洗脳 くん。 北九州一家連続殺人事件を踏まえつつ「闇金ウシジマくん 洗脳くん編」を読む

【闇金ウシジマくん3】漫画「洗脳くん」読んで最終回ネタバレ。結末は「神堂と勅使河原が逮捕。まゆみは自分を取り戻す」

洗脳 くん

闇金ウシジマくん、面白過ぎます! 元々は、乃木坂46のまいやん(白石麻衣)が映画版のウシジマくんに出演するということで、「ウシジマくん、前から気になってたし…。 あらすじだけでも知っとこうかなあ~」とウシジマくんワールドに入り込んだのですが…。 はい、3日間で3シーズンとも見ちゃいました! (あ、これはドラマ版の話です。 ) で、特にシーズン3の通称「洗脳くん」編が最高に面白かったので、今回はその感想を書きたいと思います。 ちょいちょいネタバレ要素が入っちゃうかもしれません。 ご注意ください。 では、早速見ていきましょう。 闇金ウシジマくんシーズン3(洗脳くん編)のあらすじ 闇金ウシジマくんシーズン3は、ある女性が刑務所から出所してきたところから始まります。 数年間の刑期を経て刑務所を出てきた女性の前に現れたのはウシジマ社長(山田孝之)でした。 そこから物語は数年前に遡ります…。 上原まゆみ(光宗薫)は、一流企業に勤めています。 でも、妹に結婚を先越されたり、彼氏の橋くんはパッとしなかったり、仕事でも上司に怒られたり 最近はなんだか何もかもが上手くいきません。 そんなまゆみは最近、ある占い師(預言者?)にハマっていました。 高額なブレスレットも、聖水も、先生が勧めるがままに購入します。 そして、ある日を境に、まゆみに神堂と名乗る男が接近してきます。 最初は不自然に思っていたのですが、占い師の勧めや色々な「偶然」(本当は神堂が仕組んだもの)が重なり、まゆみは次第に神堂と距離を縮めていきます。 でも、距離が近づいていくにつれて、 神堂は次第に本性を現すようになっていきます。 そして、恐怖と暴力によってまゆみとまゆみの周辺を洗脳していきます。 そう、神堂は多数の女性を騙し、そしてマインドコントロールによって支配し、女性を通じてありとあらゆるものを奪い取る犯罪者だったのです…。 しかし、神堂の要求が苛烈を極めていく中で、まゆみはウシジマ社長で出会います。 そして、結末はウシジマ社長の「貸したお金は絶対に取り返す」という信念が、神堂の思惑と衝突します。。。 そして、このメインストーリー(?)の他にも、• 働く意欲が湧かずに生活保護で食いつなごうとするニートの小瀬ちんが人に感謝される喜びを知り起業する話。 母親に体を売ることを強要されるようになった少女ミナの話。 などもあります。 小瀬ちんは結構ハッピーエンドですが、ミナちゃんは「う~ん」という、なんともウシジマくんシリーズらしい結末でした。 この全部がハッピーエンドで結末を迎えるわけではないところなんかは、ウシジマくんシリーズの特徴の1つですよね・・・。 リアリティが感じられ、個人的にはすっごい好きです。 闇金ウシジマくんシーズン3(洗脳くん編)の感想 メインの女性キャラクターであるまゆみ役を努めたのは元AKB48の光宗薫さんだったのですが、思っていたよりも全然違和感がありませんでした! すっごい失礼なんですが、「AKB=そんなに上手くない」みたいに思い込んでいたので正直なところ、まったくの予想外でした。 しかも、かなり際どい衣装のシーンがあったり、過激な演出のシーンがあったりとなんか真木よう子さんを彷彿とさせるものがありました。 (完全主観です。 ) ちなみに、ストーリーというかコンテンツ自体はとっても面白かったです。 細部の心理描写、心理誘導なんかは「勉強になるなぁ」と感じたほどです。 具体的な例をあげれば、• DVかも?でも、結婚するのバレたし…。 これで自分から振ったりしたら周囲への心象悪いだろうなぁ…。 :まゆみ• 人に迷惑をかける罪とみんなと楽しみを共有できる罪。 どっちの方が良い罪?:神堂• (「ヒトに見られるな」「肉団子を海に捨てる」などの前提があって)それってやばいことなんじゃないの…?(あえて死体遺棄をしているのではないかとは言わない):神堂• 母親を食い物にする男が気に食わない。 でも、自分を利用するだけで愛してくれない母親も憎い:ミナ• 人に求められたり、感謝されたりすることで、次第に働く喜びを知っていく。 :小瀬 などなど。 基本的に、理性と感情は対立し(ていると私は思ってい)ます。 しかし、 理性と感情を媒介しているような存在である身体(感情と理性のどちらにもつながっている)への刺激をトリガー・引き金にすることで、理性を壊し感情を支配することは可能なのだなとつくづく感じました…。 そして、その際に• 不快と快のギャップを用いる。 支配させたい対象に後ろめたさと感じさせる。 解決し難い悩みや不安に明快さを与えてくれる非論理的なことを信じさせる。 など色んなファクターがあるんだなぁという点に関してもとても学びのあるドラマでした。 まだ、原作マンガは読んでいないのですが、違いなども知りたいので是非とも読みたいと思ってます…!.

