韓国 キムチ アンテナ。 記事一覧

キムチ速報

韓国 キムチ アンテナ

RSS新着(アンテナ)のTOPページは です まとめブログ界隈で話題のを読んだ所感です。 さて、アンテナ管理人の端くれとして月間1億2000万pvのまとめサイト管理人が出した本を読まないわけにはいきません。 普段は知りたい内容が明確に書いてあるか目次やレビューなどを吟味して買います。 が、今回は中身によらず、とりあえず読もうと決めていたので何も調べずに買いました。 ノウハウ観点での所感 本のタイトルには「ノウハウ」とありますが、結論から言うと、既にまとめサイトを管理している人にとって目新しいノウハウは書かれていないと言えます。 これからまとめサイトを始める人にとっても、ノウハウ本としての意味はあまり無いと思います。 ノウハウ目的であれば、Googleで検索したほうが有益な情報が得られます。 何を期待して買うかにもよりますが、もしアフィリエイトなどで儲けることを期待しているのであれば のほうが良いですね。 中の人の生い立ちや、プライベートで起きた事件なども含まれていますので。 スポーツ新聞がやっているからまとめブログでもやって良いという考えは少し疑問。 オリジナル記事を書くための考え方なんかは多少参考になった気もしますが、 検索すれば同じようなレベルの内容はすぐに見つかります。 ということで、無料で読めるブログのタイトルならいざしらず、 お金を払って買うこの本のタイトルに「ノウハウ」を含めたことには違和感があります。 あくまで個人的な感想なので、Amazonのレビューでも確認してみてください。 他の観点での所感 ノウハウ観点の否定から入ってしまいましたが、全否定するわけでもありません。 とくに私はノウハウを期待して買ったわけではなかったので、読み終わった後に Amazonのに書かれているような嫌悪感はありませんでした。 というよりも個人的にはノウハウより大切なことが書いてあったと思います。 それは、人気サイトになったと感じるまでに、少なくとも2年以上、1日18時間ブログ中心の生活を過ごしたという部分です。 あと、続けるのに最も大切なのはお金ではなくて情熱だという部分も。 これはキレイ事ではなくて、私も一部正しいと思っています。 私は、この世界で儲けるという意味で成功するのは、18時間・2年以上も熱中できるような狂気じみた人か、 ビジネスとして成功させるセンスを持った人だと思います。 後者は、はちま起稿をはじめ大手が行っている複数人管理、 記事作成代行などを取り入れて仕事として効率よくクールにやるべきですが、 前者に必要な狂気のことを情熱と呼ぶのかもしれません。 また、この狂気が人を惹きつける文章の元になるのだと思っています。 なんにせよ、駆け出したばかりのまとめサイト管理人や、これから始める人たちに、こんな生々しい経験を語ってくれる人は居ません。 私も管理人の端くれとして感じていたことではありましたが、それを確信できました。 贅沢を言えばもう少し早い時期に読みたかった本です。 まとめ ということで、覚悟を決めたい人・感じたい人には一読の価値はあれど、ノウハウ本としてはお薦めできないかなという感じでした。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 今回紹介した本 清水 鉄平 SBクリエイティブ株式会社 売り上げランキング : 370 応援・共有してもらえると、 韓国あんてなを続ける力になります。

