日本 女子 大学 人間 社会 学部。 大妻女子大学人間関係学部の野辺陽子准教授が2019年度日本社会学会奨励賞を受賞

人間心理学科

日本 女子 大学 人間 社会 学部

日本女子大学の人間社会学部についてです。 先日指定校推薦で日本女子の人間社会学部の教育学科の推薦を取りました。 まだ合格はわかっていません。 ですが以前まで渋谷の青山学院大学を目指していたこともあって、正反対の神奈川の山の中の西生田キャンパスである日本女子は正直不安があります。 実はもともと推薦をとる少し前に青山学院大学は少し自分には派手すぎるというか、やはり向かないかと思い目指すのを辞めたのですが、高校が進学校で遊べずに勉強ばかりしていたこともあり、青学までは行かなくとも、大学ではもう少し華やかさがが欲しいと思っていました。 多少ならまだしも西生田キャンパスは極端なまでに田舎にあり、勝手な偏見ながら生徒も地味そうだとか、文化祭はつまらない これはネットの情報です。 という風に考えてしまって、推薦を取ったにもかかわらず少し後悔しています。 入学もしてないのに大変失礼で申し訳ないです。 ですがもし推薦を取らなかったにしても今の私の学力では十分に希望を持ってG-MARCHを目指せるほどなくて、そういう意味では今の私には日本女子大学がとても良い存在ではありました。 それと、もちろん日本女子大学自体がとても良い大学なのはわかっているので…。 推薦を決めたにも関わらず大変失礼な考えを持っているのは十分承知しています。 よろしければ在学中の方など西生田キャンパスの学校生活やインカレなどについて教えていただけたら嬉しいです。 長文失礼致しました。 どうかよろしくお願いします。 大学を選ぶ上で立地条件というのは大事になってくると思います。 西生田のキャンパスが遠いというのは、通っている人はみんな言いますね。 大学に通っていて感じる嫌なところ(勉強がつまらないor大変すぎる、興味がない学問だった、人間関係がうまくいかない・・・など)の大半は自分の行動次第でどうにでも変えることができます。 「青山学院大学は少し自分には派手すぎるというか、やはり向かないかと思い目指すのを辞めた」 とありましたが、大学にはごまんと学生がいるわけですから、派手すぎると思う人ではなく、自分に合うちょうどいい人と付き合うことで「この大学は向かないかもしれない・・・」という問題は解決できます。 本当に大学にはいろんな人がいますので。 それに比べて大学の「立地条件」は自分の力で変えることはできません。 遠い場所にあるキャンパスはそのまま、周りが田舎であるという事実は4年間では変わらないでしょう。 (編入学をすれば話は別ですが) 推薦の結果はまだ分からないようですが、本当に自分の選択が良かったかもう一度考えてみると良いと思います。 自分の中でネックになっていることは何か(キャンパスの場所の問題なのか、それとも地味そうだから?文化祭がつまらなそうだから?) それは自分の行動で変えられることか、一度考えてみると良いと思います。 私の周りの同級生が何人もキャンパスが遠くて田舎にある大学を選んで失敗し、途中で他大学に編入しているのを見てきたので、質問者さんにもせっかくの大学生活を後悔してほしくないと思い、回答させて頂きました。 余計な話だったら、申し訳ないです。