次の

闇金ウシジマくん (28) (ビッグコミックス)

洗脳 くん

山田孝之さん主演のドラマ「闇金ウシジマくん3」の原作漫画「洗脳くん」編を読んだのであらすじと最終回ネタバレ、結末に迫ります。 ドラマ「闇金ウシジマくん3」を見る時間がなかったり、見るほど興味はないけどあらすじや、最終回の結末ネタバレは知っておきたいという人は参考になると思います。 「闇金ウシジマくん3」のドラマ原作は、同名タイトルの人気漫画です。 今作シーズン3では「実写化は絶対に不可能」といわれた最も過激な「洗脳くん」編を中心に描かれます。 上原まゆみ役の光宗薫さんは、最初と最後では人相が変わってしまうほどの体当たり演技に挑戦しています。 山口雅俊監督は「刺激に慣れた原作やドラマ映画ファンも度肝を抜かれるでしょう」と自信を見せています。 冷静沈着・冷酷非道で、返せない債務者を徹底的に追い詰める。 ・柄崎貴明 えざき たかあき (やべきょうすけ) No. ウシジマの幼馴染で片腕的存在。 ・エリカ(久松郁実) Sキャラな美人受付嬢。 強面の柄崎より強面かも。 ・高田(崎本大海) 社員。 元ホストでイケメン。 闇金界のプリンス。 フリーターの恋人や親の干渉に不満を抱く。 ・妹:上原みゆき(今野鮎莉) 姉より先に結婚したが旦那に不満あり。 ・希々空(小瀬田麻由) 小悪魔ニート。 色仕掛けで小瀬を巻き込む。 ・川崎(ムートン伊藤) 女好きのサラリーマン。 テルミのウリ先で上原重則の上司。 情報屋として手助けする。 本当はナース。 ・ジュリア(佐々木麻衣) モデルを目指しながらキャバクラや風〇で働く。 ウシジマと長い因縁のある最強・最悪のライバル。 ・村井(マキタスポーツ) 犀原茜に服従する部下。 同じNo. 2として柄崎に対抗意識を持つ。 ネットカフェで暮らし金に困っている。 ・母:結城恵美子(倖田李梨) パチンコ狂いなダメ母。 茜から借金して男に貢ぐ。 ある日、神藤(中村倫也)と名乗る不思議な男と偶然出会った彼女は、心酔する占い師から「運命の出会い」だと言われ、なんとなくその気に。 しかし、彼女の人生が動き始めたその果てには、ウシジマ(山田孝之)との皮肉な巡り合わせが待っていた。 一方、家出してネットカフェで暮らす少女の美奈(佐々木心音)は金に困り、パチンコ三昧の母・恵美子(倖田李梨)に母娘セットで7万円というウリの話を持ち掛ける・・・。 働く気のない小瀬(本多力)はガスも電気も止められ、生活保護の申請に赴くも、取り合ってもらえない。 なんとか裏技を使って大好物の牛丼をゲットして食べていると、ウシジマらカウカウファイナンスのメンバーがやってきて・・・。 それぞれ転落と隣り合わせの人生。 運命の歯車が狂い出す時、彼らの前に立ちはだかるアウトローの金融屋・ウシジマはどのような鉄槌を下し、その人生を変えてゆくのか? 超キケンな新章がついに幕を開ける。 橋下という彼氏がいるが、古着屋でバイトなので将来性がないし友達のアスカと浮気している。 早速相談すると「インナーチャイルドが見えるわ」といい生年月日言っただけで色々なことを言い当てた。 