ある日お姫様になってしまった件について ネタバレ 46。 【ある日、お姫様になってしまった件について】いち早く読めるサイトは?│知識忘備録 ナレッジタワー

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」29話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日お姫様になってしまった件について ネタバレ 46

漫画アプリ・ピッコマ、LINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 (今回の話はコミック版からです) 前回のあらすじは、クロードのはからいで、メイドの交代と仮・護衛騎士フィリックスがアタナシアにつくことになった。 クロードと晩餐することになり、フィリックスからクロードの部屋へと連れて行ってもらうが、皇帝はお昼寝中。 起こしてあげれば喜ばれると、アタナシアをクロードの部屋にねじ込むフィリックス。 困惑した彼女だが、部屋の金製品にテンションがあがる。 ソファーでぐっすり眠っているクロードをみつけ、一発殴ってみようと考えるのだった。 詳しくはにてまとめてあります 目次• 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」12話のネタバレ この男を殴る機会なんて早々ない、湖のことも含めて殴らせろと、アタナシアは両手を振り上げた。 しかし袖口から、厨房でこっそり入手したチョコが飛び出し、クロードの頭に落ちた。 目を開けるクロード。 驚きで固まったままの彼女と目が合う。 彼女は振り上げた両手を、スッとクロードの胸におき、ねんねねんね・・・と子守唄を歌って誤魔化した。 国民なら誰でも知っている子守唄だが、クロードは知らないらしい。 パパおはようと、愛嬌たっぷりの笑顔で挨拶するアタナシア。 ぐっすり眠れたと聞くと、フィリックスが入れたのかと聞き返される。 クロードはため息をつき、髪をかきあげる。 だらしなく羽織った白いローブから、彼の筋肉質な上半身が露わになり、思わず視線をそらす彼女。 寝起きでけだるそうなクロードは、晩餐はこの部屋に用意させると言うのだった。 テーブルにつく二人。 顔色がいいな、とアタナシアに話しかけるクロードに、彼女は、パパもキレイと答える。 内心、湖に落ちて苦しんでいたことを知っているくせにと、彼女はイライラ。 それでもプランBのため、プランCを実行するのだと、笑顔を維持する。 今日も相変わらず、クロードは美しく光り輝いていた。 テーブルに並んだのはステーキを中心にした料理で、特別にアタナシアが食べそうなものを用意させたのだという。 クロードは食事をとらず、頬杖をつき、アタナシアを正面から眺めていた。 アタナシアは、ナイフで一生懸命ステーキを切り分けようとするが、力みすぎてナイフとフォークを弾き飛ばしてしまう。 きちんとした礼儀作法を学べ、明日人を送るというクロード。 もう少しまともな教育を受けろと言われ、アーティ頑張ると答える。 そして晩餐の間、クロードに正面から見続けられるという、苦行をする羽目になるのだった。 疲れきったアタナシアは、ルビー宮に戻った後、リリーに子守唄を歌ってもらい眠りにつく。 その頃クロードは、アタナシアが落としたチョコを、指でつまんで眺めていた。 アタナシアの髪や顔は、彼女の母ダイアナにそっくりで、彼はダイアナを思い出していた。 ダイアナに似てるからか、無礼じゃないのかと、クロードの後ろに立っていたフィリックスに問う。 確かにダイアナ様は簡単に忘れられる方ではないですよねと、フィリックスは言うが、あんな女、後1年もあれば完全に忘れられたはずだと答えるクロード。 フィリックスは複雑そうな顔をするが、気を取り直し、アタナシア様との晩餐は楽しまれましたか、本当にかわいらしい姫様ですよねと、笑顔で話す。 かわいらしいという感情は、とうの昔に忘れたのだと、クロードは答える。 フィリックスは、部屋の隅にある、ガラスが割れたままの女性の肖像画を見つめる。 ダイアナとは違い、茶色い髪の女性の絵。 クロードは休みたいと言い、フィリックスに下がるよう指示する。 退室したフィリックスは、クロードがそうは言っても、まだその中に残っているはずだと思う。 いつか、あなたにも明るい光が差し込むときがきますようにと、クロードを気遣うのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」12話の感想 クロードは心が壊れてしまっているようで、その傷をなんとかしたいと、フィリックスの判断で、アタナシアを無理やりクロードの部屋にねじ込んだようですね。 ダイアナの髪に触れる手の描写があったので、あれはクロードですね。 ダイアナを恐らく愛していたのでしょう。 彼女が死んでしまい、ショックのあまり、彼女の死を止めることができなかったルビー宮の人々を処刑してしまったのでしょうか。 彼女が遺した赤ん坊であるアタナシアは、彼女の死を思い出すから、敢えて関わらないように、今まで放置していたのかもしれません。 ダイアナが死ぬまでは、クロードにもそれなりの感情があったのかもしれないですね。 だからフィリックスは、彼女にそっくりなアタナシアを積極的にクロードに関わらせようとしたのかもしれません。 想像ですが。 では、部屋に置いてあった、もう一人の女性の絵は何なのでしょうか。 ガラスは割れているものの、捨てずに置いてあるので、彼女も彼の愛した女性の一人なのでしょうか。 とりあえず、一発殴らずに済んで良かったですね(笑) 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」16話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日お姫様になってしまった件について ネタバレ 46

