阪神タイガース ドラフト 2019。 2019年阪神ドラフト選択選手が素敵過ぎると話題!ドラフト評価は?|プロ野球阪神タイガース!ファン応援サイト

ドラフト2018、阪神。藤原指名もハズレで近本。評判の悪いドラフトの評価は?

阪神タイガース ドラフト 2019

阪神の2019年現在の補強ポイント まずは現在の阪神タイガースの補強ポイントを見ていきましょう。 結論的には 4番打者 センターライン レフト 先発の若手投手 になってくるのかなと思います。 まずは生え抜きの4番バッターの育成ですよね。 2016年に金本監督が就任し、当時から「生え抜きのホームランバッターを育てる」といった方針を打ち出してきたのですが、現状育っていないのが現実。 2016年には、ドラフト一位で大山選手を獲得し、ルーキーイヤーから4番で使うなど期待をかけ、他にも二軍でホームランを量産する陽川選手の起用など、様々な若手選手が起用されてきたのですが、固定できずに終わっています。 そして、現在の阪神はレフトに福留選手が固定されていますが、年齢的に代わりになる選手が必要になってくるのも事実。 糸井選手も年齢的な問題はありますが、身体能力的にはあと3年くらいは一線で戦えるので、外野でいうと福留選手の後任となるレフト、そしていまいち固定できないセンターでしょうか。 センターは高山選手、中谷選手、江越選手、ルーキーの近本選手、もしくは島田選手といったところですが、2018シーズンで頭1つ抜ける選手が出てきたら、変わってくるかもしれません。 他にも、糸原選手がセカンドのポジションで2018年に台頭しましたが、絶対的レギュラーとはいえませんし、ショートのポジションも固定できないままとなっています。 投手陣に関しては、長年チームのエースとして君臨しているメッセンジャー投手が37歳と、少し全盛期よりは陰りが見え、中継ぎ陣もベテラン投手が増えてきてはいるものの、若手投手が伸びてきていることもあり、急務な補強は大丈夫だと思うので、とりあえずは一安心と言えるでしょう。 もちろん2019年のドラフト時期には、ここに書いたポジションの誰かが台頭しているかも知れませんが、現時点でドラフト補強をしたいポジションを挙げるとすれば、センターラインが主となり、投手を獲得するなら将来性を重視する高卒ルーキーなどが良いかも知れませんね。 阪神ドラフト指名予想2019【上位指名されそうな候補選手】 ここからは先程書いた補強ポイントを加味しながら、2019年ドラフトで指名されそうな上位候補選手を予想していきたいと思います。 身長189センチ81キロの恵まれた体格で、日本球界だけにとどまらない、とてつもないスケールの大きさを感じる投手となっています。 スカウトからの評価も高く、阪神の葛西稔スカウトは 「高校生のレベルを超越している。 東北地区ではNO・1の存在。 大船渡高は佐々木君中心のチームであることは間違いありませんが、彼は気配りができるんです。 責任感、そして気持ちの強さがある」 と、野球の実力はもちろんのこと、性格まで絶賛しているんですよね。 そして何よりプロ入り後も、高卒ルーキーながら即戦力候補間違いなしの投手だと思います。 仮に阪神入団となれば、投手陣が充実しているチームではあるものの、彼ぐらいの能力があれば、1年目から先発ローテ入りも十分あり得るでしょうね。 — isgram0721 isgram0721 左腕ながらマックス153キロを投げる及川雅貴投手。 