すると神堂大道という男性が現れ「運命ですね」と傘を貸してくれた。 ある日、神堂と偶然再会するがなぜかまゆみの名前を知っている。 翌日まゆみが早朝ランニングをしていると、神堂もランニングで現れた。 まゆみは偶然居合わせた神堂の車で、仲裁に向かう。 神堂はその知人に「みゆきをストーカーした」と巧みに自白させその場を収拾した。 まゆみはお礼に実家に神堂を迎える。 トラブルが片付いたカズヤは神堂に感謝しつつ酔いつぶれる。 そんなカズヤを神堂はおぶって車で自宅まで送った。 カズヤは公務員だが安月給なので、みゆきは週一でガールズバーで働いている。 結婚生活に不安があり、浮気の心配もあると神堂に打ち明ける。 神堂は、探偵を紹介するという。 2人はキスをした。 神堂は「結婚を前提に付き合ってください」とプロポーズする。 まゆみが勅使河原先生に神堂のことを相談すると、正直になりなさいと言われる。 翌日、まゆみは編集長から大事な企画を任される。 また、彼氏の橋本が「ちゃんとするから一緒に住もう」と行ってきたが今更だ。 神堂はまゆみに婚約指輪をプレゼントした。 勅使河原先生のおかげで恋愛運があがっているようだ。 いつもの早朝ランニングのあと、まゆみは神堂をホテルに誘い結ばれる。 (実は神堂がパンクさせた) 神堂は偶然をよそって広子に会い、パンク修理の間、ドライブに誘う。 「広子さんに会いにきました」そう言ってホテルに連れ込んだ。 勅使河原先生に相談すると「信じていた方が楽に生きられる」とアドバイスを受ける。 そのころ、神堂はまゆみとベッドにいた。 カズヤは大麻を吸い始める。 まゆみも神堂に誘われ大麻を吸う。 神堂はその顔を写真に撮った。 まゆみはあすかに会う時は自慢気に婚約指輪をはめるが会社では外していた。 また、上司といるとき神堂を知人だと紹介し、神堂は自分を信用できないのかと怒る。 まゆみは、仕事上、結婚を公にすることは難しいと訴える。 すると神堂はコップでまゆみが婚約指輪をはめた指を潰し「ギャー!」指輪が外れないようにした。 神堂は「愛のムチ。 いや愛のコップだ」と言うが、まゆみはもう話すことはない、帰ってと言う。 突然DVを始めた神堂を、まゆみはもう信じられない。 口答えすると傷口を握ってまゆみに苦痛を与える。 それでも神堂は「愛してるからだ」といい無理やりまゆみを抱いた。 今度は神堂は、会社の資金繰りが苦しいから500万円出して株主になってくれと頼んだきた。 まゆみは結婚の取り辞めを母に相談するが、母は取り合ってくれない。 まゆみの誕生日の前日。 花束を持った神堂が部屋にきてまゆみを優しく抱いた。 ところがまゆみがトイレに行ったときに、橋本から電話がくると態度が豹変。 神堂はまゆみの顔を殴り、橋本に貢いだ金額を問い詰める。 神堂は橋本がまゆみから200万円騙しとったといい、カズヤと回収に行った。 神堂は橋本にバックにヤ〇ザがいると脅す。 占いによって相手の資産状況をチェックし、ターゲットを決め、神堂が落とすという仕組み。 上原家の全財産3億円を没収するつもりだ。 勅使河原はまゆみに「彼の暴力は愛の証よ」と洗脳する。 