多血症。 多血症の症状・原因、そして改善法とは。献血でも治療可?

多血症(赤血球増多症)(たけつしょうせっけっきゅうぞうたしょう)とは

多血症

多血症とは血中の赤血球の濃度が通常より高くなるという珍しい病気で、無症状のこともあり外目からはなかなかわかり辛い病です。 血圧は上がりますが、多血症が原因だとわかるには血中の赤血球の濃度を調べなければなりません。 そのため人間ドックにいって初めてわかるというケースが多く、発見の機会に恵まれていない病気でもあります。 赤血球は体内に酸素を運ぶ重要な細胞ですが、増えすぎてしまうとふらつき、めまい、赤ら顔、入浴後の身体の痒み、高血圧などを引き起こします。 高血圧になるので、血管の破裂や詰まりが起こる可能性があり、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中のリスクも高めます。 そのうち真性多血症という病気は危険な病です。 真性多血症を治療せずに放置すると2年で過半数が死にいたる合併症を引き起こすという統計がでています。 妊婦さんの流産のリスクもあります。 二次性多血症もがんが原因になるケースもあります。 思い当たる症状があるならもしかしたら多血症かも知れません。 がんや真性多血症は治療が必要です。 多血症についてチェックしましょう。 この記事の目次• 多血症とは 赤血球が増えすぎてしまう病気です。 ヘモグロビン値 Hg が男性で18. 基本的に高齢者に多く、男性に多い病気です。 原因がわからないものと、他の病気や状況によってなる多血症と大きく分けて2種類の多血症があります。 原因次第で二次性多血症と真性多血症として区別されます。 多血症の種類は大きく分けて二つ!二次性多血症と真性多血症 原因は水分不足による血中の濃度の上昇、酸欠による赤血球の増産、がんによる以上など他の原因がわかるものや病気の合併症か、もしくは造血細胞の異常が考えられます。 前者は二次性多血症と呼びます。 後者は真性多血症と呼び、赤血球が異常に生産される原因は不明です。 また二次性多血症の中で単に脱水で血液の濃度が高くなっている場合は相対多血症と呼びます。 真性多血症の場合は原因がわからないのでそれ自体を治療する方法もよくわからず、完全に治す方法が確立されていませんが、対症療法をしてもらえます。 二次性多血症とは 何か病気などの他の要因によって多血症が二次的に起こっていることを指します。 病気だけではなく、水分不足、酸欠による赤血球の過剰生産などが原因のほか、がんなどの病気の合併症だとも考えられます。 二次性多血症の症状 頭痛やめまい、耳鳴り、赤ら顔、高血圧、入浴後の全身のかゆみ、一過性脳虚血発作などがおこります。 高血圧になるため、脳梗塞、脳出血、心筋梗塞など血栓ができると起こる病気のリスクを上げてしまいます。 普段から高血圧や糖尿病や腎臓病の方は特に注意が必要です。 そのほか合併症には、胃潰瘍、痛風、腎臓結石が見られることがあります。 症状自体は真性多血症と似ていますが、違いもあります。 真性多血症と異なるのは白血球と血小板が増加せず、脾臓の腫れがないことが特徴です。 二次性多血症の原因 がんの場合は血中エリスロポエチン量の増加が見られます。 それ以外の場合は水分不足、ストレス、酸欠によるものが考えられます。 水分不足 嘔吐や下痢や頻尿や運動によって過度に水分が失われると血中の水分の量が減って赤血球の量自体は通常でも濃度が上がってしまうと多血症になります。 このように水分が減って起こる相対的赤血球増加症と呼びます。 ストレス 相対的赤血球増加症はストレスが原因になることもあります。 酸欠になると赤血球が増産される 酸欠になると赤血球が生産されます。 