ある日、お姫様になってしまった件について32話ネタバレ 「姫様」 イゼキエルと別れて、フィリックスの元へ駆け寄るアタナシア。 「パパは?」 「陛下は他のご用件でしばし席を外されました」 (確かにクロードが暇な人間でもな…) ある懸念が過ぎり、アタナシアの動きがピタッと止まります。 (もしかして…) 原作でのジェニットの展開を想像し、悪寒が走るアタナシア。 「すぐにお戻りになりますので、ご心配なさらず」 「!」 微笑みを浮かべながらアタナシアの手を握るフィリックス。 「姫様のデビュタントですから、きっと最後まで一緒にいてくださいますよ。 では姫様、私とも一曲お願いします」 そう言ってにっこりと笑うフィリックスに、アタナシアも笑顔が溢れます。 「ええ、喜んで」 サーッと顔から血の気が引いているフィリックス。 「姫様。 もし私が姫様のお気に召さないことをしていたのでしたら、すみません」 ブーツの上からでもわかるくらい、フィリックスの両足の甲はヒリヒリと赤く腫れあがっていました。 「わかってて踊ろうって言ったんじゃないの?さっき私がパパの足を踏んだの見てたんでしょ?」 「陛下の足もこのように踏まれたのですか?」 びっくりするフィリックス。 「私だけではないのなら、安心しました」 不意にジェニットの後姿を見つけたアタナシア。 (ジェニットがパーティーホールに) 「陛下は少々遅くなられるようですね」 (じゃあクロードの用事はジェニットとは関係ないのかな) 「……」 黙り込むアタナシアを見て勘違いしたのか、フィリックスはこっそりと話かけます。 「姫様。 実は先ほど陛下から命じられたのですが、これ以上他の虫けらが寄り付かないように、姫様のそばをしっかり守るようにとのことです」 虫けら?と疑問符を浮かべるアタナシア。 「その気持ちがわからないわけではありませんが…」 フィリックスはアタナシアの肩を持ってくるりと方向転換させます。 「今日は姫様のための日ですから仕方ありませんね。 後で少し怒られるでしょうが…」 (えっ?) トンとアタナシアの背中を押すフィリックス。 「私が後ろをお守りするので、どうか心ゆくまでお楽しみください」 アタナシアの周りには、いつの間にかたくさんの令息令嬢たちが集まっていました。 (なっ、何?いつこんなにたくさんの人が集まってたの!?) 「アタナシア様、お会いできて光栄です」 「私はゲール侯爵家門の…」 「私の名前は…」 (ええ??) 「よろしければ次の曲は私と一緒に…」 「デビュタント、心よりお祝い申し上げます」 呑気に「楽しく遊んできてくださいね」と手を振るフィリックス。 (うわあ助けて!) * 「パパ!」 駆け寄ってきたアタナシアとフィリックスの姿に、クロードは「まだデビュタントが終わってないはずだが」と口を開きます。 「もうほぼ終わったから帰ろうと思って」 (休みたい。 今すぐ帰って布団の中に入りたい) 「あれほど待ち望んでいたデビュタントなのに、どうしてもう帰るんだ?」 