水も食事も与えられない。 それよりも金を用意することを神堂から命令された。 そして家族・親戚・友人・会社の同僚・全員に金の無心を強要させられる。 神堂の言うことを聞けば水と食料が与えられる。 金の無心を断った相手には「クソ野郎」と罵倒したり、泣き落としをさせられる。 また以前、麻薬を吸っていた画像を犯罪の証拠として神堂から突きつけられる。 実はこれは神堂の罠。 神堂がまゆみの番号にかけると見知らぬ人が出て、携帯は返すが「ゴミ捨てを手伝え」という。 まゆみがその人物に会いに行くとどこかで見覚えのある顔だが思い出せない。 (これは豹変したアスカ) ゴミの入ったカバンを渡され携帯で指示されながらゴミを捨てていくまゆみ。 ペットボトルの中身を公衆便所に流し、豚骨団子を川に人目につかないよう捨てる。 そこへ神堂から電話があり、それは死体遺棄だろうと指摘を受ける。 その場合、まゆみも死体遺棄で逮捕されることになっていまう。 神堂はまゆみの両親に会い、借金まみれなことと、両親に対する恨みを遺書に書いたことを告げる。 また、神堂は広子に、神堂と広子の関係がまゆみの自殺の原因だと話す。 一方でみゆきには、カズヤが探偵を雇っていて自分に交渉してきたから100万円必要だと迫り、みゆきに風〇の仕事を紹介する。 まゆみは仕方なく引き受ける。 しかし帰り道に車で店に神堂が買い物に行った隙にまゆみは逃げた。 神堂から靴を取り上げられたので裸足だが必死で逃げるまゆみ。 神堂はまゆみの家族も呼んで捜索が始まる。 まゆみは子供の頃家出した場所に隠れていたが広子が見つける。 父の重則は神堂から離して娘を医者に診せようとするが、神童が「殺人と大麻」を医者にバレてもいいのかと脅し、結局は神堂がまゆみを連れ帰った。 神堂は躾と称してまゆみに電気ショックを与える。 スイッチを押すのはアスカだ。 神堂によると アスカはまゆみに殺人を強要させられたと証言している。 また、殺したのはアスカの父親で、まゆみは不倫していたとも。 アスカは2000万円でうつという。 無断欠勤と会社の経費を使い込んだからだ。 当然両親は信じないが、神堂はまゆみの生活費と2000万円を用意しろと迫る。 そして金がないならアパートの風呂場の配管リフォームを手伝えという。 神堂はまゆみの家族の弱みにつけこみ、リフォームをさせる。 配管をいじると、人間の歯が出てきた。 アスカの父親の歯だといい、配管と一緒に捨ててこいと指示する。 言われた通り捨ててくると、神堂から「殺人の証拠隠滅に加担した」と指摘される。 その一方で神堂はアパートにみゆきを呼び、抱く。 後日、カズヤはみゆきを殴り「電気ショック家族会議」を始める。 娘2人がおかしくなったのは父親のせいだといい重則に電気ショックを与える。 重則は神堂の指示で、所有する土地の売却を勧める。 そんななかカズヤが電気ショックを与え過ぎて重則が死んでしまう。 神堂は死体の処理を任せ、まゆみは必要な道具を買いに行く。 死体をバラすとペットボトルと豚骨肉団子が出来上がり家族全員で少しづつ捨てに行く。 