岡田 准 一 sp。 冈田准一_百度百科

岡田准一のアクションに「ひと目でわかる」格闘技の識者・山田編集長がすべて語る

岡田 准 一 sp

1995年、V6のメンバーとしてCDデビューし、音楽活動のほかバラエティ番組に出演。 その後も「タイガー&ドラゴン」(05)、「SP 警視庁警備部警護課第四係」(07)といった話題作で活躍し、第38回日本アカデミー賞では「永遠の0」(13)で最優秀主演男優賞、「蜩の記」(14)で同最優秀助演男優賞を受賞し、男優賞として史上初の最優秀賞ダブル受賞を果たした。 抜群の身体能力を生かして「SP」シリーズや「図書館戦争」シリーズ(13~15)では本格的なアクションを披露。 その他の映画出演作に「天地明察」(12)、「エヴェレスト 神々の山嶺」(16)、「関ヶ原」(17)などがある。 関連作品(映画)• 2 2020年公開予定• 5 2019年公開• 1 2018年公開• 3 2018年公開• 0 2017年公開• 3 2017年公開 受賞歴.

次の

岡田准一のアクションに「ひと目でわかる」格闘技の識者・山田編集長がすべて語る

岡田 准 一 sp

顔が濃い事からハーフに間違われる事がある岡田くんですが、生粋の日本人です。 かずおさんとよしえさんの息子です。 岡田くんの同じ誕生日に「ミッキー・マウス」がいます。 V6メンバーである三宅健くんから「ミッキーと同じ誕生日なので岡田の誕生日を忘れずにいられる。 」と言われています。 ファンの間での愛称は主に「岡田くん、准くん」 近年は「師範」や、親しみをもって「ゴリラ」と呼ばれることも… V6のメンバーからは「岡田」と呼ばれています。 幼少期は家族から「クンクン」と呼ばれていました。 地元である枚方にある遊園地、「ひらかたパーク(通称:ひらパー)」で園長であり「超(スーパー)ひらパー兄さん」というイメージキャラクターを務めています。 岡田くんの主演する映画のパロディポスターが度々話題となります。 時代からデビューまでの経歴について紹介していきます。 ジャニーズ事務所入所理由 岡田准一くんはジャニーズに所属する他の人たちとは少し違った経由でジャニーズ事務所に所属しています。 岡田くんの入所のきかっけは、 岡田くんのお母さんが履歴書を送ったことがきっかけ。 しかし、この履歴書を送ったのはジャニーズ事務所ではく、1985年から1996年まで日本テレビ系列で放送されていたバラエティー番組 「天才!たけしの元気が出るテレビ」の「ジャニーズ予備校」という企画でした。 企画オーディションで岡田くんはTHE・BOOMの曲を披露。 その時の最終審査員はなんとKinki kidsの2人と当時ジャニーズJr. だった森田剛君と三宅健くんでした。 剛くんも健くんも岡田くんに合格の票をいれていたそうで、結果、岡田くんは見事「合格」となり、1995年3月ジャニーズ事務所に入所することになったのです。 岡田くんの入所日について、1995年の3月説と7月頃の2説ありますが、 ジャニーズ予備校に合格したのが3月、正式なジャニーズ事務所入所 上京 が7月頃ということ説が一番濃厚です。 最短!Jr. からデビューするまでの期間はなんと4ヶ月!入所すぐにV6が結成されデビューが決まったので、岡田准一くんが現在ジャニーズ事務所の 入所からデビューまでの最短者とされています。 時代のエピソードは、SMAPのコンサートにバックとして出演した際に、勢いよくステージを駆け上がると、幕を挟んで向こう側 ステージ から降りてきたSMAPメンバーと激突!転がっていく音が聞こえるもそのまま出演。 戻ってくると木村拓哉くんが骨折してると騒ぎになっていたそう。 その場ではあまりの恐怖に名乗り出ることはできなかったそうですが、最近になり本人に告白と謝罪をしたとのこと。 