「え?たっ、ただ…」 「面倒なやつがいたのか?」 (うっ、するどい) ハッとするクロード。 「誰かに傷つけるような言葉や行動でもされたのか?」 (ん?それってどういうこと?) 「…フィリックス・ロベイン」 クロードが言った瞬間、即座に片膝をつくフィリックス。 (えっ?) 「はい、陛下」 「俺がいない間、姫の面倒を見るよう命じたはずだが?」 「申し訳ございません陛下。 私の力不足ですべて把握することはできませんでした」 (えっ?) 「会場に戻る。 どうやら俺が最近大人しすぎたようだな」 (????) 「パ…パパ?」 「心配するな。 早く死にたくてもがいている連中がいるようだからな」 アタナシアへ寄せられるクロードの瞳は、見る者すべてが卒倒しそうなほど冷淡な色を浮かべていました。 「よくも俺の娘に…。 妄言を吐いた者は舌を焼き尽くし、礼儀知らずな振る舞いをした者は手足を切り落とし、城門の前にぶらさげて見せしめにしてやろう」 ゾッとするアタナシア。 「フィリックス。 姫をエメラルド宮に連れて行け」 「パ…パパちょっと待って行かないで!」 アタナシアは思わず力いっぱいクロードの腕を掴みます。 「怒らないで。 私傷ついたことなんて一切なかったよ」 「隠す必要はない。 誰であっても探し出して殺…」 「私はパパの娘なんだから誰もそんなことできないよ」 「ならどうして急に出てきた?虫けらがお前に変なことを言ったりしてきたんじゃないのか?」 (うわああいきなりどうなってんのよ) 「パパの姿がずっと見えないから私が探しにきたんだよ!」 ぴえーん、と泣きわめくアタナシア。 「パパと一緒にいたくて来たのに、またパパが中に行っちゃったら意味ないよ!」 固まるクロード。 徐々に、禍々しい黒いオーラが収束していきます。 (つっ、通じたかな?) 「いいからもう私と一緒にエメラルド宮に行こうよ。 宴会場は人が多くてうるさいから、もう入りたくないのよ」 (何よこれ!私は自分一人の命を守るのさえ大変なのに、他の人の命まで守り中) 「仕方ないな、エメラルド宮に行こう」 (や、やった!) 「急用があったのではありませんか?」 「こんなに望んでいるのに、少しくらい時間を作ってやっても良いだろう」 (あはは、それはどうも…。 あっ) 目を見開くアタナシア。 (このまま帰ったらジェニットと会わないで帰るんじゃ?) 「そういえば姫様、リボンがなくなってますよ」 フィリックスの言葉に、腰に巻いていたリボンがなくなっているのに気付きます。 「あっ、ホントだ」 「フィリックス、探して来い」 「大丈夫、このまま行こう」 (ダンスホールで踏まれてボロボロになってそう」 その時 「アタナシア姫様」 アタナシアの時が止まります。 クロードはおもむろに振り返りました。 「こちらを落とされましたよ」 振り返った先にあったのは、アタナシアのリボンを手にしたジェニットの姿でした。 (ジェニットがどうしてここに?) 32話はここで終了です。