心臓や肺の疾患が考えられます。 喫煙が問題になることもあるので喫煙歴がある場合はお医者さんに相談しましょう。 心臓や肺が悪くなっている他、一酸化炭素中毒などの酸欠になるガスに侵されたり、空気中に酸素が少なくなる、高山病などが考えられます。 よく一酸化炭素中毒で亡くなった人は顔が紅潮すると言いますが、これは酸素が不足して血の巡りが活発になるためです。 このとき赤血球が増産され多血症を起こしています。 悪性腫瘍(がん) 血中エリスロポエチン量の増加が見られる場合は悪性腫瘍の可能性があります。 多血症になった場合は、血中エリスロポエチン量を確認するのはこのためです。 二次性多血症を起こしている場合はどんな病気が隠れているか 水分不足を引き起こす病気は、嘔吐や下痢がおこる病気が考えられます。 水分を良く取りましょう。 酸欠を引き起こす病気では肺や心臓の疾患が考えられ、他にはストレスによる自律神経失調症も考えられます。 それ以外の原因不明の赤血球の異常増加は身体のどこかに悪性腫瘍(がん)ができていることが考えられます。 二次性多血症の治療 相対性多血症の場合は水分をとって血中の濃度が高くならないようにし、酸欠の場合は酸素を共有しながら酸欠の原因を探って、心臓や肺に疾患がないか検査します。 悪性腫瘍も原因である可能性があるため、がんの検査も行われます。 また真性多血症ではないか判断するための検査もします。 濃度を戻すために血液を抜いてしまう瀉血をすることもあります。 二次性多血症は原因があるので症状を押さえたら原因のほうを治療します。 真性多血症とは 高齢の男性に多い病気です。 二次性多血症と異なり、原因不明で赤血球が大量に生産されている状態です。 PVと呼ばれる場合もあります。 真性多血症は死亡のリスクのある危険な病気です。 なお女性は真性多血症より血小板が増える本態性血小板血症にかかる可能性が高いです。 原因がわからないので明確な治療法が確立していませんが、血を抜いて正常な濃度にする対症療法は存在します。 死亡、白血病のリスクも!真性多血症の症状 治療しないまま真性多血症を放置すると約半数が2年以内で死亡する危険な病気です。 治療した場合の平均生存期間は15~20年です。 頭痛やめまい、耳鳴り、赤ら顔、高血圧、入浴後の全身のかゆみ、一過性脳虚血発作など二次性多血症に症状は似ています。 二次性多血症同様、高血圧を引き起こすので血栓ができると起こる病気のリスクを上がります。 普段から高血圧や糖尿病や腎臓病の方は特に注意が必要です。 そのほか合併症には、胃潰瘍、痛風、腎臓結石が見られることがあります。 真性多血症は白血球と血小板が増加し、膵臓が腫れる場合が多いのが特徴です。 本来は骨髄で作られる血球が肝臓や脾臓が血球をつくってしまい腫れてしまうのです。 脾臓は血液中から赤血球を取り除く際にも腫れてしまいます。 肝臓や脾臓が腫れてしまうと腹部に膨満感を感じ、肝臓や脾臓の血管に血栓ができることもあります。 血栓ができた場合は突如として激しい痛みが襲います。 一部の真性多血症が恐ろしいのは治療しなければ血液をつくり過ぎたことによる「消耗期」が起こるケースことです。 血液が作られず、白血病になってしまいます。 真性多血症と消耗期 血液を増産しすぎるあまり骨髄に負担がかかり、血液をつくっている骨髄に変異が現れ白血病や、骨髄異形成症候群、骨髄繊維症化などを起こしてしまうことがあります。 妊婦さんと多血症 基本的に若い女性には少ない病気ですサンプルは少ないのですが、妊婦さんが多血症になると赤ちゃんが死亡するリスクがあります。 数十名の妊婦さんのケースでは半数の子どもが流産、死産になっています。 半数の子どもは生存して産まれています。 