神堂は広子を煽ってカズヤに殺虫剤入りの烏龍茶を飲ませる。 カズヤは髪の毛が抜け下痢が止まらなくなりアホになった。 重則の死体を捨てにいく際、広子はみゆきから重たいペットボトルを指示され、腹が立った広子はみゆきの目をつぶした。 そして広子は神堂に「みゆきが団子入りのカバンを失くした」と報告する。 神堂は、広子の仕業であると見抜き、広子に枕カバーを被せ、みゆきに酒を火をつけさせた。 顔に大やけどを負う広子。 ウシジマくんは証拠を見せろといい、まゆみが検査するとまさか本当に妊娠していた。 神堂は産みなさいと指示し、まゆみはウシジマくんからひとまず20万円を借りることができた。 そんななか、状況を察した柏木がアパートにやってきた。 しかし柏木は、広子に頭をハンマーで殴られ神堂に喉をさされアッという間に殺される。 また、以前広子が捨てた肉団子を警察が見つけ、神堂と勅使河原を追っていた刑事に知れた。 神堂は以前「天見」と名乗り、勅使河原は「麻生川弥生」と名乗っていた。 「麻生川弥生」の家族3人はドラム缶から見つかっている。 神堂はまゆみに包丁を与え、どうするか選べという。 そんな時アパートにウシジマくんが訪ねてきた。 ウシジマくんは神堂をどけて部屋に入り、枕カバーを被った広子と、まゆみを見つける。 まゆみに「今日返済日だぞ」と返済を迫るウシジマくん。 ウシジマくんが柏木に電話をかけると奥の部屋に隠してあった柏木の携帯が鳴った。 広子がハンマーでウシジマくんを襲おうとすると、外に仲間がいるぞというウシジマくん。 広子はまゆみが死ねば借金はなしだな!とまゆみを殺そうとする。 するとウシジマくんが止めに入り、包丁で刺そうとしたみゆきも止められた。 神堂はまゆみにウシジマくんを刺すよう指示するが、まゆみはウシジマくんの言葉に自分を取り戻し、刺さなかった。 そこへウシジマくんの仲間がやってきて、神堂をノックダウンした。 障害で訴えるぞと反抗する神堂だったが、ウシジマくんから殺すと脅され、承諾した。 神堂は他に騙してる女性がおり、彼女から200万円は簡単に手に入るという。 神堂はウシジマくんに連れられ、その女性に会いにいき、簡単に200万円を手に入れ、ウシジマくんに渡した。 車もウシジマくんが没収した。 神堂はウシジマくんから解放され、勅使河原の待つ部屋へと帰る。 また名前を変えて新たに詐欺をすればいいのだ。 ところが部屋に入ると刑事がいて逮捕状を持っていた。 犯罪の証拠もあった。 なんと、カズヤはアホのフリをして、閉じ込められたオリの中に、自分の血で毎日拷問の記録を取っていたのだ。 こうして神堂と勅使河原は逮捕された。 まゆみは死体遺棄と損壊で求刑10年が懲役6年に。 洗脳による心神耗弱が認められたのだ。 母親の和子と妹のみゆきは殺人罪で無期懲役の求刑が懲役28年に。 神堂・勅使河原・アスカには死刑が言い渡された。 数年後。 まゆみは街で偶然ウシジマくんに会い、桜を見て涙した。 「洗脳くん」とは、神堂のことだったのです。 ドラマ「闇金ウシジマくん3」では「テレクラ編」などのエピソードも追加されていますが、そこは見てのお楽しみということで。

