイナ:4人、ピカゼク:4人」 総数からいえば少ない傾向に。 ピカゼクは、対ダイナを気にしてからか少なく、ダイナは試行から短めだった影響なのか。 ドリュウズ等のメタを気にしたからなのか。 今回はこの数に落ちつきました。 ダイナはもう少しいると思ったというのが正直なところです。 コズガ:1人😳 驚きました。 いくらなんでも少なすぎると思いました。 vmax2匹落としづらい、クロバv登場でデデンネが減るとスピットシュートで倒せないところを気にしてでしょうか。 団ポケでは『前回、前々回の覇者』となったデッキタイプでしたが今回はたったの1人でした。 大会結果(解説、考察) 決勝戦「ピカゼク対レシリザ」 (画:布施龍太さんイラスト抜粋) 伝統の一戦感ありました。 優勝はNk fredさん(ピカゼク) 優勝おめでとうございます!👏 レシピで目立つのは「 ライライ」の2枚目投入だと思います。 前回の記事にて記載をしました『 ライライのタンデムショック+リセットスタンプ』による強力な終盤の干渉でムゲンダイナvmaxを2ターンにかけて落とす手段も見据えて、サイド落ちしたくないためとの事でした。 この2投については運営のたみぃさんとなるほどと感心しておりました。 デンジ4投され、プレシャスボールも採用されており安定した初動を期待でき、終盤のスタンプを狙える機会も増えています。 どうしてもポケカは手札事故や重要カードのサイド落ちは発生します。 しょうがないと割り切ることもある中で 安定したデッキが一番勝つと再認識をさせてくれるような印象を受けました。 構築にそういった狙いを反映させてしっかりと組み込めるのは実力がある証拠だと思います! 改めて優勝おめでとうございます!🎉 準優勝は団子さん(レシリザ) 今回、キャンセルにより奇数となって不戦勝が発生することを避けるため、参加者全員の許可をとって参加となったうちの長、団子さん。 (念のため参加となった経緯) テラダ杯の優勝に続き、勝ち上がりました。 準優勝おめでとう! 後手を積極的に取るスタイルで、ボルケニオンと後出しハンマーを狙います。 その後はヒート炎とおまもりによるパンプアップ+50でワンパンを耐え、げきりんをちらつかせながらどっしりと構えることが出来ます! レシリザが中心ですが、このデッキはサブのポケモンが多彩な動きをしてくれます。 前回記事で未公開だった部分は、バイウールvとウッウvになります。 ボルケニオンこうねつばくは+レシリザフレアストライクで340(ムゲンダイナvmax)、こうねつばくは+ジグザグマかんしゃくで120(コズガ)、レシリザフレアストライク+ジグザグマかんしゃくで240(ピカゼク)、ウッウスピットシュート+かんしゃくで170(オドリドリgx)これ以外も沢山のパターンがあります。 ポケカにおいて『 色々な打点を出せること』の重要性を感じさせてくれる構築に仕上がっています。 ベスト4 すちゅあーとさん(三神ザシアン) ヤマダコウヘイさん(ムゲンダイナ) すちゅあーとさんの三神ザシアンです。 はちまきでオルター後で270ラインに届くようになっています。 ミュウミュウを貫く事ができ、タフネスマントのザシアンも倒せるようになっています。 『ワタシラガ、ボス3枚、グレートキャッチャー』つり出しのカードを多く採用しているため、ベンチに260以下のポケモンが複数いれば相手のバトルポケモンを無視し、オルタージェネシスを唱えてつり出しを連発。 ゲームを終わらせる展開がありそうです。 そのため、クチートgxも決めに行く過程で大きな役割となっていると思います。 ベスト4おめでとうございます! ヤマダコウヘイさんのムゲンダイナです。 注目は『ハイドエネルギー0、いれかえ3、ふうせん3、ボスの司令4』だと思います! 基本エネルギーが優先された構成でパワーアクセルのエネルギーを補給する期待値を高く出来ます。 その代わりにふうせんを多投する事で盤面に逃げ0を作りつつ、クロバットvで引く枚数を増やすことができています。 この点は、いれかえより優秀な部分だと考えられます。 また、パワーアクセルで加速しながら狙いの高耐久のポケモンに30点置いておく事で回収ネットにたよらない、かんしゃく一回でデスカウントが狙えると考えられます。 その上でボス4投もかみ合いが良さそうですね。 ベスト4おめでとうございます! ベスト8 ハジメさん(マルヤクデ) 560さん(三神ザシアン) アナザーさん(ムゲンダイナ) かゆさん(マルヤクデ) ハジメさんのマルヤクデです。 560さんの三神ザシアンです。 アナザーさんのムゲンダイナです。 かゆさんのマルヤクデです。 予選通過率 主要デッキタイプの中で決勝トナメに進んだ人数と確率を出してみました。 サブのポケモンは人によって異なっており、ミカルゲ、アロペル、マニューラなど色々なレシピを見ることができました。 デッキ紹介 結果プレビューしながらなるほど... と考えさせられるレシピが幾つもありました。 今回はその中から2つレシピを掲載致します。 (追記でコメントや気づきを載せていきます) トクさん(マッドパーティー) サイトウコウセイさん(コンボリザテル) 5. あとがき 大会ご参加の方のご協力のおかげで進行、片付けが早く出来ました!ありがとうございました! また、マスクの徹底等のコロナ対策にご協力して頂き感謝します。 今回は初のスイスドローで大きな問題がなく円滑に進むことが出来て良かったです。 ダメコン 前回のodaさんを超えることはありませんでした。 また運営陣頑張っていきますので宜しくお願い致します! 6. おまけ(エキシビジョン) 優勝者のNk fredさんに運営陣とのエキシビジョンマッチを付き合って貰いました! V S たみぃさん (エキシビジョン:YouTubeたみぃちゃんねる) こちらYouTubeに上がりました。 優勝者Nk fredさんVS たみぃちゃんねる主 追記6. 25 エキシビジョン勝利はたみぃさんでした! たみぃさんのデッキはジラーチLOダイゴ型になります! レシピはYouTubeをみて頂ければほぼキーカードはわかるようになっています! いつも通りレシピはシャリン原案たみぃさん微調整で作成しております。 以下、投げ銭形式です。 『お疲れさん参考なったよージュース位奢るよ』 と思ってくれた方は宜しくお願いします 簡単なお礼程度ですが、エキシビジョンの使ったジラーチLOダイゴ型『デッキレシピ』を見れるように画像はりつけさせていただきます。

