転職 住宅メーカー。 大手ハウスメーカーの営業職を辞めて転職したい。転職先はどういう所があるか。【質問・疑問・相談

住宅メーカーの面接対策

転職 住宅メーカー

(出所:123RF) どんなお仕事をしていますか。 東京都内にあるIT系のベンチャー企業で働いています。 カスタマーサポートや人事を担当しています。 転職は何回されていますか? 2回です。 僕は北海道出身で、地元の大学を卒業し、最初は地元の住宅メーカーに入社しました。 大学では福祉を専攻していたので、介護など福祉関係の職に就くという選択肢もありました。 ただもっと広い視点で福祉を捉えたときに、いろいろな人が快適に暮らすには住環境を整えることも重要だと考えるようになりました。 それで、住宅メーカーの営業の道を選びました。 でも、1年足らずで辞めました。 何か問題があったのですか? 入社してみたら、めちゃくちゃブラックだったんです。 仕事内容は、自社の住宅に住む顧客を訪問して、リフォームや住宅診断の案内をすることでした。 仕事自体には何の不満もなかったのですが、会社の体質が僕には合いませんでした。 絵に描いたような旧来型の日本企業で、年功序列がはっきりしていました。 新入社員は、朝は誰よりも早く来て先輩たちのコーヒーを入れる。 夜は、やることがなくても、上司や先輩より先には帰れない。 毎日、23時頃までオフィスにいましたね。 長時間働くことに不満があるというより、合理的な理由もなく会社に拘束されるのが嫌でした。 このまま会社の駒として働き続けるのか……と思ったら仕事がつまらなくなって。 それで、辞めようと決めました。 勇気は要りませんでしたか。 それなりに思い切りが必要でしたが、ものすごく勇気を出したという感じでもなかったような。 もともと、僕はいろんなことをノリや勢いで決めるタイプで、そのときも「なんとかなるだろう」と考えていました。 当時は今のように売り手市場ではありませんでしたし、親からも「せっかく新卒で入った会社を捨てていいのか」と言われました。 でも、自分の思いをきちんと話したら理解してくれました。 次の会社はどう探したのですか? 求人雑誌を眺めていて、たまたま大手IT企業が求人していたコールセンターの契約社員の職を見つけました。 北海道にはコールセンターが多いので、求人はわりとありました。 書類を出したら面接に呼ばれて、1回で採用が決まりました。 未経験だったので1カ月ほど研修を受けた後、電話で顧客からの問い合わせを受けました。 最初は、ここに腰を据えて就職しようというよりも、次の会社を見つけるまでのつなぎで働こう、というくらいの気持ちでした。 でも、2年目には社員登用のオファーがあり、契約社員から正社員になりました。 結果的に、その会社で6年も働きました。

