新盆 のし袋。 神道・神式のお盆について知りたい

【解説】のし袋で黄色の水引を使うのはどんなとき?

新盆 のし袋

新盆の準備は? 人が亡くなってから初めて迎えるお盆のことを「新盆(にいぼん)」又は「初盆(はつぼん)」と呼びます。 故人が仏になって初めて里帰りするということで、故人の近親者は 盆提灯 ちょうちん を贈り(現在では住宅事情などでちょうちんを贈るより現金を贈る事が一般的になってきています)、初盆を迎える家では身内や親しい方を招いて僧侶にお経(棚経:精進棚の前で読経してもらうので棚経といいます)をあげてもらい盛大に供養します。 お経(棚経)がすんだら茶菓子などでもてなし、お布施を渡します。 また、ちょうちんですが、最近では使う事がない場合や、家族にそろえていただくことが多いので1万円から2万円の現金を贈ることが多くなっています。 この時のちょうちん代へのお返しは不要です。 【参考】 四十九日の忌明(きあ)け前にお盆を迎える場合は新盆は翌年になります。 新盆の香典・お供え物の贈答様式• 金封 水引/黒白か黒白銀か黄白(5本か7本)・双銀の7本か10本 結び/結切りか鮑結び 表書き/「御佛前」「御仏前」か「御供物料」「御ちょうちん代」• のし袋 水引/藍銀(蓮絵入り・なし)か黄銀(5本か7本) 結び/結切りか鮑結び 表書き/「御佛前」「御仏前」か「御供物料」「御ちょうちん代」• のし紙 水引/藍銀(蓮絵入り・なし)か黄銀(5本か7本) 結び/結切りか鮑結び 表書き/「御供」か「御供物」• お返しは必要ある? 一般的にはお返しは必要なく、簡単な食事などでもてなします。 また、近所の方など「御供物」などを頂いた方には「志」と表書きした引き物を渡します。 引き物の品ですが、不祝儀でよく使うお茶、タオルセット、ハンカチなどが多いようです。 読経謝礼(僧侶)の贈答様式 読経をして頂いたあと、精進料理でもてなしますが、僧侶が辞退される場合は「御膳料」を包みます。 また、「お布施」は地方や宗派によって違いますので詳しい方にお聞きください。 また、自宅に僧侶を招いた場合は「御車代」を包みます。 金封 水引/黒白か黒白銀か黄白(5本か7本) 双銀の7本か10本 結び/結切りか鮑結び 表書き/「御布施」(お車料もつける場合があります)• のし袋 水引/藍銀(蓮絵入り・なし)か黄銀(5本か7本) 結び/結切りか鮑結び 表書き/「御布施」(お車料もつける場合があります 【関連記事】•

次の

【新盆・初盆】香典の相場。表書きの書き方は?会社や友人の場合は?

新盆 のし袋

お盆は、故人様や先祖の霊が一年に一度自宅に帰ってくるといわれており、お供え物や提灯でお迎えして供養をする期間のことです。 その中でも、故人様が亡くなられてから初めて迎えるお盆を「初盆」と呼び、僧侶や親族・故人と親しかった人などを招いて特に手厚く供養するしきたりがあります。 地域によっては、「初盆 はつぼん・ういぼん 新盆 にいぼん・あらぼん・しんぼん などと呼ばれる事があります。 「初盆のお供え」は、初盆法要に招かれた側がご供養の気持ちを表して持参するお香典やお供え物のことです。 お供えの方法は3パターンあり、「御仏前 現金 をお渡しする」または、「御仏前をお包みする代わりに品物をお供えする」または、「お香典と品物の両方を用意する」のいずれかになります。 行われる地域によって異なりますので慣例にならうとよろしいかと思います。 お供え物は、法要日やお盆の期間に持参をするのが一般的で、出席できない場合は郵送をします。 初盆・初盆のお供えの時期は、ほぼ全国的には8月13日~16日のお盆の時期が一般的ですが、関東 東京・神奈川 や北海道・沖縄の一部の地域では今も旧暦のまま7月13日~16日に行われる場合もあります。 地域によって異なりますので事前に確認をしておきます。 直接訪問する場合には、必ず予め連絡を入れておきましょう。 」と一言添えて渡しします。 当日は喪服を着るのが一般的ですが、暑い時期なので地味な服装を着用する場合も多いようです。 なお、49日の忌明け法要の前にお盆を迎える場合、初盆は翌年に持ち越しになります。 お盆前に忌明け法要が済んでいるのであれば、その年に初盆を行うと考えて大丈夫です。 初盆の法要の案内状をいただいたけれど、遠方やスケジュールの関係でやむを得ず法要に出席できない場合は、法要の前日までにご自宅または会場に郵送するようにします。 タイミング的には、初盆法要の一週間前から前日までに届くように手配するのが一般的です。 ただし、ただでさえバタバタしているお盆の時期ですので、もし近しい間柄でしたら、送付のタイミングや場所などを事前にご遺族に相談しておいてもよろしいかと思います。 ご自宅ではなく法要会場に送る場合は、お花など品物によっては断られることもございますのでそちらも確認しておくとよいでしょう。 初盆の時期にお供えするお花・ お供え花・ご供花 は、白を基調とした淡い色の華でまとめたシンプルなご供花をお贈りすることが一般的です。 ただし、地域によっては黄色や紫など色とりどりのものをお供えする場合もありますので、その土地のお花屋さんに相談されてみるのがよろしいかと思います。 花束のタイプは、ご仏壇や墓前にお供えする際に分けて飾ることができます。 鉢植えタイプのアレンジメントフラワーはお仏壇にすぐに飾っていただくことができます。 代わりに「御提灯代」を包むこともあります。 初盆の時期は、地域によっては故人様と近しい親族から盆提灯を贈るならわしがございます。 故人の霊が迷わずに来ることができるようにとの目印となる提灯は、初盆では「白提灯」を用意するのが一般的です。 翌年からは絵柄入りや色つきの提灯になります。 「白提灯」は初盆に限ります。 また最近では、住宅によってはスペースの問題で提灯を飾らないこともあり、提灯の代わりに不祝儀袋に「御提灯代」の表書きでお金を包むことも増えてきています。 」 とご連絡ください。 担当に代わります。 FAX: 042-701-3847 24時間受付中注文用紙は WEB:商品ページからご購入できます。 (詳しいお買い物の流れはをご参照ください。 ) MAIL:メールアドレス ・配送料: 個々にかかります。 ・代金引換手数料: 5,500円以上のご注文の場合は 手数料無料。 5,500円未満は330円。 ・銀行振込手数料:お客様負担にてお願いいたします。 ・消費税: 全て税込み表示です。 発送はご注文確認後、順次行っております。 (混雑時は少々お時間がかかる場合がございます。 インターネットご注文の場合 電話・FAXご注文の場合 未開封の商品に限り商品到着後7日間にご連絡ください。 お客様のご都合による返品の場合、返送料はお客様のご負担とさせていただいております。 万が一製品に不備がある場合は、良品との返品交換、または品物代金をご返金させていただきます。 ネットでのご注文は24時間受け付けております。 お電話でのご注文・お問合せは下記の時間帯にお願いします。 10:00~18:00(土・日・祝も営業中) 配達料金は地域によって異なります。 複数宛先の個別配送も お任せ下さい! 香典返しの個別配送も 1か所につき送り先100件まで お買い物画面で簡単にご指定いただけます。 その他にも、住所リストを直接送りたい方は ・エクセルのメール添付 ・FAX など、様々な方法で簡単にご注文いただけます。

