浅野 あつこ。 母は浅野温子! 「あさイチ」魚住アナが“カミングアウト”した理由

浅野温子の息子あさイチでカミングアウト?父親は?大学は?【画像】

浅野 あつこ

「W浅野」として人気を博し、多くのトレンディドラマに出演していた 浅野温子。 そんな現在の浅野温子の姿も話題に! プロフィール 浅野温子(アサノ アツコ)女優。 1961年3月4日生まれ、東京都出身。 10代の頃からモデルとして活動。 15歳のとき、山口百恵の主演映画『エデンの海』の山口のクラスメートの役のオーディションに合格し、映画デビュー。 1977年、TBSテレビ小説『文子とはつ』のオーディションに合格。 翌年、映画『高校大パニック』出演。 また『聖母観音大菩薩』では全裸シーンを披露した。 1980年代には、『スローなブギにしてくれ』でもヌードを披露、さらに『汚れた英雄』などの角川映画にも出演した。 1980年代後半に、『あぶない刑事』と『パパはニュースキャスター』にレギュラー出演。 1988年に放送されたトレンディードラマ、『抱きしめたい! 』(フジテレビ)放映時には、共演の浅野ゆう子と共に「W浅野」と呼ばれるなど人気を博した。 1991年に武田鉄矢と共演したドラマ『101回目のプロポーズ』は、最高視聴率36. その翌年から1996年までドラマ版『サザエさん』でサザエを演じるなど、コメディエンヌとしても活躍した。 2003年より、『古事記』を題材にした『日本神話への誘い』をスタートし、俳優業と平行して日本各地の神社を廻りながら、一人語りの舞台を開催する。 2008年6月、「天皇陛下御即位20年奉祝委員会」に参加し、祝辞を述べる。 2009年4月16日に、株式会社SONOKO執行役員(my42ジブン応援プロジェクト担当)に就任。 國學院大學客員教授なども務める。 夫は認知症? 浅野温子さんは1983年に、 作詞家の魚住勉さんと結婚されています。 魚住さんの職業は、コピーライターや作曲家として活動しているようです。 そんな魚住さんは慶応義塾大学卒で、36歳の時に22歳であった浅野温子さんとの14歳差カップルとして話題になりました。 本当なのでしょうか。 魚住さんは1947年1月1日生まれなので、現在71歳になられています。 最近はコピーライターとしての活動もあまりしておられず、妻の浅野温子さんの露出も少ないことから、認知症のため家にこもっているという話があり、年齢的なこともあるのかと思いきや…調べてみると、確定した話は見つけることはできませんでした。 やはり、コピーライターや作詞家としての活動が最近ないためそのような噂が、広がったのではないかと思われます。 このことから、魚住さんは 認知症との噂は、あくまでも噂でガセだったようです。 ちなみに、浅野温子さんと夫の魚住勉さんの間には1人の息子さんがいます。 名前は魚住優さんといい、仕事はなんとNHKのアナウンサーをしています。 大学は慶應義塾大学を卒業されていますので、父である魚住勉さんの後輩にあたります。 そして、NHKのアナウンサーという狭き門をくぐり抜けて入社されていますので、非常に優秀な方のようですね。 現在の姿 2020 浅野温子さんは、 今も女優としてドラマや映画、さらに舞台で活躍しています。 そして、2003年に開始した 「浅野温子・読み語り」をメーンの活動としているようです。 この「浅野温子・読み語り」は、ご自身の新境地でライフワークにされています。 古事記の神話や日本各地の昔からある民話・伝説を、現代語で分かりやすく脚色。 生演奏をバックに浅野温子さんが様々な登場人物を全身で表現する一人舞台劇とのこと。 伊勢神宮、出雲大社、熱田神宮など、全国の有名神社などを舞台に公演されてます。 そんな中、現在の浅野温子さんの劣化画像がヤバいと噂されているようです。 一体どういうことなのでしょうか。 現在、浅野温子さんは57才です。 いくら女優でも年齢的には仕方ないと思いますが…。 こちらが最近の浅野温子さんですが、劣化したとは思いません。 お若い頃から大人っぽい印象だったので、むしろ現在は実年齢よりお若く見えますよね。 このことにより、こちらの噂もガゼだったようです。 トレンディー女優として、人気を博していた浅野温子さんも現在57歳になられていますが、相変わらずお綺麗で女優として活躍されています。 しかし、最近はメディアへの登場が少ないため、夫が認知症でその面倒をみているのではないか…などの噂が囁かれていましたが、デマだったようです。 読み語りという、新境地で今後は活躍されるのでしょう。

