マイ ナンバーカード 子供 写真。 マイナンバー 個人番号カード。子供の写真ってずっと同じですか?どんどん成長してますけど。

「再発行はできる?」「写真は変えられる?」…もっと知りたいマイナンバー

マイ ナンバーカード 子供 写真

マイナンバーカードの写真のサイズって?小さいと通らないことも! マイナンバーカードに使う写真のサイズが小さいと、 通らないで却下されてしまうことがあるんですよ! 基本的にマイナンバーカードの写真は、 証明写真でなくても、家庭でデジカメなどで 撮った写真でもOKですが、サイズが小さかったり、 決まり事を守っていないと、却下されて しまうんですよね…。 そのため、マイナンバーカードの写真を 撮るのでしたら、まずは サイズの確認や 条件を満たしているかなどのチェックが必要。 せっかく申請に行ったのに、 写真が却下されてしまっては、すごく面倒だし 撮り直さないといけないから大変ですよね…。 ということで、 写真を撮る前には、 きちんとサイズや決まり事の確認を しておくようにしましょう。 もっと詳しく説明すると、 縦4. 5㎝というサイズです。 これより小さかったり大きかったりすると、 却下されてしまうので注意しましょう。 またその他にも決まり事があるので 説明しておきますね。 ・最近6ヶ月以内に撮影していること ・正面を向いていること ・帽子をかぶっていないこと ・背景がないこと ・ピンぼけしていないこと ・サングラスやマスクなどを装着していないこと ・背景に影がないこと ・頭髪のボリュームが大きくないこと ・前髪で目元が隠れてしまっていないこと 以上がマイナンバーカードの決まり事です。 やっぱり身分証明書になるカードなので、 細かい決まり事があるんですね。 ちなみに筆者もマイナンバーカードを持っていますが、 写真は役所内にある証明写真機で撮影しました。 これらの決まり事や条件を満たしていないと、 せっかく申請に行っても却下されてしまうので、 くれぐれも注意するようにしましょう! サイズも4. 5を しっかり守るようにしてくださいね。 そうすればマイナンバーカードを申請しても、 しっかり写真を使うことができるので安心です。 より詳しくマイナンバーカード申請の 写真について、知りたい場合は、 下記のサイトを参考にしてみるといいですよ。 ぜひ決まり事を守って、写真を撮影し、 マイナンバーカードを申請するようにしましょう! まとめ マイナンバーカードに使う写真は、 縦4. 5㎝というサイズなので、 これより小さかったり大きかったりしないように 注意しましょう。 また、 顔が隠れてしまっていたり、 ブレていたりピンボケしていたり、 帽子をかぶっている、背景があるなどの写真も、 却下されてしまうので、くれぐれも 気を付けてくださいね! 写真は出来れば、証明写真機で 撮影すると安心ですよ!.

次の

マイナンバーの写真は赤ちゃんも必要!子供のカード申請について

マイ ナンバーカード 子供 写真

マイナンバー(個人番号)カードの申請用写真について はじめに マイナンバーカードの申請、我が家では何かと面倒でした。 一番面倒なのは多分皆さんと同じだと思うのですが、やっぱり 申請用の写真。 写真サイズが免許やパスポートと違うため、スキルがなければ写真屋で撮ってもらうしかないんですね。。 一人1500円かかりました。。 (データCD付ですが) 写真屋にとっては思わぬ特需?といったところでしょうか。 今回手間取ったのは、障害がある息子の写真でした。 スポンサーリンク 写真屋も知らなかったこと 息子は知的障害があるため、レントゲンを撮る間すらじっとすることができません。 おまけに暴れるため、レントゲン撮影の際にはいつも苦労しています。 だから家内は家にあった正面向きのスナップ写真を写真屋に持っていき、マイナンバーカード用に加工してもらおうと思いました。 その時の写真屋の答えは、 「この写真ではマイナンバーの申請は通りませんよ」 その時、背景が無地でないといけないことを家内は知らなかったので、取りあえず家に帰って悩むことに。。 検索してみたら… 何か方法はないものかと家内がネットで検索してみると、マイナンバーカード公式サイトに「答え」があるのを見つけました。 そこでIDを控えられて、 コールセンターに電話するように指示されました。 そしてコールセンターで事情を話すと、 家にある写真を使ってOKということになりました。 もちろん背景があってもOKで、「やむを得ない理由」を所定の箇所に書く際に、背景の説明も合わせて書くようにとのこと。 コールセンターからも、カードを発行する部署に連絡しておくとのことでした。 もし電話で話を通さずに、いきなり申請書に「やむを得ない理由」を書いただけでは、受理されず二度手間になる可能性があります。 申請がまだの方は十分ご注意ください。 スポンサーリンク マイナンバーカードが到着 その後写真屋で、スナップ写真のデータを持っていき、申請用のサイズに加工してもらいました。 かかった費用は350円。 今から考えればスマホで申請すれば写真屋に行くこともなかったのかもしれません。 でも家内はスマホではないし、スキルもないのでそこまで頭が回らなかったようです。 そして申請後約2ヶ月。 やっと息子のマイナンバーカードが届きました。 しっかり背景が写っている写真が使われていましたが、通ってホッとしました。 障害がある子を育てていると、窓口で言っていたことと違っていた…なんてことが時々あるので到着するまでは気が抜けません。 まとめ 障害がある息子は色々と融通がきかないことが多いです。 全般に言えることですが、仮に無理して周りに迷惑をかけながら挑んだとしても、失敗する可能性のある息子の場合、やはり今回のような特例はありがたいです。 頚椎がずれているので、無理に姿勢も正せませんし… ところで恥ずかしながら私だけまだマイナンバーカードを申請してないんです。。 期限が設けられていないとはいえ、個人番号カードは息子の特別児童扶養手当申請の際に必要になるらしいので、早めに申請しておこうと思います(汗).

