マリッジ ストーリー。 マリッジ・ストーリー : 作品情報

「マリッジ・ストーリー」ネタバレ・離婚弁護士は雇わない!

マリッジ ストーリー

Marriage Story/2019(アメリカ)/136分 監督/脚本:ノア・バームバック 出演:アダム・ドライヴァー、スカーレット・ヨハンソン、アラン・アルダ、ローラ・ダーン、レイ・リオッタ 女の分岐点 この映画を独りで見てしまった事を、後になって酷く後悔した。 タイトルからして「結婚」をテーマにしたこの作品は、失敗経験のある者にとってはちょっと手が出しづらかった。 ・・今更、甘い結婚生活の夢を語られても・・・ なんて斜に構えてた自分に、粒子の粗いフィルムの質感で劇画チックなスカーレット・ヨハンソンのどアップ映像がいきなり飛び込んでくる。。。 『 ロスト・イン・トランスレーション』の頃は少しは可愛げのあった彼女は、私的にはちょっと苦手な女優だ。 『 風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラから命名されたという、正に 荘厳華麗 ))( そうごんかれい な異名を持つ彼女からは、女性特有の柔らかさは殆ど感じられない。 その相手役となるアダム・ドライヴァーは、『 スター・ウォーズ』シリーズで一躍脚光を浴びた俳優の様だが、こちらも、同シリーズをまったく見た事のない自分にとっては、大した思い入れもない。 そんな親近感が全く湧かない俳優同志の共演が逆に功を奏したのか、苦手なジャンルのラブストーリーが、意外にもすんなりと入ってくる。 更に同ジャンル特有の、コメディタッチに奇をてらう演出も殆ど見られず、怒涛の会話劇はいつの間にか中盤へ・・ 離婚を期に、お互いの愛情を見つめ直す定番の展開に向かうのかと思いきや、スカーレットとアダム・ドライバーの間に生まれた溝は、どんどんと深まって行く・・・ 136分と少々尺の長いそのシーンのつなぎ目には、まるで舞台の緞帳が下りる様に画面がフェードアウトしていくが、それでも二人の確執が沈静化していく様子は全くない。 もし、それが事実になるとすれば、それはどちらかが臆病になり、感情を押し殺そうとした時ぐらいだろう。 或いは、恋愛自体にエネルギーを消費する事が消極的になった、波風を立てない人生を望む若い世代特有の抑制的な性に立ち戻ってしまう時か・・ 劇中のニコールとチャーリーの情動は、一見冷静に見えても実は感情的。 序盤で、テンポのいいカットバックからいきなり長回しでニコールの様子を追うキャメラワークは、彼女がフレームから消えても一向に気にせずその姿を追い、溜め込んでいた夫へのストレスが高ぶっていく表情を只管に捉える。 ニコールの赤らんだ鼻やカモミールティーを啜る仕草等、その落ち着きを次第に失っていく一連の動作には、偽りのないリアルな感情がしっかりと滲む。 煽り目で彼女を捉えたアングルのバックキャンバスが、冒頭の漆黒の中に佇むステージ上とは対照的な真っ白い壁なのも、かなり特徴的だ。 この感情の対比を人物のバックカラーに乗せ、ストレートに観客に訴えかけてくる演出は、映画と言うよりは、どこか 舞台演劇の感覚に近いのかもしれない。 圧巻だったのは、二人の主張が法廷論争に持ち込まれる前、最期にお互いが歩み寄ろうとした室内での一幕だ。 殺風景なチャーリーの新居で激情をぶつける彼らの演技には、思わず息が詰まった。 それは、二人が戻れない距離まで心が離れてしまっている事を、暗黙の裡に互いがしっかりと悟りあうシーンだったから。。 ・・それでも、お互いがリスペクトしあう関係が、 一時的な感情の起伏によるものではない事をしっかりと示唆しながら・・・ 自分の持つ夢と生涯の伴侶との接点が次第に曖昧になっていく男は、そのつもりがなくても、それに付き従ってくれる女性側に、きっとどこかで甘えているんだろう。 やがて長年連れ添った 糟糠 ))( そうこう の妻と別れそれぞれの道に進み始めるニコールの姿は、どこか儚くも健気に映るが、我が子を抱くチャーリーの靴紐を結ぶ彼女の気遣いだけで、その色あせる事のない愛情はしっかりと伝わってきた。 因みに全くの余談だが、『 フィールド・オブ・ドリームス』で実在したシューレス・J・ジャクソンを演じたレイ・リオッタが、劇中で厚顔な弁護士役に扮してるが、その異常な迄に透き通った瞳がすっかり衰えている事に、自分の老いとが重なり合って見えてしまい、純情だった頃の少年時代の苦い恋愛経験の思い出が、ふと脳裏を霞めた。 「マリッジ・ストーリー」は Netflixで観賞できます。 上映スケジュールの確認は から。。 maribu1125.