こちらの投手も高校生ながら150キロを超えるストレートを投げ、左腕ということもあり、プロ野球界からの注目が集まっています。 そして、阪神の球団関係者は 「今年のセンバツは星稜の奥川君、横浜の及川君、この2人を中心に見ていくことになります。 」 と言っていて、阪神がいかに及川投手に注目しているかがよく分かる評価ですよね。 ただ、及川投手は少しコントロールに課題を残しており、即戦力でも通用するとは思いますが、1、2年様子を見ながらの起用が良いかも知れませんね。 もちろん阪神のチーム事情から見ても、先発左腕の駒不足は深刻なので、1年目はダメでも早いうちから一軍のマウンドを経験することにはなるでしょうね。 本大会、そしてセンバツ優勝を掲げる。 【明治神宮大会二日目】 — 汗と涙。 力感のないフォームながら、早速150キロをマークし、変化球も多彩となっていて、三振の山を築きます。 阪神の筒井スカウトも 「フォームもブレないし、球の軌道もブレない。 下半身をうまく使って投げていましたね。 担当スカウトとしては、そりゃあ欲しいですよね。 後輩からも慕われていると聞きますし、頭も見た目もいいですね。 彼には勝ち運や人をひきつける魅力があります。 この一年間が本当に楽しみです」 とベタ褒めで、高校生の投手陣の中では安定感がナンバー1の投手でしょうね。 なので、プロ入り後も即戦力として通用すると思いますし、阪神入りとなれば、1年目からの先発ローテは十分狙えると思います。 最速150キロのキレのあるストレートで、奪三振数が非常に多い投手となっています。 2018年の西投手の甲子園デビュー戦で、9回を投げ16奪三振を記録し、一気に時の人となりました。 阪神の山本スカウトも 「スケールが大きい。 あれだけの直球があり、球種も豊富。 あの体は魅力。 ドラフト上位候補なのは間違いない。 もちろん追いかけますよ」 と言っていて、阪神のドラフト1位候補であることがわかります。 ただ、2018年夏の甲子園で見せたように、精神的な弱さがまだ残るため、プロ入り後は即戦力というより将来性に期待といったところだとは思いますが、それでも阪神入りとなれば、若手をバンバン使うこともあり、1年目から先発デビューの可能性はあるでしょうね。 高校生ながらリード面に定評があり、キャッチャーとしての見せ場でもある二塁送球タイムも1. 87秒を計測しています。 近江高の監督である多賀監督は 「指導してきた中では群を抜く。 こんなキャッチャーに出会うのは最初で最後」 と、言わしめるほど、キャッチャーとしての能力が高いようです。 もちろん今の阪神には、梅野選手や坂本選手など、正捕手争いをしている選手が沢山いますが、キャッチャーの育成には元々長い年月がいるので、将来を見越して有馬選手を上位指名することは十分あるのではないでしょうか。 河野竜生 JFE西日本 【18. 投げっぷりがよく、マウンド度胸のある投手で、キレの良いストレートは最速148キロを誇ります。 そして河野投手の評価なんですが、阪神のスカウト陣からは表だったコメントはないものの、河野投手の登板試合に異例のスカウト3人体制で臨むなど、間違いなく上位候補として注目はしているでしょう。 何より、社会人出身ということで、即戦力候補としての期待が高いと思いますし、チームの左腕不足とも一致するので、1年目からの先発ローテ入りの期待が高い投手となっています。 何より阪神タイガースは投手陣に定評のあるチームなので、高卒ルーキーの投手たちが入団し、どういった成長を見せてくれるのか楽しみですよね! スポンサーリンク•

