お から ドーナツ 作り方。 Excelテクニック and MS

折り紙の立体ドーナツの作り方!幼児でも簡単、ドーナツ屋さんを始めよう♪

お から ドーナツ 作り方

スポンサードリンク ふっくら膨らんだドーナツ、 作り立てアツアツでも 冷めても美味しいですよね! 中でもスタンダードな 「揚げる」ドーナツは 揺るがない人気があります。 でも、これが意外と失敗が多いんですよね。 油の中で生地が溶け出したり、 焦げて油ギトギトになったり。 これには決まった原因があったのです。 失敗原因1:生地の水分が多い 生地に水や牛乳を入れすぎると いつまでも生地が固まりません。 油の中で生地が溶け出してしまう場合は、 水分が多すぎる可能性大です。 失敗原因2:油の温度が低すぎる 確かに温度を低く設定して ゆっくり揚げると焦げませんが、 生地が緩くなる原因になります。 失敗原因3:一度にたくさん入れて揚げる 揚げ油は一定温度に保つのがベスト。 一度にたくさん入れて揚げると 温度が下がり、生地が油を吸いすぎて ベタベタになります。 失敗原因4:揚げたドーナツをすぐに冷まそうとする 揚がったドーナツは、 油を切りながら粗熱を取ります。 急激に冷ましたり、 中まで火が通ってないと 含んだ油が外に染み出てきます。 *** これらの4つのうち1つでも当てはまると、 ドーナツの仕上がりは油っぽく、 形や色の悪いものになってしまいます。 ドーナツをカラッと揚げるコツは? ということで、カラッと揚げるコツは、 水を多く含ませずに適度な硬さの生地を ある程度の高温で短時間で! となります。 具体的に挙げると、 分量はレシピ通り正確に計りましょう。 水分は卵と少量の水か牛乳で 生地がまとまる程度の硬さに。 パウンドケーキの生地ほど柔らかいと 成型が難しく、出来上がりも重くなります。 生地は 冷蔵庫に30分ほど寝かせ、 混ぜた材料をなじませます。 そして、成型して揚げます! ソフトな生地は絞り袋に入れて クッキングシートの上に絞り出し、 揚げる時はそのまま入れます。 クッキングシートが生地から剥がれたら 取り出して下さいね。 最初はたくさんドーナツを入れすぎず、 1〜2個入れて様子を見ます。 あっという間に色が変わるなら もう1個入れてみましょう。 普通のサイズのドーナツなら、 両面合計3分ほどで 表面がきつね色に揚がります。 あとは油切りをしながら余熱で 中を温め仕上げます。 生地が柔らかいものは その分高温で上げますが 火を強めると焦げます。 油の温度は入れるドーナツの量で 調整すると失敗が減りますよ。 まとめ 手作りドーナツの失敗の原因と 美味しく揚げる方法をご紹介しました。 カラッと揚げるには 水分量、油の温度、油切りの加減 が肝心です。 様子を伺いながら焦らず揚げましょう。 美味しいドーナツをご家庭で。 ぜひお試しを!.

次の

小麦粉で作るドーナツ簡単レシピ!人気のオールドファッションの作り方も

お から ドーナツ 作り方

ならば、「自分たちでDIYすることができないか?」と編集部は考えました。 ドーナツウォールのお値段(手作りした場合) ドーナツウォールの完成イメージはこちら。 仕上がりサイズは、縦90cm横60cm幅60cm! ウェルカムスペースの机などに置きやすい卓上サイズです。 壁面には、直径約6cmのドーナツを約60個分掛けることができます。 自立するよう下に台を作りましたが、そこにもドーナツを約65個分飾ることができるので(5個ドーナツを積み上げて置いた場合)、合計で125個分飾ることができました。 今回のドーナツウォールの値段は、約6,600円(端数切り捨て)となりました! 購入したカラーチョークは別のDIYにも使えますし、サイズを小さくすればもっとリーズナブルに作ることができそうですね。 ねじるようにしっかり差し込むのがポイント! 全部差し込むとこんなイメージ! 横4本、縦5本の計20本を差し込みました。 これを左右分として2枚作ります。 この時、壁用のボードがぐらつくので、しっかりと釘で固定! こんな仕上がりに! 重石が置けるように、後ろに少しボードをはみ出させます。 裏面はこちら。 今回はペットボル入りの段ボールを重石がわりにしました。 そのままでも自立しますが、ドーナツを取ったときに揺れると危険なので重石をすることに。 看板に文字を書きます! 遠目からもドーナツがここにあるとわかるように書くのがポイント。 看板を書くのに使ったこちらのチョークは粉が出ないタイプのもの。 発色が鮮やかで重ね塗りも可能で、水拭きで消すことができますよ。 種類はランダムに飾っていくほうが、バラエティー感が出て見た目にGOOD! ボードの下の部分にもドーナツを陳列するとボリューム感が増しますよ。 ドーナツウォールを見たゲストの反応はいかに!? せっかく作ったウェディングDIY! ゲストの反応が気になるところ…。 みんなのウェディングでは、結婚式をテーマにした社内パーティーでこの「ドーナツウォール」を使ってみることに! ドーナツウォールを見て開口一番、「これ食べていいの!?」と男性陣から声が。 男性方は、花より団子のようです。 ドーナツウォールを手作りするなら、ここがポイント! ふたり以上で作る! ドーナツウォールを作るのにひとりで約1時間かかりました。 固定したりする時にひとりが支えて、もうひとりが釘を打つほうがやりやすいので、ふたりで作業したら時短で作れると思います。 ぜひ、花嫁さん花婿さんふたりでチャレンジしてみてください。 ホームセンターで木材をカットしてもらう! ホームセンターだと、木材を希望の大きさにカットしてもらえることも! 切る作業は技術も時間も必要なのでここはプロに頼っちゃいましょう。 ビバホームでは有料(1ヶ所80円)でカットしてもらえました。 有孔ボードを使うことで穴を開ける作業をカット! ボードに穴を空ける作業は時間も手間もかかります。 すでに穴が空いて市販されている「有孔ボード」を使うことでこの問題を解決! さらに今回はボードに差し込める棒も合わせて購入しました。 いまインテリアで「有孔ボード」のDIYが流行っているので、ボードも棒も手に入りやすいですよ。 食べ物を飾るボードだから気をつけたい! ゲストが食べるものだから、衛生面にも気をつけたいですよね。 棒は差し込んだ後、食卓用のウェットティッシュで拭きました。 差してから拭くのがポイント! また、壁とドーナツが接触する部分にペーパーシートをひくことでボードもベトつかず、再利用できます! 今回、DIYした「ドーナツウォール」。 材料を揃える段階で、手間がかからないようにすることでお手軽にDIYできたのではないでしょうか? インスタ映えも、ゲストへのおもてなしも叶えてくれる演出として大活躍が期待できるウェディングアイテム「ドーナツウォール」。