次の

【ムゲンゾーン】新デッキ!ムゲンダイナVMAXデッキレシピ 【ポケカ】

ムゲンダイナ 優勝

【ザルード デッキ 2020年】優勝デッキレシピ,回し方,相性の良いカードを紹介&考察! ポケモンカードゲームに収録されている【伝説の鼓動の全収録カード】のザルードデッキ・内容を2020年の《ルール》に更新しました。 【ザルード】デッキはポケカで登場しカテゴリー化されました。 今回はムゲンダイナVMAX デッキの回し方・動かし方・相性の良いカードを紹介していきます。 「ザルードデッキ」とは 「ザルードデッキ」とは ザルードデッキの特徴は草タイプでベンチポケモンのエネ加速と共に『hpを全回復』させるMジュカインExのリメイクに近いタイプのポケモンです。 「詳しくは映画の後でのザルードデッキの紹介ですの。 《》のジャングルライズによってエネルギー加速をしつつ更に回復する戦法が取れると話題になっていますわね。 強制的に入れ替えさせられるサポートカードの登場もアリながら「自身のポケモンのHP」を回復させるという持久戦に特化しつつエネ加速が出来るのが強みですの。 昔なんか同じような効果でジュカインデッキとかがあったのですが、その調整として見ると「草タイプではあるもののたねポケモン」に強化されHPを10減らされつつもエネルギー指定がない上位互換に近いスペックなのですが「打点の高さがインフレしてる」のが現状で、フル投入活躍するかはかなり悩ましい所でした。 「デッキとしては最高の相棒が増えて欲しいって感じね。 やっぱり基軸にするとしても草タイプを入れる事になるから今はジュナイパーとか、ユキノオーとかもアリなのかもね。 でも恐らくこのザルードの性能はシールド戦にかなり重要な1手になるカードでそっちの方が注目されることの方が多いのかも・・・」 「今回はシールド戦を加味したものになってますからねぇ。 一気にエネ加速をするデッキで更に加速しつつ1回攻撃を耐えきった後に返しが出来るデッキに採用したい所。 エネ加速は何でもいい分ガジリガメとか、トゲキッスとか、カウンター攻撃が可能なエースバーンを再復帰させるとか『構築の自由さ』も売りとなってたりもしますし「のんびりとカジュアル」な感じで採用したい所。 特に安価なのも追い風で組み込みやすいのも良さげです。 主にシールド戦で引けばフルで投入したいレベルの代物ではあります。 「ザルードデッキ」を組むという意味では他のVMAXに依存する事も多いので単体での期待はアレかもしれませんが、HPを上げておけば「高打点を出せない相手にとって倒せない敵」になるのは間違いありません。 現状ではHPを増やしてダメージを減らせば280位まで何とかなる様子。 「ザルードにタフネスマントを採用すると『』の効果でHPを上げたポケモンでの耐久戦も出来たりもしますの。 問題は攻撃力に特化している訳ではないのでミラーでザルードが出てくると結構入れ替わりのせめぎあいになるのが難点ですわね」 「タフかどうかは置いておいても210以上の攻撃って今のVMAX環境だと当たり前に出してきますからね。 まぁ相手の布陣が崩せるのかというよりかはHP300超えを全回復できるのを手札に戻して全回復せずに「エネ加速しつつテンポロスしない」事も挙げられます。 そういった意味では簡易版ピカゼクみたいな感じで出来るのは利点。 ダイグライドでのカードサーチで確実にザルードを持ってこれれば120+100点を入れつつ「攻め込める」のがポイント。 