メインクーン 比較。 見分け方も解説♡メインクーンとノルウェージャンフォレストキャットの違いとは?

メインクーン

メインクーン 比較

だからこそ、寒さを乗り越えられるような分厚い被毛を持っているのも特徴です。 被毛には光沢感があり、その暖かさはまるでウールのようだとも言われているそう。 さらに、厳しい寒さの中で暮らしてきたからこそ、後ろ脚が前脚よりも長く、太い骨格を持っています。 ノルウェージャンフォレストキャットは体重も他の猫種より重たく、オスで4. 5kg~8. 0kg、メスで2. 8kg~5. そして、1860年代には初めてキャットショーに出場しましたが、当時はあまり人気が出ませんでした。 gatag. これらの病気は遺伝子検査で発見することができるので、不安な場合は獣医さんに調べてもらうのもおすすめです* また、オスのメインクーンは心不全や後ろ足に麻痺があらわれる「肥大性心筋症」を発症してしまうこともあります。 pakutaso. html ノルウェージャンフォレストキャットとメインクーンは、パっと見ただけでは似ているため、判別が難しいものですよね。

次の

メインクーンの大きさ、平均的な猫と比較すると?

メインクーン 比較

メインクーンのかかりやすい病気と特徴についてご案内いたします。 すでに一緒に暮らしているご家族の方、これから家族に迎え入れられる方は、ペット保険加入をご検討の際にお役立てください。 メインクーンのかかりやすい病気やケガとペット保険 メインクーンは、下記のような疾患にかかりやすく、その治療費は、飼い主さまの全額負担となります。 そこで、ご検討いただきたいのがペット保険です。 当ウェブサイトから、すぐに「」いただけます。 ご検討中の方は、PS保険の詳しい説明「」をご確認のうえ、「」をお願いいたします。 メインクーンとは メインクーンは古い猫種で不明な点が多いです。 アメリカ合衆国のニューイングランド地方メイン州が原産とされてメイン州公認の「州猫」として認定されている猫になりますが、ヨーロッパから来た猫とアメリカの土着猫の子孫とも言われています。 アメリカにおける最古、最大の猫の品種で、メインクーンという名前はメイン州と身体の模様や狩りの習性がアライグマ(ラクーン)に似ていることから命名されたといわれています。 メインクーンの起源は、ほかにもマリー・アントワネット説というものがあります。 これは、フランス革命で追われたマリー・アントワネットが亡命を企て、溺愛していた6匹の猫(ターキッシュアンゴラとされる)をアメリカのメイン州ウィスカセットに逃がし、地元の猫と交配して誕生したのがメインクーンという説です。 メインクーンは別名「ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)」とも呼ばれています。 アメリカではキャットショーに出陳されるのも早く、人気猫種でしたが、1900年代にペルシャの登場で人気が一時低迷しました。 しかし、1968年にメインクーンの専門クラブ「MCBFA(メインクーン・ブリーダー・ファンシャーズ・アソシエイション)」が設立されると、少しずつ人気が回復しました。 また、1980年までに、TICA、CFA他すべての血統登録団体に猫種として登録されています。 メインクーンの容姿 メインクーンは体長が100cm、体重が雄で5. 9-8. 0kg、雌で3. 6-5. 4kgの大型の猫になります。 ボディタイプはロング&サブスタンシャルで長く・がっしりとしているのが特徴です。 ニューイングランド地方の厳しい気候でも耐えられる体をもっているので丈夫な体を持っています。 猫の大きさのギネス記録に登録されているのもメインクーンです。 メインクーンは大きい分成長がゆるやかで完璧に体が出来上がるのは4-5歳ごろになります。 メインクーンの頭部は長めでスクエアなマズルを持っています。 雄は去勢していないとエラが張ってきます。 鼻はジェントルカーブと呼ばれる流線型の窪みがあります。 このカーブはメインクーンと特徴がよく似ている猫種であると区別するときに見られます。 耳は大きく高い位置についていて、タフトとよばれる房毛があり、耳の先端にはリンクスティップとよばれる飾り毛が生えています。 目は様々な色があり被毛によって異なる、グリーン、グリーンゴールド、または、ゴールドがあります。 メインクーンの特徴の一つである被毛はミディアムロングでダブルコートになります。 胸元にはメーンと呼ばれるライオンのたてがみのような飾り毛があります。 被毛はとても柔らかくふわふわです。 脚にはパンタロンやズボンなどと呼ばれる脚の後ろ側にある長い毛と、指の間にある長い毛のおかげで、寒さの中でも体温を保つことが出来ています。 尻尾がとても立派にふさふさとしていて「世界一長い尻尾の猫」として登録されたのもメインクーンになります。 メインクーンの性質 メインクーンは賢く、遊び好きとしても有名です。 そのためトレーニングはしやすい猫種になります。 また、とても器用に前脚を使うのが上手で、棚を開けたり、蛇口を開いたり、トイレを流したり、などの簡単な動作を覚えてしまうのでいたずらには注意しましょう。 基本的には穏やかで優しく懐きやすいといわれていますが、ベタベタあまえてくることはあまりありません。 雄は比較的甘えん坊な子が多いといわれており、メスはしっかりした子が多いと言われています。 また、ほかの猫や動物とも仲良くできますので多頭飼いにも向いています。 メインクーンは良く遊ぶ子で運動量も多いです。 高いところも好きですし、走ったりジャンプしたりします。 身体も大きいため他の猫種にくらべて手が届くところも広く、家具の配置などには考慮が必要です。 また、運動しないとストレスがたまってしまいますので、キャットタワーなどを設置し十分なスペースを確保してあげてください。 メインクーンの被毛は柔らかく長いため毛玉ができやすいです。 そのため毎日のブラッシングなどのお手入れは必須になります。