次の

人間社会研究科

日本 女子 大学 人間 社会 学部

学校基本情報 所在地、学校情報、学問分野、学部(学科)・募集定員情報 所在地 目白キャンパス 〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1 03 3943-3131 大学代表自動音声 【交通】JR山手線「目白駅」徒歩約15分または都営バス約5分、東京メトロ副都心線「雑司が谷駅」徒歩約8分、東京メトロ有楽町線「護国寺駅」徒歩約10分 【対象】家政学部・文学部・理学部 西生田キャンパス 〒214-8565 神奈川県川崎市多摩区西生田1-1-1 044 966-2121 大学代表 【交通】小田急線「読売ランド前駅」徒歩約15分 小田急線「向ヶ丘遊園駅」よりスクールバス約15分 【対象】人間社会学部 *2021年4月、目白キャンパスに移転します 学校情報 日本女子大学は1901(明治34)年に日本で最初の組織的な女子高等教育機関として成瀬仁蔵により創立されました。 創立当時は女子の高等教育に対する一般の理解がきわめて低い時代でしたが、成瀬仁蔵はそのような時代において、人格教育を基本とした女子高等教育のモデル校として、本学の発展と充実に努めました。 成瀬仁蔵が最晩年に遺した三綱領「信念徹底」「自発創生」「共同奉仕」は、本学の教育理念を集約した言葉であり、今も本学の貴重な財産として継承されています。 現在は家政学部・文学部・人間社会学部・理学部の4学部15学科からなる総合大学として、学問・社会・国際舞台・地域・企業などで活躍するリーダーを輩出し続けています。 さらに、2021年に迎える創立120周年に向けて、教育改革ならびに教育研究環境の充実を図るべく、さまざまな取り組みを進めています。 日本女子大学が実践しているのは自分の目標をもち、社会に貢献できる自立した女性を育てること。 徹底した少人数による教育や、全学科必修の卒業論文(卒業研究・卒業制作)などにより、厳しい反面、教員や友人との親密な関係を築き成長を実感することで、その実現を果たしています。 本学が認める留学は、本学の学習の延長として専門科目の一部を外国で学ぶことや異文化でのコミュニケーションを体得することに主眼がおかれています。 本学では、留学学生の経済的負担を軽減するため独自の奨学金制度を設けてより多くの学生が積極的に留学できるよう支援しています。 また、長期休暇中は、本学教員によって企画される大学公認の海外短期研修もあります。 こうした手厚い指導のもと、毎年卒業生は満足度の高い就職先に内定を決めています。 2019年3月卒業生の就職決定率は99. 0%、内定先への満足度は97. 9%と、「就職に強い日本女子大学」という定評を確かなものにしています。 一般社団法人日本女子大学教育文化振興桜楓会(日本女子大学の同窓会組織)からの援助による奨学金。 2019年度実績。 今後改正の可能性あり。 【日本女子大学育英奨学金】 無利息の貸与制 [定員]若干名 [受給資格]緊急・応急採用のみ 学業・人物ともに良好な学生 [概要]学内で選考の上、家計急変時に学費の補助を必要とする学部学生に、学費半年分相当額を無利子で貸与。 卒業後、5年間で返還。 貸与は原則1回限り。 授業料後期分減免。 書類選考、面談の上、採用決定者に年間5万円(総額20万円)を授与。 ただし、申請総数により一人あたりの金額が減額の可能性あり。 ただし、申請総数により一人あたりの金額が減額の可能性あり。