次の

【アイシング】粉砂糖で簡単接着♪美味しいグレーズドーナツの作り方

お から ドーナツ 作り方

— 2015年 5月月27日午後8時24分PDT みなさんグレーズドーナツを知っていますか? 今ではドーナツの定番と言っても過言ではない、周りがグレーズ お砂糖 でコーディングされていて噛んだ瞬間シャリっとしてふんわりした食感のドーナツのことです。 クリスピー・クリーム・ドーナツが、グレーズドーナツの専門店として有名ですよね。 まとまってきたら打ち粉をした台の上に。 バターを練りこみながら、伸ばしては折り重ねるように8分ほどこねる。 指で生地に穴をあけてみて、指を抜いてもそのままの状態なら発酵完了です。 ひとつずつ丸めてまとめ、濡れ布巾をかぶせて15分ほど休ませましょう。 発酵で思った以上に膨らむので穴は大きめにすることがコツ。 形をつくったらクッキングシートを敷いたお皿の上に並べ、暖かいところに置き2次発酵。 生地を指で押してゆっくり戻ってきたら2次発酵完了です。 これで完成です! グレーズドーナツは、どんなドーナツレシピでも作れます。 ここからは、ドーナツの上にかけるグレーズの作り方をご紹介します。 グレーズの材料はこちら! ・粉砂糖 60g ・水 15g このほかにはちみつを入れてハニーグレーズにしたり、水じゃなく牛乳にしても美味しいです。 レモン汁を加えてもさっぱりしておすすめ! 簡単すぎる!基本グレーズの作り方 上記の材料を溶かすだけ! コツはあつあつのドーナツにグレーズをたっぷりと接着させるだけです。 刷毛を使ってコーティングさせてもいいですね。 上手く塗れずに水分が滴っても大丈夫。 しずく模様で可愛いドーナツになりますよ。 あとはしっかりと乾かせましょう。 そんな時にはグレーズに一工夫するだけでシャリシャリ食感のドーナツが作れます。 こちらもひと手間加えるだけですので、参考にしてみてください。 半透明くらいの液体になりますので、こちらをドーナツに塗りましょう。 アツアツすぎるとドーナツに浸み込んでいってしまいますので、少し 2分くらい 冷ましてから塗っていきます。 寒い時など固まるのが早いので、白っぽくなったら早めに塗ってください。 固まると接着しにくくなります。 注意点としては透明になってしまうとカリカリ食感になるので、加熱中は中の様子を見ながら調整しましょう。 どれがお好み?グレーズドーナツのアレンジレシピ3選 — 2015年 3月月30日午前12時35分PDT 上でも書いたように粉砂糖と水分を混ぜればグレーズドーナツを作ることが出来ます。 ですから、お水以外のものを使ったグレーズドーナツにもチャレンジしてみるのも面白いですよ。 おすすめのいくつかを紹介していきますね! 牛乳を使ったミルキーグレーズ 牛乳を使うとお水で作ったものよりも白っぽく仕上がります。 何かチョコスプレーやドライフルーツなどトッピングをしてみても可愛いですね。 イチゴは潰して水分を出しましょう。 ジャム用の小さいイチゴを使う場合はもう少し量を増やしてください。 このとき粉っぽくなければ、水は入れなくてOKです。 ロイヤルアイシングは粉砂糖と卵白、それとほんの少しのお水です。 お水はクリームの硬さを調整するためだけに使用するので、あまり量が多いとゆるいクリームになり使いにくくなってきます。 ロイヤルアイシングは乾くとがっちりとした不透明なものになります。 着色料を使ったカラーが豊富なことも特徴です。 こちらのロイヤルアイシングを使ったものは、アイシングドーナツと呼ばれます。 一方、グレースアイシングの材料は粉砂糖とお水などの水分。 水分量が多めで、固まってもシャリっとした柔らかい食感です。 透明度が高くツヤツヤしていて、擦りガラスのような見た目に仕上がることが特徴です。 いつものお店に買いに行くのもいいけど、たまには自分で手作りしてみるのはいかがでしょうか? 包丁も火も使わないので、お子さんと一緒につくるのもいいですよね! ドーナツに接着させるグレーズの種類を変えてみるだけで、色とりどり楽しくなるでしょう。 インスタでも人気のが基礎からやさしくレクチャーしてくれるので、初心者さんでも安心です。 お花が可愛いも無料で学べるので、ぜひお気軽にお試しくださいね!.

次の