次の

映画『マリッジ・ストーリー』感想

マリッジ ストーリー

タップできる 目次• 『マリッジ・ストーリー』スタッフ&キャスト Netflix映画「マリッジ・ストーリー」 『マリッジ・ストーリー』スタッフ 『マリッジ・ストーリー』スタッフ 監督 ノア・バームバック 製作 ノア・バームバック 脚本 ノア・バームバック 撮影 ロビー・ライアン 音楽 ランディ・ニューマン ノア・バームバック 2005年公開の『イカとクジラ』でアカデミー賞脚本賞にノミネートされたノア・バームバック。 その後も監督・脚本を務めた作品は、常に高い評価を得ています。 そして、本作『マリッジ・ストーリー』は、バームバックのフィルモグラフィの中でも最も高い評価を獲得しています。 アカデミー賞の前哨戦、第77回ゴールデングローブ賞では、作品賞(ドラマ)、男優賞(ドラマ)、女優賞(ドラマ)、助演女優賞、脚本賞、音楽賞の最多6部門にノミネートされています。 プライベートでは、女優や映画監督として著名なグレタ・ガーウィグと交際していて、現在は、新作の脚本を共同で執筆しているそうです。 ランディ・ニューマン 『トイストーリー』シリーズなど多くのディズニー・ピクサー作品の音楽を手掛け、アカデミー賞やエミー賞の常連でもある名音楽家、ランディ・ニューマンが本作でも音楽を担当しています。 本作で、(もう何度目か分からない)ゴールデングローブ賞にノミネートされています。 カイロ・エンの悪役としての演技ももちろん素晴らしいですが、ドライバーは「何でもない普通の役」でこそ、最も輝き、才能を発揮する役者だと思います。 本作のチャーリーや、ジム・ジャームッシュ監督作『パターソン』のパターソン役(主演)では、それはそれは、素晴らしい演技をみせてくれます。 もちろん、妻も自分と同じように劇団の成功を幸せに思っている。 なんの疑いもなくそう思っている。 妻が抱える闇を考えることもなく…。 その理由からわかる「幸せな結婚」について、早稲田大学で「恋愛学」を教える森川教授に迫ります。 聞き手は「妄想ツイート」のさえりさん。 — CINRA. NET カルチャーメディア CINRANET 国民の幸福度が高いと言われる北欧諸国では、離婚率が高い傾向にあるそうです。 ) 本作『マリッジ・ストーリー』のニコールも、自分だけの仕事・場所、独立(自立)を求めていました。 夫のチャーリーがそのことに気づかなかったことで、二人は離婚してしまいます。 上の参考記事では、「離婚は幸せになろうと努力している証拠」とありますが、それはこの二人の物語には当てはまりません。 幸せになるために離婚した、なるべくしてそうなったというよりは、後戻りができなくなってしまったという感じで、本心では二人とも離婚を望んではいません。 話しをしよう、相手を知ろう 僕は結婚の経験がないので当然離婚の経験もありませんが、望まない別れ方をしたことはあります。 直接的な原因は、「相手の気持ちを理解していなかったこと」これに尽きます。 チャーリーがニコールの気持ちを理解していなかったように… チャーリーがニコールに、気持ちを理解した言葉を一言も言わなかったように… 『マリッジ・ストーリー』が今、世界で絶賛されていることは、この世界に意外にも愛が溢れていることの証明だと思います。 作家性の強い作品(メタ的要素) 作品のラストシーン、ニコールは、映画監督としてエミー賞の候補にされ、(彼女が願っていた)自立した女性になったことが描かれています。 少し、いや、かなり穿った見方をすれば、このシーンには、本作の監督、ノア・バームバック監督自身のプライベートを連想してしまいます。 バームバック監督の交際相手グレタ・ガーウィグは、俳優や映画監督など、様々なキャリアをもつ女性です。 ガーウィグは、自身が監督・脚本を手掛けた2018年公開の『レディ・バード』で、見事にアカデミー監督賞と脚本賞にダブルノミネートされています。