次の

日本女子大学 講義を見てみる|テレメール進学サイト

日本 女子 大学 人間 社会 学部

人間と社会を多様な視点から考察するために、5学科の専門科目を置く。 資料・文献の読解力、コミュニケーション力を養うための外国語科目を置く。 5 つの分野が有機的に結びつき、国際的及び学際的な見方ができるよう、教養的な科目の他に他学科専門科目を 通して 3つの領域を総合的に学ぶ展開科目を置く。 問題発見力、データ収集力、データ統合・分析力を能動的に学び、自立した実践力・行動力を養うた めの学生参加型の演習・実習科目を置く。 4年間の学修の集大成として、卒業論文・卒業研究のいずれかを必修とする。 現代女性の生涯を視野に入れたキャリア形成に必要な知識や現状を学ぶことを目指すため、3 コース からなるキャリア女性学副専攻を置く。 2010(平成22)年より 「教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)」を定め、在学生・授業担当教員・受験生・一般の方向けに公表し、周知いたしました。 以降、広く周知をはかるとともに、その内容の精査・検証を進めています。 本学では、カリキュラム・ポリシーに基づき次の科目群を開設しています。 ・本学の建学の精神と教育理念を学ぶとともに、現代を生きる女性のさまざまな生き方や考え方にふれ、自己実現をはたすための教養特別講義。 ・女性の仕事と人生の歩み方を考えるためのキャリア関連科目。 ・さまざまな学問分野について広く知識を身につけ、柔軟な思考力と的確な行動力を身につけるための教養教育に関わる科目。 ・専門教育の基礎であるとともに現代人に必須のコミュニケーション能力を養うための外国語科目と情報処理関連の科目。 ・豊かな人生の基盤となる心身の健康を保持・増進するためのスポーツ・身体運動。 ・専門的知識・技能を身につけ、自発的に課題を見出し解決する能力を養う専門科目。 ・個別指導による、学士課程の集大成としての卒業論文・卒業研究・卒業制作。 本学では、創立者・成瀬仁蔵の教育理念(1. 自己を見つめ、信念を確立「信念徹底」2. 自発的な試みから独自性が生まれる「自発創生」3. 社会との交わりが人を成長させる「共同奉仕」)に基づき、以下の科目群を開設しています。 ・本学の建学の精神と教育理念を学ぶとともに、 現代を生きる女性のさまざな生き方や考え方にふれ、自己実現をはたすための教養特別講義。 ・女性の仕事と人生の歩み方を考えるためのキャリア関連科目。 ・さまざまな学問分野について広く知識を身につけ、柔軟な思考力と的確な行動力を身につけるための教養教育に関わる科目(三つのカテゴリー:「地球市民をめざして」「 よき生をもとめて 」「知性と感性を磨く」)。 ・ 専門教育の基礎であるとともに現代人に必須のコミュニケーション能力を養うための外国語科目 英語・ドイツ語・フランス語・中国語・韓国語・イタリア語)と情報処理関連の科目。 ・豊かな人生の基盤となる心身の健康を保持・増進するためのスポーツ・身体運動。 家政・文・理学部では、必修英語の内容を一新し、発信型の英語能力の養成に重きを置く授業を開講しました。 積極的な授業参加ができるよう、1クラスあたり24名までのクラス編成としています。 全学生対象の教養科目・展開科目に設置されている「教養実践演習」では、批判的読解能力、ディスカッションする力、レポートをまとめる力、プレゼンテーションする力を身に付けることを目標とし、授業内に議論、プレゼンテーションの時間を多く取り入れています。 各学科科目においては、少人数型のゼミ形式の演習科目を開講しています。 教室内でのディスカッション、グループ・ワーク、実験・実習のほか、フィールドワーク、フィールド・スタディなど様々な形態の授業が行われています。 人間社会学部では「ICT活用とプロジェクト演習」を開講し、就職活動や社会人として必要な社会人基礎力の育成を目的とし、実践的なプロジェクト活動の演習を通して、マネージメント及びICT活用の方略について学習しています。 本学では、履修登録や学修を進める上で学生が助言を受けられるように、学科の学年毎にアドバイザー教員(2〜3名)が定められ、4年間を通じて学生への支援を行っています。 また、2011(平成23)年度から全学部でオフィスアワー制度を導入しました。 オフィスアワーとは、学生と専任教員のコミュニケーションを充実させるために設けられた時間帯のことです。 この時間帯には、学生からの授業内容等に関する質問や勉強の方法、さらには就職や将来の進路について個人的な相談を受けるために、教員が研究室で待機しています。 学びの場を提供し、学ぶ意欲を支え続けるため、英語をベースとして、各外国語学習のモチベーションを高めるためのランゲージ・ラウンジの設置をしています。 