次の

あさのあつこ

浅野 あつこ

それでは最近の画像はどうかというと。。。 こちら! 2017年6月末頃にブログに載せていた画像です。 2015年と変わらずプリプリっと上向きの肌をキープしていらっしゃいます。 また、種類豊富にある整形メニューの中でも特に多いのが目元の整形。 若い頃からくっきりとした二重だったようですね! また、こんなお宝画像も発見! これは浅野さんがデビューして間もない頃野画像ですね。 ちょっぴりぽっちゃりはしていますが、 デビュー〜全盛期の頃から顔立ちが整っているので 少なくとも全盛期の頃までは整形していなさそうです。 現在の浅野温子さんの画像です。 化粧が濃くなったから?それとも全体的にたるんだからでしょうか? スポンサーリンク なんとな〜く二重の幅が広くなったような気もします…!! 若い頃よりも目元がばちっと大きくなっていますよね。 もう一度若い頃の画像を見てみましょう。 ただ、 リフトアップの施術に関してはやはり整形経験がありそうですね! 浅野温子のプライベート情報 家族などについても見ていきましょう。 慶應義塾大学の経済学部を卒業している作詞家さんです。 お二人が結婚したのは1983年、魚住さんが36歳のときでした。 その時、浅野さんは22歳。 なんと年齢差14歳です! この当時、14歳の年の差婚は珍しかったのではないでしょうか? 浅野温子さんの旦那さんは魚住勉さんという作詞家の方であることがわかりました! ただ、なぜ二人が結婚に至ったかなどの情報は何もあがっておらず。 プライベートな情報はほとんどもらさず、生活感のない 「キャリアウーマン感」が漂うところが浅野温子さんらしくて 良いのかもしれませんね^^ 浅野さんは結婚した翌年の、 1984年10月5日に長男の優(ゆう)さんを出産しました。 幼稚園から和光に入園し、小・中・高と過ごしたのち、慶應義塾大学を卒業しています。 完璧なお坊ちゃまコースを歩んできてますね。 卒業後は日刊スポーツ新聞社に就職しましたが、 2008年にNHKにアナウンサーとして入局しました。 初任地の岡山局では、岡山・香川地区の地上デジタル放送推進大使を務めたんだそうですよ。 なんと!!浅野温子さんの息子さんは 現在アナウンサーとして活動中とのことです。 慶応義塾大の卒業生ということでかなりエリートですよね〜。 美意識が高い彼女は普段どんな化粧品を使用しているのでしょうか? 調べてみたところ KOSEの米肌という化粧品らしいです!! お米には美白やエイジングケア成分が豊富に含まれているので 年齢肌にはもってこいの原料とのこと。