次の

2019プロ野球ドラフト会議、12球団指名選手一覧

阪神タイガース ドラフト 2019

〔阪神タイガース 2019年ひとりドラフト指名選手〕 1位 三塁 石川昂弥(東邦高) 185cm84kg 右右 2位 投手 浅田将汰(有明高) 181cm85kg 右右 3位 一塁 片山勢三(パナソニック) 176cm105kg 右右 24歳 4位 外野 前野幹博(ヤマハ) 186cm95kg 右左 24歳 5位 投手 重吉翼(日本航空石川高) 183cm82kg 右左 6位 投手 佐藤一磨(横浜隼人高) 188cm87kg 左左 7位 三塁 藤岡陸(希望が丘高) 186cm80kg 右右 8位 外野 古田佑一郎(岡山商科大) 188cm82kg 右左 〔総評〕 そりゃあ、甲子園のスターは獲りたいに決まっている! 奥川恭伸に一直線といきたいところだが、そうもいかないのが辛いところだ。 なに、佐々木朗希? それはないだろう……同じようなタイプの「藤浪晋太郎」でこれだけ苦労しているのだから。 それより「打線」のほうだろう。 糸井嘉男38歳、福留孝介42歳……2人が丈夫なのをよいことに、いつまでも苦労をかけている場合じゃない。 その上、鳥谷敬までいなくなりそうな雲行きだ。 「4番」の期待をかけてというよりは、4番の座を用意して招いた大山悠輔。 4番がいない。 チームの中にはどこを探してもいない。 ならば、在野だ。 いる! 高校生にいる! 石川昂弥(東邦高)だ。 無類の長打力に、この春からは体を崩されてもヒットにできる技術と、ここ一番でタイムリーが打てる勝負根性まで身に付けて、「U18」では木製バットを使いこなせることまで証明してみせた。 三塁が守れる大型内野手……願ったり叶ったりじゃないか。 ここは迷わず、いきなりだ。 3位片山、4位前野。 この2人だって立派な「4番候補」だ。 社会人を代表する右と左の大砲2門。 片山は、そっくりそのまま山川穂高(西武)だ。 バットコントロールが柔軟で、技術でホームランが打てる。 前野は高校を出て、社会人6年目。 腐らず、よく辛抱して、持ち味の長打力をプロのレベルに磨きあげた。 あれっ、ちょっと待ってくれ……確か、去年のドラフトで「PL学園最後のプロ野球選手」。 そんな触れ込みでプロ入りして即戦力となったオリックス・中川圭太。 その1年先輩になる。 ほんとにほんとの「PL学園最後のプロ野球選手」。 さすが、PL学園。 層が厚い。 2位に浅田将汰を持ってきたのも、強打という保険があるからだ。 150キロと150m。 スピードボールと飛距離。 夢のある選手だ。 あとの4人は、大学生の古田も含めて、「次期タイガース要員」。 剛腕・重吉、角度の佐藤、スラッガー・藤岡、快足・強肩・機動力の古田。 中でも、横浜隼人の超長身左腕・佐藤一磨、きっと水谷監督が喜んでいるだろう。 監督に就任して、ユニフォームをタテのストライプに変えてしまったほどのタイガース・フリーク。 育ててもらった恩返し……熱い期待に応える番だ。