その他、正課外においても、生涯学習センターによる多様な在学生向けの講座(「毎日学ぶ課外英会話」「IELTSスコアアップ対策講座」「消費生活アドバイザー試験対策講座」など)を、割安な受講料で開講しています。 本学の卒業生には年に一度、就職先の勤務条件や仕事内容の実態について尋ねる「私の職場状況」というアンケートを郵送しています。 戻していただいたアンケートは、企業名順にファイルされ、在学生ならば就職資料室でいつでも閲覧することが出来ます。 企業研究・比較のために、就職活動時によく活用される資料の一つです。 また、上記アンケートとあわせて、在学生の進路・就職支援にご協力いただける「OGキャリアサポートスタッフ」への登録を卒業生に呼びかけています。 毎年この「OGキャリアサポートスタッフ」によるイベントが学内で開催されます。 イベントでは、在学生に向けてご自分の大学時代から現在の仕事についてまでをざっくばらんにお話していただく座談会と共に、卒業生同士の情報交換の場も設けられ、異業種交流に役立てていただいております。 入学から卒業まで一貫した学修に関する相談、助言、指導を行うサポート体制の整備を進めています。 留年者、休学者・退学者への対応については、当該学科を中心にサポートし、必要に応じて保健管理センターやカウンセリングセンター・学生課等と連携して、プライバシーに配慮しながら情報を共有しつつ、支援を進めています。 学生の入学から卒業までの自主的な人間形成を支援するための、組織の連携と体制の整備を常に行っています。 また、大学生活における問題を解決するための方法や手段をアドバイスし、充実した大学生活をサポートする「学生支援ネットワーク」(学生相談窓口)を設置しています。 学生生活部・学務部・カウンセリングセンター・保健管理センターの4つが連携し、学生が困ったときにどの窓口でも気軽にたずねていくことができるよう、案内しています。 〈三泉寮〉 1906(明治39)年、長野県軽井沢町に夏季の学寮として設置されました。 現在の寮舎は、1979(昭和54)年日本女子大学泉会の協力により建設されたものです。 1年次の必修科目である「教養特別講義1」において、1泊2日の講義を三泉寮において開講し、友人と生活を共にする中で自分の生き方・大学4年間の活動の方向性を見いだします。 〈ランゲージ・ラウンジ〉 語学学習の場として、英語、初修外国語について学習相談やネイティブスピーカーとのフリートークができるランゲージ・ラウンジを2014(平成26)年度に開設しました。 〈その他の充実した研究設備〉 構造・材料実験室 眼球運動測定装置 生体ミクロ機構総合教育システム 電子顕微鏡設備 表面微細構造加工解析システム 高輝度形強力X線回析装置 など 日本女子大学では、理想の将来像や未来の自分、充実した生き方、職業に対する考え方など、キャリアに対する意識づけを早期から行い、一人ひとりの「自己発見」と「自己実現」をきめ細かくサポートしています。 キャリア形成科目は、社会的・職業的自立に向けて必要な知識・技能・態度を身につける科目です。 実社会で役立つ法律や社会情勢など、また各分野で活躍する職業人との対話を通して、社会との関わり方を主体的に学ぶことで職業観を養い、演習科目では社会へ発信する意志伝達力・表現力と柔軟な思考力を身につけます。 さらに、インターンシップに参加することにより、今後の目標をより明確にすることができます。 自分自身や将来を広い視野で捉えられるように、体系的・総合的に展開されています。 この他、学科の枠を超えた「現代女性とキャリア連携専攻」(目白キャンパス)、「キャリア女性学副専攻」(西生田キャンパス)も開講されています。 全学をあげてさまざまなプログラムを展開しています。 人間社会学部社会福祉学科では、所定のカリキュラムを修了することで社会福祉士、精神保健福祉士の受験資格を得られます。 しかしながら社会福祉学科の教育は単に資格取得だけを目的としたものではなく、現代的な社会問題をきめ細かく検証し、それらを解決へと導く能力の育成を目指しています。 上記の他、全学科で、大学に2年以上在学し62単位以上を修得することで、保育士試験の受験資格が得られます。 教育職員免許状の取得や教員志望の学生への教職課程の指導は、各学科の教職課程委員・教育実習担当教員及び西生田教職支援室が連携して実施しています。 また本学では、日本語教員養成講座を開設しています。 目白キャンパスの日本語教員養成講座研究室に文学部日本文学科所属の専任教授を配置し、日本語教員をめざす学生に対して日本語教育実習を実施するなど日本語教員養成講座の履修指導を行っています。 