次の

elections.redeyechicago.com: スローなブギにしてくれ: 浅野温子, 古尾谷雅人, 浅野裕子, 竹田かほり: generic

浅野 あつこ

略歴 [ ] の蕎麦屋の1男1女の長女として生まれた。 から、を経て、卒業。 15歳のとき、の主演映画『』の山口のクラスメートの役のオーディションに合格し映画デビュー。 1977年、、『文子とはつ』のオーディションに合格。 翌年、映画『』出演。 1980年代には、『』や『』などの角川映画に出演し、注目を集めた。 1983年映画『』での好演で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。 1980年代後半に、人気ドラマ『』と『』にレギュラー出演。 1988年に放送された『』(フジテレビ)放映時には、共演のと共に「」と呼ばれるなど人気を博した。 1991年にと共演したドラマ『』は、最高視聴率36. その翌年から1996年までドラマ版『』でサザエを演じるなど、コメディエンヌとしても活躍した。 1995年に『』でイメージを一新し、クールな役を演じた。 1998年の初舞台『ロマンチック・コメディ』からは毎年様々な舞台に挑戦。 ドラマや映画、舞台でコミカルからシリアスまで幅広い演技をこなす女優として活躍している。 2003年より、俳優業と平行して『』や日本の古典、各地の民話伝説を題材としたよみ語りの舞台を各地の神社や名所旧跡で続けている。 2008年6月、「天皇陛下御即位20年奉祝委員会」に参加し、祝辞を述べる。 なども務める。 2019年3月、体調不良のため出演が予定されていた舞台『』を降板し休養に入った。 自宅療養を経て、8月に映画『』の撮影で仕事復帰を果たした。 プライベート [ ] 夫はの。 1983年結婚。 長男は、の。 名は「あつこ」だが『』で共演したなどからは「おんこ」と呼ばれている。 『』の「」出演時に「髪は洗った後、移動中の車の窓を開けて適当に乾かしている」と発言していた。 近年は道に咲いているの撮影や『』グッズ収集に凝っており、ドラえもん好きが高じてにのがドラえもん役を引退すると、その声優オーディションに参加して最終選考まで残ったが落選した。 また、写真をブログに多数掲載している(ブログの掲載画像のほとんどは撮影した花の写真である。 そのほかにパックを装着した状態の自身のすっぴん顔のアップなどもある)。 出演 [ ] 映画 [ ]• (1976年、東宝) - 岩井昌子 役• 聖母観音大菩薩(1977年、ATG・若松プロダクション、監督:)• (1978年、狂映舎-、監督:、)• (1979年5月26日公開) - ミナミ 役• (1981年3月7日公開、、、原作:) - 主演・さち乃 役• (1981年、東宝、角川映画) - 新宿のアルタビジョンに映る少女 役• (1982年、東映、角川映画) - 雪江千沙 役• (1982年、東映、角川映画) - 緒方あずさ 役• (1983年、東映、監督:、原作:) - 珠子 役• (1985年10月26日公開、松竹) - 地所テル子 役• (1985年12月21日公開、、監督:、原作:) - 喜多沢茜 役• チェッカーズ SONG FOR USA (1986年7月26日公開、東宝)• (1986年1月25日公開、東宝) - おうの 役• シリーズ(1987年 - 2016年、東映、) - 真山薫 役• (1987年)• (1988年)• (1989年)• (1996年)• (1998年)• (2005年)• (2016年)• (1990年6月23日公開、東映、) - 乃美 役• 赤んぼ少女(2008年、監督:、原作:)• (2020年公開予定、東映、角川春樹事務所) - おりょう 役 テレビドラマ [ ]• 「第7話 出逢いと愛と別れ」(1976年11月28日、、)• 「第36話 死神は七面相」(1976年12月8日、)• 文子とはつ(1977年10月3日 - 1978年3月31日、)• 「第49話 少女の遺骨を抱く刑事」(1978年、TBS)• 夢のあとに(1978年4月21日 - 6月30日、TBS、)• (1978年11月20日 - 1979年1月15日、テレビ東京) - 乾美香 役• 四角な船(1979年、、)• 大阪発-あした(1979年、NHK、土曜ドラマ)• 「第2話」(1979年、日本テレビ)• (1979年7月12日 - 10月4日、TBS、) - サチ 役• (1979年8月15日 - 11月7日、TBS、)• (1979年11月14日 - 1980年2月6日) - 唐沢なぎさ役• 悪女の仮面・扉の陰に誰かが…(1980年1月12日、、) - ユキ 役• 離婚ともだち(1980年4月 - 7月、、木曜座)• 