ご連絡申し上げております。 「お待ち申し上げております」の使い方は? 正しい使い方と意味を解説【例文つき】

「ご連絡差し上げる」は正しい敬語?連絡の敬語表現の使い分け

ご連絡申し上げております

相手からの返答が欲しい時に頻繁に使用されるのが「ご連絡お待ちしております」という言葉です。 「ご連絡ください」や「返答お願いします」と意味合いは同じですが、待っているという表現で少し柔らかい印象を与えることができるので便利です。 今回はそんな「ご連絡お待ちしております」の使い方についてご紹介していくのでご参考にしてみてください。 メールでの使い方とは? 「ご連絡お待ちしております」と最も使用する頻度が高いのがメールです。 相手の意見や返事を聞きたい時に最後のくくりの言葉として「ご連絡お待ちしております」と締めるのが一般的な使い方です。 そこまで返事を急ぐわけでは無い場合には、「ご都合のよろしい時で良いので、ご連絡お待ちしております」と添えるのがおすすめです。 逆に少し急ぎの場合やいつまでに返事が欲しいといった場合には「お忙しい所申し訳ありませんが、〇日までにお返事いただけると幸いです。 ご連絡お待ちしております」と添えると良いです。 ビジネスでの使い方とは? 「ご連絡お待ちしております」はビジネスシーンでも多く使用される便利な言葉です。 回答、連絡が欲しいという場合に角を立てずにそれを伝えることができるので、基本的にはメールでも口頭でも電話でも相手に連絡が欲しい時には使えます。 メールと同じように急ぎなのか、そうでないのかで、添える言葉を変えることによって、より自分の要望や緊急度も合わせて伝えることができます。 添える言葉についてもいくつかパターンを用意しておくとスムーズにやり取りができておすすめです。 シーン別「ご連絡お待ちしております」の使い方とは 頭に言葉を付け加える 先ほどご紹介した「ご連絡お待ちしておりますので」は後ろに言葉を付け加えて、より丁寧に伝える方法でしたが、頭に言葉を付け加えることでより丁寧に伝えることもできます。 例としては「お忙しい所大変恐縮ですが、ご連絡お待ちしております。 」や「確認取れ次第早急に手配いたしますので、ご連絡お待ちしております。 」といった使い方です。 お忙しい所大変恐縮ですがと付け加えることによって、相手への思いやりを表現することができます。 また、確認とれ次第早急に手配いたしますのでと付け加えることによって、相手の返事が無いと手配を進めることができないということをやんわりと伝えることができます。 「ご連絡お待ちしております」の言い換えとは? こちらは待つという遠回しな表現ではなく、素直にお願いをするパターンの表現方法です。 意味としては同じですが、回りくどい表現が嫌いな方などにはこちらの「ご連絡をお願いいたします」という表現を使用した方が良い場合もあります。 敬語としても正しい表現方法なので、どちらを使用しても問題ありません。 「ご連絡いただけると幸いです」 より柔らかく表現したいという場合には「ご連絡いただけると幸いです」や「ご連絡いただけると助かります」と言った表現方法もおすすめです。 ただし、基本的にはこの表現でも、きちんと連絡をしてくれる人が大半ですが、やんわりしすぎるために連絡をしてくれないタイプの人も中にはいるので注意が必要です。 一度使用してみて、連絡が来なかった場合には、その人にはストレートに「ご連絡お待ちしております」や「ご連絡お願いいたします」の方が良いでしょう。 臨機応変にこういった言葉を使い分けることをおすすめします。 「ご連絡をお待ち申し上げております」 さらに丁寧な言い回しにしたいという場合には「ご連絡をお待ち申し上げております」がおすすめです。 ただし丁寧を心がけるあまり、最後の締めくくりに「以上 よろしくお願い申し上げます」と使用するような場合には、くどい印象を与える場合もあるので、他の言葉とのバランスもみながら使用するのが良いです。 相手別「ご連絡お待ちしております」の使い方とは? こちらでは「ご連絡お待ちしております」の相手別の使い方についてご紹介していくのでご参考にしてみてください。 対お客様の場合は? お客様相手に使用する場合には、より丁寧な言い回しを心がけることをおすすめします。 ただし、あまりにも丁寧な言い回しにしすぎるとくどくなったり、あまり伝わらない場合もあるので「ご連絡お待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。 」くらいのシンプルな表現に留めるのがおすすめです。 対企業の場合は? 今回は「ご連絡お待ちしております」という言葉について使い方や例文などをご紹介してきました。 ビジネスシーンからプライベートまで多くのシーンで失礼なく使用することができる便利な言葉なので、連絡が欲しい場合の言い回しとして覚えておくと良いフレーズです。 正しい言葉や綺麗な言葉を使うことによって、より相手にも良い印象を与えることができ、コミュニケーションを円滑にとることができるので、こういった便利な言葉は積極的に取り入れていくのがおすすめです。 今回ご紹介した「ご連絡お待ちしております」以外にも多くの便利な敬語があるので、より多く自分のモノにしてみてはいかがでしょうか。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