『教育内容の体系化とその充実』とは? 教育の目的や成果を明確に設定し、その達成のため、各授業間の関連性を明確にするなど、体系的な学びを可能にすることで、教育内容の一層の充実を図る取り組み。 『教養・リベラルアーツ教育』とは? 幅広い分野の教養などを身につけ、専門知識に偏らない汎用的能力を育成するために大学・短期大学で行われる教育。 『アクティブラーニング』とは? 一方的に講義を聴くスタイルの授業ではなく、学生が積極的に学修に参加することを取り入れ、能動的(アクティブ)な学びを促すことで、知識をしっかり定着させることを目的とした学習方法。 『課題解決型学習(PBL)』とは? プロジェクト活動を通じ、学生が自主的・自律的に課題を発見・解決する過程において、それまでに得た知識を実践的に活用することや、より学びを深くすることなどを目的とした学習方法。 『少人数教育』とは? 学習効果を高めるために、1人の教員が教える学生の数を少なくして授業を行う学習方法。 『学びの組織的な支援』とは? 学校側が組織的かつ恒常的に学びに対するサポート体制を用意し、授業に対する学生の不安を解消するなどの学びに対する様々な支援をすることで、より学習効果を高める取り組み。 『学修成果のフィードバック』とは? 授業や講義などを通して学生が学んだ知識や技術や成績などの「学修成果」を、可視化するなどして学生にわかりやすく還元することで、学生自らの学びへの姿勢を支援する取り組み。 『初年次教育』とは? 大学や短期大学の新入生を対象に、高校までの学びから、能動的な大学・短期大学での学びにスムーズに移行するための基本的なスキルなどを身につける教育プログラム。 『卒後調査の活用』とは? 卒業生を対象に、就職や進学などの状況や、学修成果の活用状況など、大学での学びの充実度などを調査し、その結果を教育方法やプログラムの改善などに活用する取り組み。 『中途退学防止』とは? 学びに対する意欲の減少などを理由に修業期間の途中で学校を退学しようとする学生に対して、学びのサポートを行うことで、教育の問題解決を図り、学びの環境を改善し、中途退学を防ぐ取り組み。 『TA・RA・SA・メンターの活用』とは? 大学院生による教育補助(TA)、大学院生等による研究補助(RA)、学生による教育補助(SA)、後輩を多方面で支援する先輩(メンター)を教育研究活動などに活用する取り組み。 『入学前教育』とは? 入学予定者(主にAO入試や各種推薦入試などで、早期に入学が決定した入学予定者)に対して、入学後の学びの準備や学習意欲の維持などのために、入学前に行う教育。 『特色ある教育施設・設備の整備』とは? 特別な校舎や教室、実習室などの教育施設や教室等にある機器などの設備を整備し活用することで、教育内容やプログラムの充実などに活かす取り組み。 『ラーニングコモンズ』とは? 学生の自主的・自律的な学習のため、電子情報や印刷物など様々な情報資源を使って議論などができる共有の「学習の場」。 『学生アンケートの活用』とは? 新入生や在学している学生に対し、大学の授業やカリキュラム、学修状況などについてアンケートを行い、その結果を分析・活用して、教育方法やプログラムの改善などに活かす取り組み。 『インターンシップ』とは? 自らの専攻や将来のキャリアに関連した就業体験や社会貢献活動に参加する制度を授業やカリキュラムに取り込むことで、学生が学問や研究分野への理解をより深めるための取り組み。 『キャリア教育』とは? 大学や短期大学の学修プログラムの一環として、カリキュラムに社会人・職業人として必要な能力などを身に付けるための科目等を組み入れ、学生のキャリア形成計画や目標設定を支援する教育。 『資格取得(国家資格受験資格)』とは? カリキュラムの整備や授業内容の工夫などを行い、学生が正課の授業を受けることで国家資格試験を受験し、合格することを目的に支援する取り組み。 『外部テストの活用』とは? TOEICやTOEFLといった学校の外部で行われているテストを、大学や短期大学の入試や単位認定などに活用する取り組み。 『GPAの活用』とは? 科目の成績評価に応じてポイント(例:5段階評価A〜Eに対し4〜0点等)を付与し、その平均点(Grade Point Average)による学習成果の評価方法を大学や短期大学での教育に活用する取り組み。 『成績評価の厳格な運用』とは? 明確な成績評価の基準を定めて厳格に運用して、単位取得や進級などを判定することで、教育の「質の保証」を実現する取り組み。 『学修成果のフィードバック』とは? 授業や講義などを通して学生が学んだ知識や技術、成績などの「学修成果」を活用し、学生の学びの振り返りを促すことで、学びの定着を図ることを目的とした取り組み。

次の