新年の挨拶文。 新年の挨拶を手紙に書く際の参考になる例文

【一覧】時候の挨拶・季節の挨拶が分かる例文と結びの言葉

新年の挨拶文

2週間くらい「新年快乐」を言い続けていれば間違いないってことです(笑) 日本語に訳せば「新年おめでとう」なのですが、 日本語の「よいお年を!」の意味も含まれているということになります。 そういう意味で万能のキーフレーズ。 多少意味が違うので場面を選ぶ場合もありますが、 基本的にはどこで誰に伝えても使える表現になります。 ちなみに「恭喜发财」はお金にかんする祝福の言葉。 お金のことをダイレクトに表現するのは意味的にみれば はばかられそうなイメージが日本にはありますが、中国ではまったく関係ないのでどんどん使って大丈夫です。 【上級編】多数の組み合わせ&別れ際にいう 組み合わせて使う 上の表現をいくつか 組み合わせて使うと、とても中国人的な使い方になります。 たとえば、 新年快乐!恭喜发财!万事如意! とにかく並べるだけです。 最初に3選のフレーズを言って、それから4文字フレーズをいくつか付けるイメージです。 新年好!身体健康!全家平安! 新春快乐!万事如意!身体健康! などどんな組み合わせでもOKです。 別れ際にも使う そして日本語と違っておもしろいと思うのは、 新年に会ったときだけではなく、別れ際にも同じように使うということです。 日本人だったら「あけましておめでとう」と言いながら別れたりはしませんよね? でも、中国人は 別れ際に上のように伝えたりします、しかも大きな声で(笑) 翻訳してしまうと違和感がありますが、意訳すれば 「今年もよろしくね〜!」といった感じ。 そういうものだと思って、出会ったときと別れ際、両方伝えるようにすると印象がよくなるはずです。 また、「元気がいい」「威勢がいい」のは中国ではとってもよいこと。 新年を迎えるにあたって爆竹や花火を鳴らすのもそういう要素のあらわれだと思います(邪気を払うというのが本来の目的ですが)。 春節であればなおさら。 いつもよりも少し大きめの声で伝えられればより素敵だと思います! スポンサーリンク.

次の

新年会の挨拶》乾杯/スピーチ/新年の抱負/司会/中締め/締め/例文/文例

新年の挨拶文

厳寒の候/酷寒の候/厳冬の候/大寒の候/中冬の候/孟冬の候/頌春の候/初春の候/新春の候/迎春の候/新陽の候/年始の候/ 1月の季語の読み方ですが、候は「こう」と読みます。 厳冬の候は「げんとうのこう」。 以下、酷寒(こっかん)厳冬(げんとう)大寒(だいかん)中冬(ちゅうとう)孟冬(もうとう)頌春(しょうしゅん)初春(しょしゅん)新春(しんしゅん)迎春(げいしゅん)新陽(しんよう)年始(ねんし) 季語を使った1月の時候の挨拶は、ビジネス文書の場合は「厳寒の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申しあげます」、プライベートな文書では「初春の候、いかがお過ごしでしょうか」「大寒を迎え、寒さが身にしみる季節になりました」などとします。 ・ 希望にあふれる新しい年を迎えました。 ・ 一陽来復の春、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 ・ 七草もあわただしく過ぎてしまいました。 ・ 寒の入りも過ぎ、寒さもいよいよ本番を迎えました。 ・ 大寒を迎え、いよいよ冬将軍の到来。 ・ 寒中お見舞い申しあげます。 ・ 松飾りもとれ慌ただしい生活が戻ってまいりました。 ・ 厳しい寒さが続きます。 いかがお過ごしでしょうか。 ・ 暖冬とはいえ、毎日厳しい寒さが続いています。 1月の手紙の書き出しは、新年や季節感を表わす挨拶文を文頭に持ってきて、先方の安否を気づかう言葉を添えます。 「あけましておめでとうございます。 おだやかなお正月をお迎えのことと存じます」「底冷えの毎日ですが、お変わりありませんか」など。 ビジネス文書の場合は、拝啓・謹啓・拝復などの頭語(とうご)から入り、時候の挨拶(の候)を述べたら、そのまま用件(主文)に入ります。 「謹啓 新春の候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。 さて、さっそくですが~」など。 時候のあいさつは省いて「拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 さて、このたびは~」としても問題ありません。 /よき新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。 /厳寒の候、ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。 /寒さが一段とつのってまいりました。 お変わりございませんでしょうか。 /寒冷のみぎり、お風邪など召されていらっしゃいませんか。 /大寒になり、まさに寒さ極まれりの感がいたします。 ご機嫌のほどいかがでございましょうか。 /暖冬とはいえ、やはり冬の厳しい寒さは身にしみます。 いかがお過ごしでしょうか。 ・ 極寒の候、お元気でお過ごしください。 ・ 厳冬のおりから、くれぐれもご自愛ください。 ・ 寒さはこれからが本番。 お風邪などひかれませんように。 ・ この一年が幸多き年となりますようお祈り申しあげます。 ・ 今年もおだやかな一年となりますように。 ・ 厳しい寒さが続きます。 どうぞご自愛ご専一に。 ・ 本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。 1月の手紙の結びは、年頭にあたっての挨拶や季節に合わせた挨拶を入れたあと「ご自愛専一に。 」「風邪などひかれませんようご留意ください。 」などの言葉を添えます。 「極寒の折から、ご自愛専一に。 」「大寒を迎え、寒さはこれからが本番。 くれぐれもお身体を大切に。 」といった言葉で結びます。 ビジネス文書の場合は文末の時候の挨拶は不要です。 用件を述べたあと「まずは書中にてお願いまで。 」「とり急ぎご連絡まて。 」「まずは書面にて、お知らせ申しあげます。 」などの言葉でまとめます。 1月の手紙の挨拶文(上・中旬・下旬) 時候の挨拶は、月の前半や月の後半、上旬・中旬・下旬などと、分ける必要はとくにありません。 1月でしたら「酷寒のの候ますますご清祥のこととお喜び申しあげます」と、冒頭に、1月の季語を使った「の候」を入れておけば大丈夫です。 上旬・中旬・下旬と使い分けるのであれば、七草・鏡開き・新年会・成人の日など1月の行事や風物詩などを時候の挨拶に入れると、1月らしい季節感のある挨拶文になります。 1月の代表的な和風月名は「睦月」。 読み方は「むつき」。 睦月の語源や由来については諸説ありますが、正月は、貧富分け隔てなくお互いに親しく睦(むつ)み合う月、天地和睦(てんちわぼく=戦や争いをやめて仲睦(むつ)まじくする)月、などからきていると言われています。 1月の別名には次のような呼び名があります。 祝月(いわいづき)王春(おうしゅん)開歳(かいさい)開春(かいしゅん)解凍(かいとう)華歳(かさい)夏生(かせい)元月(がんげつ)規春(きしゅん)謹月(きんげつ)暮新月(くれしづき)月正(げっせい)献歳(けんさい)歳始(さいし)山陽月(さんようげつ)主月歳(しゅげつさい)首春(しゅしゅん)春孟(しゅんもう)初月(しょげつ)初節(しょせつ)始和(しんわ)人正(じんせい)青歳(せいさい)征月(せつげつ)泰月(たいげつ)太郎月(たろうづき)端月(たんげつ)地正(ちせい)天正(てんせい)年端月(としはづき)年初月(ねんしょげつ)発春(はっしゅん)初空月(はつそらづき)流行正月(はやりしょうがつ)芳歳(ほうさい)孟春(もうしゅん)孟陽(もうよう)履端(りたん)子日月(ねのひづき) 1月:外国語の呼び方 1月は英語では「January」(ジャニュアリー)。 ローマ神話に出てくる「Janus」(ヤーヌス)という神の名前からとったと言われています。 英語で発音すると「ジャーナス」。 ヤーヌスは物事の始まりの神であることから一月の守護神とされていました。