妊婦さんの場合は投薬による治療に制限がかかってしまうので多血症と診断されて妊娠の可能性がある場合はよく相談しましょう。 真性多血症の原因 ハッキリした原因は不明ですが、遺伝病だと考えられています。 真性多血症の97%はJAK2V617F変異遺伝子を持つ人だと言われています。 変異遺伝子が原因と考えられています。 血液の生成を促すホルモンが分泌されてしまううえ、赤芽球(赤血球のもとになる子供の赤血球のようなもの)のアポトーシス(要らない細胞を安全に処分すること)を止めるシグナルの受信の異常により赤血球が大量に増産されるのに要らない赤血球の種がたくさんできてしまう状態です。 真性多血症の患者さんの造血前駆細胞を試験管の中で培養すると、正常な人はエリスロポエチンを加えないと増殖しませんが、真性多血症の方はエリスロポエチンを加えなくても増殖します。 この反応が見られるのが真性多血症だとされ、2008年WHO診断基準では内因性の赤芽球コロニー形成があるかどうかが真性多血症かどうかの診断基準になっています。 真性多血症の治療 赤血球が異常に増えてしまうこと自体は治りませんが、症状を抑える方法はあります。 基本的な治療法は瀉血です。 しかし高齢のため瀉血に耐えられない場合、血栓ができるリスクが高い場合は、抗ガン剤で対処する場合もあります。 副作用があるので使い分けをされます。 妊婦さんの場合は胎児の影響を考えて投薬に制限がかかるので、瀉血をメインに行います。 真性多血症の場合定期的な血液検査が大切です。 また血栓を防ぐための抗血小板薬も投薬されることがあります。 瀉血(しゃけつ)とは? 瀉血(しゃけつ)とは体の血を抜いてしまうことです。 ヘマトクリット値(赤血球の濃度)を標準に下げるために1日おきに約500 ccの血液を抜き取ります。 その後数カ月おきに血液を抜き取る必要がある場合もあります。 抗ガン剤とは? 本来がんの治療に酔ういられる薬ですが、真性多血症の治療にも効果的といわれます。 副作用があるものが多いです。 ハイドロキシウレア(ハイドレア)、ブスルファン(マブリン)などがあげられます。 ハイドレアの場合、足の皮膚潰瘍に注意が必要です。 抗血小板薬とは? 血液をサラサラにする薬です。 飲み過ぎると血が固まりにくくなりすっけつすると血が止まらなくなってしまいます。 指ならともかく脳で起これば脳出血になってしまいますので取り扱いには注意が必要です。 しかし、血小板が増えすぎても血栓ができやすくなってしまうので真性多血症の場合にはこの薬を処方されます。 アスピリン(バイアスピリン)、チクロピジン(パナルジン)などを指します。 まとめ 多血症には大きく分けて二次的多血症と真性多血症があります。 めまいや入浴時の痒みがでることもありますが、無症状のことも多く、何かの検査で初めてわかるということがほとんどです。 二次的多血症は、酸欠、ストレス、水分不足などの状況が作る一過性のものと、がんなど病気が原因の場合もあります。 真性多血症は主に遺伝変異があると起こると言われており原因がはっきりしません。 真性多血症は骨髄、脾臓、肝臓に赤血球を以上に作ってしまうために負担をかけ、逆に血球が作られなくなってしまう白血病を引き起こしたり、死亡したりする恐れがあります。 治療しなければ2年で半数の人が死亡すると言われています。 瀉血をすれば血中の異常な血液の濃度を正常値に引き下げることができます。 また高齢者の方が瀉血に耐える体力を持っていない場合は抗がん剤の投与を行うこともあります。 多血症は高血圧を引き起こすので、高血圧が由来の病気、血栓症に関係ある脳梗塞、心筋梗塞のリスクを上げるので、血栓ができにくくなる薬が投与されることもあります。 多血症は発見しずらい病気です。 気になる症状があれば医師に相談しましょう。