次の

韓国人「やばい、日本車が売れまくってる → 日本車の乗りは危険」 : キムチ翻訳速報

韓国 キムチ アンテナ

「日本で見かけるキムチは主に、桃などフルーツで発酵させたものが多いですよね。 なので、味がワンパターン。 韓国ではキムチと一言で言っても、発酵するときに使用する材料で、味わいが違います。 また、実はキムチって浅漬けとかもあるんですけど、浅漬けのキムチを、日本ではあまり見たことがないですね」 キムチの作り方は千差万別。 韓国の地域によっても変わるそうです。 韓国では牡蠣・イカ・あみの塩辛やイワシのエキスなど、海鮮物をたっぷり入れて発酵させる方法もあるそうです。 そうすることで、キムチの香りもより高くなり、より塩が効いた味になるそうですよ。 しかし、海鮮で発酵させたキムチは日本にはあまり見かけず、見かけても値段が高いそうで、なかなか気軽に食べることはできないそう。 また、浅漬けのキムチはより甘辛く、濃い味がします。 キムチの浅漬けもなかなか日本では手に入らないそうで、韓国から送ってもらって食べることが多いだとか。 こんなに作り方の違うキムチがあるのには、驚きですね! 「韓国では料理屋に行くと、キムチはお通しで出てきます。 日本はキムチが有料のところが多いですよね?日本でキムチにお金を払うのに、実は若干抵抗があります(笑)」 韓国ではお通しとしてキムチが出されることが多くありますが、それは全て無料。 何か1品注文しないとお通しは出てきませんが、それでも日本のようにお通し代はかかりません。 一方、日本ではキムチがお通しというところも珍しいですし、お通し自体が有料の場合も多いですよね。 いつも無料で食べられていたキムチにお金を払う、ということに抵抗があるそうです。 日本でいう、お水やおしぼりにお金を払う感覚でしょうか。 確かに無料で食べれるのが当たり前だと思うと、日本ではなんで有料なのかと疑問に感じてしまうかもしれません。 「在日韓国人が営む屋は日本に多くあります。 しかし、本場のキムチと同じような味を出してるところはそう多くないですね。 それはやはり、白菜や材料の違いかなと思います」 在日韓国人が経営する屋さんの多くは、自分たちでキムチをつけていることが多いそうです。 味付けや料理方法は韓国で受け継いだ方法で作られていても、白菜などの生鮮食品は、日本の物を使っているところも多いそう。 なので、やはり本場と完全に同じような味わいは難しいようです。 新のようなコリアンタウンで食べても、本場との違いがわかるそうですよ。 また、韓国人が作ったキムチではないというのも、味でわかってしまうそうです。 それほど味の違いが、如実に出てしまうんですね。 また屋さんの多くは、日本人に合わせた味付けになっているそう。 本土で食べるキムチとは、やはり大きく違いが出てしまうのですね。 「日本のスーパーでもキムチは多く見かけますが、正直、購入したことはありません。 見てみると日本産や中国産も多いので、食べたいとは思わないですね。 だいたいの人が、韓国にいる家族や親戚から送ってもらってます」 韓国では毎年11月に、キムジャンというキムチを漬ける時期があり、多くの家庭はそこでキムチを漬けます。 その時に在日韓国人は、韓国にいる家族や親戚からキムチを送ってもらうそうです。 11月以外も韓国から送ってもらっては、近所にお裾分けをしたりするそう。 また、キムチと一言で言っても、韓国でも地域や家庭によって味付けは変わります。 自分の好きなキムチが欲しい!となると、やはり現地の慣れ親しんだ人に送ってもらうのが、一番ですね。 在日韓国人が感じる、日本のキムチの本音いかがでしたか?キムチの存在は日本でより広がりを増し、多種類のキムチがスーパーのお惣菜コーナーで売っていることも、多く目にするようになってきました。 しかし、実は韓国のキムチとは違いがあり、韓国人はあまり食べていないとのことです。 韓国人が営む屋も、完璧には母国のキムチの味を表せてないと先ほど述べましたが、それでも在日韓国人は日本の屋によく訪れるそうです。 完璧に同じものがなくても、やはりキムチの味は恋しくなるそう。 ぜひ韓国に行った際には、日本のキムチとどう違うか、食べ比べしてみてください。

次の

韓国あんてな

韓国 キムチ アンテナ

こんにちは。 ソウルナビです。 T 韓国人の中でもお母さんの漬けたキムチさえあれば食欲増進!あっという間にご飯をぺろりと平らげてしまう人もいるそうです。 時にはまずいキムチもあったりします。 漬ける材料や方法によってたくさんの種類がある。 ナル(生 ~/白菜~/ヨルム(幼い大根)~/チョンガッ~/~が漬かる/~を漬ける」というように書かれています。 これからも分かるように、キムチは白菜だけでなくて大根やきゅうりなどの野菜でも作ることができ、さまざまな野菜で作ったすべてを通称してキムチと言います。 それでは今からソウルナビが選んだ絶対に知らなくてはいけない、絶対に一度は食べてみないといけない「韓国のキムチBest5」を本格的にご紹介いたしましょう。 選定基準は韓国人が最も好きなキムチとみなさんが韓国の食堂に行ったときに口にする可能性の高いキムチを考慮して選定してみました。 冬のキムジャンキムチを漬ける何週間か前に漬けるトンチミは、さっぱりとした汁の味が美味い水キムチ!お餅と一緒に食べたりお酒のつまみにもぴったり。 汁に冷麺や蕎麦を入れて食べてもGood。 からし菜やネギ、発酵した唐辛子、梨などを入れて漬けるとさらにさっぱりとした味が楽しめます。 現在はダイエット食品に認定されていて、ガン予防にも効能があることもわかっているキムチ!!韓国にいらっしゃったら是非お召し上がり下さい!もちろん、お土産としても買って帰るのを忘れないでね!今、お気に入りのみずみずしい白菜キムチを思い出し口の中がじゅるじゅるのソウルナビがお伝えしました。

次の