ドラゴンクエスト ユア・ストーリー ネタバレ。 映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」感想とネタバレ!大人向けアニメっスよ!

【ネタバレ酷評】『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』山崎貴のイオナズンに映画ファンは燃え尽きるチェ・ブンブンのティーマ

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー ネタバレ

今回は、 2019年8月2日 金 より公開されている、国民的ゲーム・ドラゴンクエストVの3DCG映画 ドラゴンクエスト ユアストーリーのネタバレ有りの感想記事になります。 あの有名なドラゴンクエストのアニメ映画ということで、気になっている方は非常に多いと思います。 しかしあのとてつもなく長い作品を映画として落とし込むのはかなり難しく、その出来を不安に思っている方も多いんじゃないでしょうか? そんな ドラゴンクエスト ユアストーリーが、実はVRゲームであった、主人公はそのゲームのプレイヤー だからユアストーリー でしたという、とんでもない オチで、衝撃を覚えたので記事にしました笑 また、他にも視聴された方々の感想や評判をまとめた記事になります。 題して、『ユアストーリーのオチがひどいと話題に!ネタバレ感想で評判をまとめ』 それでは、最後までご覧ください。 【こちらもおすすめ】 Contents• ユアストーリーのオチがひどいと話題に! ドラゴンクエスト ユアストーリーのオチがゲームだった… とにかく衝撃で、原作ファンとしてはと手も受け入れられなかったのがこのとんでもないオチでした ストーリーの壮大さから、如何にまとめるのだろう? カットは多いだろうけど、改悪はされていないのか? 芸能人ばかりの声優起用は演技にも不安がある… といった様々な不安点があったものの、 まさかVRゲームオチだっただなんて、誰が想像できたでしょうか? 戦闘シーンやBGMなど、途中まではとても良く、カットの多さもやむを得ないがなんとかうまくまとめようとしている… そんな制作陣の努力も、実はゲームの中での出来事でしたの一言で片付けられては今までの物語はなんだったのか? すべてが茶番にすら思えてしまうような、そんな悲しい悲しいオチでした。 迷惑行為を嬉々として公表する人間を見るのと同様の不快感。 「くだらない」以外の感想が出てこない。 あたいも冗談みたいだけどわりとマジでやられてる。 共感どころか大切な物を踏みにじられた感しか残っていないのです。 映画観てここまでの不快感は初めて。 作り手の言いたいことと題材としてなんでドラクエ5を選んだのかはなんとなく理解はできるけど観た感想としては納得はしない。 — ケルティ sinkelty 仕事終わりにユアストーリー観に行ってきた。 作り手の言いたいことと題材としてなんでドラクエ5を選んだのかはなんとなく理解はできるけど観た感想としては納得はしない。 — ケルティ sinkelty 以上のように、一部好意的に受け止めていらっしゃる方もおりましたが、 大多数の方がこのオチに納得がいかず、私と同じように衝撃を受け、かなりのモヤモヤを抱えた感想を持った方がとても多かったですね 少しでも 事前にVR世界を楽しんでいるプレイヤーの映画なんだってことが分かっていれば、覚悟もできたでしょうけど…想像つきませんよね^^; ユアストーリーというのがプレイヤーのことを指す…このタイトルでそこまでの考えに至った方がいたんでしょうか… 少なくとも事前のPVではそう感じる要素は皆無でしたよね 一体何を思ってこういうオチにしたのか…私は正直混乱をまだまだ引きずりそうです 【こちらもおすすめ】 最後に 今回は、国民的ゲーム・ドラゴンクエストの初3DCG映画である、 ドラゴンクエスト ユアストーリーのオチがとってもひどくて、実際に検索してみたら同じように感じている方がとても多かった、 『ユアストーリーのオチがひどいと話題に!ネタバレ感想で評判をまとめ』 いかがだったでしょうか? なぜ素直に原作のゲームを映画化していただけなかったのか… もう悔しくてなりません 余計な脚色や改悪はいらんのです 娘なんて誕生すらしていないという話の展開など、納得できないことが多分に多かったですよね^^; 期待値がとても大きかっただけのこのオチ 今後も私と同じように落胆と衝撃を受ける方が現れないことを祈ります… それでは、今回は以上になります。 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

次の

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末と見どころ!