ダメージを受けたポケモンを回復しつつ草エネルギーを付け替えての器用さなどを狙っていけるのも大きいですね。 「やっぱりここは草エネルギーを使用しての動きがベストなんだけど、ジュカインの耐性みたいなのを付与するアロマ草エネルギーの存在も光るわ。 基本エネルギーではないけどライチュウコンボやメリープの状態異常のコンボを防げるようになるから追い風にはなってるわね。 基本構築ではこういった状態異常に強くなるとして後はアタッカーまで繋げれば御の字という感じ。 後攻で攻撃を喰らってからになるとダメージが難しいのでこちらは先に相手の大型にダメージを与えておいての動きが先に出来るかも重要になりそうですの。 【ザルードデッキ】の回し方その1:ゴリランダーvmaxと合わせてダイレンダ連発!? 「ザルードデッキとして戦う場合はタフネスマントとかを使用しつつ「耐久力」を上げたりしたりVMAXでのカウンター等を狙うデッキになっていますの。 ダメカンを乗せつつも返せる耐久カードと合わせたりしたいですわね。 ただし相手のポケモンの攻撃を1回は耐えきれるか、VMAXか何かで先に耐久を図る事も視野に入れないとダメだったりしますの 「ザっとまとめるとザルードデッキの強みは• ジャングルライズでエネ加速をしながらHPを回復して戦う• 火力がないので他の手段や詰めやくとして欲しい• 100+VMAXを控えた構成や戦い方など『ピンポイント』で強い などなど・・・手段や展開方法などを使っていくのがポイントになります。 メタとしては火力で推すというよりかは持久戦とかの安定したダメージを出すムゲンダイナやドラパルトなどの火力不足や中継相手に強くでる事が出来ますが・・・弱点を突かれてしまうマルヤクデ・リザードンなどのメジャータイプに弱いのはつらい所ですね ただしそれを置いておいても、草タイプでやっぱり使いたい所。 現状では草タイプを使って、エネルギーを加速していく事とかで補えるといいのかも?という印象は持ちました。 今ではベンチの入れ替えも出来るカードが多いので道中にダメージを与えて攻めるデッキとかもうまくザルードを入れ替えつつ攻撃することができればおいしいです。 ザルードデッキには草タイプ主流で挑むのが吉? ただし、草タイプを多めに持っていないとダメなので手札が4枚に調整されたりと手札に草タイプを多めに持っていないとダメな様子でした。 【ザルードデッキ】まとめ• ザルードVは体力回復の切り札再活躍カード!• エネ加速しつつ回復効果は便利!• 草弱点を突いてくる相手には要注意。 【ザルードデッキ】まとめ 「ザルードデッキは「vmaxの登場が望まれるカード」ではあるんですけどこれがたねポケモンでvmaxが登場するとヤバい気もするのでなんか当分はなさそうな雰囲気がある印象でした。 映画での限定パックとかで出るのかなと思いつつも、草タイプを採用した環境デッキが今後登場するかも気になるところです。 打点が高い昨今ではザルードを1撃で倒せるはずですが対策出来ずに突っ込むと無限回復に近いコンボが飛んで来るので相手の布陣を崩した際にササっと出せると良いのかも。 炎タイプが来たらガジリガメなんかでカウンターしてあげるとマルヤクデとかリザードンには刺さるかもしれません。 ただVMAXデッキなどの大型を支えてくれるカードには違いありません。 タフネスマントとハハコモリで体力を実質310にすれば「攻撃300以下は回復する」ループになってくれるので非常に強いです。

次の