次の

住宅メーカーの営業職の仕事内容と気になる年収事情【ハウスメーカー】

転職 住宅メーカー

現在就職活動中の大学3年生です。 今、住宅メーカーの総合職(営業)を中心に就職を考えているのですが、大手企業でも既婚・子持ちの女性社員が全くいないのがとても気になっています。 どの企業も「女性が働きやすい職場をつくるために今どんどん制度を整えているところです」と言います。 でも、制度はあってもやはり家事や育児と仕事を両立させるのはキツイのでしょうか? 私は将来結婚したいし子供も2人は生みたいと考えていますが、住宅メーカーだと難しいのかな・・という気がしてきました。 ある会社の方に「総合職が無理なら一般職に変わるという道があるから大丈夫ですよ」と言われましたが、私は総合職で働きたい気持ちがとても強く、一般職に進むことは今のところ考えていません。 住宅メーカー勤務の女性の方、実際のところ、どうですか?育児と仕事の両立は可能ですか?教えてください。 ユーザーID: 住宅メーカー一般職です。 同僚に2人いました、女性の総合職。 営業と設計でした。 どちらも激務。 朝はやや遅めの9時出勤ですが、帰りは21時が当たり前。 お客さんの都合優先なので休日出勤も多々。 土日祝はもちろん出勤。 営業の人は既婚子供なしでしたが、妊娠をきっかけに自分で続けるのは無理と判断し、退職しました。 設計の人は既婚子供1人ありで現在も現役ですが、派遣に転換を考えているようです。 同じ設計の仕事のアシスタント職を派遣で雇っているのですが、その人が退職予定になっていてその後がまに入る予定です。 実両親と同居で旦那さんも協力的、それでも二足のわらじはキツイと言っています。 ユーザーID:• 結構きついです 住宅メーカー一般職です。 同期で女性の営業さんが5人入りましたが、入社4年目現在残っているのは1人です。 住宅営業は他の方も言ってみえますが、帰るのは10時過ぎが当たり前、遅いときは日付が変わってしまうことだってざらにあります。 休日出勤も多く、休めても仕事の電話はお構いなくかかってきます。 お盆もお正月もゴールデンウィークも仕事です。 正直な話、うちの会社では出産をしている女性営業は一人もいません。 同期の女性営業も不規則な生活から劇太りしたり、ストレスから劇痩せしたりと本当に大変そうです。 とてもでは有りませんが育児との両立は出来ない仕事だと思います。 会社は制度を整えてなどと言っていますが、少しでも業績が悪くなると肩たたきにあうのが現実です。 子供の用事などで休みなど取ろうものなら簡単にクビになってしまうでしょうね・・・ ユーザーID:• 全員子供はいませんでした 昨年家を買った者です。 住宅メーカーの営業マンさんには当然お世話になりましたが、その激務ぶりには舌を巻きました。 5月に初めて顔を合わせたとき、「今年に入ってから丸1日休日をとったのはまだ2回です」と言っていました。 そこは毎週水曜日が休みなんだそうですが、お客様の都合が優先なため、決まった休みはほぼないそうです。 朝は8時過ぎには出社しているそうですが、夜は夜でお客さんが自宅に戻る頃なので、その時間を見計らって電話を入れるという仕事が待っていて、毎日深夜まで働いているということでした。 そのためか、住宅メーカーの営業マンさんは、学生時代スポーツでならした体育会系が多いです。 また、離職率が高い業界の代表のようなところです。 トピ主さんは総合職ということですから、営業じゃないとしても、仕事量はそれとほぼ同じくらいかと思います。 女性にはきつすぎる仕事です。 妊娠すれば安静が大切な時期もありますし、子供ができれば熱を出すこともあります。 独身者でも大変なのですから、相当な覚悟が必要だと思います。 ユーザーID:• キャリア・職場ランキング• 住宅メーカーのリフォーム営業でした 両立は可能かと聞かれたら、無理!と答えますね。 まず、土日祝は休めない。 子供の学校の行事についていけないでしょう。 とにかく、勤務時間が長い。 商談は夜がメインになりますので、帰宅時間は10時ならマシな方かも。 休日だってお客様の都合で商談が入る。 休日なんてあってないようなもの。 展示場当番もありますし・・・ 家のこと(家事・育児)をすべてやってくれる人が必要になるでしょう。 ご主人になる人が、同業種なら休みも一緒かもしれませんが、土日休みの人であれば、完全にすれ違いです。 毎年、女性の営業が数人配属されますが、2〜3年でやめるか、内勤に配置換えしています。 他社の事はわかりませんが、どこも似たようなものではないでしょうか。 なんだかんだ言っても、この業界はまだまだ男社会です。 ユーザーID:• 一般職でも難しいんじゃ? 家・車・保険を売る人というのは、基本的に土日祝が稼ぎ時、そして夜訪(夜、個人宅をご訪問する)がありますよ。 私は車の販売会社にいましたが、営業の人はそれはそれは大変な勤務時間でした。 みなさん書かれていますが、独身ならなんとかこなせると思います(それでも離職率はかなり高いと思います)が、子供がいると正直辛いと思います。 実は私も、住宅メーカーに就職したかったです。 家が好きなので。 でも不況で募集はほとんどなく、落ちまくりました。。 