次の

マイナンバーのための写真が却下されちゃった!サイズの決まりって?

マイ ナンバーカード 子供 写真

全国にあるDNP「Ki-Re-i」(マイナンバーカード申請機能付き)の証明写真機はより検索できます。 実際の証明写真機での手続き解説 それでは実際にDNPの証明写真機「Ki-Re-i」での手続きの様子を紹介したいと思います。 まずはメイン画面の真ん中にある「 マイナンバーカード交付申請用」というオレンジのボタンを押します。 次にマイナンバーカードの申請方法を選びます。 手間暇を考えると「この証明写真機から直接申請したい方」が絶対におすすめです。 私は証明写真機で申請までを直接行いたいので「この証明写真機から直接申請したい方」を選びます。 次にマイナンバーカードの交付申請に必要なものが表示されます。 必要なものは1つ。 個人番号カード交付申請書(通知カードがついてあったペラペラの紙)です。 あの紙に書いてある QRコードが必要になります。 次に再び申請の手順が表示されます。 交付申請書(表面)左下のQRコードをスキャナで読み取ります。 顔写真を撮影し、必要事項を確認すれば申請が完了します。 申請が完了すると、交付申請書確認証がプリントされます。 内容を確認すれば次へを押して進みます。 交付申請にあたり個人情報の取り扱いに同意します。 次に利用規約に同意します。 (全部で3ページあります) 証明写真機でのマイナンバーカードの交付申請は、15歳以上でないと1人で行うことはできません。 ここまでくると、ようやく交付申請書のQRコードを読み取ります。 QRコードは交付申請書の左下(切り取り線の上あたり)にあります。 QRコードのリーダーは証明写真機の上部にあります。 近づけすぎるとうまく読み取ってくれないので、適度に話しながらQRコードを読み取らせます。 あとはQRコードから読み取った申請書IDが交付申請書と同じかどうかを確認します。 この番号の確認作業は重要らしく、再び下7桁の確認を促されます。 ここまでくると、後は通常の写真撮影と同じです。 「レギュラー(800円)」「キレイ(1000円)」など好みに応じてタイプを選びます。 あとは成り行きに従っていけば写真撮影を行うことができます。 写真撮影が終了すると、交付申請の内容を確認します。 初期設定では• 署名用 電子証明書:希望• 利用者証明用 電子証明書:希望• 点字表記:希望しない となっています。 設定を変更するには右側の「内容の変更」を押して変更します。 ここでようやく個人番号カードの交付申請が完了します。 あとは後日はがきで交付通知書が送られてきますので、それと本人確認書類(運転免許証など)・通知カードをあわせて市区町村窓口へ持っていき交付を受けます。 すべてが完了すると証明写真機の受け取り口に「 交付申請確認証」が出てきます。 これは交付に必要なものではありませんが、忘れずにとっておきましょう。 これでマイナンバーカードの交付申請はすべて完了しました。 とても簡単だけど意外に時間はかかるので要注意 証明写真機でのマイナンバーカードの交付申請はとても簡単です。 ですが、上記の手続きを見ていただくとわかるように、 何かと規約などの同意ボタンが多くて時間がかかります。 通常の証明写真だと2~3分くらいで終わりますが、マイナンバーカードの交付申請は5分もしくはそれ以上は時間に余裕をもっておいた方がよいでしょう。 ただ… それでも他の申請方法よりも簡単なのは間違いないです。 マイナンバーカードの交付は市区町村窓口で忘れず行う これは私が勘違いしていたことなのですが、 マイナンバーカードの交付申請を行ったら自宅にマイナンバーカードが送られてくると思っていました。 ですが実際は、 マイナンバーカードの交付通知書が送られてきて、それと本人確認書類・通知カードをもって市区町村窓口に行かなければいけません。 結構めんどうですよね…。 とはいえ、交付通知書が送られてきたら後は取りに行くだけなので、忘れずに取りに行きたいと思います。 まとめ:機械での申請はとても便利なのでオススメ 以上、証明写真機でのマイナンバーカードの交付申請の方法をご紹介しました。 総合的な感想としては… めちゃくちゃ便利です! というよりは、 他の申請方法(郵便・スマホ)などは面倒でやってられません。 私のようなめんどくさがりの人には…ぜひとも証明写真機での申請をとてもおすすめしたいです。

次の