ドラクエ 5 仲間。 急にドラクエ5がやりたくなる現象

ドラクエ5(スマホ版)攻略

ドラクエ 5 仲間

メダパニで敵をメロメロに Lv22で覚えるメダパニは雑魚戦で非常に強力。 メダパニに完全耐性を持っている敵は少ないので、とりあえず使っておくだけで高い効果を見込める。 ボス戦のサポート向き スクルト、ルカナンを両方使えるのでボス戦でも補助役として活躍の場は用意されている。 すばやさが高い すばやさが高いので、上述の支援を敵よりも速く使うことができる。 Lv99まで育つ スライムはLv99まで育つので最終ステータスは優秀。 しゃくねつやめいそうなど強力な特技を覚えるが、それを覚えるころには裏ボスも撃破しているはずなので実質おまけ要素。 悪い点 スライムはすばやさ以外のステータスが低めに設定されている。 以下におもなステータスの特徴について解説。 アタッカーとしては使えない ブーメラン系を装備できるが肝心のちからが低いので、攻撃面ではほかのモンスターに劣る。 MPが低くダンジョン不向き MPが低いので補助魔法をガンガン使うとすぐに枯渇してしまう。 そのため馬車がないダンジョンには不向き。 耐性がほとんどない 耐性が皆無なので、状態異常になりやすく、呪文・炎・吹雪といった攻撃にも弱い。 弱点は豊富な装備でカバーしよう 幸い装備は充実しているのである程度カバーはできる。 総評 最初から最後まで地味に輝き続ける存在。 得意不得意がはっきりしているので、ワンポイントで使ってあげるのがおすすめ。 主力として活躍させ続けるには愛が必要だ。 ピエール(スライムナイト) 良い点 仲間になりやすくステータスの伸びが人間並み スライムナイトはとても仲間になりやすく、ステータスも人間キャラのような伸びを見せるので、終盤まで順調に成長し続ける。 炎系の耐性でボス戦で活躍する ギラ、イオ、炎に耐性があり、多くのボス戦でステータス以上の硬さを誇る。 強ボスと名高いようがんげんじん戦やブオーン戦でも大活躍! 重装備可能 重装備が可能なので、攻撃力・守備力ともに高く、耐性もさらに高めることができる。 主人公のおさがり装備をさせているだけでも十分強い。 最大1. 5倍ダメージ)を装備できるのでラスボス裏ボスともにメインアタッカー ベホマ、イオラを習得する ベホマを覚え習得時期も早い。 (多くの人にとって一番最初のベホマの使い手になる) イオラも覚えるので雑魚戦でも使いやすい。 ただしMPはそこまで高くないのでダンジョンなどでは封印したほうが良い 悪い点 ゲマ戦が不得手 メラ、ヒャド、吹雪、麻痺、ザキに弱い。 ゲマ苦手なのは少し痛い。 ステータス成長は緩やか 最高レベルが99のモンスターは軒並み成長曲線が緩やかでピエールも例外ではない。 ステータスは常に主人公より一歩劣る。 しかし耐性面が優っているので必ずしも主人公より弱いというわけではない。 安定するが爆発的な力はない ピエールには爆発的な強さはない。 どの時期でも、ピエールよりも強い(使いやすい)モンスターは存在する。 ピエールの強みは安定感なので、最強のエースというわけではないのだ! 総評 仲間になる時期、装備、覚える呪文などを考えると、実質ドラクエ5の勇者と呼べる存在だ。 安定して活躍し続けるので、必ず仲間にしておきたいモンスターといえるだろう。 アプール(エビルアップル) 良い点 仲間になりやすく、序盤トップクラスの能力 成長がはやく序盤ではトップレベルのステータス。 特に力と身の守りが高く装備が弱くても安定した強さを誇る。 ニセ太后戦で活躍する ルカニが使えることもあり、ニセ太后戦でのおすすめモンスターの一匹。 マヒとバキマで雑魚戦活躍 マヒ攻撃とバギマで雑魚戦も得意 悪い点 装備が少ないので中盤以降ジリ貧 装備が貧弱。 序盤こそ装備に困らないが中盤以降どんどんつらくなってくる。 ブーメランやムチなど範囲攻撃武器も装備できない。 耐性が低い 素の耐性が低いうえに装備でカバーすることもできない。 