V6のメンバーを決めるためのバレーボールの練習場所に呼ばれたところ(呼ばれた本人達は知らない)、他のジャニーズJr. の子たちの輪に入れずに一人やV6のメンバーとバレーボールの練習をしていたのを密かに見ていたジャニーさんが、「あの子だけ練習していて偉い! 」と絶賛。 岡田くんに「you、バレーボールできる?」とだけ聞かれ、「はい」と答えたことでV6のメンバー入りを果たしました。 しかし、転校届けなどがすでに済まされており、そのままV6デビューとなったため大阪に帰ることができず、しばらくは森田くんや三宅くんのパンツや服を借りて生活していました。 特に2014年の大河ドラマ「軍師官兵衛(ぐんしかんべえ)」や2013年公開の映画「永遠の0」で魅せた貫禄の演技で年配層への知名度も急上昇。 その結果、 2014年度日本アカデミー賞では「永遠の0」で最優秀主演男優賞を受賞、「蜩ノ記」で最優秀助演男優賞し異例のW受賞を成し遂げました。 その岡田くんの演技は監督がこぞって惚れるほど。 憑依型といわれており、一つの役柄になりきるため私生活でも役柄を引きずることが多い岡田くん。 病んでいる役の時は私生活で突然泣き出すほど情緒不安定になるそう。 近年では「関ヶ原」「追憶」「散り椿」など、大物監督とタッグを組むことが多く、岡田くんの憧れの俳優である高倉健さんとずっとタッグを組んできた大物キャメラマンの木村大作さんにも認められるほどの実力。 俳優・岡田准一の豆知識 今では関東の生活の方が長いので標準語を使っていても違和感はないですが、デビューして数年は普通に関西弁を使っていた岡田くん。 しかしドラマの仕事でイントネーションを何度も直され苦労したとのことをきっかけに、 イントネーションを間違えないようにと、あえて関西弁を話さないようにしていたそうです。 その身体能力の高さとセンスの良さは、俳優活動にも全てリンクしています。 ピアノが弾ける! 母親がピアノ教室の先生のため、幼少からピアノを教えられていた岡田くん。 そのため絶対音感を持っていて、簡単なものなら今でも耳コピ・弾き語りで披露できるレベル。 乗馬がプロレベル! スタントを使う必要がないほど上手な岡田くん。 かなり早く走れるため、撮影でヒートアップすると他の共演者やスタントマンでさえついていくのが大変だそう。 実は渡哲也さんに将来必ず役に立つからと進められ始めました。 渡哲也さんの先見の明が凄すぎます。 格闘技が師範代! ドラマ「SP」あたりから格闘技を始めた岡田くん。 SPで見せたアクションはどれもスタントマンを使わず自信がアクション。 その後も格闘技にのめり込み、どんどん取得資格しました。 現在持っている資格はジークンドーのインストラクター、カリのインストラクター、USA修斗のフルインストラクターです。 資格を維持・昇格するために試験を受け続け、毎年レベルが上っています。 さらに門下生も多く、同じジャニーズの 大野智くん、山下智久くん、生田斗真くんを始め、俳優の 小栗旬さん、福士蒼汰さん、松坂桃李さん、さらにはお笑い芸人の 品川祐さんに教えています。 1997年10月1から2008年9月までTBS系列で放送されていた「学校へ行こう!」の企画コーナー「少年オカダ」でその努力家な一面は実証済。 水上ござ渡り• 竹馬で100mを16秒で走る• 棒高跳びで3mを跳ぶ• 空中ブランコ• 綱渡り• 5時間で3キロ痩せる 上記のような見るからに無理難題な課題を対し、「無理やわ~。 」と嘆きつつも本番では見事にクリアをしてしまうというカッコよさ。 しかし、そこまでを簡単にクリアするのではなく、また番組だからと適当にこなすのではなく、 クリアのために必死に努力をするところに岡田准一くんの性格が表れています。 例えば高倉健さんが主演にもかかわらずスタッフが仕事しているからと椅子に座らなかったエピソードを聞くと、それを真似て自分も撮影現場では比較的立ったまま、さらには自分のシーンでもないのに時間があれば現場にずっといるそうです。 