御堂筋の春(1980年5月5日 - 30日、NHK、)• 夢芝居(1982年1月28日、、)• あまく危険な香り(1982年3月19日 - 5月21日、TBS、金曜ドラマ)• (1983年2月3日 - 3月24日、テレビ朝日)• 2 愛の疑惑(1983年2月22日、日本テレビ、)• 冬化粧の女たち(1983年12月9日 - 1984年2月10日、、)• 夏樹静子の女の銃(1984年5月26日、テレビ朝日、)• 翔んでる警視(1986年1月2日、TBS)• 季節を踊る女たち(1986年5月7日、TBS、)• シリーズ(1986年 - 1989年、日本テレビ) - 真山薫 役• あぶない刑事(1986年10月5日 - 1987年9月27日)• もっとあぶない刑事(1988年10月7日 - 1989年3月31日)• (1998年8月28日)• 手を拍く猿(1986年12月1日、、西村京太郎サスペンス)• (1987年1月9日 - 3月27日、TBS) - 米崎みゆき 役• パパはニュースキャスター スペシャル(1987年10月2日)• パパはニュースキャスター お正月スペシャル(1989年1月2日)• パパはニュースキャスター 帰って来た鏡竜太郎スペシャル(1994年9月30日)• アヒルから白鳥になった女(1987年3月11日、TBS、)• (1987年8月18日 - 9月22日、TBS) - 主演・星野ありさ 役• (1987年10月5日 - 11月9日、フジテレビ) - 流山涼子 役• 私のハートパートナー 離婚カップルの同居物語(1987年12月10・17日、テレビ朝日、気ままな女シリーズ) - 薫 役• (1988年4月8日 - 7月1日、TBS) - 佐藤黎 役• レモンの香りのする女(1988年5月7日、TBS、)• シリーズ(1988年 - 2013年、フジテレビ系) - 主演・池内麻子 役• 抱きしめたい! (1988年7月7日 - 9月22日、)• 抱きしめたい! '89スペシャル(1989年3月30日)• 抱きしめたい! '90スペシャル(1990年1月3日)• 抱きしめたい! 世紀末スペシャル(1999年10月1日)• 抱きしめたい! Forever(2013年10月1日)• (1988年11月11日、日本テレビ) - 主演・柏木志津 役• (1989年7月3日 - 9月18日、TBS) - 主演・水谷蘭子 役• (1990年1月8日 - 3月19日、フジテレビ、【W主演:】) - 主演・向井華 役• 女と男が愛する時(1990年10月19日、フジテレビ、) - 主演・早季 役• (1991年1月11日 - 3月22日、TBS) - 主演・日向陽子 役• (1991年7月1日 - 9月16日、フジテレビ、【W主演:】) - 主演・矢吹薫 役• シリーズ(1992年 - 1996年、フジテレビ) - 主演・フグ田サザエ(サザエさん) 役• (1993年7月1日 - 9月16日、フジテレビ、木曜劇場) - 主演・高畑結女 役• (1994年7月14日 - 9月22日、フジテレビ、木曜劇場) - 主演・天野みのり 役• (1995年7月12日 - 9月20日、フジテレビ、) - 主演・沙粧妙子 役• 沙粧妙子 - 帰還の挨拶 -(1997年3月25日)• (1996年7月4日 - 9月19日、フジテレビ、木曜劇場) - 主演・久保田渚 役• コーチスペシャル(1997年10月9日)• 女優X 伊澤蘭奢の生涯(1996年12月27日、TBS) - 主演・シゲ 役• ヒロインたちの反乱(1997年1月25日、WOWOW) - 主演• (1997年7月4日 - 9月19日、TBS) - 主演・矢崎葉子 役• 「第6話 子供が欲しいの」(1998年4月 - 6月、TBS、)• (1998年7月2日 - 9月17日、TBS) - 主演・八巻カスミ 役• (1998年10月12日 - 12月14日、テレビ朝日、) - 主演・神崎瑞穂 役• (1999年6月15日、日本テレビ、火曜サスペンス劇場) - 梅津真知子• (1999年11月20日 - 12月4日、NHK) - 主演・有吉州波(すなみ) 役• 「第10話 波留正彦の出生の秘密…その女が今夜全てを暴露する」(1999年12月16日、テレビ朝日) - 井口亜樹子 役• 〜ドケチの花道〜(2000年1月12日 - 3月15日、日本テレビ、【W主演:】) - 主演・金本(旧姓白鳥)節 役• 平成夫婦茶碗スペシャル〜お母さんは風になった…(2000年12月19日)• 続・平成夫婦茶碗(2002年1月9日 - 3月20日)• 2「真夜中の病室」(2000年8月25日、金曜エンターテイメント) - 主演• (2001年1月7日 - 12月9日、NHK、) - ()の妻 (あきらこ) 役• (2001年7月4日 - 9月12日、TBS) - 主演・坂本宇宙(そら) 役• 開幕ベルは華やかに(2002年1月3日、テレビ東京) - 主演• (2002年9月30日 - 2003年3月29日、NHK、) - 日高(穂積)美帆子 役• シリーズ(2002年 - 2015年、テレビ朝日、土曜ワイド劇場) - 主演・牧田さおり 役• 救急救命士・牧田さおり 1(2002年1月26日)• 救急救命士・牧田さおり 2(2003年5月31日)• 救急救命士・牧田さおり 3(2004年8月28日)• 救急救命士・牧田さおり 4(2005年11月12日)• 救急救命士・牧田さおり 5(2007年2月3日)• 救急救命士・牧田さおり 6(2009年6月13日)• 救急救命士・牧田さおり 7(2010年5月1日)• 救急救命士・牧田さおり 8(2011年8月27日)• 救急救命士・牧田さおり 9(2013年2月23日)• 救急救命士・牧田さおり 10(2015年5月9日)• シリーズ(2003年 - 2004年、フジテレビ) - 主演・玉坂みやこ 役• (2003年10月15日 - 12月17日、日本テレビ) - 主演・冬川美咲 役• (2004年1月5日 - 2月9日、NHK、) - 主演・日高あや子 役• 刑務所の医者・若宮冴子(2004年7月25日、テレビ東京、女と愛とミステリー) - 主演・若宮冴子 役• 犯人よ、話してくれてありがとう(TBS) - 主演• (2005年8月22日 - 10月6日、NHK) - 主演・沢渡麗子 役• 全国指名手配! 二つの顔を持つ女(2005年10月25日、日本テレビ) - 主演・彩子(外科医)役• 妻の秘密・夫の不貞・姑の見栄(2006年3月14日、日本テレビ、) - 主演・松原真理子 役• 子だくさん刑事(2006年6月18日、テレビ東京、) - 主演・花巻綾乃 役• 薔薇の微笑(2006年7月4日、日本テレビ、) - 主演・雪乃(朝永の内妻) 役• 浪人編(2007年5月12日、テレビ朝日) - 五代裕作の母親 役• めぞん一刻 完結編(2008年7月26日)• (2007年6月16日、テレビ朝日、) - 宮崎浪子 役• (2007年7月14日、テレビ朝日、土曜ワイド劇場30周年特別企画)• (2007年12月1日、テレビ朝日、土曜ワイド劇場) - 佐倉奈月 役• (2007年10月25日 - 11月22日、NHK、) - 畑夏海(弁護士) 役• (2008年10月25日 - 11月22日)• (2009年6月22日、TBS、) - 胡桃沢由希(検事) 役• (2010年4月3日・10日、NHK) - 役• 沈黙の法廷・赤と黒(2010年8月30日、TBS、月曜ゴールデン) - 主演・赤松操 役• (2010年10月19日 - 12月21日、フジテレビ) - 武寿美子 役• フリーター、家を買う。 スペシャル(2011年10月4日)• 2(2012年2月20日、TBS、月曜ゴールデン) - 汐見ユカ 役• 〜スパイスは復讐の味〜(2012年5月4日、フジテレビ、) - 主演・円城椿 役• 小京都連続殺人事件2 〜佐野足利・七草に秘められた叫び〜(2013年5月3日)• 小京都連続殺人事件4 ~宮崎日南・伝説鍋の食材推理~(2019年2月9日)• (2012年7月25日、テレビ東京、) - 主演・具志堅陽子 役• ホテルGメン 具志堅陽子の殺人推理2(2014年7月23日、テレビ東京)• (2013年1月8日 - 3月12日、NHK、) - 小森谷妙子 役• いつか陽のあたる場所で スペシャル(2014年4月1日、特集ドラマ10)• (2013年7月12日 - 9月20日、TBS、) - 長島綾 役• なるようになるさ。 シーズン2(2014年4月22日 - 6月24日、TBS、)• (2014年7月11日、フジテレビ、金曜プレステージ) - 主演・氷室透子 役• (2015年1月10日 - 3月14日、日本テレビ) - 誉田蜜子 役• (2015年7月9日 - 9月17日、TBS) - 杉崎富美子 役• 第2話(2015年10月10日、テレビ東京) - スーさん 役• (2015年10月18日、テレビ朝日、ドラマスペシャル) - 樋口佳子 役• 第2話(2016年1月22日、) - お安 役• 開局15周年特別企画ドラマスペシャル 青春の名曲ストーリー 「」(2016年3月12日、BSジャパン) - 羽鳥弓子 役• 第2話「牢の女」(2016年4月12日、BSジャパン) - ちせ 役• (2016年12月3日 - 2017年1月28日、) - パウエルまさ子 役• (2017年4月6日 - 5月25日、NHK BSプレミアム) - 正門 役• 