序盤の敵は物理攻撃メインなので問題ないが、火山あたりから徐々にブレスや呪文を使ってくる敵が多くなるのもアプールにとっては逆風。 成長の限界が早い 最大レベルが20と成長限界が低い。 装備の弱さも相まって最後まで連れて行くのは厳しい。 おすすめ引退時期 男の子、女の子、オークス、ゴレムスあたりが仲間になったタイミングで引退させよう 総評 序盤においては全モンスター中トップレベルの性能を誇るお助けモンスター的ポジション。 似た立ち位置のモンスターとしてニトロ(ばくだんベビー)、マッシュ(おばけキノコ)などがいるのでそちらで代用してもよいが、どちらもアプールに比べ仲間になりにくいぞ。 キラーパンサー 良い点 必ず仲間になる強力なモンスター イベントで必ず仲間になる。 仲間になるタイミングも早めなので活躍できる期間は長い。 最大レベルが99で最終的なステータスが非常に高い。 力、すばやさ、HPに長けるためアタッカーとして優秀 力、すばやさはカンストし、HPは510(実質カンスト)まで伸びる。 さらに「ほのおのツメ」(敵のギラ耐性でダメージ変動。 最大1. 5倍ダメージ)や「こおりのやいば」(敵のヒャド耐性でダメージ変動。 最大1. 5倍ダメージ)を装備できるので、攻撃力数値以上のダメージをたたき出すことも可能。 アタッカーとして優秀な部類。 特技と個体の相性が良い 使える特技が地味だが決して悪くない。 きあいためはボス戦でのダメージ効率を上げることができるし、凍てつく波動で敵の強化を解除することもできる。 最終的にすばやくなるのでおたけびとの相性も悪くない。 MP0のいなずまも強力 MP消費なしで使えるいなずまも悪くないが、習得が遅くとくぎの性能の割に活躍の機会は少ない。 悪い点 成長が緩やか ピエールにも言えることだがレベル99まで成長するので成長曲線は緩やか。 アタッカーとして常に前線に出し続けるには少し物足りなく感じることも。 耐性面が不安 攻撃魔法・特技に対して耐性がないため、防御面でやや不安。 防具でカバーしようにも優秀な防具は「みずのはごろも」しかなく、盾は装備すらできない。 複数体への攻撃を覚えるのが遅い いなずまを覚えるまでは単体攻撃しかできない。 しかし、すばやさと攻撃力が高いので、致命的な弱点というわけではない。 総評 思い入れが強いモンスターなので最後まで連れて行く人は多いと思われる。 成長タイプや装備などを考えると武闘家タイプと言えるが、会心の一撃が出やすいわけではない。 最終メンバー候補ではあるが他にも優秀なモンスターはいるので、終盤の強力なモンスターが仲間になれば引退させるのもアリだ。 ザキ、マヒ無効、装備も豊富 ザキ、マヒ無効なので突然戦線から離脱する心配がないのも魅力。 元々の耐性はそこまで高くないが、HPの成長率が高く優秀な防具も装備できるため耐久力は非常に高い。 攻撃力も高め ラスボス撃破までなら攻撃力も高い部類。 攻撃力が高い武器も装備できる。 まじんのよろいおすすめモンスター 元々すばやさが低いので魔人の鎧との相性が良い。 手に入れたらオークスに装備させてもいいだろう。 一品物なのでゴレムスとどちらが装備するかは迷いどころだ。 悪い点 すばやさがまったく伸びない 元々そこまですばやくないうえに、レベルを上げてもすばやさはまったく成長しない。 先制回復は絶望的なので敵の攻撃を受けてからターンの最後に回復する後攻回復役として使おう。 後攻回復が前提になることから「いのちだいじに」との相性は良い。 単体回復魔法がない 単体回復が使えないため小回りは効かない。 単体回復は主人公やピエール、全体回復と蘇生はオークスとパーティで役割分担をはっきりさせておこう。 最終ステータスが低め クリアまでならステータス面で困ることはないが、最終ステータスはそこまで高くない。 そのため、裏ボスの名産品入手などの一部のやり込みでは活躍するのは難しい。 