それで今は住宅メーカーなど建築業界の方相手の仕事をしています。 (建築系CADの販売会社です。 ) 今の仕事をし始めて思ったんですが、家に関わる仕事って住宅メーカーだけではないんですよね。 大きな会社(メーカーなど)には「住宅部門」があったりするんですよね。 ディベロッパーなんかもありますし。。 ユーザーID:• つづきです。 トピ主さんがどうして住宅メーカーに就職したいか、理由はわかりませんが、家が好き、という理由でしたら他にも選択肢はあります。 私は今30歳で、大学を出て車の販売会社に就職、25歳のとき転職しました。 26歳で結婚、29歳で出産し、現在1歳になる娘を保育園に預けて復帰しました。 実際子供を産んでからも仕事を続けるには、土日祝休み、時間もなるべく短い(残業はない)こと、はとても大切に思います。 そして会社の制度の充実も。。 今の仕事自体は気に入っていますが、何せ小さな会社なので、制度は整っていません。 必死に開拓中ですよ。 就職活動のとき、住宅メーカー希望で、現在1児の母の私が今思うこと! 「就職活動で、住宅メーカーにこだわらず、もっと制度の整った大きな会社も候補にして活動すればよかった!!」です。 ユーザーID:• 激務ですよ〜 以前住宅メーカーでインテリア営業をしてました。 住宅営業の総合職、正直言ってきついですよ。 現場の職人さんが仕事を始める朝早くから、お施主さんとの打ち合わせや訪問で夜遅くまで、呼び出されれば飛んで行かなくてはいけません。 日付けが変わる頃まで仕事することも多々あります。 たいてい平日が休みですが、忙しいときは休みが全く取れないことだってあります。 慣れないうちはプライベートな時間なんてないかもしれません。 まぁ今のご時世、忙しい仕事なんて山ほどあると思いますので、トピ主さんが「やってみたい」と思っているなら誰が何と言おうと突き進んでやってみたらいいと思います。 逆にそれだけの強い意志がないと続かない仕事です。 ユーザーID:• 営業力を養う為に 私も某大手HMに勤めていました。 インテリアコーディネーター職で、 2児の子供アリ。 契約社員でしたが、3年持たなかったですね。 土日が休めないのは当然、平日は深夜帰宅の日が多く、子供に構ってあげられず、 家庭崩壊寸前でした。 まだ小学生の子供もおりましたので、学校の 成績はがた落ち。 悔んでも悔みきれません。 ですからHMで、ましてや営業 職で子育てと両立するのは無理だと言い切れます。 営業さんは、男女を問わず 業界最大手のHMだけあって、本当に激務で、日付が変わる前に帰宅する方が 稀だったと思います。 前置きが長くなりましたが、激務だけに、営業力を養う為にはお勧めの職種です。 営業力があれば、仕事の幅が広がりますし、転職にも有利だと思うのですが。 出産後は、またその時になって考えてみてはいかがですか? 「仕事」を長い目で見るという事は、女性の場合、結婚や出産などその時々の環境で 柔軟に対応できるよう、スキルを高め、資格を取得しておくなどのベースをいかに作って おくか、が重要だと思います。 そんな私は今、1級建築士を目指して勉強中です。 ユーザーID: 5270024645• 結婚はできるけど、子育ては・・・。 住宅リフォーム会社で、営業&設計&工事監督業務をしていました。 最初から最後まで一人で担当する方式の会社だったので。 日中は図面等の資料作成や着工中の現場回り、夜は商談。 会社に戻ってまた資料作成。 9時10時に帰れれば良い方で、毎日終電が当たり前。 会社に泊まる同僚もいました。 定休日は平日ですし休日出勤も日常茶飯事。 休めてもお客様や職人から問い合わせが来るので、携帯を手放せません。 営業のノルマやクレーム処理のストレスもあります。 もちろん嬉しい事も、自分にプラスになる事も多いです。 結婚もできます。 でももし、家事をきちんとやり、食事もちゃんとした物を用意する…そんな充実した暖かい結婚生活を望むなら、結婚後も続けるのは厳しいかも。 子育てなんて一日中引き受けてくれる人がいなければ無理です。 かと言って、こんな話を聞いて今の段階で諦めるのももったいない。 まず働いてみて転機が来たら働き方を変えれば良いのでは? 私は妊娠を機に退職後、在宅で図面を描く仕事をしていますが、これも過去の経験があるから得られた仕事です。 若い時の経験は後で武器になりますよ。 ユーザーID: 6084735087• 大変ですがやりがいはあります。 住宅メーカーで13年間総合職をしました。 私の場合は、以前の他の職種方が長続きしなくて、住宅メーカーだったので長続きしたという結果でした。 勉強することがありすぎて、退屈しないし、常にアンテナを張って、様々な情報分析が楽しかったからです。 時間は1秒刻みのハードスケジュールで、お客様の為にすべての時間が公の時間と化します。 仕事の内容は、他の業種の5人前くらいを1人前としてこなすという感じになってきますので、13年間で定年までいたような感覚になりました。 さすがに、今ではゆっくり時間を過ごすこともやってみたくて、ゆっくりしていますが、自分の子どもを生むとかいうことはまったく考えられない世界でしたが、やりがいはピカイチでした。 ユーザーID: 9301893213.