次の

初盆香典 相場金額》新盆/親戚/会社/親/知人/兄弟/近所/叔父/叔母/孫/親族

新盆 のし袋

神式のお盆では「祖霊舎」を清めお酒や果物をお供えします。 また先祖を迎え送るための「迎え火」「送り火」も行い、お墓参りをして先祖の前で手を合わせます。 仏式同様に神式でも、先祖に感謝する(先祖崇拝)というのがお盆の大きな意味合いでもあります。 といいますが、神式でも初盆(新盆)は通常のお盆よりも大切な儀式となります。 (神式の初盆は「初盆祭」「新盆祭」「新御霊祭」という場合もあります) それでは神式の初盆はどのような感じになるのでしょうか? 今回は神式での初盆(新盆)についてご説明させていただきます。 神式の初盆(新盆)のお返し 地域や宗派によっても異なりますが、初盆(新盆)の時期は一般的に「7月」又は「8月」の「13日~16日」となります。 この時期になると、自宅などにを持ってお参りに来る方がいらっしゃいます。 仏式の初盆(新盆)は「を過ぎてから初めて迎えるお盆」となりますが、神式の初盆(新盆)は「亡くなった日から1年以内に迎えるお盆」となります。 宗教によっても多少異なることもありますので、よくわからない場合には仏式では住職、神式では神官にあらかじめ確認しておくとよいでしょう。 神式でもこの初盆(新盆)に際してお供えを頂いたら、必ずお返しをする必要があります。 初盆の時期にお参りに来る方は思ってもいなかった方がいらっしゃる場合があります。 おおよその人数がわかる場合にはそれで構いませんが、通常は少し多めにを用意しておくとよいでしょう。 また初盆に際して法要を行う場合には他の法要と同様に、参列者に対して()をお渡しするようにします。 神式の初盆(新盆)のお返しの「のし紙」と「挨拶状」 神式の初盆(新盆)のお返しには「のし紙」を付ける必要があります。 通常は他の法要と同様にのし紙の上側を「志」として、下側に施主の名字を入れれば構いませんが、 初盆については、上側を「初盆志」「新盆志」としても構いません。 仏式では「粗供養」「初盆供養志」「新盆供養志」「初盆供養」「新盆供養」なども使われますが、 「供養」という言葉は神式では使うことができませんので、のし紙には入れないように注意しましょう。 のし紙の種類は「黒白結び切り」又は「黄白結び切り」を用いて、仏式をイメージさせる「蓮」の絵柄ののし紙は使わないようにします。 挨拶状については直接手渡しする場合には付けなくても構いませんが、直接お礼を言えずに宅配で送る場合には挨拶状を付けたほうが良いでしょう。 その場合の挨拶状の内容は 「お参りにお越し頂いたお礼(お越し頂いている場合のみ)」 「初盆に際して頂いたご厚志(お供え)のお礼」 「無事に初盆を済ませたこと」 「直接お礼にお伺いするべきところを書面にて失礼するお詫び」 などを入れるようにします。 神式の初盆(新盆)のお返しでよく使われる品物 神式のといっても、仏式やキリスト教式と特に品物は変わりありません。 通常の法要でよく使用する、、、、などでも構いませんが、時期的にがお返しでは定番となります。 また他にも、、などが初盆のお返しではよく使われています。 なお 初盆法要でのお返しの相場は他の法要と同じように3000円~5000円くらいが相場となりますが、 法要を行わず(法要に出席されず)お供えのみを頂いた場合には、 その半額から三分の一程度でお返しをすることになりますので、お返しも少額となることが多くなります。 あらかじめお供えのお返しの品物を準備しておく場合には、そのあたりも踏まえてお返しのおおよその金額を決めるようにしましょう。

次の