また、木村拓哉さんがスタッフに全員に差し入れをした話に感動した岡田くんは、大河ドラマ「軍師官兵衛」の撮影時にスタッフの方全員分のウィンドブレーカーをプレゼントされたそうです。 その1つ1つにはちゃんと名前が刺繍してあり、「撮影に関わる全ての人の名前を知っておきたい。 」という岡田准一くんの思いも付け加えられたそうです。 不思議ちゃんで甘えん坊。 自由すぎることからファンからは「5才児」と呼ばれることも。 岡田准一くんの謎の行動はライブのMCなどで暴露されることが多く、その時の本人はいつも恥ずかしそうに笑っています。 メンバーから暴露された自由・不思議行動の一部は下記の通り。 木彫りのクマ 自分で木彫りのクマを彫って制作したものを「ご自由にどうぞ。 」と張り紙を貼った上で公園に放置。 しかも、木の陰からどんな人が持っていくのか観察。 セロハンテープをひたすら指に巻く カミセンのラジオの収録中にセロハンテープを指に巻き付けていた姿を見たメンバーの森田剛さんと三宅健さんはその行動に心配になったそうです。 ライブの時のメイク道具は一切持ってこない メイクは自分のメイクボックスは持ってこず、同じメンバーとはいえ大先輩の長野博さんのをメイク道具を勝手に使うというビックリ行動。 しかし、長年の習慣として長野さんも怒ることなく、反対に「これ、岡田が気に入ってるやつだな。 」と使いやすいように置いておいてくれるの事。 ちなみにドライヤーはいのっちこと、井ノ原快彦さんのを拝借。 樹海で野宿 東京では星が見えないので星を見るために行ったそうです。 妖精を見た 芸能人の方がよく話している「ちいさいおじさん」を見たことがあるそうです。 岡田准一くんが見かけた時は2人の小さいおじさんがテレビのコードを抜こうと引っ張ていたのだとか。 以上の様に、メンバーの物を勝手に使ったりしても怒られず、不思議な行動に心配してもらえる岡田准一くんはメンバーからも愛されるキャラなのが分かります。 岡田くんの〇〇期まとめ 出典: 芸能界に入ってから自分の人生を10年単位で考えるという岡田くん。 そのことから度々〇〇期と名付けられる岡田准一くんの〇〇期につい紹介します。 とにかく可愛い。 いつもほっぺたが赤く、リンゴほっぺがチャームポイントだった時期。 アイドルとして頑張ると決めたのでファンが求める自分になると決めてた時期。 「フライ,ダディ,フライ」「東京タワー」などの岡田准一はまさに美人期を象徴する作品。 PVでは「Darling」が美人期絶頂。 遅めの反抗期。 25歳~35歳までは演技・俳優業を頑張って確立させるという目標があったため、お芝居のことでいっぱいになってしまい、メンバーとも口をきかずV6のグループの活動がままならない時期。 しかし、メンバーはそんな岡田くんを優しく見守っていたそうで、後にその優しさに気付いた岡田くんは以降、メンバー大好きを公言している。 格闘技にのめり込むあまり、どんどんもりもり大きくなっていった時期。 美人期の反対語として作られた。 衣装が全てパツンパツンである。 とともに少し身体を絞り髪型も前髪を作った顔がデビュー当時を彷彿とさせるためつけられた。 2017年のV6ツアーでは俳優業が被っていなかったため、役が入っていない岡田くんはメンバー愛が暴走。 ファンからは5歳児扱いをされる。 ほぼ経験のない状態からアイドルとしてデビューし、周りとの差をその持ち前の努力で埋めてきた岡田くん。 また、それを支えてきたのは誰でもないV6のメンバーだと岡田准一くん本人のエッセイ本で語られています。 現在は俳優岡田准一としての道を確立しながら、アイドル岡田准一としての役割も忘れずにいられる彼は、これからもどんどん道を広げていけるのではないでしょうか。 今後の活躍にも期待です!•