次の

صور شخصيه للفيس 2020 اجمل الصور الشخصية للفيسبوك

多血症

概要 [ ] 赤血球を主として絶対的あるいは相対的に血球量が増加する状態であり、血球の大部分は赤血球であるので、多血症は赤血球増加症とほぼ同じ概念である。 多血症には大きく分けて、赤血球量は増えていないが血液の液体成分であるが減少するために血液単位体積あたりの赤血球量が増える相対的多血症と、全身での赤血球量が増える絶対的多血症があり、さらに絶対的多血症はなんらかの原因での産出が増える為に起こる二次的多血症と、などの造血細胞の腫瘍性増加に分けられ、大きくは3パターンに分類される。 中には常習的大量喫煙者に多い多血症のように、相対的多血症と二次性の多血症の複数の要素を持つものもある。 相対的多血症 [ ] 相対的多血症は赤血球の総量が増加しているものではないが、通常は血液の成分の半分以上を占める液体成分の血漿が減少するために、血液単位体積あたりの赤血球量が相対的に増加する状態である。 血漿が減少する原因としては(水分の不摂取、嘔吐、下痢、大量発汗、の使用や・などによる多尿)などで体の水分を喪失したために血漿の絶対量が減少するものや、各種疾患で血漿と体細胞・組織の間の水分の移動がうまく行かなくなったものがある。 疾患ではないが、喫煙などでも循環血漿量の減少をもたらすことがある。 脱水や下痢などの体液喪失が原因であれば、その原因を解消し水分を補給すれば基本的には多血状態を脱することができる。 脱水などの体全体での水分の減少とは別の原因による相対的多血症は全般的にはストレス多血症としてくくるが、ストレス多血症は神経質・高ストレス状態・喫煙者・などであることが多く、赤ら顔や肥満は良くみられる。 高血圧や高脂血症・高尿酸血症など生活習慣病等慢性疾患では代謝の異常がおこり、機序は明らかではないが循環血漿量が減少することがある。 ストレス多血症では頭痛、倦怠感、感覚異常、めまい、呼吸困難(感)、腹部痛などを感じることがあり、やなどの生命に関わる症状も起こりえる。 ストレス多血症ではエリスロポエチン、NAP()、白血球、血小板、B12など、ストレス多血症以外の多血症では変化することが多い赤血球量以外の検査値が正常であることが多い。 真性多血症 [ ] 詳細は「」を参照 レベルで遺伝子の変異がおこり、そのために血球が異常に増加する疾患がある。 異常な増殖をする多系統の血球が分化能を失わずに概ね正常に近い血球に成熟する疾患群をと呼び、それに含まれる本態性血小板血症でも軽度の赤血球増加を見ることはある。 それら骨髄増殖性疾患中でも真性多血症は赤血球の増加が特に著しいのが特徴である。 正常な造血細胞は、外部からの適切なコントロールによるなどの造血に関わる・が受容体に結びつくことによるシグナル伝達で細胞分裂・増殖を始めるが、それらの因子の中でも重要な因子であるエリスロポエチンを感受する造血細胞上の受容体にエリスロポエチン受容体がある。 エリスロポエチン受容体にはエリスロポエチンが結合した時に起きるシグナルを伝達する働きを持っている酵素にがあるが、このJAK2キナーゼは4つの領域に分かれ、そのうちの一つJH2領域の617番目のは正常な状態ではである。 しかしJAK2遺伝子変異によりこのバリンがに置き換わってしまうのがJAK2V617F変異であり、JAK2V617F変異したJAK2キナーゼはエリスロポエチンによるシグナルが無い状態でもエリスロポエチンが受容体に結合したかのようにシグナル伝達をしてしまい、そのため造血途中の幼若なは盛んに分裂・増殖するようになる。 やがて赤血球が過剰に増えるとエリスロポエチンを産出している腎臓はエリスロポエチンの産出を減らして造血のコントロールを試みるが、もはやエリスロポエチンの存在と無関係にシグナル伝達を行ってしまうJAK2V617F変異キナーゼの基では造血のコントロールを受け付けない状態になってしまい、血液細胞の産出が亢進した状態が続くようになる (電化製品で例えるとスイッチを入れていないのに、スイッチの部品が壊れて勝手に電源が入ってしまい、スイッチを切ろうとしても切れない状態になったようなものである)。 したがって真性多血症では赤血球の絶対的増産があるにもかかわらず、赤血球の増産因子であるエリスロポエチンの血中濃度は正常値もしくは低値である。 二次性多血症 [ ] 二次性多血症は続発性赤血球増加症とも言い、何らかの原因で造血因子であるエリスロポエチンの量が増えるために赤血球造血が反応して赤血球量の増加が起こるものである。 主にはなんらかの原因で体組織が酸素欠乏状態になったことに反応してエリスロポエチン産出が腎臓や肝臓で盛んになるものと、腎臓腫瘍などエリスロポエチン産出細胞が腫瘍性の増加あるいはその他の異常で自律的に異常な産出をするものとがある。 