次の

老舗の大手住宅メーカー勤務27歳が転職で犯した大誤算「自分がどんなに恵まれていたか知らなかった……」 20’s type

転職 住宅メーカー

住宅営業の仕事の厳しい現実とは 住宅営業の仕事は本当に大変だとよく聞きますが、実際にどんなことが大変なのでしょうか。 成果主義でノルマがきつく精神的プレッシャーがある 住宅営業はノルマが厳しいと言われています。 営業成績が社内に張り出されるのは当たり前で、成績が振るわないと上司から厳しく叱咤されることもあります。 毎月そのノルマとの戦いなので常に精神的にプレッシャーを感じています。 このストレスは相当なもので、毎日胃が痛くなるなどの体調にも影響がでることがあるそうです。 また、同僚であっても同じ営業であればライバルなので、社内にはピリピリした雰囲気が漂っていたりと、決して働きやすい雰囲気とは言えない会社が多いです。 毎日そのような雰囲気の会社に出社して、外に出れば厳しいノルマに追われるの生活ではいつか参ってしまいます。 仕事が大変で家族や友人との時間が取れない 住宅営業の仕事は、土日になると住宅展覧会などを開いて来客を案内をしたり、展覧会が終わったあともDMを送ったり電話をしたりと営業活動は続きます。 土日休みが取れず、エンドレスに続く営業活動のために家族や友人との時間が取れずプライベートが充実しないとう声をよく聞きます。 長く同じ仕事を続けていくためには適度に息抜きをしたりプライベートを充実させることも必要です。 長期的に見て働きやすい仕事とは言えないのではないでしょうか。 価格が大きい住宅だからトラブルも多い 住宅は数ある営業の仕事の中でも特に単価が高い仕事です。 そのため売るのも大変ですが、売った後の未払いや欠陥、工事の遅れなどによる金銭トラブルが起きやすいとも言えます。 また、住宅は長く利用するためのものなので、購買後何年かして欠陥が見つかるなどの場合もあり、長期的な購買客へのフォローが必要です。 顧客からの期待責任が重い 住宅は人間が生きていくための根幹を成すものなので、顧客からの期待が高く、それを売る営業自身にとっても責任が重い仕事です。 ただノルマを達成するだけではなく顧客の安全・安心を守るためのきめ細かいサービスやケアが必要になってきます。 ずっと気の抜けない仕事という意味では息つく場所がありません。 成績が悪いと配置転換も 営業成績が良い住宅営業マンであれば、同じ年代の他の職種や他業界の営業と比べても報酬につながりやすく、高年収も見込めます。 しかし、高額で売れにくい住宅ですから毎月契約件数が0件という場合もあり、それが続くと立場が危うくなることもあります。 社内の肩身が狭くなるだけでなく、配置転換や仕事をやらせず自主退職へと追いやるケースもあるのだそうです。 知人のツテを頼らざるを得ないから友達をなくす テレビドラマでも話題になった家を売る営業の仕事ですが、実際には知り合いでもない新規の客に営業能力だけで売るのは難しい仕事です。 多くの住宅営業マンが友人やその友人、ほとんど知っているだけというレベルの知り合いまで、そのツテを頼って紹介してもらった顧客に売るのが現実のようです。 中にはさほど付き合いもないのに何回もしつこく電話をして嫌がられたり、評判を落として友人を失うというケースもあります。 住宅営業からの転職先にはどんな仕事が良い? 住宅メーカー営業の仕事を長く続けている人は、ほとんどが成果を上げてきた営業職の成功者たちです。 逆に言えば成果が出ずに辞めてしまう人が本当に多い仕事です。 では、住宅メーカー営業からの転職にはどんな仕事が考えられるのでしょうか。 他の業界の営業職 住宅は営業職の中でも売りにくく、アフターフォローも大変な究極の営業とも言えます。 知人や家族以外にもしっかり売ることができた営業スキルのある人であれば、どんな業界の営業職であってもやり抜くことは十分可能です。 別の業界であれば一からその業界や商品について知る必要はありますが、住宅営業としての営業経験を活かせれば成果を挙げることはそう難しくはないでしょう。 また、業界や商品によっては、住宅と違い単価が低く売りやすいものも実際にはあります。 住宅に比べると目に見えて成果が挙げやすいため、営業自身のモチベーションにもつながります。 いつ結果がでるのかわからない仕事を永遠とこなしていくより、小さくても目に見えて結果がわかる方がやる気を感じやすい方も多いはずです。 高い接遇スキルがあるから接客業もお勧め 厳しいノルマから解放されたいという場合には、ノルマのない接客業への転職も向いています。 住宅営業は単なる営業という側面だけでなく、接客的要素も強い仕事です。 接遇スキルや顧客のニーズを聞きだす力など、接客業に必要なコミュニケーション能力も兼ね備えているはずです。 ご自身が興味を持った分野の接客業であれば、売ることにこだわりすぎずに本心から顧客のことを考えた心のこもったサービスができるのではないでしょうか。 どんな業界や職種があるのか分からないという場合は 何となく稼げそうというイメージでハウスメーカーに就職してしまったという方は、それ以外にどんな業界や職種があるのか正直よくわからないという場合もあるでしょう。 そんなときは、転職フェアなどの転職イベントに参加したり、転職エージェントや転職サイトなどを見ることで幅広い業界や職種について知ることができます。 特に転職エージェントではキャリアコンサルタントと呼ばれる転職支援のプロが在籍しており、自分の希望に合う条件の良い求人を紹介してもらえます。 転職を成功させるためにも、これらのツールは是非活用してみてください。 先の見えない住宅業界から抜け出そう ハウスメーカー営業の仕事は大変な仕事ですし、成果を出せなければ使い捨てされてしまうこともある辛い職業です。 いつ来るともわからないその日に怯えながら仕事を続けるよりも、自分らしく生き生きと働ける職場に転職することも前向きで建設的なことではないでしょうか。 転職エージェントを使って効率的に転職しよう いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。 求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・ 転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。 そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。 面倒な作業を、全てプロに任せることができます。 転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。 転職エージェントって何? 転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。 転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。 