総評 いわゆる僧侶と戦士を足したような性能なので使い勝手は非常に良い。 最終メンバーとしても十分活躍できるので特にこだわりがなければ連れて行って損はない。 ゲマ戦ではピエールより活躍が見込めるぞ。 ジュエル(おどるほうせき) 良い点 成長が早く中盤でレベルカンスト 成長が早いのでゲーム中盤でレベルがカンストする。 高いステータスと優秀な呪文がフライング気味に使えるようになるのはありがたい。 みのまもり、耐性ともに超優秀 高い身の守りと優秀な耐性を持つ鉄壁モンスター。 ギラ、炎、イオ、ヒャド、冷気、ザキ、マヒなどを無効化する。 豊富な魔法を習得する こう見えて優秀な呪文使いでもある。 雑魚戦ではメダパニやラリホーマが強力。 さらにすばやさもクリアまでなら強キャラたちとも遜色ないため、これらの強力な補助呪文を先制で放ち敵を無力化できる。 加えて、天空の城到達くらいを目安にバギクロスを覚えるので、火力面でも長く活躍できる。 裏ボス戦でもラリホーマがあるので大活躍間違いなし、と実はクリア後の含めて活躍できる優秀なモンスター。 悪い点 かしこさが育たない 良いところだけみると完璧に見えるかもしれないが、唯一の欠点はかしこさが一切育たないこと。 初期値の5から育たないので、そのままでは命令をいっさい聞いてくれない。 かしこさのたねを使うべきか使わないべきか ドラクエ5はかしこさが20以上ないと命令を聞いてくれないので、かしこさのたねでドーピングするしかない。 かしこさのたねはグランバニア到達時に5つ(1つはすごろく場)手に入るので、あとはかしこさが3上がるまでリセットを繰り返しかしこさ20まで持っていこう。 最大レベルになってもかしこさが20超えないのはジュエルのみなので、かしこさのたねはジュエルのためにあると言っても過言ではない。 装備が弱い 装備が貧弱。 最強武器は「はがねのキバ」、最強防具は「カメのこうら」と「シルクハット」とすべて中盤で揃ってしまう。 火力はバギクロスで、守備力は高い身の守りで補おう。 総評 早熟モンスターは終盤使えないのが定石だが、ジュエルのみ裏ボス撃破まで活躍の場を失わない珍しいモンスター。 扱うには愛(かしこさのたね)が必要だがそれに見合う活躍をしてくれる。 メタリン(メタルスライム) 良い点 守備はトップクラス 圧倒的な耐性と身の守りで守備面ではトップレベルの優秀さ。 「オラクルやののれん」を装備させればラスボス戦まではほぼ無敵。 序盤はバランスブレイカー 序盤で仲間になればバランスブレイカーと言っても過言ではないほどの性能を誇る。 力が高くブーメランを装備でき、メラミまで使いこなす万能アタッカー。 スクルト、フバーハでサポート役になる スクルトとフバーハを覚える。 強力な補助呪文をピンポイントで覚えるので、ほかの仲間が育ってくる終盤は補助役にスイッチしよう。 悪い点 すごく仲間になりにくい とても、かなり、めちゃめちゃ仲間になりにくい。 狙って仲間にするようなモンスターではない。 仲間にするのにかかる時間>ゲームクリアするのに必要な時間となるケースも十分考えられる クリア後ダンジョンでは使えない クリア後のダンジョンではやや実力不足。 クリア後ダンジョンのモンスターの攻撃力はメタリンの守備力を貫通してダメージを与えてくるので、あっさり死んでしまうことも。 最大HPも低いのでラスボス戦後は引退も視野に入れよう。 総評 運よく序盤で仲間になればドラクエ5がヌルゲーと化す。 ただし狙って仲間にするくらいなら先に進んだ方がいいので、あくまで仲間になったらラッキーくらいに思っておこう。 ちなみに後述のはぐりんはメタリンの上位互換といっても差し支えない性能なので、メタル系がほしいならはぐりんをスカウトする方がよい。 はぐりん(はぐれメタル) 良い点 全モンスター最高のディフェンス すべての属性に対して完璧な耐性とカンストの身の守りを持ち、さらにレベルを上げればHPも育っていくので守備面では全モンスターでもっとも優秀。 