酸素欠乏性多血症 [ ] 空気の薄い高地での生活、慢性の閉塞性肺疾患や肺胞の異常などによる肺の酸素取り入れ能力の低下、心臓・血管などの異常による血流の不足、異常ヘモグロビン症、赤血球内の2,3-ビスホスホグリセリン酸塩(2,3-BPG)量の低下、常習的大量喫煙の一酸化炭素ヘモグロビン症などでは血液が運ぶ酸素の量が減少し、体組織は慢性の酸欠状態になる。 その結果、エリスロポエチン産出臓器である腎臓(および肝臓)が反応しエリスロポエチンの増産を行い、造血組織がエリスロポエチンの増加に反応し赤血球産出量を増やすことで血液の酸素の運搬能力を高めようとする。 この酸素欠乏反応性の赤血球増加が酸素欠乏性あるいは低酸素性の多血症である。 この低酸素状態に腎臓が反応してエリスロポエチン産出を増やし赤血球量の増加をはかって血液の酸素の運搬能力の向上を目指すのが、マラソン選手が行う高地トレーニングである。 肥満でも多血症は多く見られる。 肥満の為に体が必要とする酸素を十分に取り込めないためであり 、また睡眠時無呼吸症候群などでは起床時には低酸素症となるような要因がなくとも睡眠時に低酸素症が起きるために多血症は良く見られる。 常習的大量喫煙では、煙に含まれる一酸化炭素がに結びついて一酸化炭素化ヘモグロビンになり、それは酸素運搬能力は無いので、肺でいくら呼吸しても低酸素状態になる。 ヘビースモーカーに多血による赤ら顔が多いのはこのためである。 一酸化炭素によるものでなくともヘモグロビンの異常によって赤血球の酸素運搬能力が低下すると同じ機序で赤血球は増加する。 この低酸素反応性の赤血球増加は酸欠の原因が解消されれば(低地への移住や原因疾患の根治、禁煙など)腎臓のエリスロポエチン産出も落ち着き、やがて多血状態も落ち着く。 ただし、低酸素症になる原因が除去できなかったり、あるいは出来ても赤血球寿命は120日と長く自然に赤血球量が低下するには時間がかかる。 したがって多血によって血液粘調度が上昇し、高血圧や血栓症リスクが高ければ瀉血で緊急にHtを下げる必要もありえる。 非酸素欠乏性の多血症 [ ] 前項で上げた低酸素症による赤血球増加は、エリスロポエチン産出細胞・腎組織そのものは正常であり、低酸素状態に対してエリスロポエチン産出細胞が正常に反応してエリスロポエチン産出を増加されることが原因であるが、エリスロポエチン産出細胞あるいは腎組織に異常があって(低酸素状態でもないのに)エリスロポエチン産出が亢進することがある。 腎癌、肝癌ではエリスロポエチン産出細胞の腫瘍的増加がみられることがある。 また、子宮筋腫でも多血症が見られることがあるが、子宮の腫瘍化した平滑筋組織はエリスロポエチンもしくはそれに類似した物質を産出している可能性が指摘されている。 また、例は少なく機序もはっきりとはしていないが、各種の腫瘍で多血が報告されることもあり腫瘍組織がなんらかでエリスロポエチンもしくは類似物質を作り出してしまうことがあるのではないかと考えられている。 また、ではないがによる多血症も存在する。 などでは腎組織に物理的な力がかかってかかり部分的に血液循環が滞り、そのためエリスロポエチン産出細胞は酸欠を感じてエリスロポエチンの産出を亢進させる。 この場合、腎組織の一部以外は低酸素症ではなく、前述の全身に及ぶ低酸素症性赤血球増加とはことなる。 疫学・治療 [ ] 多血症は上記のように一つの疾患でなく、様々な疾患、原因によって起きる状態である。 したがって一概に見解を述べることは困難であるが、発症率は真性多血症で人口100万人あたり5-26人(民族によって異なりユダヤ人では高率である) 、二次性の多血症はそれの4-7倍は見られると考えられている。 特に多血症は中高年男性に多い症候であり、他の年齢性別に比べてはるかに高率に見られる。 高地での生活、肥満、喫煙、中高年、男性は多血症の多発要因である。 治療は、ではに加えても積極的に行われるが、真性多血症以外では、赤血球増加の原因を探りその原因を解消すること基本とする。 しかし、原因の解消が困難であったり、合併症が見込まれるとき、が極端に高いときには瀉血などの治療を適宜行う。 脚注 [ ] 註釈 [ ]• 1242• 1243• 21閲覧• 2011. 21閲覧• 押味『WHO分類第4版による白血病・リンパ系腫瘍の病態学血液学』p31• 1245-1251• 67-68• 166• 浅野『三輪血液病学』p. 1247• 1251• 1249-50• マーシャル『ウィリアムズ血液学マニュアル』p. 174 参考文献 [ ] 書籍• 浅野茂隆、池田康夫、内山卓 監修 『三輪血液病学』文光堂、2006年、• 池田康夫、押味和夫 編『標準血液病学』医学書院、2000年、• 小川聡 総編集 『内科学書』Vol. 6 改訂第7版、中山書店、2009年、• 押味和夫 監修『WHO分類第4版による白血病・リンパ系腫瘍の病態学』中外医学社、2009年、• マーシャル・A. リクトマン、他 編『ウィリアムズ血液学マニュアル』奈良信雄訳、メディカル・サイエンス・インターナショナル、2003年、.