次の

長毛猫のおすすめは?ラグドールやメインクーンって何が違うの!?

メインクーン 比較

ペットとして飼われる猫の中でも、最大級と言われる大きさの【メインクーン】。 その大きさはいったいどの程度なのか、子猫と成猫の違いは?オスとメスの違いは? 今回は、メインクーンの大きさを 異種の猫や、性別・年齢ごとに比較してご紹介したいと思います。 一般的な成猫とメインクーンの成猫の大きさ比較• メインクーンの子猫と成猫の大きさの比較• メインクーンのオスとメスの大きさの比較• 成長しない時が要注意 それでは、順番に見ていきましょう。 スポンサードリンク 1.一般的な成猫とメインクーンの成猫の大きさ比較 まず最初に、異種の成猫とメインクーンの成猫の大きさを比べてみましょう。 以下、純血種として大人気の「ロシアンブルー」の成猫ちゃんを例にしてみます。 ロシアンブルー メインクーン 平均体長 60cm前後 100 cm 1m 前後 平均体重 3 ~ 5 kg 4 ~ 9kg 他の成猫に比べて、メインクーンの成猫は約2倍の大きさ。 体長も体重も約2倍ほどの差が出ます。 一般的な猫が生後12カ月(1年)で成猫になるのに対し、メインクーンは成長期が3~5年と続きます。 生後12か月の時のメインクーンの体重は5kg程度で、一般的な成猫と同じくらいではありますが、骨格ががっちりして、毛も長くなってくるので、見た目は他の猫よりかなり大きく見えるでしょう。 2.メインクーンの子猫と成猫の大きさの比較 子猫(生後3ヵ月) 成猫 平均体長 30 cm前後 100 cm 1m 前後 平均体重 2 ~ 3kg 4 ~ 10kg メインクーンは生まれて3ヵ月くらいまでは一般的な子猫とそこまで差はなく、4ヶ月目くらいから急激に成長が始まります。 生後3ヵ月から比べると 体長・体重ともに3倍以上にも成長することがわかります。 4ヶ月目以降から毛が伸び始め、手足も伸び始め、5,6カ月目で骨格がしっかりとしてすでに成猫らしい身体つきになります。 オスはメスよりも一回り程度大きいイメージです。 一概には言えませんが、性格はオスの方が甘えん坊でやんちゃで犬のように遊び好き、メスはおとなしくて自立しているので飼いやすいと言われています。 4.成長しない時が要注意 猫によって個体差はありますが、メインクーンは体格・骨格がしっかりしている猫であり、あまりにも大きくならない場合は、栄養摂取などに問題がある可能性があります。 丈夫で健康な体をつくるためにも、体が大きく成長するメインクーンの場合は、一般の猫よりさらにたっぷりの栄養が必要となります。 しっかり、体重に合わせたフードの量をあげていますか?• 新鮮な肉や魚を主原料に使っていますか?• 猫の成長に欠かせない高タンパクのフードをあげていますか?• 穀類や添加物など猫の成長の負担になるフードを与えていませんか? 毎日食べるフードは、愛猫の成長に大きく影響しています。 まずは栄養たっぷりの良質なご飯に見直すことから始めてみましょう。

次の