「オラクルやののれん」を装備させれば完全無欠の要塞と化す。 希少なイオナズン使い 数少ないイオナズンの使い手。 「しあわせのぼうし」を装備させれば道中でどれだけイオナズンを使ってもMPが枯渇することはないだろう。 ただしイオナズンを覚えるころにはゲームクリアしていてもおかしくないので、実際はベギラゴンとイオラを使っている期間が長い。 そのため火力は言うほど高くはない。 ほぼ確実に先手を取ってアイテムを使える 最硬最速なのでアイテム使いとして最高の性能を誇る。 最速で「戦いのドラム」「天空の剣」「賢者の石」などさまざまな有用なアイテムを使えるので、最後まで活躍の機会を失わない 悪い点 仲間になればラッキー! とにかく仲間になりにくいので、狙って仲間にする場合根気が必要。 もし仲間にするならグランバニアへの洞窟で粘ろう。 メッサーラやミニデーモンも出現するので、彼らを二フラムで消すか先に倒すかしないとスカウトできない。 仲間にするのにかかる時間>ゲームクリアするのに必要な時間となるケースも十分考えられる。 総評 狙って仲間にするくらいなら先に進んだ方がいいので、あくまで仲間になったらラッキーくらいのモンスター。 呪文アタッカーとしても優秀なうえ鉄壁なのでアイテム役としても活躍できる。 クリア後のやり込みの一環としてスカウトを狙ってみるのが一般的だろう。

次の

ドラクエ5 仲間モンスターおすすめ評価!出現場所や上限レベルも!

ドラクエ 5 仲間

ドラクエ5には、主人公独自の能力として「倒したモンスターを仲間にできる」というものがあります。 しかしどのモンスターも仲間にできるわけではなく、あらかじめ種類は決まっています。 さらに倒したとしても必ずパーティーに入ってくれるわけではなく、一定の確率で成功します。 その確率も様々で、仲間になってくれやすいものとなりにくいものが存在するのです。 はたして最強なのは、一体誰なのでしょうか? この記事では、仲間にしておきたい有能モンスターをご紹介しています。 また、このゲームで最強のパーティを編成するには、一体どんなキャラやモンスターを選べばいいのでしょうか? ドラクエ5のプレイ経験がある人達に、おすすめのメンバー編成を評価してもらいました。 スポンサーリンク ドラクエ5攻略・仲間モンスターの中で最強なのは誰?おすすめを評価! 戦闘したモンスターを仲間にしてパーティーを強化していくドラクエ5では、ゲームの進行具合によって仲間モンスターを臨機応変に入れ替えていくのがおすすめです。 ゲーム中盤までは「スライムナイト(最高レベル:99)」や「キングスライム(最高レベル:30)」「ゴーレム(最高レベル:50)」を仲間モンスターに加えると戦闘が楽になります。 スライムナイト スライムナイトはラインハット関所周辺・ラインハット周辺・古代遺跡に出現。 青年期に入って馬車を手に入れれば、すぐに仲間にすることが可能です。 なのに攻守に優れ、特にほとんどの全体攻撃に耐性があるのが特徴。 終盤まで活躍可能です。 特徴は、ステータスの高さだけではありません。 回復呪文「ベホイミ」「ベホマ」も取得するモンスターなのです。 ぶっちゃけ、スライムナイト1体がいるだけで十分といえば十分なのですが… それではあんまりなので、有能モンスターの紹介を続けましょう。 キメラ キメラは死の火山の中とその周辺で遭遇する、ドラクエシリーズではおなじみのモンスターです。 仲間になりやすくはないですが、死の火山には回復ポイントもあるので粘ってもOKです。 「ラリホー」「ラリホーマ」で敵を眠らせると、戦闘を楽に進められるでしょう。 「ベホイミ」「ベホマ」「ベホマラー」と、回復呪文が充実なのが大きな利点。 特に全体回復のベホマラーは強力で、回復役として馬車入りさせるだけでもおすすめ。 キングスライム メダル王の城周辺で出てくるキングスライムも、攻撃力の高い呪文として知られている「メラゾーマ」が使用できるのですが… いかんせん、最高レベルの低さや仲間になりにくさがネックとなっています。 