次の

闇金ウシジマくん (28) (ビッグコミックス)

洗脳 くん

闇金ウシジマくん、面白過ぎます! 元々は、乃木坂46のまいやん(白石麻衣)が映画版のウシジマくんに出演するということで、「ウシジマくん、前から気になってたし…。 あらすじだけでも知っとこうかなあ~」とウシジマくんワールドに入り込んだのですが…。 はい、3日間で3シーズンとも見ちゃいました! (あ、これはドラマ版の話です。 ) で、特にシーズン3の通称「洗脳くん」編が最高に面白かったので、今回はその感想を書きたいと思います。 ちょいちょいネタバレ要素が入っちゃうかもしれません。 ご注意ください。 では、早速見ていきましょう。 闇金ウシジマくんシーズン3(洗脳くん編)のあらすじ 闇金ウシジマくんシーズン3は、ある女性が刑務所から出所してきたところから始まります。 数年間の刑期を経て刑務所を出てきた女性の前に現れたのはウシジマ社長(山田孝之)でした。 そこから物語は数年前に遡ります…。 上原まゆみ(光宗薫)は、一流企業に勤めています。 でも、妹に結婚を先越されたり、彼氏の橋くんはパッとしなかったり、仕事でも上司に怒られたり 最近はなんだか何もかもが上手くいきません。 そんなまゆみは最近、ある占い師(預言者?)にハマっていました。 高額なブレスレットも、聖水も、先生が勧めるがままに購入します。 そして、ある日を境に、まゆみに神堂と名乗る男が接近してきます。 最初は不自然に思っていたのですが、占い師の勧めや色々な「偶然」(本当は神堂が仕組んだもの)が重なり、まゆみは次第に神堂と距離を縮めていきます。 でも、距離が近づいていくにつれて、 神堂は次第に本性を現すようになっていきます。 そして、恐怖と暴力によってまゆみとまゆみの周辺を洗脳していきます。 そう、神堂は多数の女性を騙し、そしてマインドコントロールによって支配し、女性を通じてありとあらゆるものを奪い取る犯罪者だったのです…。 しかし、神堂の要求が苛烈を極めていく中で、まゆみはウシジマ社長で出会います。 そして、結末はウシジマ社長の「貸したお金は絶対に取り返す」という信念が、神堂の思惑と衝突します。。。 そして、このメインストーリー(?)の他にも、• 働く意欲が湧かずに生活保護で食いつなごうとするニートの小瀬ちんが人に感謝される喜びを知り起業する話。 母親に体を売ることを強要されるようになった少女ミナの話。 などもあります。 小瀬ちんは結構ハッピーエンドですが、ミナちゃんは「う~ん」という、なんともウシジマくんシリーズらしい結末でした。 この全部がハッピーエンドで結末を迎えるわけではないところなんかは、ウシジマくんシリーズの特徴の1つですよね・・・。 リアリティが感じられ、個人的にはすっごい好きです。 闇金ウシジマくんシーズン3(洗脳くん編)の感想 メインの女性キャラクターであるまゆみ役を努めたのは元AKB48の光宗薫さんだったのですが、思っていたよりも全然違和感がありませんでした! すっごい失礼なんですが、「AKB=そんなに上手くない」みたいに思い込んでいたので正直なところ、まったくの予想外でした。 しかも、かなり際どい衣装のシーンがあったり、過激な演出のシーンがあったりとなんか真木よう子さんを彷彿とさせるものがありました。 (完全主観です。 ) ちなみに、ストーリーというかコンテンツ自体はとっても面白かったです。 細部の心理描写、心理誘導なんかは「勉強になるなぁ」と感じたほどです。 具体的な例をあげれば、• DVかも?でも、結婚するのバレたし…。 これで自分から振ったりしたら周囲への心象悪いだろうなぁ…。 :まゆみ• 人に迷惑をかける罪とみんなと楽しみを共有できる罪。 どっちの方が良い罪?:神堂• (「ヒトに見られるな」「肉団子を海に捨てる」などの前提があって)それってやばいことなんじゃないの…?(あえて死体遺棄をしているのではないかとは言わない):神堂• 母親を食い物にする男が気に食わない。 でも、自分を利用するだけで愛してくれない母親も憎い:ミナ• 人に求められたり、感謝されたりすることで、次第に働く喜びを知っていく。 :小瀬 などなど。 基本的に、理性と感情は対立し(ていると私は思ってい)ます。 しかし、 理性と感情を媒介しているような存在である身体(感情と理性のどちらにもつながっている)への刺激をトリガー・引き金にすることで、理性を壊し感情を支配することは可能なのだなとつくづく感じました…。 そして、その際に• 不快と快のギャップを用いる。 支配させたい対象に後ろめたさと感じさせる。 解決し難い悩みや不安に明快さを与えてくれる非論理的なことを信じさせる。 など色んなファクターがあるんだなぁという点に関してもとても学びのあるドラマでした。 まだ、原作マンガは読んでいないのですが、違いなども知りたいので是非とも読みたいと思ってます…!.

次の