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー ネタバレ

の続きです。 一体ラストに何があったのか?? 以下感想はネタバレありで書いていきますので、ご了承下さい。 ラストの展開が・・・ 主人公リュカが、敵に囚われた嫁ビアンカと母を助けに敵の本拠地に乗り込むとそこには父パパスの仇ゲマの姿が。 リュカは、天空の剣を抜き勇者となった息子と2人で力を合わせゲマを撃破。 ゲマが消滅し世界は平和になると思われたその時、ゲマはリュカ母の天空人の力を奪い、最期の力を振り絞って魔王ミルドラースへ通じる門を開いてしまう。 今にも呼び出されそうなミルドラースを封じるため、息子が天空のつるぎを門に投げ込み、封印は成功したかに見えたが・・・ さて、この瞬間までは順調でした。 天空の剣がミルドラースの門を封印し、めでたしめでたし。 で終わればよかったんです。 ここからドラクエファンを踏みにじるような「どんでん返し」が始まります。 唐突に時間が止まる世界。 主人公リュカ以外の一切が微動だにせず、更に無音に。 異様な雰囲気に困惑していると、ミルドラースの門から「気持ち悪い人型の何か」が出現する。 えっこれがミルドラース???なんか記憶と全然違うんだけど…と戸惑っていたら、急に語り出すミルドラース のような人型。 「この世界は作り物だ。 ほら、そこのビアンカも息子も敵も味方も作り物だから俺の力で簡単に崩壊させられるぞ。 俺はウイルスだ。 俺を作ったのはこの世界 ドラクエ のことが嫌いなエンジニアだ。 ミルドラースのデータを利用して侵入してきたのだ」 そしてウイルス?は続けます。 「おまえ大人になれよ。 」 台詞はだいたいこんな感じでした。 そしてウイルスにより真っ白にされ崩れ出すドラクエの世界。 ちなみにこの辺で、私は一体何を見せられているのか?と笑いが止まりませんでした。 理解が追いつきません。 一体なんなんだ。 またシーンが変わります。 画面に映し出されるのは、現実世界 リアル のテーマパークのような場所。 アトラクション「ドラクエ5体験!記憶を忘れてリアル体験できます〜」のようなものに意気揚々と乗り込む青年男性。 美人で可愛かったビアンカもフローラも、懐いてきたベビーパンサーもスライムも、全部つくりものだと。 そしてまたシーンはバーチャル世界 ドラクエ に戻ります。 全てが壊されそうになったその時、 リュカに懐いてついてきたはずのスラリンが唐突に現れてオッサン声で喋り出します。 スラリン「おれはアンチウイルスだ!ずっとこの世界を監視してきた。 おれの力でこのウイルスを倒すんだ!!」 リュカ「おれはこの世界がつくりものだとしても、大切なんだー!!」 そしてアンチウイルス スラリン?の協力でウイルスは倒され、主人公は無事バーチャル世界を取り戻し、ビアンカと息子と幸せそうに笑いあいました。 めでたしめでたし。 ってそんなわけあるかーーーーい!!!!!!!!!!! いや意味わからんわ!!!!!! n回目 監督はこれを通じて何をドラクエファンに届けたかったんでしょうか? ゲームなんて仮想世界に過ぎないし世間からは疎まれる存在だけど、君たちファンにとっては大事な世界なんだよね。 ウンウンわかるよ。 それをわざわざキャラの姿を壊していく描写をしてまでやりたかったのかと思うと疑問しか浮かばないですね。 たとえ、その後にフォロー ファン側がドラクエアンチに勝つ描写 があったとしても、それで気分まで元どおりとはいきませんでした。 この悲しい結末を、スクエニが止めてくれなかったのが非常に悔やまれます。 ともかく、最後の謎設定さえなければ、普通に感動できる良作だったと思います。 うう、スラリン可愛かったのに許さない・・・ 本音.