次の

ガチファンしか知らないV6岡田准一のプロフィールまとめ

岡田 准 一 sp

今朝V6が出演した朝日放送「おはようコール」内で、岡田さんの反抗期が話題に上がった。 井ノ原「でも岡田なんかも、成長する段階で…あの、ご自身でもよく言ってますけどもあの時俺反抗期だったからとか言って。 そういう時期もあったんでしょ?」 岡田「そうですね、やっぱりありましたよね」 ーデビューして何年後くらいですか? 岡田「10年間アイドルとしてちゃんとやって、その後の10年間で役者として認めてもらえることがグループやジャニーズにとっていいことだと思ってやってたので、その10年間…25 歳 から10年間ってのはやっぱり反抗期だったと思いますけどね」 ーどんな風に反抗してたんですか?(笑) 岡田「それこそしゃべらないとか」 ーへええー!その時メンバーはどうしてたんですか? 岡田「暖かく見守ってて、今思うとね、すごく優しく見守っててくれたなって」 ーよかったですねぇぇー… 岡田「そうですねぇ、やさしいので」 (メンバー、笑い) 岡田「やさしいお兄ちゃんたちで」 私がこのブログをはじめたのが9月の下旬で、この記事で35記事目になる。 中でも多く言及してきたのが「岡田の反抗期」。 それくらい私の中でとても重要な項目で、今思えばブログをはじめて1番整理したかったのはこの項目についてだったのかもしれない。 あちこちの記事に内容が散らばってしまったので一度自分の頭を整理する意味も含めて関連記事をまとめておきたいなあと思っていたところで、今日の「おはようコール」だった。 活字では何度も見てきた。 でもやっぱり岡田さん自身の口から発せられる言葉たちを、その柔らかい表情と共に見ると格別だった。 井ノ原さんが反抗期の話題を振った時の、息を吸いながら目と口元で笑って、何度かうなづきながら少しニヤッとする表情。 インタビュアーさんが「よかったですねぇぇー…」としみじみとした口調で感想を言ったあとの「そうですねぇー」からの表情もなんとも言えない。 一瞬少し眉間にしわを寄せつつ、照れもあるのかメンバーの優しさをまたひょうきんに持ち上げる。 そのやりとりでメンバーみんなにも笑顔が咲いて、その笑顔がまた素敵で。 まさか20周年イヤーが終わったこのタイミングになってこんな素敵なインタビュー映像が見られるとは思わなかった。 眼福の極み。 岡田さんが反抗期について語り、その傍らにいるメンバー。 この空気感を、どれだけ見たかったことか。 朝日放送さん本当にありがとうございます。 今までもそうでしたが明日からも朝のお供は朝日放送で過ごしていきます、私。 そんなわけで、私なりの岡田准一さんの反抗期関連の記事をまとめました。 「岡田の反抗期」と「アイドルとして誇りを持ってくれ」という言葉 自分を育ててくれたメンバーに感謝を込めた「〜此処から〜」 反抗期期間の小難しいオカダと、その後のオカダ。 デビューから反抗期にいたるまで、そしてその後までの考察。 メンバー間の歳の差があったからこそ反抗期が訪れたのでは、という考察。 私は個人的に「岡田准一成功の陰に坂本昌行有り」説を唱えたい。 これだけ考えればもう私の中では十分消化できたような気がする。 岡田さんについて相当考えた。 一時は岡田祭りだったといっても過言ではない。 的を得ているのかはわからないが私なりに向き合ったつもりだ。 ところで、アニバーサリーイヤーの岡田さんを見ていてひとつ思ったことがある。 岡田さんの過剰なまでのデレデレ末っ子ぶりについて。 大丈夫かこの人…と思ってしまうレベルのあのベタベタ、デレデレ具合のことだ。 正直な所、もし今年の岡田さんの「過剰な末っ子ぶり」が本人プロデュースによる演出だったとしても私は全然かまわないと思っている。 あくまでひとつの可能性として。 そして嫌な意味ではなくて。 考察のひとつとして、あえて書いておこうと思う。 果たしてあれが岡田さんの素なのか、ノリなのか、周りを喜ばせようという気持ちが過剰に出過ぎたものなのかはわからない。 全部混ざっているのかもしれない。 もしかしたらこうかもしれない、いやひょっとすると…などといろんな方向から考えこむ癖のある私なので、こうも考えたりした。 