13(2017年5月3日、テレビ東京) - 安斉詠美 役• (2017年7月9日 - 9月10日、フジテレビ) - 田丸弘子 役• (2019年3月4日、TBS、) - 芥川奈美恵 役• 第3シーズン 第1話(2019年4月11日、テレビ朝日) - 役• 第2シリーズ 第4話(2019年6月16日、BS-TBS) - おまさ 役• ロマンティック・コメディ(1998年) - 初舞台、演出• 第二章(1999年)- 福田陽一郎演出• サイドマン(2000年)• 結婚…TAKEN IN MARRIAGE(2001年)• クラブ・オブ・アリス(2002年)• 黄昏 ON GOLDEN POND(2003年)• ダム・ショー (2006年)• ノー・マンズ・ランド (2007年)• プリティー・ガール (2007年)• 本当の私を捜して(2008年)• 悪戦(2009年)• 新宿ミッドナイトベイビー(2009年)• ジャンヌ・ダルク(2010年)• 公の園(2011年)• (2011年-2012年)• 時代劇版 101回目のプロポーズ(2012年)• (2013年)• 公の園(2013年)• 公の園2〜神様のいる公園〜(2014年)• 音楽劇『』〜ベートーヴェン 歓喜のうた〜(2014年)• 五木ひろし 納涼特別公演「おばけながや」(2016年)• イノチボンバイエ(2016年)• (2018年)• 浅野温子よみ語り バラエティー・教養番組ほか [ ]• (1988年12月31日、NHK) - 審査員• (1990年、フジテレビ) - 審査員• 育てた人にきいてみる - 司会(2008年4月から毎月第4土曜日放送、NHK教育)• 「育てた人にきいてみる」 - と共に司会(2009年4月から2011年3月まで、毎月第4土曜日放送、NHK教育)• (2014年10月31日、NHK BSプレミアム)• (2005年10月9日、16日、2016年4月9日、23日、2017年5月27日、6月10、2018年1月26日、2月3日、NHK総合)• かたらふ~語らいまくり旅SP (2018年3月31日、フジテレビ)• (2018年5月20日、テレビ朝日) 他多数 ラジオ [ ]• (TBSラジオ) - ゲスト• 「海を渡る日」(2012年9月29日、、制作) CM [ ]• (1977年)• ジーシー株式会社 GCカード(現・のGEカード)(1988年)• (1988年)• 「温子のアイメーク」(1980年) - 資生堂TVスペシャル『』に挿入された特別ロングCM。 銅賞受賞。 シャンプー• 五大陸• (1988年)• ハンディカム55(1989年)• (1989年 - 1993年)• (1995年 - 1996年)• モン・カフェ• 片岡物産 (1995年)• バリュースター98シリアス(1996年)• バイタルリッチ• ルミネス(2006年)• キリン本格(2010年)• 植物性乳酸菌ラブレ(2012年)• 米肌(2014年、2015年)• グレイスワン(2013年 - 2017年)• 2018年度全国被害者支援ネットワーク支援キャンペーン「話すことは、つらい思いを放つこと」(ナレーション) 受賞歴 [ ] 1984年• 最優秀助演女優賞 1988年• 1989年• 放送賞• 話題賞• 1994年• 第2回 主演女優賞(『』) 2014年• 日本ジュエリーベストドレッサー賞 著書 [ ]• 『わたしの古事記 「浅野温子 よみ語り」に秘めた想い』(2013年3月3日、) 脚注 [ ]• 106. ・権藤晋『西河克己映画修業』、1993年、346-347頁。 ステージナタリー ナターシャ. 2019年3月27日. 2019年8月30日閲覧。 sanspo. com 2019年8月30日. 2019年8月30日閲覧。 2013年5月30日. 2013年5月30日閲覧。 2010年8月31日. 2013年5月30日閲覧。 Techinsight 株式会社メディアプロダクツジャパン. 2013年7月13日. 2019年8月30日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2019年8月30日. 2019年8月30日閲覧。 2015年7月28日. 2015年10月3日閲覧。 スポニチアネックス 2016年2月10日. 2016年2月10日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2019年3月28日. 2019年3月28日閲覧。 スポニチアネックス. 2019年5月9日. 2019年6月6日閲覧。 報 2016年11月19日. 2016年11月19日閲覧。 外部リンク [ ]• - 公式ページ• - 生島企画室•

次の