次の

阪神タイガース2019ドラフト評価。ドラ1は西純矢。履正社井上、及川ら高卒だらけ。

阪神タイガース ドラフト 2019

Table of Contents• 阪神ドラフト2018は藤原恭大を外し、辰己も外し、同じ外野手の近本を1位指名。 結果的にくじを外してしまい、ハズレで同じ外野手かつ地元関西の立命館大学の辰巳選手を指名しました。 ハズレで吉田選手と並んで人気になるという事前予想でしたが、蓋を開けてみたら吉田はハムの単独、辰巳は予想外の4球団競合となりました。 さすがに4球団だとなかなか当たらないですよね。 ここで外してしまい、ハズレハズレに地元大阪ガスの近本選手を指名しました。 これはかなり意外な指名でしたね。 そもそも、阪神は外野手が確実に必要な補強ポイントとは言えませんでした。 たしかにセンターのポジションは空いていますが、ショートも北条がそれなりにやったとはいえ補強しておきたいところでした。 これが藤原確定と言えず、根尾にいくこともありえるのではないかと思った理由です。 たしかに福留は42歳、糸井も40近くでそろそろ守備に限界が見えているという状況なので必要なことは必要です。 センターの選手を獲っておけば、両翼もこなせますしそれで根尾よりは藤原となったんでしょう。 辰 己もハズレクラスで獲れる中では最も有望とされていた野手ですし、糸井に似た身体能力型(ただしミートと選球眼に関しては全く及ばない)なので後釜と考えて獲りに向かったのは分かります。 ここで近本選手を獲ったのは正直戦略ミスの感も無くはないです。 ただ巷で言われる通り、何で1位でこの選手を獲った、とは思いません。 ハズレハズレであれば十分にありえるような実力の選手ではあります。 阪神は事前に甲斐野の入札指名も噂されていて、何故こちらを獲らなかったと思う人もいるかもしれませんが、ハズレハズレでなら甲斐野はソフトバンクと競合していました。 またハズレで獲るほど右の素材型中継ぎを必要としているチーム事情ではありません。 (才木、小野、望月といった右腕の有望株は出てきていますし、この中から先発にあぶれた選手は中継ぎに回るでしょう) 欲しいのは野手でした。 ショートかセンターの選手です。 阪神2018ドラフトの1位近本は別にハズレではない。 ショートに関しては、オリックスが太田をハズレで指名した途端、矢野監督が悔しそうな顔をしていたのが印象的でした。 2位で指名を狙っていた、と報道もありましたが、それはかなりの情報不足でしょう。 2018年はショートの高校生にバブルが起きました。 2019年はショートの高校生が全くいないのでしょうがないです。 まず、楽天が13番目で太田(実際に指名したキャッチャーの太田光ではない)を指名する予定だったと言っていますし、そもそも14番目の阪神まで残っている可能性は低いです。 加えて、そもそも太田はハズレ1位もあると言われていた選手ですし、どこかが指名しても全くおかしくなかったはずです。 そういう意味では、太田を逃して2位で小幡を獲得したのはかなり繰り上げ感がありますし、少し戦略ミスだった感はあります。 しかし、1位近本自体はあの時点で残っていた選手を考慮したら悪いわけではありません。 左版の荻野選手ともいえる超俊足選手で、赤星二世の名は伊達ではないでしょう。 (ただ、荻野選手は社会人では4番でしたし、ショートだったのでもう少し市場価値が高かったですが)即戦力の野手では筆頭候補ではないでしょうか。 自分の予想が当たってどや顔したい気持ちです(笑) 1位クラスではないという話でしたが、想像以上に長打力あってびっくりです。 活躍するというのは怪我さえなければほぼ間違いないと思ってはいましたが。 本当に糸井選手の後継者にふさわしい成績ですね。 新人王にふさわしいんじゃないでしょうか?ここまで打てた大卒社会人選手っていたかな? これに関しては予想外でした。 阪神の2018ドラフト。 1位近本選手は良いとして、問題は2位以降!? 問題は1位ではなく、2位以降です。 2位で小幡選手は来年あまりショートのドラフト候補がいないとはいえ正直どうか。 太田と同様守備型のショートとして名前が挙がる選手でしたが、太田がハズレ1位~2位と言われていた中、小幡は4~5位が妥当と思われていました。 巨人も増田を2位で指名していますし、たしかにショートが思った以上にバブルだったのは間違いないです。 それでも去年守備型のショート熊谷選手を指名し、1位もパワーヒッターとは言い難い近本選手を指名している中でこの選択はどうだったんでしょうか。 3位の木浪選手もショートバブルかつ即戦力の内野手が少なかったのでこの順位で獲ること自体は悪くないんです。 ただ、阪神が指名する選手だったのかどうかと言われると疑問です。 打力不足に苦しんだ選手が、長打の無い選手ばかり獲ってどうするのでしょうか。 3位でどこでも守れる控え選手を獲る余裕はないはずです。 追記:木浪選手はオープン戦活躍しましたし、割とスタメンに名を連ねていますが私は評価していません。 正直、ショートを守らせるほどの守備力でもないですし、打撃力もコンタクト力以外には難があると思います。 糸原選手から選球眼を抜いた選手なので、正直打撃面ではいまいち活躍する要素が見えません。 ただ、4位でhondaの齊藤投手を指名できたのは幸運。 1位候補(直前には名前が全く上がらなかったので、もしかしたら2~3位前半の指名になるのかとは思いましたが、まさか4位まで残るとは)と言われた投手をここで指名できたのは今までのマイナスを少なからず吹き飛ばしたと思います(それでもプラスには全然足りませんが) 元々、大卒社会人の割には即戦力というより素材型だったのが敬遠されたのでしょう。 先発より中継ぎ向きかもしれないので、その辺もあるのでしょうか。 4位で巻き返したものの、2位と3位には疑問が残ります。 点数としては55点といったところでしょう。

次の