カラオケ しゃくり。 高得点に効く!カラオケで『しゃくり』トレーニング ~DAMボイストレーニング~

カラオケ用語!ビブラート・しゃくり・こぶし・フォールって?

カラオケ しゃくり

しゃくりとは? しゃくりとは、敢えて下の音程から入り、ぐいっと本来の音程に上げるテクニックです。 しゃくりは、疑問形の語尾に似ていると言われることがあります。 しゃくりを多用するアーティストとして有名なのが福山雅治さんです。 「桜坂」のAメロはじめのフレーズの「ゆれるこもれび」の「ゆ」はしゃくりが入っています。 「Squall」のAメロはじめのフレーズの「さっきまでの」の「さ」にもしゃくりが入っています。 このとき本来の音程を母音にするのがポイントです。 福山雅治さんのしゃくりは、しゃくりらしいしゃくりと言えるのですが、さらっとしゃくりが使われている曲もたくさんあります。 例えば、あいみょんさんの「メリーゴーランド」。 はじめのフレーズ「風の強さがちょっと」の「か」にもしゃくりが入っています。 少しだけ下の音程からサラッと正しい音程に上がるだけの小さなしゃくりです。 しゃくりの種類はさまざま このようにしゃくりには様々な種類があります。 「これが正しいしゃくり」という明確なルールがないのです。 そんなしゃくりをあえて分類すると「下げる音の低さ」と「スピード」で分けることができるでしょう。 下げる音の低さ 本来の音程に対して、1音下の音から上げるのが一般的ですが、半音下、1音より下に下げる場合もあります。 半音下げるとあっさりとしたしゃくりになり、1音より下げると個性的なしゃくりになります。 ビジュアル系バンドの曲では、1音より下げた音程からのしゃくりが使われることがあります。 スピード 下の音程からぐいっと本来の音程にあげるとき、この「ぐいっと」のスピードが速いとサラッとした雰囲気になります。 疾走感のある曲やソウルフルな曲の場合には、スピード感のあるしゃくりが効果的です。 逆に「ぐいっと」のスピードが遅いと、まったりとした雰囲気になります。 アンニュイな感じ、大人の雰囲気が出るでしょう。 スローテンポなバラードなどに効果的なしゃくりになります。 しゃくりのメリット それでは、しゃくりをマスターするとどんな良い事があるのでしょうか。 しゃくりのメリットを見ていきましょう。 歌に抑揚が生まれる しゃくりを使うと抑揚が生まれるメリットがあります。 例えば、「かえるのうた」を例にしてみましょう。 「かーえーるーのーうーたーがー」 と普通に歌うと合唱らしい歌い方になります。 これにしゃくりを入れてみます。 しゃくりを入れることで、今っぽい曲の感じになりませんか? しゃくりを入れると曲全体になめらかな雰囲気を出すことができて、プロっぽい歌い方になるのです。 カラオケで「この人、歌が上手いな~」と思われる歌い方ができるでしょう。 一本調子の歌い方になってしまう、合唱みたいな歌い方になってしまう人は、しゃくりがおすすめです。 歌いやすい カラオケDAMの採点システムの表現力の加点は抑揚、しゃくり、フォール、こぶしの4つです。 しゃくりはこの4つの中で一番出しやすいテクニックです。 コツがわかれば、すぐに取り入れることが可能です。 難しいボイトレをしなくてもマスターできることが大きなメリットと言えるでしょう。 しゃくりのデメリット 簡単にマスターできて、歌に抑揚が出せるしゃくりですが、以下のような難点もあります。 くどくなる しゃくりを出すのは簡単でも、しゃくりを入れる場所を考えることが難しいのです。 しゃくりを多用してしまうと、非常にくどい歌い方になります。 カラオケでしゃくりを入れすぎると、逆に歌が下手な人だと思われるかもしれません。 しゃくりは適度に入れることが大切です。 くせになる しゃくりは、本来の音程より下の音程から本来の音程にずり上げるテクニックです。 言い方を変えると、はじめの音がずれていても、しゃくりをすることで正しい音程に持っていくことができるのです。 そのため、しゃくりを使ったほうが音程をとりやすくなる場合があります。 しゃくりをマスターすると、音程に自信がない時でもしゃくりでごまかせるようになってしまうため、しゃくりがくせになるのです。 しゃくりが多い理由とは しゃくりを多用しようと思っていないのに、しゃくりの点数が高いという人は意外と多いです。 しゃくりのメリット、デメリットから、しゃくりが多い理由が見えてきました。 しゃくりを入れようと思っていないのにしゃくりが多いという人は、しゃくりがくせになっている可能性があるでしょう。 