次の

新年会の挨拶》乾杯/スピーチ/新年の抱負/司会/中締め/締め/例文/文例

新年の挨拶文

新しい年となり、仕事が始まると訪問先や電話先、そしてビジネスメールのやり取りなどで新年の挨拶を行う機会が多くなります。 その際、年始の挨拶とは、いつからいつまでのことか、件名や内容はどのように記載すればいいのか、迷う方もいるのではないでしょうか。 新年の挨拶は年末の挨拶に比べ、積極的に行いやすく先方も好意的であることが多いです。 また、新年の挨拶こそ、あまり取引のない顧客に対してもアポイントが取れる良い機会でもあります。 礼節をわきまえつつ営業を行うことで新しい可能性が生まれやすい、新年の挨拶。 年に1度のこの機会、ぜひうまく活用したいものです。 今回は、取引先や顧客に送る年始の挨拶メールのマナーやその例文を紹介します。 しっかりとおさえて、飛躍の年をスタートさせましょう。 年末の挨拶については以下の記事を参考にしてみてください。 新年の挨拶はいつからいつまで? 新年の挨拶「明けましておめでとうございます」を伝える期限は、明確には決められていません。 一般的に松の内までに新年の挨拶をするべきといわれています。 松の内とは、門松などのお飾りを飾っておく期間のことです。 門松は、年神様という毎年正月になるとやってくる豊作や幸せをもたらすといわれる神様が迷わないように目印として飾られているお飾りです。 門松などの飾りを外す「松の内」の終わりは、関東では1月7日、関西では1月15日といわれています。 地域により異なるため年始の挨拶がいつまでかは明確に決められていないのです。 しかし一般的に、地域の慣例があるならばそれに従った方が良いとされています。 もし使っていいのかわからず迷うようならば、「明けましておめでとうございます」の変わりに「本年もよろしくお願いいたします」というフレーズを取り入れることで、違和感のない挨拶ができるでしょう。 参考: 新年の挨拶メール例文を紹介 取引先に送る新年の挨拶メールとは、どのようなものなのでしょうか。 大体のフォーマットが決まっているので、例文として紹介します。 ぜひ、参考にしてください。 昨年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。 誠に恐縮ではございますが、メールにて年始の挨拶とさせていただきます。 本年もどうぞよろしくお願い致します。 年も改まり、社員一同これまで以上の努力をもって ご要望にお応えしてまいります。 本年も変わらぬご愛顧のほど何卒お願い申し上げます 2019年元旦 ************** 署名 ************** 参考: 例文3(社内向けメール) 皆さん、新年あけましておめでとうございます。 今年は企業の真価が問われる年となります。 正念場だと心得て、精一杯努力する所存です。 ぜひ全員の心を一つにし、飛躍の年としましょう。 今年もよろしくお願いします。 旧年中は格別のご高配を賜り、深く感謝申し上げます。 これもひとえに、〇〇〇〇様をはじめ多くの皆様のご愛顧の賜物と感謝しております。 本年も旧年同様、一層のサービス向上を目指す所存です。 何卒よろしくお願い申し上げます。 尚、新年は1月0日より皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。 1通1通丁寧に送ることが前提の、新年の挨拶メールは大変かもしれません。 だからこそ送る相手を思い浮かべながら丁寧に送り、今後のビジネスに繋げていきましょう。 年末の挨拶の文例も見てみる.

次の