復活呪文「ザオラル」「ザオリク」を持っているので、馬車で待機させて復活要員として活躍させるのがおすすめです。 ゴーレム 天空への塔で登場する、ゴーレムもおすすめです。 見た目通りアタッカーとして十分な攻撃力を有しているうえに仲間にしやすい利点があるので、仲間モンスターを揃えて戦力安定を図りたいゲーム中盤ではとても貴重な即戦力です。 しかも成長すれば、HPを500回復する能力「めいそう」を覚えてくれます。 消費MPは0と、使い勝手が抜群です。 オークキング グランバニア周辺や試練の洞窟に生息している「オークキング(最高レベル:30)」は、かなり仲間にしやすいうえに呪文が有能です。 明らかにパワータイプのモンスターなのですが、持っている呪文は回復・復活系という大きなギャップが特徴です。 全体回復呪文の「ベホマラー」や、復活呪文の「ザオラル」「ザオリク」を持っています。 敵を一撃で倒す呪文「ザキ」「ザラキ」も。 ゲーム後半になってくると仲間モンスターも多くなるので、ラスボス戦に向けて優秀な仲間モンスターを集めていきます。 特に、回復呪文を取得するモンスターは貴重です。 「ホイミスライム(最高レベル:99)」「ベホマスライム(最高レベル:50)」を仲間モンスターにできれば、戦闘で全滅するリスクを減らせるでしょう。 ホイミスライム ホイミスライムは神の塔や古代遺跡といった青年期の初めに仲間にできるので、早めに狙っておきましょう。 成長すれば、あらゆる回復呪文や復活呪文(ホイミ・ベホイミ・ベホマ・ベホマラー・ザオラル・ベホマズン)を覚えてくれます。 ベホマスライム ベホマスライムは、メダル王の城周辺に登場。 かなり仲間になりにくいので、粘る必要があります。 ベホマスライムは、その名の通り「ベホマ」「ベホイミ」といった回復呪文が得意です。 さらに全員のHPを完全回復する「ベホマラー」「ベホマズン」だけでなく、仲間を蘇生できる呪文「ザオラル」まで覚えます。 メッサーラ グランバニア山の洞窟や試練の洞窟に出現する「メッサーラ(最高レベル:50)」は仲間にしやすく、ステータス高めなのでおすすめです。 メラゾーマ・ザキ・ザラキなど多数の呪文を覚えるのですが、頼りになるのはステータスの高さ。 とはいえ最後まで主力にするのは厳しいので、あくまでも終盤までのつなぎとして捉えるのがいいでしょう。 またゲーム後半はラスボスに辿り着くまでメイン戦力の消耗を抑える必要があるので、打たれ強い仲間モンスターもおすすめです。 特に魔界まで辿りつけば「グレイトドラゴン(最高レベル:60)」や「キラーマシン(最高レベル:30)」のような、敵の攻撃に対して耐性の高いモンスターを仲間にできます。 グレイトドラゴン キラーマシン キラーマシンは呪文や特技を一切覚えませんが、ステータスが優秀ですし… グレイトドラゴンはステータスも申し分ないうえに特技も使い勝手のいいものが揃っています。 ラスボス級のモンスター専用の全体攻撃「かがやくいき」や「しゃくねつのほのお」は強力です。 グレイトドラゴンはキラーマシンと比べると仲間になりやすいため、まずは前者を仲間モンスターにしてから後者を狙うのが無難です。 キラーマシンを求めて戦闘を繰り返しているうちにグレイトドラゴンのレベル上げにもなるので、より強力な特技を習得してパーティーの主戦力になるでしょう。 ドラクエ5のクリア後に入ることのできる謎の洞窟では、「ライオネック(最高レベル:23)」「ヘルバトラー(最高レベル:99)」といった最強クラスの仲間モンスターが生息。 ライオネック ライオネックは、勇者にしか使えないはずの呪文「ライデイン」「ギガデイン」を覚えます。 ヘルバトラー ヘルバトラーは、もともとステータスが高いうえにレベル99まで成長します。 「イオナズン」「ベギラゴン」「ザオリク」「メラゾーマ」「かがやくいき」「しゃくねつのほのお」など、覚える特技や呪文は最高クラスのものばかり。 