しゃくりは出しやすいメリットがある反面、音程のずれをごまかせるため、癖になるデメリットがあるのです。 カラオケでしゃくりの加点が多い場合、しゃくりを使いこなせているわけではなく、しゃくりで音程をごまかそうとしていることが考えられます。 対策は? しゃくりが無駄に多くなっているなら、しゃくりを減らす対策を考えましょう。 その対策とは、ずばり「音程をしっかり合わせること」です。 特にフレーズのはじめの音はバシッと音程を合わせなければいけません。 音程がわかっていないから、しゃくりで音程を合わせようとしてしまうのです。 正しい音程がわかっていれば、しゃくりを使わなくても正しく歌うことができるでしょう。 しゃくりは、正しい音程から「敢えてずらした音」からはじめるテクニックです。 「間違った音程」から正しい音程に合わせていくわけではありません。 この違いがわかれば、しゃくりが多くならない歌い方ができるでしょう。 しゃくりの練習のコツ しゃくりのメリットデメリット、さらにしゃくりが多い人の対策についてもご説明してきました。 ここからは、実際にしゃくりを上手く出すための練習のコツをご紹介していきたいと思います。 しゃくりのやり方 しゃくりはコツが掴めれば比較的簡単に使えるようになります。 しゃくりのやり方は3ステップです。 本来の音を母音で発声する しゃくりのやり方を考える時、しゃくりを入れたい音を「子音と母音」に分ける必要があります。 これがしゃくりのコツです。 例えば、「さー」の音にしゃくりを入れる場合、「さ」と「あ」に分けて考えます。 本来の音程から下にずらした音は「さ」、本来の音程は「あ」を発音してみましょう。 本来の音程は「ミ」、下にすらず音は1音下の「レ」だとします。 ずらした音は小さく、本来の音は大きく発声するのがポイントです。 なめらかにつなげる しゃくりは流れるようになめらかに入れるのがコツです。 下にずらした音を本来の音がボツボツ切れた状態ではきれいなしゃくりとは言えません。 「下から音をぐいっと上げる感じ」「えぇ?などの疑問形の感じ」をイメージするとなめらかに繋がりやすくなるでしょう。 正しい音程をマスターしておく しゃくりは、ずれた音程でも正しい音程に持っていくことができるので、音程に自信がない時にしゃくりが出てしまう人がいます。 でも、それは本来の上手いしゃくりではありません。 きれいなしゃくりを出すためには、本来の音程をしっかりマスターしておくことが大前提です。 その正しい音程から敢えてずらすのが本当のしゃくりです。 しゃくりを入れる曲は、しっかり正しい音程を聞いて歌って練習しておきましょう。 しゃくりの使い方 しゃくりのコツがわかったら、実際に曲の中で使ってみましょう。 しゃくりはどこに入れたら良いのでしょうか。 どれくらい入れたら良いのでしょうか。 しゃくりはフレーズの始めにいれるのがおすすめ しゃくりはフレーズの一番はじめの音に入れるのが一般的です。 フレーズの最後の音、途中の音にしゃくりを入れてもOKなのですが、簡単なのがフレーズのはじめ部分です。 途中の音で入れると、正しい音程までずれやすくなるので難易度が高くなるでしょう。 しゃくりは使いすぎない それでは、どのフレーズのはじめの音に入れれば良いのでしょうか。 しゃくり加点を増やすために、全てのフレーズのはじめの音にしゃくりを入れようとする人がいますが、非常にくどい曲になってしまいます。 特にゆっくりしたしゃくりを何度も入れると、しつこい歌になるでしょう。 しゃくりは使いすぎないことが大切です。 自分でしゃくりを使いすぎているのかどうか調べるためには、プロの歌を参考にすることが大切です。 福山雅治さんの曲を1曲決めて、ノートに歌詞を書いてみましょう。 原曲を聴きながら、しゃくりが入っている部分を歌詞の上にチェックしていきます。 それを見ながら歌えば、適度なしゃくりを入れることができるでしょう。 適度なしゃくりの頻度がわかってきたら、自分なりにしゃくりを入れて歌ってみましょう。 本気でカラオケが上手くなりたい人必見 カラオケが下手で悩んでいいませんか?実は大勢の人が失敗した経験を持っています。 カラオケは趣味に留まらず仕事やコミニュケーションで活躍するスキルの一つですよね。 少しでも上手になるにはミュージックスクールは有効で最短で効果を出す有力は方法。 ただ今では多くのスクールが有り何処で学べば良いか迷う事でしょう。 当サイトで厳選したすすめのスクール7選を紹介していますのでご参照ください[下記記事より].