次の

多血症の症状・原因、そして改善法とは。献血でも治療可?

多血症

その他の症状に関する情報• 痛みには様々なタイプがあり、また多くの部位で生じます。 身体は、どこか異常があると、痛みを使って脳に伝えます。 痛みを無視してはいけません。 どのようなタイプの痛みの症状でも、痛みの原因の根本的な原因を診断してもらう必要があるので... 痛みは明らかに、重要なタイプの感覚性症状です。 ピリピリする感じ、うずく感じ、灼熱感、、あるいは似たような感覚の比較的軽い異常な神経感覚はすべて、「知覚障害」として知られており、無感覚になることがあります... 疲労はエネルギー不足または体力不足をいい、よく見られる症状です。 しかし、一般的な用法では、この言葉には多くの意味があり、たとえば眠気、嗜眠、、不快感、無関心あるいは衰弱(筋力低下を含む)が挙げられます... いかなる種類の呼吸困難(あるいはいかなる種類の「息切れ」でも、生命にかかわるおそれのある緊急事態です。 それは、、肺炎あるいは肺塞栓症などの、様々な危険な疾患の原因と考えられます。 それほど重大でない原因もありますが... 脱力感は不明確な医学的症状です。 脱力感は、身体部位の筋肉の脱力あるいは全身脱力を指す場合もあります。 一般的な脱力感もまた、疲労、眠気、衰弱、意識喪失(気絶)あるいはけん怠感によって引き起こされることがあります... 頭痛の原因として考えられるものは、比較的害のない日常的な頭痛または風邪から、髄膜炎のような生死にかかわる緊急事態まで、あるいは思いもよらない脳腫瘍の発症に至るまで様々です。 次のような様々なタイプの頭痛が生じる可能性があります... 胸痛は、心臓発作が差し迫っていることを示している可能性があるため、かなり重篤な症状です。 ただし、、逆流、胃食道逆流性疾患などのそれほど重大でない原因であることもあります。 それでも、心臓発作の危険があるので... チアノーゼは、血液供給時の酸素不足を示す重度の疾患です。 この疾患は、循環あるいは酸素摂取を阻むさまざまな重篤な疾患が原因で生じる可能性があります。 局所的なチアノーゼもまた、レイノー現象の手およびや指のような血液循環のよくない部位で生じることがあります... 意識喪失は、気絶などの意識消失を意味します。 「めまい」という言葉は、気絶する前に、軽い立ちくらみを感じる場合にしばしば使用されます。 「めまい」というあいまいな用語は、平衡障害、、気絶あるいは全身のだt苦慮区間のような症状とは区別する必要があります... 尿の色の変化には多くの理由がありますが、無害のものもあればかなり深刻なものもあります。 尿中の血液が見られる場合は「血尿症」と呼ばれ、ピンク色、赤みがかっている、オレンジ色、暗めの色、さらに灰色がかった尿に色が変化することがあります... 症状チェッカー ジェンダー: 選択された症状: 多血症 多血症 症状を追加: 痛み 感覚 疲労 呼吸困難 筋力低下 脱力感 頭痛 不安神経症 胸部痛 昏睡 アレルギー、毒物、化学薬品: 多血症そして多血症 - 女性 アレルギー、化学薬品、または毒に関連する症状の原因がものがあります:• 誤診: 多血症そして多血症 - 女性 含める誤診かもしれない原因:• 多血症そして多血症 - 女性: 危険な病気 危険な原因は次のとおりです。 別の症状を追加 原因のリストが多すぎる場合に、選択してオプションを絞り込んでください。 または次の中から選んでください: 多血症そして多血症 そして•

次の