まさに最強の仲間モンスターですが、唯一難点といえば「クリア後にしか仲間にできない」という点でしょうか? DS版・スマホ版で仲間になるおすすめモンスター アークデーモン DS版とスマホ版でのみ仲間になるアークデーモンとは、封印の洞窟で遭遇します。 仲間にすれば、いきなり最強クラスの呪文「イオナズン」が使えます。 「めいそう」を使えば、自分だけですが消費MP0でHPを500も回復。 「ベホマ」もあるので、他のキャラの回復もできます。 「しゃくねつのほのお」は、スーパーファミコン版で最大ダメージの全体攻撃です。 しかも、消費MP0なので使い放題。 「ルカナン」や「スクルト」といった補助呪文は、特にボス戦で効果を発揮するでしょう。 封印の洞窟には、やたら強いのに群れて出てくるレッドイーター・ブルーイーターがいます。 正攻法で倒さず、ニフラムで消してしまうと楽です。 プチタークはおすすめしません! リメイク版のみに登場する、プチターク。 「謎のすごろく場」をクリアすることで仲間に出来ます。 育成面に難があり、レベル60まではステータスが一切上がりません。 レベル61以降急にステータスが上がり始め、レベル99になると全てがマックスに。 (力:255・素早さ:255・身の守り:255・賢さ:255・運のよさ:255・最大HP:999・最大MP:999) 特技では、「かがやくいき」と「プチスラッシュ」が強いです。 ただプチターク加入段階だと、もはやすることって何も無いんですよね。 完全なやり込み用モンスターなわけですが、彼をレベル99まで上げるために時間を費やせるか?というと… とても万人におすすめできる仲間モンスターとは言えません。 ドラクエ5で最強のパーティ編成って? ドラクエ5のパーティでおすすめするメンバー・一人目の意見 ドラクエ5では倒したモンスターを仲間に出来るので、これらを主体に編成すれば、最強のパーティを組むことができます。 特に最強と言われているパーティは、「ヘルバトラー」「グレイトドラゴン」「キラーマシーン」「スライムナイト」です。 ヘルバトラーは、呪文や息系の耐性においてはグレイトドラゴンやキラーマシーンには劣りますが。 ステータスの伸びや覚える呪文の強さ、特技はモンスターの中でも最強クラスで総合的に見てもヘルバトラーがNo. 1のモンスターといえるため、最強パーティには欠かせません。 グレイトドラゴンはステータスの伸びがよく、輝く息や灼熱の息などの強力な全体攻撃を覚えます。 あまり防具を装備できないのが唯一の欠点ですが、優れた耐性の持ち主なので防具がなくても問題なく戦えます。 仲間の中でも最も優秀なのが、キラーマシーンです。 力と守りのステータスがカンストするなど、最強のパーティを組むには絶対に必要な仲間です。 ステータスだけではなく耐性にも優れているので、相手の攻撃をかわしながら強力なダメージを与えることで大活躍してくれます。 最後のスライムナイトですが、ヒーラー(回復役)としての機能が高いです。 しかも武器防具が豊富に装備できる上に、炎や呪文などにもとても強いので、ボス戦などにも安心して挑むことができます。 このメンバーを使えば、ドラクエ5の裏ボスでもある「エスターク」を10ターンで撃破できるような最強のパーティになり得ます。 二人目の意見 まず、主人公は必須です。 しかし他シリーズのように伝説の勇者ではなく、また呪文も主人公としては珍しくヒーラー型です。 勇者特有の能力や呪文を覚えるのは物語後半に仲間になる男の子(息子)なので、正直言ってその面では完敗です。 しかし豊富な耐性と攻守に優れた、専用武具が装備できます。 回復と攻撃の二刀流が出来るため、最後までパーティの柱として使えます。 二人目のキャラですが、「男の子」がオススメです。 彼だけが伝説の天空武具を装備でき、ザオリクやギガデインを覚えるなど、主人公以上に勇者的な立ち回りが出来るのが魅力です。 