次の

カラオケ用語!ビブラート・しゃくり・こぶし・フォールって?

カラオケ しゃくり

以前のブログ記事をご覧になっていない方は、是非ご覧下さい。 【しゃくり】の意味や、様々なテクニック・具体的な歌唱法を解説しています。 ・ ・ 当ワンズウィル・ミュージックスクールに通っておられる生徒さん達も、歌の表現レッスンでは必ずしゃくりについて触れます。 昨今、カラオケDAM精密採点DXの影響もあり、しゃくりに関して興味をお持ちの方が非常に多い、というのが率直な感触です。 しゃくりをマスターするためには、様々なエクササイズがありますが、今回は、初心者でも出来るトレーニング方法を1つお教えします。 この方法、実は身近にあるのに意外と知られていないかもしれません。 みなさんは、カラオケBOXに行きますか? 多分このブログをお読みの方は歌好きの方が多いと思いますので、ヒトカラ(一人でカラオケに行く事)してる方も多いのではないでしょうか? そのカラオケBOXにこそ、初心者でも出来るしゃくりのトレーニング方法があるのです。 その名も 「DAMボイストレーニング」。 「DAMボイストレーニング」 さて、ご存じの方も多いと思いますが、第一興商のLIVE DAMには数多くのコンテンツが搭載されています。 その中に 「DAMボイストレーニング」(略:DAMボイトレ)と言うコンテンツがあります。 これは、かなり画期的なプログラムで、なんと1人でボイトレが出来てしまうと言うすぐれものです。 我々ボイストレーナーには手強いライバルなのですが、やはり人間と機械はベクトルが違いますのでその辺は大丈夫かと思います。 そして当然、機械には機械の良さが有りますので、今回は「DAMボイストレーニング」を使ったトレーニング方法を皆さんにご紹介したいと思います。 まずは、必ずLIVE DAMの機械が設置してあるお部屋を借りて下さい。 入店の際に「LIVE DAMのお部屋をお願いします」と告げれば、お店の方がそうしてくれるはずです。 デンモクiDの場合:TOP > コンテンツ > 検定・ボイトレ > DAMボイストレーニング• スマートDAMの場合:TOP> コンテンツ> DAMボイストレーニング すると以下の画面が立ち上がります。 これは、DAMボイトレの基準ではNGとされますが、 実際の歌で行う「しゃくり」においては、許容範囲内だと思います。 歌の中でしゃくりのスピードは一律ではありませんので、早くしゃくる場所もあり、ゆったりしゃくる場所もあります。 ただ、ここでの正解はあくまでもDAMボイトレ基準でのことです。 ポイントを踏まえながら、チャレンジしてみて下さい。 応用編 このトレーニングでは「まぁ」と言う発声で行っていますが、慣れてきて上手になってきたら、他に 「ちぃ」や 「へぇ」「むぅ」などでも試してみると良いでしょう。 というのは、 母音によって 「音程が上手くしゃくれない」 「上手く音程を合わせられない」 という場合があるからです。 ワンズウィルミュージックスクールよりお知らせ を開講します。 「思うように声が出ない、だから上手く歌えない」とお悩みのあなたに効果テキメン!カラオケに必要な発声を気軽に楽しくレッスンして、上手く歌う方法が身につきます。 今回紹介した「DAMボイトレ」は、ボイストレーナーから見ても非常に良く出来たコンテンツだと思います。 一人でも、ゲーム感覚でトレーニングが出来るので是非活用してみて下さい。 繰り返しになりますが、最後までクリアするのにはかなりのテクニックが要ります。 実際私も後半は1発クリア出来ないものもありました。 またこのシステムは、精密採点DXのシステムとほぼ同じシステムだと思いますので、採点で高得点を目指している方のトレーニングとしてもお勧めします。 詳しくはお店の方にお尋ねください。

次の

カラオケDAMのしゃくりのコツは?出し方や採点との関係も

カラオケ しゃくり

しゃくりは、歌に滑らかな印象を与え、 曲に深みを与えることができます。 福山雅治さんの歌に深みがあるのは しゃくりの影響も大きいです。 また、少し低い音から出すことによって 声帯の負担を軽くする役割もあります。 いきなり高い音を出しにいかず、 少しずつ上げていくことが出来ます。 しゃくりを上手く使うタイミング 本来の音よりも低い音から出すというのは、 音が外れていることと同じです。 そのため、あまりにも多用すると 歌声が不安定に感じ、音痴に聴こえます。 しゃくりが無意識に出てしまう人、 かなり多く出てしまう人は要注意です。 正しい音程を瞬時に出せていなくて、 探っている可能性が高いです。 まず、しゃくりを使うタイミングは フレーズの始まりか終わりで使うと良いです。 歌の途中で使われることもありますが、 一般的に入れやすいのは最初と最後です。 また、低い音から高い音に変わる時に しゃくりは使いやすいです。 歌い出しの音が低くて、高くなるときには しゃくりを使うチャンスです。 しゃくりの出し方とコツ しゃくりの出し方はとても簡単で、 音を繋げて歌うことを意識するだけです。 ハキハキと歌うのではなく、 滑らかに続けて歌うのがポイント。 歌声を出し続けながら、 口を動かして歌詞を口ずさむイメージです。 カラオケ採点の他の加点ポイント カラオケの採点で加点されるのは しゃくりだけではありません。 フォール、 ビブラート、 こぶしという 歌唱技術もあります。 「名前は聴いたことがある。 」 「なんとなくマークに見覚えがある。 」 そういう方も いらっしゃるのではないでしょうか? フォール、ビブラート、こぶしは こちらの記事で解説しています。 興味がある方は 合わせてご覧ください。

次の