次の

【ある日、お姫様になってしまった件について】いち早く読めるサイトは?│知識忘備録 ナレッジタワー

ある日お姫様になってしまった件について ネタバレ 46

しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、クロードとジェニットは出会ってしまうが、彼女がアルフィアス公爵が保護している子で、さらにあることに気づいただけで、特に彼女に興味を持つこともなく、アタナシアと帰る。 アルフィアス公爵には、他に実子がいればアタナシアのように可愛がるだろうと言われたが、アタナシアが二人いない限りはあり得ないと言い切るほど、アタナシアを大切に思っているからだ。 そして馬車に乗るときに、デビュタントと誕生日おめでとうとアタナシアを祝うのだった。 詳しくはにてまとめてあります 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」34話のネタバレ その晩、アタナシアが上機嫌でベランダから外を眺めていると、泣いているかと思ったのに楽しそうだなとの声がした。 ルーカスが空からやってきたのだ。 なんで泣くのと彼女が聞き返すと、もう二度とダンスしたくないと父親にいわれなかったのかと言われる。 クロードの足踏むの予想していたのかとドキっとする彼女は、そんなこと誰も言っていないと答える。 他にも踊った相手がいるのかと言い、彼はぐっと顔を近づける。 これも他の奴につけられたのかとアタナシアのおでこを指で弾き、彼女の体を軽くする。 何か良くないものが彼女についていたようだ。 お前はメンテがなかなか面倒だ、さっさと寝ろと言い、魔法でアタナシアをベッドに寝かせ、子守歌まで流す。 彼は泣いているかと思ったと言っていたが、心配してきてくれたのだろうか。 アタナシアは、いい夢見てねと彼に言い、眠りに落ちた。 優しく微笑む彼。 彼女を眺めるルーカスは、放っておけば溢れる魔力ですぐ死ぬだろうが、まだ傍に居続けるべきかと思い、彼女の髪を指でクルクルとまわす。 そして、もう少し傍にいようと決め、その場を離れるのだった。 一方アルフィアス公爵邸。 勝手に動いたことについてジェニットは公爵に叱られていた。 公爵は、何の考えもなしにお姫様を追いかけ皇帝に会うなんてと、かなりご立腹のようだ。 イゼキエルが割って入り、今日はジェニットのデビュタントでもあるじゃないですかと助け船をだす。 アルフィアス公爵は、クロードのアタナシアへの思いや、あの黒髪の紳士に根回しが無駄だったなと言われたことで、だんだん悪い状況に進んだ気がして頭を悩ませるのであった。 ジェニットは自室に戻ると、満月を見上げながら、アタナシアがとても美しかったことを思い出し胸をときめかせる。 そしてクロードを思い出し、エヘと笑うのだった。 夜も遅くなり、貴族達は馬車で帰り始めた。 その様子を会場の屋根の上から眺めているのは、あの黒髪の紳士。 アタナシアやクロード、ジェニットやアルフィアス公爵を思い浮かべ、楽しくなってきたようだと笑う。 すると突然痛みで呻く。 そして、まずは魔力回復が必要だなと呟くのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」34話の感想 クロードはアタナシアをとても大事にしていますが、ルーカスも同じようです。 なんだかんだ誕生日に顔を出したり、魔力を払い、あれこれと彼女のケアをしています。 まだ自分の感情がよく理解できていないようですが、ここからどのように彼女に恋心を抱いていくのかが楽しみです。 アタナシアは自分を大切に思ってくれる人に囲まれ楽しい一日を終えましたが、ジェニットは公爵に叱られていました。 でも根が明るいので、くよくよしそうではないですね。 イゼキエルもいますし。 クロードについてどのような感情を持ったのでしょうか。 実の父親だともう聞いているでしょうから、美しいアタナシアやクロードと家族になれるのだと、胸がときめいていたのでしょうか 正確にはクロードの兄ですが アタナシアの知る原作と全く違う内容になってきましたが、登場人物も違う者が現れました。 黒髪の紳士です。 隠してるようですが宝石眼を持つようです。 皇族の一人のようですが、一体どんな繋がりがあるのでしょう。 ちなみにですが、クロードの兄アナスタシウスと髪型が一緒で、クロードに攻撃されたところも、黒髪の紳士が痛がった腹部と同じです。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の