純粋な攻撃力は他のメンバーに負けますが、天空の武具の攻守と耐性、そして唯一無二のデイン属性の呪文が役立ちます。 三人目の仲間キャラですが「デボラ」です。 DS版で初めて加わった、新たな奥さん候補です。 攻撃呪文が主体の他の女性陣とは違い、なんとアタッカー系です。 純粋なアタッカーとしては、パワー型の仲間モンスターに負けます。 ですが、彼女はなんと会心の一撃が出る魔神の金槌と星降る腕輪の両立が出来る個性を持っており、メタル狩りに大変重宝します。 魔神の金槌装備キャラとしては最も素早くなれ、またMP切れでお荷物にならないのがデボラの強みです。 四人目のキャラですが、「ゴーレム」です。 後半の仲間モンスターで、エルヘブン周辺で仲間になります。 また強力なステータスを持つ最強モンスターなのに、特別狙わず普通にプレイしているだけですぐ仲間になってくれます。 防御力が高いうえに、消費MPなしでHPを500回復する瞑想も覚えます。 パーティトップに、壁役として立たせるだけでも強力です。 また装備武具が優秀であり、育成すれば稲妻などの特技が習得でき、ゲームクリアまで活躍します。 三人目の意見 ドラクエ5の最強パーティですが、いわゆる「闇の世界で仲間になるモンスター3匹プラス主人公」が、一つの完成形と言えます。 クリア後になってしまいますが、隠しダンジョン・謎の洞窟で仲間に出来る「ヘルバトラー」が、最も強力な仲間モンスターです。 最初からイオナズンが使えます。 また武器も強力な物が装備でき、育成する事で便利な特技と呪文を覚えます。 さらに、アタッカーなのにザオリクが使えます。 裏ダンジョンを攻略する上でヘルバトラーは欠かせませんが、仲間になり難いのが最大の難点です。 2匹目の仲間モンスターですが、「キラーマシーン」がオススメです。 ヘルバトラーとは違い、呪文や特技は一切覚えません。 一見すると、後半に仲間にすべきモンスターには思えません。 しかし、キラーマシーンは豊富な属性耐性があります。 分かりにくい、ドラクエの耐性ですが… 敵が唱える呪文や使うブレス系の特技には属性が設定されており、基本的に人間キャラは耐性が無いため大ダメージを受けます。 ジャハンナの街以降は、とにかく属性耐性が無ければあっという間に瀕死になる過酷な道のりです。 キラーマシーンは、ほとんどの属性に耐性があります。 敵の強力な呪文とブレス攻撃を無力化できるため、キラーマシーンは純粋なアタッカーとして大変重宝します。 3匹目の仲間ですが、「グレイトドラゴン」がオススメです。 グレイトドラゴンもまた呪文は覚えませんが、MPがゼロで連打出来るブレス攻撃が恐ろしく強力です。 輝く息と灼熱という、ドラクエ5内で最強クラスのブレスが習得できるのです。 MPを消費せずに敵モンスターを全体攻撃出来るため、裏ダンジョンでは頼もしい存在です。 以上、ドラクエ5で最強だと思う、それぞれのパーティ編成でした。 ちなみに今回は、リメイク版の4人編成を紹介しました。 唯一3人編成であるSFC版の場合だと参考にならない可能性もあることを、ご了承ください。 ドラクエ5・仲間モンスターをゲットする確率あげる裏ワザは存在するのか? ドラクエ5で遭遇するモンスターの中には、すぐに仲間になりやすい者と非常になりにくい者が混じっています。 仲間になりやすいモンスターの代表が、スライムやスライムナイト。 青年編で馬車を手に入れて間もなく、倒せばすぐに仲間になってくれるほど。 仲間にしていないプレイヤーはいないと言い切っても、過言ではないでしょう。 一方仲間になりにくい筆頭といえば、終盤の魔界で遭遇するキラーマシン。 比較的エンカウントはするものの、いくら倒しても仲間に加わってくれないのです… ちなみに、それぞれ仲間になる確率の一例はこの通り。

次の

【ドラクエ5】おすすめの仲間モンスター|ゲームエイト

ドラクエ 5 仲間