例えば・・・• 求人選び• 非公開求人の提供• 会社の裏情報も分かる• 応募書類の作り方• 面接対策• スケジュール調整• 年収交渉 このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。 「でも、利用料金が高いのでは?」 心配いりません。 転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。 転職エージェントは無料で使える 転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。 そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。 無料なので、利用することにリスクはありません。 自分の市場価値に合った転職先が見つかる 業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。 ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。 現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。 非公開の求人に応募できる 転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。 ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。 転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。 応募企業の裏情報を知ることができる 求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。 転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。 全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。 書類選考の通過率が格段にアップ キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。 一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。 プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。 しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。 面接対策もバッチリ 面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。 模擬面接で予行演習も可能です。 応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。 万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。 面倒な企業とのやりとりは全てお任せ 在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。 しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。 転職企業とのやりとりは全てお任せできます。 入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。 年収アップや待遇の交渉も可能 一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね? こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。 おすすめの転職エージェントは? 転職エージェントはがおすすめです。 リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。 求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。 転職成功の実績 No. 1 31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。 1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。 業界トップクラスの求人数 全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。 多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。 非公開の求人も100,000件以上あります。 リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。 成功実績No. 1のサポート 業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。 自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。 ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。 キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。 企業との交渉は全てお任せ 面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。 言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。 他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。 入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。 転職のプロを味方につけよう 一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。 不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。 転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。 プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。 心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。 転職エージェントの利用は全て無料です。 まずは相談だけで利用するのもいいと思います。 プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

次の