「ご連絡お待ちしております」の意味・目上の人への使い方

ご連絡申し上げております

が、 ご連絡よろしくお願いいたします。 、弊社事業に関するお問い合わせをいただいておりましたが、その後はいかがでしょうか?〇〇様からの ご連絡。 お問い合わせの件に、後日改めて ご連絡差し上げます。 どうぞよろしく。 お忙しい中弊社〇〇までに ご連絡を下さり、ありがとうございました。 「ご連絡」で返信する場合は上記のような感じで書くといいでしょう。 「連絡ありがとうございます」や「こちらから連絡します」だと、相手方も不快に思ってしまうので注意してください。 さて、メールや文書を打つ時に「連絡」と「ご連絡」どちらを使えばいいか分からなくなったこと、ありますよね。 「連絡」と「ご連絡」一体何が違うのでしょうか。 2-2.「連絡」と「ご連絡」の違い 「連絡」と「ご連絡」の違いは、「相手に敬意を現しているかどうか」です。 ですので上司や取引先、お客様から問い合わせをされた場合は、「ご連絡」を使うようにしましょう。 「連絡ありがとうございます」は文章的には間違っていませんが、上司やお客様に使ってしまうと不快に思われてしまう場合もありますので、なるべく使用は避けましょう。• では順に解説していきます。 3-1.ご連絡ください 「ご連絡ください」は、「ください」と断定しているため、相手に対してやや強引な印象を与えてしまう可能性があります。 上司や取引先など目上の人に使う場合は「ご連絡お待ちしております」というのが正しいです。 上司や取引先、お客様とやり取りをしているとき、ついつい「では、何かありましたらご連絡ください」と言ってしまったことはありませんか? 一見敬語のように聞こえますが、実は間違いです。 メールや電話などで言う場合は間違えないようにしましょうね。 3-2.ご連絡させていただきます 「ご連絡」も間違った使い方として有名です。 「ご連絡」と「いただきます」、 どちらも謙譲語のためこの場合だと二重敬語になってしまいます。 二重敬語は相手によって不快に感じてしまう場合もあるので、間違って使わないようにしましょう。 4.ビジネスメールでの「ご連絡」の使い方 ここでは、ビジネスメールでの「ご連絡」の使い方をご紹介します。 例文で確認してみましょう。 ご連絡が遅くなりまして申し訳ありません。 メールで詳細を ご連絡させていただいても?• (相手から連絡が欲しい場合)が、 ご連絡をいただいてもよろしいでしょうか?• ご連絡いただければ。 メールは電話や対面と違い、 言葉のニュアンスの違いで相手方への印象が変わってきます。 正しい使い方をすれば、相手も「きちんとした人なんだな」と誠意に対応してくれますので、しっかり覚えておきましょう。 5.「ご連絡」の英語表現 海外の企業と取引をする際、「ご連絡」を英語で表現するには一体どうすればいいのでしょうか? 「ご連絡」は直訳にすると 「 contacting」という英語になります。 これは「~と連絡を取る」という意味なので、「ご連絡ありがとうございます」なの英語表記として使えます。 似たようなもので「Get in touch with~」という英語もありますが、こちらはどちらかというとカジュアルな表現になってしまうので、ビジネスシーンで使う際は「contacting」を使用するといいでしょう。 で「ご連絡」を英語表記にしましたので、参考にしてみてください。 5-1.ご連絡ありがとうございます• ご照会…照らし合わせて確認すること• ご質問…疑わしい点について問いただすこと• お問合せ…尋ねて確かめること 主に 顧客とのやり取りで使われるときでの類語です。 どれも「ご連絡」とほぼ似た意味として使うことができます。 まとめ 「ご連絡」は 相手に対し、連絡を確認した旨を丁寧に伝える言葉です。 謙譲語なので、他の言葉と組み合わせて使う際は二重敬語にならないよう注意してください。 また、「ご連絡ください」などは場合によって無礼な人だと思われてしまうので、「ご連絡お待ちしております」などやんわりとした表現を使っていくといいでしょう。 ついつい間違えてしまいがちですが、意味を理解していれば大丈夫です。 言葉を正しく使えば上司や取引先からも信頼される可能性が高くなりますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

次の

「ご連絡ありがとうございます」とは?使い方・メール例文・返信の仕方・英語表現を解説

ご連絡申し上げております

ご質問どうもありがとうございます。 様々な表現があると思いますが、いくつか自然な表現を紹介します。 We look forward to hearing from you. (直訳)われわれは、あなたから聞くことを楽しみしております。 We look forward to your reply. あなたからのお返事を、われわれは楽しみしております。 We hope to hear from you soon. われわれは、これからあなたから聞くことに希望しております。 もちろん、「WE」(私たち)の代わりに、「I」(私)を使ってもよいです。 そうすると、文章は下記のとおりとなります。 1 - I look forward to hearing from you. 2 - I look forward to your reply. 3 - I hope to hear from you soon. お好みに合わせて使い分けてみてください。 ご参考にしていただければ幸いです。

次の