もくじ• もはや敵なしのヨシヒコ御一行 倒しても倒してもメタルスライムが起き上がらなかった結果、 莫大な経験値を手にすることとなったヨシヒコ御一行。 そして手にもつ武器はカジノで手に入れた メタルキングの剣。 伝説の勇者装備 「天空の剣」よりも殺傷力が高いです。 パパスの剣? なにそれ。 そんなヨシヒコたちにはもはや敵はいません。 飛び出す魔物をなぎ倒し、あっさりと炎のリングと水のリングを手に入れ、ビアンカを嫁にします。 ちなみにぼくは子供の頃から何度も何度もドラクエ5をプレイしていますが、 ビアンカ以外を選んだことがありません。 船も手に入れ、目指すはついに今回の冒険の目的地「 グランバニア山の洞窟」。 グランバニア山の洞窟の1〜3Fにはぐれメタルがよく出る そしてたどり着いた、 グランバニア山の洞窟。 ヨシヒコ御一行の旅の終着点です。 ちがう 故郷を目前にして血眼になってはぐれメタルを探し、鬼のようにはぐれメタルを殺戮するヨシヒコとその仲間モンスターたち。 どうやら山の 1〜3Fにはぐれメタルはよく出るらしいです。 しかしメッサーラやミニデーモンと一緒に出るので、 一番最後にはぐれメタルを倒す必要があります。 5Fにも出現し、しかもこのフロアだと 必ず単独で出るのですが 出現率があまりにも低いのですぐに挫折しました。 よく出てくれたほうが精神衛生上よいと判断し、1Fで狩ることに。 しかしはぐれメタルが仲間になる確率はメタルスライムと同じ 256分の1…。 長い戦いになりそうだ…。 洞窟入り口付近ではぐれメタルを殺戮 故郷に帰ることなく洞窟に引きこもり、はぐれメタルを狩りました。 メタルスライムを狩り続けた頃よりも さらに強くなるヨシヒコ御一行。 いったい何を目指しているのでしょうか。 レベル60を超えてしまいました。 しかし、飽きた。 飽きたのでひとまずストーリーをちょこっとだけ進めることに。 ついに故郷に帰り、いろいろあって10年くらいの年月がすぎさりました。 息子と娘を連れ、再び戻ったグランバニア山の洞窟。 そこの1Fで再びはぐれメタルを殺戮します。 そして、 その時はあっさりとやってきました。 ようこそはぐりん。 待っていたよ。 たった100匹ちょい倒しただけで仲間になってくれるとは、なんていいヤツなんだ…。 ヨシヒコの旅の目的はひとまず達成されました。 無敵じゃなかったはぐれメタルちゃん 仲間にしてすぐにサラボナへ向かい、封印が解かれた ブオーンを退治しに。 ここで誤算が。 メタルスライムとはぐれメタルって、呪文やブレスが無効なのはもちろん、敵の攻撃を1しか受けないと思っていました。 なのでレベル1のはぐりんをパーティに加えてブオーンに挑んだのですが、普通に 80とか食らって即死して笑いました。 まぁ、ヨシヒコのレベル60超えてたんで、危なげもなく倒せましたが。 普通に 1以上ダメージ受けちゃうんですね。 知りませんでした。 はぐれメタルを殺戮し続けたメンバーを紹介 はぐれメタルを狩っていたパーティは、ヨシヒコ、メタルスライム、スライム、スライムです。 ヨシヒコ以外は全員 キラーピアスを装備していたので 運が良ければ1ダメージを2回あてることができます。 しかもみんな素早さが高い というかレベルが高い のではぐれメタルより早く動くことも多い。 これで結構な確率で、出現したはぐれメタルを倒せていました。 メタル系を倒すには キラーピアスかどくばりを装備して倒すといいですね。 はぐれメタルを仲間にした後はあっさり全クリ ということで、今回のドラクエ5の旅の目的「 はぐれメタルを仲間にする」を達成したので、速やかに魔界の神 笑 や地獄の帝王 笑 を倒しに行きました。 道中の敵もボスも、長いあいだ 洞窟で修行を積んで強くなった ヨシヒコ御一行には歯が立ちません。 まるでそよ風。 ミルドラースさんもボッコボコにして世界は平和になり、寝ぼけていたエスタークさんを寝かしつけ、ヨシヒコ御一行の旅は終わりました。 ドラクエって楽しいですね。

次の