次の

Netflix映画『マリッジストーリー』ネタバレ評価レビュー。大人のラブストーリーは何度も見たくなる深い味わい

マリッジ ストーリー

あらすじ [ ] 舞台演出家の夫と俳優の妻は、すれ違いから離婚の準備をしていた。 2人は円満な協議離婚を望んだが、これまでのお互いに対する不満が噴出しこじれ、離婚弁護士を雇った裁判になってしまう。 ニコール - () 女優。 チャーリー - () ニコールの夫。 監督兼脚本家。 ノラ・ファンショー - ()• バート・スピッツ - ()• ジェイ・マロッタ - ()• サンドラ - ()• キャシー -• ヘンリー - ()• フランク -• ナンシー・カッツ - ()• カーター - ()• テリー - ()• メアリー・アン - ()• テッド -• ベス - ()• アミール -• 調停者 - ()• 演劇俳優 - ()• 演劇俳優 - ()• 演劇俳優 - () 日本版スタッフ [ ]• 字幕翻訳 - 、• 吹替翻訳 -• 演出 -• 制作 - 製作 [ ] 2017年11月、、、、、アジー・ロバートソンが映画のキャストに加わり、が監督と脚本を務めるプロジェクトの製作が発表された。 製作はのとが共同で務め、配給はNetflixが兼任した。 2018年3月、がキャストに加わった。 2018年6月、がキャストに加わった。 リオッタは出演に際して、キャラクターの詳細をこう語った。 私は弁護士を演じています。 アダムとスカーレットの演じるキャラクターは離婚を進めています。 彼は私の元へ来て、私は彼女を牽制する方法を教えたが、彼は「それはあまりにも攻撃的すぎる」と断った。 結局彼は法廷に行き、彼女は攻撃的な弁護士を雇っているのに気付き、私の元に戻ってくる。 2018年11月、がキャストに加わった。 2019年7月、本作のタイトルが『 Marriage Story』に決定したと発表された。 撮影 [ ] 主要な撮影は、2018年1月15日からとで始まり、2018年4月に終了した。 公開 [ ] 本作は、2019年8月29日に開催されるで世界初上映された。 また、2019年9月8日のでも上映され 、2019年10月4日のでも上映された。 2019年12月6日、で全世界に配信された。 出典 [ ]• Film Music Reporter 2019年7月17日. 2019年7月18日閲覧。 2019年7月23日閲覧。 Report. California Film Commission. July 29, 2019. 2019年8月14日閲覧。. Kroll, Justin 2017年11月17日. 2018年2月13日閲覧。 Tracking-Board. com 2018年11月17日. 2018年2月13日閲覧。 Backstage. com. 2018年2月13日閲覧。 Andreeva, Nellie 2018年3月12日. 2018年6月12日閲覧。 2018年6月12日閲覧。 Dawson, Angela 2018年11月15日. frontrowfeatures. com. 2019年3月4日閲覧。 WorldofReel. com. 2019年7月17日閲覧。 Welch, Rebecca 2018年1月10日. Backstage. com. 2018年2月13日閲覧。 Anderson, Ariston 2019年7月25日. 2019年7月25日閲覧。 Lang, Brent 2019年7月23日. 2019年7月23日閲覧。 Fleming Jr, Mike 2019年7月30日. Deadline Hollywood. 2019年7月30日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の