「『20周年を迎えるV6の一員としての岡田』としての役作り、みたいなもの?」 岡田さんの役者としての情熱や本人の考え方を見ているとこの線もあるのではないかな、と思った。 V6の中での岡田さんのポジションはどう足掻こうが「末っ子」で、それを本人もよく理解している。 20周年を盛り上げるべくテンションを上げていった結果なのかもしれない。 それにしては少し調整を間違えている気がするが。 なんというか、 爆発しすぎていて。 強火すぎる。 以下、「月刊TVガイド」2015年12月号内でメンバーがそれぞれ語った岡田さんについてのコメントの抜粋。 森田「今すごく感じてることなんだけど、岡田は、このV6の20周年イヤーをとことん楽しもう!っていう気持ちがすごい。 取材を受けてても、コンサートしてても、見ていてその姿がなんかいいなぁって、いつも思う。 」 三宅「20周年のツアーを楽しもうという意欲がいいよね」 井ノ原「当時の映像を見て、振りを起こす作業をしてるとき、岡田は細かいところを思い出してくれたりして。 1番年下だから、大変なことを今年は、率先してやってくれてるなぁって。 」 岡田さんは20周年を「末っ子」として楽しみきった。 素で「メンバー大好きデレデレおじさん」なのかもしれないし、ひょっとすると若干の「ビジネスデレデレおじさん」的要素も含むのかもしれない。 どっちにしてもデレデレであることには代わりはない。 こんなに「デレデレ」と連呼する文章を打つ機会もそうそう無いだろうな、と思うとなんだか可笑しい。 とにかく、この2015年のアニバーサリーイヤーで我々の目の前にいたのは「お兄ちゃんたちの前でデレデレ」な岡田さんだった。 もちろんメンバー同士のじゃれ合いを見ていられるのは幸せだ。 ずっと見ていたい。 デレデレ大いに結構。 いいぞもっとやれ。 でもそれと同様かそれ以上に、岡田さんが「"こういう居場所がある"ということをしっかり胸に置いてくれている」のだとしたら、その事自体が嬉しいし幸せだなぁと思うのだ。 なので個人的にはその空気を感じられるのなら、たとえばあの姿が盛りすぎた虚像であったのだとしても、全然かまわない。 デレデレで過ごした20周年は「V6でいる時は昔と変わらずに、いつでも『末っ子』として迎えてくれるメンバー達がいる」ということをしっかり感じる1年になったのではないだろうか。 「戻ってくる場所」として、「安心してなんでもやっていい場所」として認識してくれているのなら、きっとこれからも大丈夫。 6人が揃っているのが何よりも大好きな私としては、そんなふうに感じている。 反抗期について書くはずだった記事なのに長々とデレデレ話をしてしまった。 だがおそらく今後「反抗期」の対として語られていくのはこの「デレデレ期」になるのではないだろうか。 最後は盛大に話が逸れた気がしなくもないが、リンクを貼った5記事と今回のこの文章が、私の「岡田の反抗期」に対する見解と考察だ。 そして最後の最後で言い訳しておきたい。 私はなぜかこの「岡田の反抗期」という響きがとても言いやすくて、ずっと呼び捨てで使ってしまっていた。 特に読んでくださった方から何か言われたとかそういったわけでもないのだが、途中からずっとこれが気になっていた。 岡田さん自身も「岡田反抗期」とは言っていたが、「の」は間に入っていない。 「の」を間に入れることで上から目線の呼び捨て感みたいなものが出ているのでは…とも自分で考えたりもしたのだが、どうにもこうにもやっぱり「の」を入れたくなってしまう。 言いやすいのだ。 なんとなく。 なぜだろうと考えてみたのだが、私はたぶん無意識に「本能寺の変」だとか「応仁の乱」みたいなノリで「岡田の反抗期」としていたのだと思う。 その考えに及び、となるともうあれは「岡田の反抗期」というか 「岡田の乱」だったのかなとも思ったりもして。 「V6の歴史」の中で考えるのならばいっそ「岡田の乱」としてみてもおもしろいのではないか。 そんな脳天気なことを考えてニヤニヤできるほど、安心していられるこの平和な現状が嬉しいなぁとつくづく思った。

次の