次の

なぜ『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は賛否両論の問題作なのか?それはゲーマーに対するふかい愛があるからだ

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー ネタバレ

今回は、 2019年8月2日 金 より公開されている、国民的ゲーム・ドラゴンクエストVの3DCG映画 ドラゴンクエスト ユアストーリーのネタバレ有りの感想記事になります。 あの有名なドラゴンクエストのアニメ映画ということで、気になっている方は非常に多いと思います。 しかしあのとてつもなく長い作品を映画として落とし込むのはかなり難しく、その出来を不安に思っている方も多いんじゃないでしょうか? そんな ドラゴンクエスト ユアストーリーが、実はVRゲームであった、主人公はそのゲームのプレイヤー だからユアストーリー でしたという、とんでもない オチで、衝撃を覚えたので記事にしました笑 また、他にも視聴された方々の感想や評判をまとめた記事になります。 題して、『ユアストーリーのオチがひどいと話題に!ネタバレ感想で評判をまとめ』 それでは、最後までご覧ください。 【こちらもおすすめ】 Contents• ユアストーリーのオチがひどいと話題に! ドラゴンクエスト ユアストーリーのオチがゲームだった… とにかく衝撃で、原作ファンとしてはと手も受け入れられなかったのがこのとんでもないオチでした ストーリーの壮大さから、如何にまとめるのだろう? カットは多いだろうけど、改悪はされていないのか? 芸能人ばかりの声優起用は演技にも不安がある… といった様々な不安点があったものの、 まさかVRゲームオチだっただなんて、誰が想像できたでしょうか? 戦闘シーンやBGMなど、途中まではとても良く、カットの多さもやむを得ないがなんとかうまくまとめようとしている… そんな制作陣の努力も、実はゲームの中での出来事でしたの一言で片付けられては今までの物語はなんだったのか? すべてが茶番にすら思えてしまうような、そんな悲しい悲しいオチでした。 迷惑行為を嬉々として公表する人間を見るのと同様の不快感。 「くだらない」以外の感想が出てこない。 あたいも冗談みたいだけどわりとマジでやられてる。 共感どころか大切な物を踏みにじられた感しか残っていないのです。 映画観てここまでの不快感は初めて。 作り手の言いたいことと題材としてなんでドラクエ5を選んだのかはなんとなく理解はできるけど観た感想としては納得はしない。 — ケルティ sinkelty 仕事終わりにユアストーリー観に行ってきた。 作り手の言いたいことと題材としてなんでドラクエ5を選んだのかはなんとなく理解はできるけど観た感想としては納得はしない。 — ケルティ sinkelty 以上のように、一部好意的に受け止めていらっしゃる方もおりましたが、 大多数の方がこのオチに納得がいかず、私と同じように衝撃を受け、かなりのモヤモヤを抱えた感想を持った方がとても多かったですね 少しでも 事前にVR世界を楽しんでいるプレイヤーの映画なんだってことが分かっていれば、覚悟もできたでしょうけど…想像つきませんよね^^; ユアストーリーというのがプレイヤーのことを指す…このタイトルでそこまでの考えに至った方がいたんでしょうか… 少なくとも事前のPVではそう感じる要素は皆無でしたよね 一体何を思ってこういうオチにしたのか…私は正直混乱をまだまだ引きずりそうです 【こちらもおすすめ】 最後に 今回は、国民的ゲーム・ドラゴンクエストの初3DCG映画である、 ドラゴンクエスト ユアストーリーのオチがとってもひどくて、実際に検索してみたら同じように感じている方がとても多かった、 『ユアストーリーのオチがひどいと話題に!ネタバレ感想で評判をまとめ』 いかがだったでしょうか? なぜ素直に原作のゲームを映画化していただけなかったのか… もう悔しくてなりません 余計な脚色や改悪はいらんのです 娘なんて誕生すらしていないという話の展開など、納得できないことが多分に多かったですよね^^; 期待値がとても大きかっただけのこのオチ 今後も私と同じように落胆と衝撃を受ける方が現れないことを祈ります… それでは、今回は以上になります。 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

次の